中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職回数や短期離職に不安。自分に合う人に出会えるか悩みながらの転職活動

転職回数や短期離職に不安を感じながら、転職活動をしていたGNZさん。PaceBoxのキャリアアドバイザーと面談をしながら、広告業界のWebマーケターのオファーを承諾。社長との相性をたしかめ、入社を決意しました。

My STORY

PaceBoxキャリアストーリー
GNZさん
26歳 ・ 男性
社会人歴:
4年
転職回数:
3回
広告業界の法人営業
広告業界のWebマーケター

「自分には何が向いている?」悩みながらの転職活動

これまでのご経歴を簡単に教えてください

新卒で広告会社の営業として入社した後、自分の好きな商材をやってみたくて、スポーツメーカーの営業に転職しました。でも働いてみたら「やっぱりちょっと違うかも」となり、広告業界に戻ってきました。それが前職です。

職種はずっと法人営業でした。前職でも、メーカーや店舗、商業施設やインフラ企業、大手広告代理店などをクライアントに、Webサイト全般やシステム・アプリ、Webマーケやデジタルマーケなどの提案営業をしていました。一部、自社サービスの営業もしていて、提案の幅は広かったです。

転職のきっかけは何だったのでしょうか?

人間関係ですね…。理不尽なパワハラがあって、入社して3ヶ月ほどで退職しました。

残業は毎日1時間くらいでしたが、帰ってから上司から連絡がバンバン来て…。夜の11時12時にも普通に電話が来ていました。

自分はこれまで、しっかりと営業実績を出してきました。前職でも個人目標の300%達成などの実績も出していたにもかかわらず、「どうするんだ」といった電話がずっと来て…。

心身ともに疲れてしまって、退職に至りました。

大変でしたね…退職してからは、どうされたんですか?

1ヶ月半くらい心身を休めて、そこから転職活動を開始しました。

いくつか、キャリアアドバイザーがいるサービスに登録しました。

「そもそも自分には、何があっているんだろう」

「どういうところで働くのがいいのだろう」

と、悩んでいたので、相談できるサービスを選びました。

結果的に、4人くらいのアドバイザーの方と話しました。

たまたまだと思いますが、自分より年上の方が多かったです。人生相談みたいなことをたくさんしました。

前の転職活動の時は、若いアドバイザーが多くて、だからというわけではないですが、求人紹介に時間を割かれて、すごくプッシュされたんです。

今回は、「そもそも自分には、どんな仕事が良いのか」という部分から相談したかったので、経験豊富なアドバイザーに出会えてよかったです。

他にも、転職サイトに登録して、求人をいろいろ見ることから始めました。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

キャリアアドバイザーのサポートと共に求人応募を開始

PaceBoxにも、その時期に登録されたんですか?

そうです。SNSの広告で見つけて、PaceBoxに登録しました。

PaceBoxのキャリアアドバイザーさんは、すごく優しくて…。

自分は事前に結構調べるタイプで、実はキャリア面談の前に、担当者の名前がわかってからネットで調べてみたんです。

そうしたら男性の写真が出てきて、お顔を見て「ちょっと強めの方なのかな?」と。笑

実際に話したら全然違いました!

口調も優しいし、自分の話もしっかり聞いてもらえるし、アドバイスもくれるし、自分に合っているところも言ってくれました。

色々と助けてもらって、おかげで転職活動がスムーズに進められました。

それはよかったです!企業にはどのくらい応募したんですか?

合計で10〜15社くらい応募しました。

業界は特に絞りませんでしたが、やっぱり広告系が多かったですね。これまでの経験を振り返ってみて、自社サービスは飽きてきちゃうなと。

既にあるものを売るより、お客さんの課題を解決できる方が自分に合っているし、やっていきたいと思っていました。なので、コンサルも受けました。

応募企業は、どんな基準で選びましたか?

自分が面白そうと思えるかと、人やカルチャーが自分と合いそうかという、2つの基準で選びました。

特に、自分と合うか…という部分に関しては、企業理念などを見ても、変な引っ掛かりがなく、自分の考えに近そうな会社を選んでいました。

例えば、自分は論理的に考えながら営業をするタイプなので、「とにかく行動」みたいなのは、自分のスタイルや考えとは違うかなと思っていました。

また、「業界を変えたい」みたいなガツガツしたものより、お客さんに対しての課題解決に向き合っているような企業理念のある会社を選んでいました。

選考は順調に進みましたか?

順調…ではないと感じていました。

面接は8〜10社くらい受けました。1日に2,3件受けたこともありました。

通過率は、キャリアアドバイザーさんには「普通だよ」と言われたので、そう悪くなかったんだと思うんですが、内心、不安を抱えながらだったので、順調だとは感じられなかったんだと思います。

自分の将来が定まってなくて、選考を受けながら「これならできそう」「やれるかも」と、行き当たりばったりな感じだったんです。

「どうしたらいいんだろう」と思っていながら面接を受けていたから、落ちることも多かったんじゃないかなと思います。

不安だったので、まずはとにかく内定が欲しかったですね。

現職からのオファーも、その頃だったのでしょうか?

そうですね。他の企業の選考も進んでいる時でした。

現職からは、Webマーケのオファーが来たんですが、元々興味があったし、完全未経験でやらせてもらえるので、いいなと思ってオファー承諾しました。

現職は、正社員は社長の1人だけでした。

ただ、自分は大人数の組織より、気が合う人とのスモールチームで仕事する方が好きなんです。

実際に過去に営業をしていた職場でも、隣に社長がいて直接聞けたりする環境の方がスムーズでしたしね。

なので、「人さえクリアできたら、アリだな」と思っていました。

現職の選考はどんな感じでしたか?

選考フローは、カジュアル面談の後、面接が1回ありました。

カジュアル面談では、現職の業務委託の人事の方から、主に会社の説明を受けました。

自分のことも少しだけ聞かれたけれど、メインは会社の考えや、今後の展開の話でした。他にも、どうして人が欲しいかという経緯や、こんな人が欲しいという話が中心でしたね。

面談を終えた時点では、仕事の内容自体は、ある程度理解はできていました。

とはいえ、もし入ったら社長と1対1で働くことになるので、「入社したいかどうかは、社長と会ってみてからかなぁ」と思っていました。

キャリアアドバイザー

あなたのお手伝いをいたします!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

面接ではお互い好印象!内定後も悩んだ結論は…

実際に社長と会っていかがでしたか?

お互い、印象は悪くなかったようです。笑

自分としては、社長と話していて、会話のテンポに対しての違和感や話づらさが全くなかったんです。

社長は、これは後から聞いた話なんですけど、何人とも面接する中で、最初の7秒くらいで「この人と1対1で働いていけるか」の何となくの判断ができてしまったんだそうです。

自分はそこのジャッジは問題なくパスして、色々話せたそうです。

お互いに好印象だったんですね!面接ではどんな話をしたのでしょう?

面接の時は、自分のキャリアについて話すのが中心でしたね。キャリア面談では、経歴についてはほとんど聞かれなかったので。

ただ、改めて社長からも会社について聞くこともできました。

面接が終わった時には「面白そう。挑戦できそう。成長できそう。」という気持ちが半分。「とはいえ、やはり1人の会社に対する不安」が半分…というのが率直な気持ちでした。

その後、現職からは内定をいただいて、同じくらいのタイミングで別の企業からも1社内定をいただけました。

2社から内定が出たんですね。そこからどうされたんですか?

2社とも、内定後に2回ずつくらい会いました。

両方とも人の部分で魅力的でしたが、自分との相性で考えた時に、現職の方がいいなと思いました。

現職は、社長の人柄はもちろん、自分も成長できそうだと思ったんです。

入社してすぐWebの広告運用などを勉強しながら、社長と一緒にやっていくので、ある程度の期間で、Webマーケターとして一人前になれそうと感じました。

一方もう1社の方は、仕事のやり方の細かい指示がありそうな印象で、自分的にはやりづらそうかもと思いました。

ただ、内定が出たこのタイミングで「他にもあるのでは?」という悩みも出てきまして。

この企業で決めて良いのか?と悩まれたんですね

そうなんです。

この悩みに関しては、PaceBoxのキャリアアドバイザーさんが相談にのってくれました。

正解がない問いに対して、「このまま決めかねていても、どんどん深く悩んでいくだけになってしまうかも」「1回働いてみた方がいいのでは」と、後押ししてくれました。

話をしてみて、「ここからまた企業を探して、面接して…」と再スタートするより、ここで決めた方がいいだろうと思えたので、まだどうなっていくかわからないところもありましたが、入社を決意しました。

自分に合う人に出会えた。PaceBoxは1on1のメッセージが魅力

最後に転職活動を振り返っていかがでしたか?

まずは「決まってよかった」という安心感がありました。

自分のこれまでの営業成績に自信はあったものの、やっぱり、転職回数が多かったり、短期離職だったので、「そもそも採ってくれる会社はあるのか」という不安がありました。

自分としては、今までしっかり結果を出してきているので、「転職回数だけで判断されるなら、そもそもその企業は自分には合わない」と思ってはいたものの…。

とはいえ、「自分を認めてくれる会社」「自分に合う人」に出会えるかはわからないので、不安でしたね。

マッチする企業・人に出会えてよかったです。PaceBoxを活用してみていかがでしたか?

いろんな企業からオファーをいただけたのがよかったです。

他にも色々なオファー型サイトがあったけれど、PaceBoxでいただいたオファーは、1on1のメッセージが多かった印象でした。

ちゃんと自分のプロフィールを見て、評価してくれて、興味があるポイントや「ここをうちで生かせる」というメッセージを、会う前から送っていただくことが多かったです。

そうした個別のメッセージは、他社の転職サービスにはなかったので、嬉しかったですね。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox
キャリアストーリートップへ