中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

企業からオファーがくる転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

協調性とは?企業が求める理由や強みとして使える人の特徴、PR例文を紹介

協調性とは?企業が求める理由や強みとして使える人の特徴、PR例文を紹介

会社では協調性があることが重視されます。面接でアピールしようと考えている人もいるでしょう。とはいえ、本当に自分には協調性があるのか、どのようにアピールすべきかなどがよく分からず、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。この記事では、協調性の説明や企業が協調性を重視する理由、協調性がある人・ない人の特徴について解説します。面接で使える例文も紹介するので、協調性のアピールで困ることはなくなるでしょう。

求人応募不要

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

協調性とは?

協調性とは、考え方や価値観、性格などが異なる人達とも、うまく折り合える性質のことです。ビジネスにおいては、立場が異なる人や違う意見を持つ人、利害関係にある人などとも協働し、調整しながら同じ目標やゴールに向けて行動できる性質や能力を指します。まれに、「イエスマン」と「協調性のある人」とが混同されることがありますが、この2つはイコールではありません。

イエスマンとは、確固たる自分の考えや意見はなく、上司や管理職、多数派の意見に迎合し無条件に従う人を揶揄する言葉です。協調性のある人は、しっかりと自分の考えを持っています。そのうえで、異なる意見を持つ人の話も聞き、うまく調整したり折り合ったりできる人です。協調性のある人とイエスマンとは、自身の意思や意見があるかどうかで大きく異なります。社会で重視されるのは前者です。

なぜ、企業は協調性を重視するのか?

協調性の有無は、企業が社員を採用する際に重視するポイントの1つです。一般社団法人日本経済団体連合会が発表した「2018年新卒採用に関するアンケート調査結果」によると、「選考にあたって特に重視した点」の4位(47%)に協調性が入っています。これは、コミュニケーション能力、主体性、チャレンジ精神に続く順位です。それでは、企業はどうして協調性をそれほど重視するのでしょうか。ここでは、その理由について詳しく解説します。

人で完結する仕事はほぼないため

業界や業種を問わず、どのような仕事をするにしても、1人で完結する仕事はほとんどありません。現在担当している業務やこれまでにしてきた仕事を想像すれば、ほとんどのケースで誰かとコミュニケーションを取る必要があったはずです。例えば、一般事務であれば、他部署の事務作業をサポートするために社内各部署とのやり取りが欠かせません。営業であれば、顧客対応はもちろん、社内の経理部や生産管理部、開発部などとも細かな調整が不可欠です。

工場のライン作業であっても、リーダーの指示を聞いたり、作業結果を報告したりする必要があり、1人ですべてをすることはできません。協調性があり周囲の人とうまく調和できる人であれば、作業も円滑に進められます。そのため、協調性があることは仕事をするうえで欠かせない重要な要素とみなされているのです。

環境に馴染んでくれる可能性が高いため

企業はそれぞれ独自の経営理念や方針を掲げており、これまでの歴史のなかで培ってきた固有のカルチャーやカラーがあります。たとえ同じ作業であっても、仕事の進め方が会社によって違うことは珍しくありません。社員を中途で採用した場合、以前の職場の方針や雰囲気に固執することなく、新しい職場環境にできるだけ早くなじんでもらう必要があります。なぜなら、職場になかなか溶け込めない社員は周囲から孤立しやすいからです。円滑な業務の妨げにつながりやすく、最悪の場合、採用してすぐに離職されてしまう可能性も否定できません。

協調性の高い人は共感力や理解力に優れているため、新しい環境にも比較的スムーズになじめます。変化にも柔軟に対応できるため、新しい職場でも良いパフォーマンスが期待できるでしょう。中途採用の場合、企業は即戦力になることを期待しているため、早く現場になじんで貢献してくれる人を求めています。そのため、協調性の高さが重視されるのです。

働きやすい環境作りに貢献し、生産性を高めてくれるため

協調性の高い人が1人加わると、組織内の人間関係が改善する可能性があります。これは、協調性の高い人が組織内でうまく潤滑油となって働くためです。これまで意見や考え方が対立していた人同士も、協調性がある人の介入によってスムーズにコミュニケーションが取れるようになる可能性があります。職場の雰囲気や人間関係が改善することで働きやすい環境となり、従業員のモチベーションアップにも貢献します。ひいては、生産性の向上にもつながるでしょう。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

協調性がある人の特徴5選

ここでは、協調性がある人に共通する特徴を5つ挙げて解説します。これから紹介する項目に当てはまると感じた人は、面接でも協調性があるのが強みだとアピールすると良いでしょう。具体的なエピソードも添えて説得力のあるアピールができれば、高評価につながる可能性が高いです。

1.聞き上手と言われる

これまでに周囲の人から「聞き上手」と言われたことがある人は、協調性がある可能性が高いです。聞き上手とは、単に黙って話を聞く人ではありません。相手に「話をしていて居心地が良い」「話しやすい」と感じさせられる人です。話し手に共感し、伝えたいことを正しく理解できるため、相手はもっと話したくなります。適切にあいづちを打ったり質問したりして、相手の話を引き出すことも上手です。

2.よく周りを観察している

協調性のある人は周囲をよく観察しています。もちろん、ただ眺めているだけではありません。周囲の状況を理解し、人間関係がどのような状態にあるかなどを適切に把握しています。状況をよく理解していることから客観的に考えられ、意見や価値観が異なる人・立場の違う人に対しても接点や妥協点をうまく見出せるのです。

3.細かい気遣いができる

協調性の高い人は、周囲に対して細やかな気遣いができる傾向にあります。これは、日ごろ周囲をよく観察しているため、何かあったときにすぐに気づいて対応できるからでしょう。例えば、ビジネスでは「○○さんが大変そうだ。この作業が終わったら手伝いに行こう」などと考えて行動できます。協調性の高い人がいると人間関係や雰囲気が良くなるといわれているのは、このような細やかな気遣いが得意なことが関係しているのでしょう。

4.リーダーなどの上の立場が得意

協調性がある人は、基本的に周りをよく観察して状況や人間関係を常に把握し、必要に応じてスマートにサポートすることもできます。リーダー向きの性質で、ビジネスでは上の立場に立ってうまくチームを取りまとめているケースも多いです。相手を不愉快にさせず、うまく話を伝えられるので、場の雰囲気が悪くなることもありません。

5.意見をまとめるのが上手

人の話を引き出すことがうまく、人間関係や状況も適切に把握していることから、さまざまな意見を聞いてまとめることも得意です。まとめるのが苦手な人は、自分の意見をベースにして物事を押し進めようとすることがあります。これでは、意見を無視された人は不満が溜まりかねず、まとまるものもまとまらなくなるでしょう。一方、協調性の高い人はいったん自分の意見は脇に置いて、周囲の話を聞くことができます。そして、さまざまな意見のなかから妥協点を見つけたり、落としどころを探ったりして、うまく集約することが可能です。

求人応募不要

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

協調性がない人の特徴5選

ここでは、協調性がない人に共通する特徴を5つ挙げて紹介します。もし、ここで述べた特徴に当てはまるものがあるようなら、「協調性がある」を面接でのアピールポイントにしないほうが良いでしょう。良い評価が得られそうだからと、協調性がない人があるようにアピールしても、面接官に「自分のことを正しく理解していない」など思われて評価が下がる可能性があります。

1.任された仕事以外はやらない

協調性に欠ける人は、基本的に「人は人、自分は自分」「自分のことさえきちんとやってれば良い」という考え方がベースにあります。周囲の状況に気づかなかったりそもそも興味がなかったりして、マイペースに行動する人が多いです。ときには、自己中心的な人だと思われてしまうこともあるでしょう。ビジネスにおいては、例えばプロダクトの納期が迫り周囲が殺気立って仕事をしていても、自分の作業が終わったらさっさと帰ってしまいます。帰る前に「みんな大変そうだから何か手伝おう」「自分にできることはないだろうか」など考えることはありません。

2.不機嫌になることが多い

協調性に欠ける人は、あまり周囲の意見を聞こうとしません。自分のしたいことが最優先であり、周りの状況を考慮することなく、自分の考えや都合を押し通そうとすることがよくあります。周囲の人や他人の気持ちにあまり関心がないため、自分の意見ばかり押し通そうとしたらどうなるかなど考えません。その結果、嫌われるのもお構いなしで自己主張します。とはいえ、周りが常に自分の意見を優先してくれるわけではありません。そこで自分の思い通りにならなければ、不機嫌になることもしばしばあります。社会人であれば、機嫌が悪くても表に出さないようにすることが一般的です。ところが、協調性に欠ける人は機嫌の悪さを露骨に態度や顔に出すことも珍しくありません。

3.あまり他人に関心がない

協調性がない人は、ほとんどの場合、他人への興味や関心が薄い傾向があります。周囲にどう思われても自分の意見を押し通そうとしたり、自分の仕事が終わればさっさと帰ったりするのも、必ずしも悪気があってしていることではありません。周りの人に興味がなく、自分以外のことを気にかけていないからこその行動ということがよくあります。

4.相手を褒めることが苦手

協調性がない人のなかには、自己中心的な性格で、周囲の誰かが大きな成功を収めても素直に喜べない人もいます。一方的に対抗心や競争心を持ち、「誰にも負けたくない」「自分が一番」と考えるようなタイプです。そのため、誰かが成功して褒められると、勝手に自分が劣っているような気がして苛立ったり、不安になったりすることもあります。このような人は、相手を褒めるといった発想にいたりません。誰かを認める、褒める、一緒に喜ぶといったこともできないまま、年を重ねてしまいます。

ITエンジニア求人多数!

未経験からも挑戦可能。
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

【例文】協調性を自己PRで使う場合

転職活動の面接では「自己PRしてください」と言われることが多いです。自己PRのなかで協調性をアピールしようと考えているものの、どのように話せば良いか分からず悩んでいる人もいるでしょう。そこで、ここでは営業職と販売職の2つのケースで、協調性をアピールする自己PR文の例を紹介します。参考にしつつ、自分なりの言葉でアレンジしましょう。

営業職で使う場合

私の強みはチームをとりまとめ、協力して業務を遂行するのが得意な点です。現職は精密機器メーカーの営業で、4名体制の営業チームのリーダーを務めています。チームリーダーとして心がけている点は、メンバーの話を聞く機会を頻繁に設け、問題が見つかればすみやかに改善することです。例えば、数字が上がらないメンバーの話を聞き、クロージングが弱いと分かったので得意な同僚を同席させたり勉強会を設定したりしました。その結果、このメンバーは3ヶ月で2倍近い売上アップを果たしています。

また、昨年度は、全社で50チームあるなかで私のチームが受注件数2位を獲得しました。貴社はチーム営業で成果を上げることを重視されていると聞いております。貴社に入社した際は、現職で培った協調性を強みに、売上に貢献したいと考えています。

販売職で使う場合

私の強みは人の話をよく聞き、得た情報を仕事に活かせるところです。前職では、3年間雑貨店の販売スタッフとして勤めてきました。仕事で心がけたことは、スタッフ間でのこまめな情報交換と共有です。そのため、SNSを使ってすぐに情報共有できる体制も整えました。失敗やミスをしたときも原因や対策も含めて、スタッフ間ですぐに共有できるようにしたことで、売り場全体のミスを大幅に削減することに成功しました。貴社に入社できましたら、周囲のスタッフとの協調を大切にし、情報共有に努め、売上向上に貢献したいと思います。

協調性の判断はしっかり行う!悪印象につなげないように注意

採用にあたっては、多くの企業が協調性を重視しています。これは、協調性がある人なら新しい環境にもなじみやすく、既存社員と協力して活躍してくれると期待できるからです。とはいえ、協調性のない人が強みとしてアピールしてはいけません。矛盾した印象を与えてしまい、評価を落とす恐れがあります。自身の性格をしっかりと見極めてアピールするようにしましょう。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

面接辞退はメール・電話のどちらが正解?丁寧な印象を与える断り方を例文で紹介|の画像

面接辞退はメール・電話のどちらが正解?丁寧な印象を与える断り方を例文で紹介

楽な仕事は存在する?探すときのポイントや具体的な職種を紹介|の画像

楽な仕事は存在する?探すときのポイントや具体的な職種を紹介

資格は特に必要ない?コンサルタントの仕事内容や必要な能力|の画像

資格は特に必要ない?コンサルタントの仕事内容や必要な能力

転職の面接でよく聞かれる質問集35選|回答例・対策を徹底解説|の画像

転職の面接でよく聞かれる質問集35選|回答例・対策を徹底解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒でベンチャー企業に入るメリットは?向いている人や成功のコツを解説|の画像

第二新卒でベンチャー企業に入るメリットは?向いている人や成功のコツを解説

第二新卒におすすめの業界は? おすすめの職種も紹介|の画像

第二新卒におすすめの業界は? おすすめの職種も紹介

第二新卒の転職は不利?メリットやコツ、4つの対策を解説|の画像

第二新卒の転職は不利?メリットやコツ、4つの対策を解説

転職準備

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方|の画像

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ|の画像

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

【例文あり】未経験でも書ける!自己PRを作成するポイントと注意点|の画像

【例文あり】未経験でも書ける!自己PRを作成するポイントと注意点

【例文あり】第二新卒の自己PRの書き方は? NGポイントも解説|の画像

【例文あり】第二新卒の自己PRの書き方は? NGポイントも解説

【職務経歴書】事業内容の書き方はどうする? 注意点と例文も紹介!|の画像

【職務経歴書】事業内容の書き方はどうする? 注意点と例文も紹介!

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい? 考えられる理由と転職成功のためのポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい? 考えられる理由と転職成功のためのポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼるのが正解? 転職が多い人の書き方を解説!|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼるのが正解? 転職が多い人の書き方を解説!

応募・面接

【例文あり】志望動機は書き出しが最重要!好印象を与えるコツを紹介|の画像

【例文あり】志望動機は書き出しが最重要!好印象を与えるコツを紹介

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

転職時に自己PRで思いやりを長所として伝える! 例文と言い換え表現も紹介|の画像

転職時に自己PRで思いやりを長所として伝える! 例文と言い換え表現も紹介

転職時の最終面接はほぼ合格?最終面接の特徴と成功のための4つのポイント|の画像

転職時の最終面接はほぼ合格?最終面接の特徴と成功のための4つのポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛いときの体や心の異変・対処法を解説|自力で克服できないときは?|の画像

仕事が辛いときの体や心の異変・対処法を解説|自力で克服できないときは?

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップ・ベンチャー企業に転職するメリットと注意点とは? どんな人が向いているのかも解説|の画像

スタートアップ・ベンチャー企業に転職するメリットと注意点とは? どんな人が向いているのかも解説

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ|の画像

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方|の画像

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

自分に合う業種とは?業種の基礎知識から転職先の選び方まで徹底解説|の画像

自分に合う業種とは?業種の基礎知識から転職先の選び方まで徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

事務職の志望動機は説得力を持たせにくい?履歴書や面接での上手な伝え方|の画像

事務職の志望動機は説得力を持たせにくい?履歴書や面接での上手な伝え方