中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

バイヤーになるのは難しい?転職希望者が知っておきたい6つのポイント

バイヤーになるのは難しい?転職希望者が知っておきたい6つのポイント

店頭で販売される商品の仕入れを行うバイヤーは、小売業界において企業に利益をもたらす非常に重要な仕事です。現場で積み上げた自らのセンスや知識を活かすためにバイヤーへの転職を目指す人もたくさんいますが、転職に成功するためには仕事内容や適性について事前に正しく理解することが欠かせません。この記事ではバイヤーに関する基本的な知識や転職のコツなどを6つのポイントにまとめて解説します。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

ポイント1.バイヤーの仕事内容

小売業界において、店頭で売られている商品の仕入れや管理を担う人がバイヤーです。アパレルショップや雑貨店、コンビニやスーパー、宝飾店やインテリアショップ、デパートや家電店など、モノを販売するあらゆるジャンルの企業や店舗にバイヤーは存在します。店舗や運営企業が利益を出すためには、売れる商品を見極めなければいけません。消費者のニーズやトレンドの分析・把握もバイヤーの重要な仕事となります。在庫を多く抱えることはコストとなるので、トレンドの終焉や転換も見極める必要が生じます。

そのような情報の収集や分析に基づき仕入れる商品の選定や買い付けを行い、必要に応じて価格・数量・時期の交渉や販売管理まで一貫して担当するのがバイヤーの仕事です。能力の高いバイヤーは、これらの仕事を一任され大きなイベントなどを企画・展開するケースも少なくありません。

ポイント2.バイヤーのやりがいと苦労する点

ときにバイヤーがその業界のブームを作り出したり、牽引したりすることも少なくありません。バイヤー自身が選んだ商品が売れることでブームになれば、大きな喜びや達成感を得られるはずです。仕入れたものが売れたか売れなかったかが数字で明確に弾き出されるため、仕事の成果が分かりやすい点もバイヤーのやりがいの1つでしょう。目標も立てやすく、それが達成されたかどうかも一目で把握可能です。売上は企業の利益にも直結するので事業や経営にも大きな影響を与えます。企業の成長や事業の成功に貢献したことが実感しやすい点も、バイヤーとして得られるやりがいの1つです。

売上が利益に大きな影響を与えるからこそ苦労することもあります。自分の選んだ商品が全く売れなければ赤字となってしまうこともあるのです。企業の売上や利益の良し悪しをバイヤーが背負っているケースも少なくないため、大きなプレッシャーを常に感じることになるでしょう。消費者のニーズや行動の把握が容易ではない点にも、多くのバイヤーが苦しめられるようです。消費者行動や市場動向、流行などの情報には常に気を配り、アップデートし続けなければいけません。新たな商品を仕入れた瞬間にブームが下火になることもあります。アンテナを常に張りながら重要な決断を即時に下さなければならないなど、難易度の高い仕事です。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

ポイント3.バイヤーに必要なスキル

ここでは、バイヤーに求められる主なスキルを5つ紹介します。

情報を的確に収集・分析する能力

情報収集能力はバイヤーに欠かせません。単に情報を集めるだけではなく、それを的確に分析する能力も求められます。バイヤーは自身のセンスで商品の見極めや仕入れを行いますが、それをすべて感覚に頼るのは難しいでしょう。市場のトレンドや消費者のニーズを正確に把握できなければ、売れる商品の選定はできないのです。積極的に展示会へと足を運ぶことはもちろん、SNSやメディアもチェックしながら常に最新情報の収集に努めなければいけません。

しかし、多くの人が話題にしているものは、すでにブームが終わりかけている可能性もあります。ブームが始まる前に、その情報をキャッチする察知能力もバイヤーには不可欠です。こうした情報を元に商品を見つけ出し、実際に仕入れて販売した場合には、その後の売上の良し悪しの原因を分析し、課題を把握・改善する能力も求められます。

交渉を有利に進めるためのコミュニケーション能力

バイヤーが商品を仕入れる際には、必ず取引先とのコミュニケーションが生じます。商品や製造元によっては、そもそも容易には買い付けを許可してくれないケースもあるでしょう。どうしても仕入れたいのであれば交渉が必要となります。また、利益を最大化するために安く仕入れる必要もあるため価格交渉を始め、仕入れ時期や仕入れる数量などの交渉も欠かせません。これらの交渉をまとめるためには、高度なコミュニケーション能力が不可欠です。取引先との関係性を良好に保ちつつ、状況によっては妥協点を探りながら、お互いにとってメリットのある取引とするためにも高度かつ適切な交渉術が求められます。

買い付けに飛び回れる行動力・体力

バイヤーは目当ての商品を手に入れるために、さまざまな地域を飛び回らなければいけません。取り扱う商品によっては海外へと買い付けに行くケースもあるでしょう。そのための行動力と体力もバイヤーにとっては欠かせない能力です。交渉が難航するようであれば、何度でも足を運ぶ必要があります。また、イベントや商品の入れ替え時期には深夜まで作業することも少なくありません。肉体的にもハードな仕事のため、フットワークが軽く体力や忍耐力もなければ務まらない点は抑えておきましょう。

海外と取引するための語学力

消費者の多様化や社会のグローバル化が進むにつれて、小売業界でも海外の商品を積極的に仕入れて販売する企業が増加しています。企業の方針や取扱商品によって異なりますが、海外企業と取引するための能力もバイヤーには欠かせないものとなっているでしょう。特に、現地の人との交渉に必要な語学力は不可欠です。価格や取引数量はもちろん、詳細な契約に至るまで正確に意思疎通を図れる語学力が求められます。通訳を雇うケースもありますが、第三者が間に入るだけでニュアンスなどが変わることは珍しくありません。自身の交渉術を存分に活かしつつ、相手企業との間に齟齬が生じてしまう事態を防ぐためにも、高い語学力は非常に重要な能力となります。万が一のトラブルの際にも、語学力があれば素早く対応できるでしょう。

豊富な商品知識

豊富な商品知識を持っていることも、バイヤーには有利に働きます。商品の良し悪しや消費者のニーズとの相性などを目利きしやすくなるためです。価格交渉や販売価格の決定にも、商品知識は欠かせません。担当する業界や分野の商品知識が多いほどバイヤーとしての能力が高いといえるでしょう。商品のバッググラウンドや競合に関する知識も必要です。販売する際に、そのような知識を活かしながら消費者に適切にアピールすることにも役立ちます。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

ポイント4.バイヤーへの転職難易度

バイヤーの職に就くために必要な資格は特にありません。転職希望者は中途採用となりますが、その場合には実務経験が考慮されるケースが多いでしょう。もちろん、未経験でも応募可能な企業はあります。しかし、バイヤーは店舗や企業の売上や利益に大きな影響を与える仕事であり、高度な能力も求められます。全くの未経験者がバイヤーの求人へと応募し、即バイヤーとして採用されるケースは多くはないはずです。一般的なキャリアパスは、現場で販売員として商品知識を獲得し、商品管理や店舗運営などを学び、その経験を経てからバイヤーを任されるようになります。現在では優秀なバイヤーとして一線で活躍している人も、現場で多くの経験を積んでいるケースが大半です。

バイヤーを育てたいと考えている企業であれば、アシスタントバイヤーとして積極的に募集・採用しているところもあるでしょう。また、すでに特定の業界や分野について深い知識を持っている人にアシスタントとしてサポート業務を任せ、実務経験を積ませながらバイヤーの育成をしている企業もあります。転職難易度は企業の求めるバイヤーの能力や業界、もともと備えている知識や能力によって大きく異なります。自分の目指すバイヤー像や業界についての理解を深めることが何よりも重要です。一人前のバイヤーになるには時間と努力が必要である点は間違いありません。

ポイント5.バイヤーへの転職を成功させるコツ

ここでは、バイヤーへの転職を成功させる3つのコツを解説します。

資格を取得する

バイヤーには特に資格は必要ないと説明しましたが、業務に役立つ資格はたくさんあります。例えば「販売士」。日本商工会議所の検定試験で、主に販売に関する知識を獲得することで得られる資格です。1〜3級まであり、1級では経営に関する高度な知識からマーケティングや経営計画、財務予測等の判断に必要な知識まで獲得できます。特定の分野の商品知識だけではなく、売上や利益についてまで把握・分析しながら商品の選定や仕入れを行う必要のあるバイヤーにとっては、持っていることが有利に働く資格の代表といえるでしょう。

また、海外とも取引を行っている企業への転職を目指すのであれば、TOEICで750点以上獲得していれば大きなアピールとなるはずです。高い語学力を活かして交渉や取引もスムーズに進められます。アパレル系のバイヤーであれば「ファッションビジネス能力検定」や「ファッション販売能力検定」の取得も検討してみましょう。いずれも日本ファッション教育振興協会が実施している民間資格です。転職時にはファッション業界に強い関心を持っていることと同時に、ビジネスに対する興味を持っていることもアピールできます。単に「バイヤーを目指している」と伝えるよりも能力や意欲を表現することが可能です。

業務に役立つ職務経験をアピールする

未経験でも、バイヤーと共通した仕事の経験があればアシスタントバイヤーとして採用される可能性はあるでしょう。職務経験によってはバイヤーとしての採用も不可能ではありません。例えば、販売職の経験があればその業界の商品知識については把握・理解していることが多いため、転職時にはアピール材料として活用可能です。マーチャンダイジングに関わった職務経験も、企画力や開発力が求められるバイヤーへの転職には有利に働きます。高いコミュニケーション能力や交渉術に長けている営業職の経験も重宝されるでしょう。パソコンスキルの必要な事務職の経験も、決して無駄にはなりません。程度にもよりますが、バイヤーもパソコンを活用した情報収集や企画の立案・提出、商品管理などを行うため、事務職経験があるのであればアピール材料の1つとして積極的に活用すべきです。

店舗で販売経験を積む

企業がバイヤーを中途採用する場合は経験者を優遇する傾向があります。未経験であれば、まずは販売員へと転職し現場で経験を積むのも1つの方法となるでしょう。販売員は消費者と実際に接するためトレンドやニーズを把握しやすく、同時に商品知識や商品管理、店舗運営なども学べます。コミュニケーションスキルの向上にも役立つなど、バイヤーに不可欠な能力を育てるのにも役立ちます。店舗で経験を積んだ販売員をバイヤーへと抜擢する企業も少なくありません。企業が設けるバイヤーになるための能力や適性の基準に達している必要はありますが、店舗での販売経験そのものは決して無駄とはならないでしょう。この方法は遠回りとはならず、むしろ確実にバイヤーになるためのステップを踏めるはずです。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

ポイント6.効率的に転職活動を進める方法

転職市場では、書類選考を通過する応募者の割合は3割程度といわれています。つまり、履歴書や職務経歴書だけで7割もの応募者が不採用となってしまう現状があるのです。転職活動へと取り掛かり実際に転職するまでには多くの時間と労力が必要になることを頭に入れておかなければいけません。そのような転職活動を効率的に進めるための方法の1つに、オファー型の転職サイトの利用があります。自分のプロフィールや職務経歴、希望条件などを登録し、それをチェックした企業からスカウトの連絡が届く仕組みがオファー型の転職サイトの特徴です。この仕組みはスカウト型とも呼ばれています。

職務経歴や能力によっては、求職者自らが応募企業を探す必要がありません。企業ごとに応募書類の内容を変更したりなどの手間もかからない点がオファー型の転職サイト利用のメリットです。オファーやスカウトの内容は企業によって異なる点は頭に入れておきましょう。企業から声がかかったとしても面接や選考が一切なくなるとは限りません。ただ、自分の持っているスキルや経験を必要としている企業がオファーを出してくるため、自分で企業を一から探して応募するよりも選考自体がスムーズに進みやすいメリットがあります。

より効率的に転職活動を進めるには、オファー型転職サイトに特化した戦略も求められます。バイヤーを目指すのであれば、バイヤーに求められる能力や経験がアピールできるような形で情報を登録することが重要です。希望の業界への転職を実現するために、条件のハードルを少々下げるなどの工夫も欠かせません。企業が受け入れやすい形を整えておくことで、より多くのオファーが届き、結果的に転職にかかる時間や労力を削減することへと繋がります。

スキルや経験を積んでバイヤーへの転職を目指そう!

バイヤーは自分の能力次第で企業に大きな利益をもたらすことができる仕事です。プレッシャーも大きいものの、その分、やりがいのある仕事でもあります。バイヤーへの転職を目指すのであれば、スキルや職務経験の蓄積とアピールが欠かせません。企業から直接声をかけてもらえるオファー型の転職サイトも上手に利用しながら、スムーズかつ効率的に転職活動を進めていきましょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

転職に年齢は関係ある? 転職しやすい適齢期や成功のコツを解説|の画像

転職に年齢は関係ある? 転職しやすい適齢期や成功のコツを解説

転職の自己PRで集中力は効果的?転職の自己PRで集中力をアピールするコツ|の画像

転職の自己PRで集中力は効果的?転職の自己PRで集中力をアピールするコツ

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧