中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

銀行員を目指す人必見!仕事内容から転職を成功させるポイントまで徹底解説

銀行員を目指す人必見!仕事内容から転職を成功させるポイントまで徹底解説

銀行員は、金融のスペシャリストとして知られています。雇用に安定感があることや高収入のイメージから転職を希望する人も多いのですが、「中途採用はあるのだろうか」「未経験だと門前払いされるのではないだろうか」といった不安を持つ人もいるでしょう。この記事では、仕事内容や年収、必要なスキルなど知っておきたい銀行員の基礎知識を踏まえ、転職の難易度や成功につなげるポイントなどを解説していきます。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

まずは銀行員について理解しよう!

まずは、銀行員について基本的な情報を整理しておきましょう。入行後のミスマッチを防ぐためにも、銀行員の主な仕事内容や年収など知っておきたい基本的な知識を紹介していきます。

銀行員の就職先

銀行は、メガバンクと地方銀行、信託銀行、そしてネット銀行の4種類に大きく分けることができます。メガバンクとは全国規模で展開している銀行のことです。一般的に知られている銀行をあげると、みずほ銀行と三菱UFJ銀行、三井銀行のそれぞれのグループのことを指します。メガバンクは、国内をはじめとした主要な都市に支店を置く傾向があり、大企業に対して多額の融資を行うケースが多いのが特徴です。また、本店が都内にあることで都市銀行とも呼ばれています。

地方銀行は、本店が各都道府県にある地域密着型の銀行のことです。地元企業を中心に、周辺エリアへの融資を行いながら地域経済へ寄与することを主な目的としています。そして、信託銀行は一般的な銀行業務を行うほかに、法人や個人の財産管理と運用を行うのが主な仕事です。最後のネット銀行は、さまざまなサービスをインターネット上で提供する銀行のことをいいます。個人も法人もサービスの対象で、業務の内容は他の銀行とほとんど変わりません。ネット銀行は、実店舗がないことが大きな特徴です。

銀行員の仕事内容

銀行員の主な仕事内容は「預金業務」「為替業務」「融資業務」に分けることができます。これらは3大業務と呼ばれるもので、銀行の種類に関係なくどれも重要な業務です。「預金業務」は、個人法人に関わらず顧客の預金の管理を行います。「預金業務」は、一般的に窓口で対応をする銀行員の担当です。そのため、銀行では目にすることが多い業務といっていいでしょう。「為替業務」とは、顧客の依頼に沿って送金や振込をしたり、小切手や手形の代金を受け取ったりする仕事です。そのほか、海外通貨の売買を行って差益を得る外国為替なども業務に含まれます。

最後の「融資業務」は、住宅ローンや事業資金として個人や法人に貸付を行う仕事です。融資には、銀行の顧客から預かった預金を活用するため、貸し倒れがあってはいけません。そのようなことがないよう、慎重な審査が求められます。ここで紹介した3大業務以外にも、銀行には金融商品の販売や債券、株式の運用、人事や広報といったさまざまな業務があります。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

銀行員の職種

銀行員といっても、担当する業務に応じて職種はさまざまです。ここでは、代表的な3つの職種についてそれぞれの特徴を解説していきます。

1.事務職

銀行での事務職は、主に「窓口事務」と「バックオフィス事務」に大きく分けることができます。「窓口事務」は、預金の入出金や送金をはじめ、納税や口座の開設など各種手続きを行うもので、顧客の対応が主な仕事です。利用者にとってもっとも身近な存在といえる「窓口事務」は、テラーという呼び名もあります。顧客によって用件はさまざまに違うため、状況を判断しながらスピーディーな対応が求められる仕事です。

一方「バックオフィス事務」は、後方で手続きの処理を行ったり各種書類を整理したりするほか、電話の応対などを行います。「窓口事務」が顧客から預かった書類を処理するサポート的な業務や確認作業などもこなします。人事や総務といった組織運営に関する事務処理を行うのも「バックオフィス事務」の仕事の1つです。

2.営業職

銀行での営業職は、個人の顧客を対象とした「顧客営業」と、企業や各種団体を対象とした「法人営業」の2種類に分かれます。個人営業は、一般の家庭を訪問して定期預金や投資、保険といった金融商品や住宅ローンなどを提案するのが主な仕事です。直接訪問する以外に、銀行の窓口を訪れる顧客に向けてもこれらの提案を行います。提案するだけではなく、顧客の相談に乗ったりサポートをしたりするのも「顧客営業」の仕事の1つです。

「法人営業」の仕事は、企業の経営層や団体の代表などが対象になります。主な業務は、事業資金の融資や資産運用のアドバイスなどです。融資については、審査を踏まえて経営状況を把握するのも「法人営業」の仕事の1つであり、追加融資の要望があった際の判断なども行うことがあります。また、事業継承やM&Aでのサポートも重要な仕事に含まれます。

3.専門職

銀行の専門職とは、特定の分野に特化した高度な専門知識を有した職種のことです。例えば、顧客の返済能力を判断する融資審査や、資産運用アドバイザー、ディーラーなどが該当します。融資審査は、返済能力を審査するために顧客の財務状況を分析しなければなりません。そのうえで融資の可否や可能な額を判断する重要な職種です。資産運用アドバイザーは、顧客に合った資産の運用方法の提案やリスク管理に関するアドバイスを行います。そして、ディーラーとは為替や債券、スワップ、コモディティー、株式売買など、自社の資金を活用して利益を生むためのリーディングを行う専門職のことです。いずれも専門知識と手腕が問われる仕事で、銀行の信用や業績も左右される重要な存在といっていいでしょう。

銀行員の平均年収

東京商工リサーチは、国内78銀行の平均年間給与を自社のホームページ上で公表しています。その資料によれば、2021年3月期における平均年収はおよそ606万円という結果が出ています。平均年収については銀行の規模によっても異なり、大手銀行の場合はおよそ767万円、地方銀行はおよそ620万円、第二地銀はおよそ548万円です。では、銀行員は一般的に考えて高収入といえるのかどうかを見ていきましょう。

国税庁がホームページで公開している民間給与実態統計調査によれば、全業種を対象にした2020年の平均年収はおよそ433万円です。東京商工リサーチとは調査した時期や機関は異なるため断言はできませんが、他の業種と比べたとき銀行員は高収入が期待できるといっていいでしょう。実際には銀行によっても年収は異なりますし、勤続年数や役職などでも変わってきます。それでも、安定感があり、高い年収を狙いやすいと考えることができます。

年収600万円以上の

営業職求人多数!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

銀行員に求められるスキルとは?

銀行は、顧客の大切なお金を預かり、管理を行うことが主な仕事です。預金として預ける人もいれば、投資信託など金融商品を利用するケースもあります。どのような形にしろ、顧客の大切な資産を預かる以上ミスは許されません。几帳面で誠実であるだけでなく、何かトラブルが起こったときに真摯に対応する責任の強さも求められます。「顧客から預かっている」という気持ちを常に持ちながら、丁寧に仕事をこなせる人が銀行員には向いています。

コミュニケーション能力が高いことも、銀行員に求められる重要なスキルです。担当する業務内容にもよりますが、銀行は顧客と接する機会が多く、対応する相手も幅広い年齢層になります。どのような相手でも信頼関係を構築できる能力は、銀行員にとって重要です。経理や財務に関する知識もあったほうがいいでしょう。銀行員は、顧客の資産運用などコンサルティングを行うこともあります。そのため、財務の知識があることは有利に働きます。また、ノルマを課される可能性がある営業職のことも考えると、ストレス耐性の高い人も向いているでしょう。

銀行員への転職は難しい?

これまでの銀行業界では、新卒採用が主に行われてきました。ところが、少しずつ様相は変わってきており、新卒採用を減らす代わりに中途採用が増えているのが現状です。これはメガバンクを中心に起こっている変化で、即戦力を確保する方向へと採用方針が変わりつつあるのが要因となっています。そのため、未経験から銀行員への転職を考えるのは以前ほど難しいわけではありません。社会人としての経験があり、即戦力とみなされれば採用される可能性は十分あり得るということです。

例えば、三菱UFJ銀行を例にあげてみましょう。中途採用の比率は、2019年度は9.6%、2020年度は16.4%、2021年度は18.1%となっており、年々増加していることがわかります。異業種からの未経験者では難しいですが、銀行業務と共通する経験を持つ人であれば即戦力として前向きに採用されやすいでしょう。例えば証券会社や保険会社での勤務経験者やコンサルティング、アナリストなどは戦力として歓迎されやすいといえます。業務のIT化を進めている銀行も多いことから、一見関連性が低そうなエンジニア系の職種経験者も採用される可能性はあります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

銀行員への転職を成功させる3つのポイント

先述したように、銀行員への転職は決して無理なわけではありません。ただし、転職を成功させるためには努力や注意が必要です。そこで、銀行員への転職を成功させるポイントを3つ解説していきます。

1.自己PR志望動機をしっかりと記載する

銀行員の中途採用は、多くの応募が集まりやすい傾向があります。特に大手企業の場合、書類選考のハードルが高くなりがちです。書類選考を通過する確率を上げるためには、応募書類をわかりやすく魅力的に作成する必要があります。

応募書類を作る上で、自分の努力次第で工夫できる項目である自己PRや志望動機には特に力を注ぎましょう。事実を基に作成する職務経歴欄と異なり、自己PRや志望動機は、書き方次第で評価が大きく変わります。

「なぜその企業の銀行員を志望するのか」「銀行員となった時、どんな強みを発揮できるのか」を、採用担当が具体的にイメージできるよう、アピールするポイントや具体的なエピソードなどを精査して記載しましょう。

2.業務に役立つ資格を取得する

銀行員は、財務や経理などの知識や資格を有していると有利に働きます。銀行員への転職を成功させたいなら、業務に役立つような資格を取得しておくことも重要なポイントです。銀行員の業務では、さまざまな専門知識が必要になります。銀行で活用できる資格には、例えばファイナンシャルプランナーや簿記、証券外務員などがあげられます。他にも銀行業務検定試験などを受けておくといいでしょう。

これらの資格は銀行の業務に役立つため、転職前の準備として取得しておくと採用の可能性を高められます。たとえ実際の業務は未経験であっても、関連する資格を取得しておけば、それだけで熱意をアピールできます。採用担当者に自主性のある人材として見られやすく、好印象を与えることも可能です。理想の実現に向けて努力を惜しまない姿勢を見せることで、転職後も能力を十分発揮してくれると感じてもらえます。

3.応募先を絞りすぎない

転職を成功させるポイントとしては、応募先を絞りすぎてもいけません。転職する以上は大手を狙いたくなる人もいるでしょう。しかし、知名度が高くなるほどライバルが多くなるのが現実です。その分、転職の難易度が上がることも考えておく必要があります。異業種から銀行への転職を図るには、未経験でも受け入れてくれやすい地方銀行や信用金庫も含めた幅広い選択をすることです。

銀行員への転職は準備が大切!未経験でも諦めず挑戦しよう

銀行員は専門知識が求められることが多く、それだけ未経験からの転職はハードルが高い傾向があります。しかし、銀行員として活躍できる強みや志望度をアピールできれば、中途でもポテンシャルを見込まれて採用される可能性は高いといえます。もちろん、何もせずに採用されるということはまずあり得ません。関連した資格を取得したりしながら、応募先を絞りすぎることなく挑戦してみるといいでしょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧