中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職活動をしたけど現職に残る?転職活動を経て現職に残る判断基準

転職活動をしたけど現職に残る?転職活動を経て現職に残る判断基準
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職活動をしていく中で現職に残ると考えたり、転職活動をして内定をもらうことができても現職に残るべきかで悩むこともあるでしょう。

転職活動を経て現職に残る決断をした場合には何をする必要があるのでしょうか。

転職活動を経て現職に残るか迷ったときの判断ポイントや転職活動を経て現職に残る際の対応方法を解説します。

転職活動をしたけど現職に残ることはある?

転職活動をした場合でも、最終的に現職に残るという選択をすることもあります。

転職活動中に状況や考えが変わったり、求人や応募した先と現職を比較して現職のほうが良いと考えることもあるので、転職活動をしたけど現職に残るという場合もあるのです。

とにかく違う会社で働きたい、今の会社以外ならどこでもいいというような考えでない限り、現職と転職先を比較して良いほうを選択することが一般的ですので、転職活動を経て現職に残るということはおかしなことではありません。

また、転職活動を通して自己分析をしたり、他の企業の話を聞くことで、今の職場が自分に合っていると気がつくこともあります。

転職活動を経て客観的に比較してみたり、改めて状況や環境を考えてみた結果、現職に残る判断にいたるということはあるといえるでしょう。

転職活動をして現職に残るかの判断:現職が良いと感じた場合

転職活動を経て現職に残るかの判断は難しいものです。

転職活動をして現職が良いと感じた場合の現職に残るかどうかの判断ポイントを確認してみましょう。

現職の環境が悪くないことがわかった

現職の環境が悪いものではないことがわかったとき、現職に残る判断をするのではないでしょうか。

キャリアを活かした転職活動をする場合は、現職と同じような企業や職種を転職先の候補とする場合が多いのではないでしょうか。

このように現職に近い職種や企業を比較した結果、給料や待遇が他企業と比べても恵まれていることに気がつくことがあります。

また、条件やオファー面談の結果次第では、現職のポジションや収入から必ずしも良くなるという保証もありません。

転職活動をして話が来た企業や内定を受けた企業と比較して、現職のほうが悪くない環境であると判断ができた場合は、現職に残る判断をするのも良いのではないでしょうか。

現職の異動で希望する仕事が目指せる

募集がある求人や転職先の内定結果では必ずしも希望する職種や配属ではない場合があります。

現職での異動はハードルが高く躊躇していたとしても、転職活動をきっかけにチャレンジする心境になることもあるでしょう。

また、希望する転職が実現できないのであれば、現職に異動願いを出したり、希望する部署や職種があることを伝えてから転職活動を改めて進めても遅くはありません。

現職では絶対に無理という状況でなければ、転職という選択肢だけでなく現職でどうにかできないかも考えておくといいでしょう。

転職をする理由が現職からなくなった

転職活動は一般的に3ヶ月前後の期間と言われており、それよりも短い場合もあれば長くなることもあります。

3ヶ月やそれ以上長く時間が経てば、転職を考えた理由が現職からなくなったり、解決されていることもあるかもしれません。

それまでに現職より良い企業に出会えていれば転職をしてもいいかもしれませんが、そうではなければ転職活動をやめて現職に残るという判断をしてもいいでしょう。

転職活動をしながら現職の状況を確認したり、自身の考えの変化なども把握して、現職に残るということも視野に入れておくといいかもしれません。

現職に未練が残っている

現職に未練がある場合は、転職活動をしていたり、内定が出ても迷ってしまうものです。

現職に未練が残っているのであれば、転職をまた別の機会と判断をするのも悪いことではありません。

転職のチャンスは今後もあることが多いでしょうが、現職に未練がある場合は辞めてしまえば戻ることができるかどうかは非常に可能性が低いといえるでしょう。

最後に転職をするかどうか決断をするのは自分の気持ちです。

理屈じゃない部分であっても現職に強い未練があるのであれば、現職に残るのも選択肢の一つではないでしょうか。 

転職活動をして現職に残るかの判断:転職先に迷いがある場合

転職活動をして内定がもらえた場合であっても、転職先に迷いが生まれてしまう状況もあります。

転職先に迷いがある場合に現職に残るかどうかの判断ポイントを見ていきましょう。

転職先の待遇が不透明である

内定後の説明で待遇や仕事内容が予定と異なり不透明さを感じた場合、転職先に迷いが生じてしまうこともあります。

内定後には細かい内容の説明がありますが、面接時の話と待遇が違っていたり、言われていなかった仕事内容が追加されたりする場合もあり、話と違ったと感じてしまうこともあるでしょう。

また、内定が出るまでは知らされていなかった決まりや条件などを通知されることもあり、不信感を抱いたり、転職先で働くイメージを持てなくなることもあります。

このように説明や条件などを承諾できない場合は、内定辞退をし現職に残る決断や別の転職先を探すという判断をすることもあるでしょう。

現職で良い条件が提示された

現職に退職を伝えたところ、転職先よりも良い条件が提示され引き留められる場合があります。

転職先よりも良い条件を出されれば、現職に残るという判断をする場合もあるかもしれません。

しかし、退職を伝えた結果、良い条件を出すというのは評価されていると安易に考えるのも注意が必要です。

ただ単に辞められると困るということであったり、この先に辞めにくくなってしまう、成果を出しても適切に評価されなくなる恐れがある、など一度は退職の意思を伝えているのでこれまでとまったく同じように働けるかどうかは不透明な部分もあるからです。

単純に金銭面でのみで働く場所を選ぶという場合でなければ、条件以外の要素も考えて判断したほうがいいでしょう。

転職活動をして現職に残るかの判断:その他の都合がある場合

現職や転職先になにか理由がない場合でも転職活動をしていても現職に残ることがあります。

さまざまな理由で転職活動をして現職に残るという判断をする可能性がある具体的な状況を確認していきましょう。

明確な転職目的がなく活動が長期化してしまっている

現職の不満から転職活動を始めた場合、明確な目的や決め手がないまま転職活動を続けてしまうことがあります。

このような場合、モチベーションの維持や説得力のあるアピールができず、転職活動が長引く可能性もあるでしょう。

いたずらに転職活動を続けるのではなく、現職で自分を磨き、現職で成果を出すことに集中するのも転職成功に必要なことです。

転職してスキルアップやキャリアアップを目指すなどの明確な理由ができるまで、転職活動を少し休んで、現職でスキルやキャリアの見直しをするのもいいかもしれません。

家庭や個人の事情で転職できなくなった

転職はライフスタイルが大きく変わることになったり、生活環境も変わることもある大きな出来事と言えます。

転職活動をして内定が出たとしても、自分だけで決められないという場合もあるでしょう。

例えば、転居が必要になったり、ライフイベントと重なって状況が一変してしまうということも考えられます。

また、個人の都合も転職活動をしていく期間の中で変わっていくこともあるので、転職活動を途中でやめたり、現職に残るという判断をするような事情が発生することもあることを覚えておきましょう。 

転職活動を経て現職に残る際の対応方法

転職活動を経て現職に残る際にはどのような対応をすればよいのでしょうか。

転職活動を経て現職に残る際に必要な対応方法を確認していきましょう。

現職の上司や人事担当に退職をしない意思を伝える

もし退職を告げたのちに現職に残ることにした場合は、現職の上司や人事担当に直接連絡をしましょう。

また、退職の手続等を進める前に迅速に残るということを伝えましょう。

一度は退職を伝えたことで、気まずさを感じるかもしれませんが退職手続きが済んでいなければ問題が起きることは少ないでしょう。

しかし、退職を告げて撤回するのは内定受諾をしているケースが多いので、内定先にも現職にも影響が生じることを覚えておく必要があります。

安易に内定受諾をしないことも重要ですが、現職に退職を告げる場合は辞めるという決断を明確に自分自身でした後にするようにしたほうがいいでしょう。 

退職の意思を伝えていない場合は、転職活動をしていることや内定が出たことが知られていなければ、特段やることはなく、これまで通り業務を進めていて問題ないでしょう。

現職に残る理由や将来のビジョンを整理してまとめる

なぜ現職に残る決断をしたのか理由を明確にしておくとよいでしょう。

転職活動を支援してくれた方や内定を出してくれた先方企業への説明で納得をしてもらうためです。

現職に残ることの影響や将来のビジョンも整理しておくと、気持ちを新たに現職の職務にのぞむことができるかもしれません。

また、転職の相談などを現職の上司などにしている場合も、これから現職でどのような気持ちで臨むか、なぜ転職をしないと決断したかを伝えておくと前向きな姿勢を示すことができるでしょう。 

転職エージェントや転職支援サービスを利用している場合は早めに伝える

転職エージェントや転職支援サービスを利用している場合、できるだけ早めに自分の意思を伝えることが望ましいです。

連絡をしないと転職活動を継続する前提でサポートや対応を進めている可能性もあるので、早めに伝えることが重要です。

すでに決まっているスケジュールがあったり、打診している最中のものがある場合もあるので、現職に残ることを早めに伝えて今後の対応についてはエージェントやサービスと相談して決めていくと良いでしょう。 

内定が出ている場合は先方企業に丁寧にお断りを伝える

内定が出ている場合は先方企業への転職をお断りすることを伝えます。

内定の結果を承諾する前であれば辞退の内容を伝えても、大きなトラブルになることはないでしょう。

ただし内定を承諾している状況では注意が必要です。

先方企業は入社を前提としているため、内定承諾前に辞退するよりも影響が大きい可能性があります。

内定受諾をしていても辞退することは可能ではありますが、内定受諾後の辞退にならないように、現職に残る可能性がある場合は特に内定保留をするなど安易に受諾しないように気を付けましょう。

転職活動後に現職に残るか迷ったらPaceBoxに相談

転職先がなかなか見つからない場合や、見つかったとしても実際に働くまでは分からない部分も多いので、転職活動をする中で現職に残るかどうかは悩みやすい部分です。

また、状況や環境が変わったり、現職に愛着がある場合も転職活動をしたけど現職に残るかどうかを迷ってしまうこともあるでしょう。

転職活動を進める中で現職に残るか迷うことがあれば抱えこまず、PaceBoxに相談してみてください。

Paceboxでのキャリアアドバイザーが、転職に関するさまざまな悩みや不安をサポートしますので、ぜひ登録してみてください。

転職活動に悩んでいる人はPaceBoxに登録!
忙しくて転職活動が進まない
書類選考・面接が通過しない
悩みの整理や自己分析サポートが欲しい
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

面接で使える!長所・短所を聞かれた時の答え方や注意点、例文を紹介|の画像

面接で使える!長所・短所を聞かれた時の答え方や注意点、例文を紹介

転職に最適なタイミングや時期はいつ?転職を検討する際の注意点も解説|の画像

転職に最適なタイミングや時期はいつ?転職を検討する際の注意点も解説

雇用保険とは?加入基準やメリット、失業時の給付額・受給までの流れを解説|の画像

雇用保険とは?加入基準やメリット、失業時の給付額・受給までの流れを解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧