中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

内定承諾後も転職活動を続ける?内定承諾後に転職活動を続けるは避けるべき理由

内定承諾後も転職活動を続ける?内定承諾後に転職活動を続けるは避けるべき理由
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

内定承諾後もさまざまな理由で転職活動を続ける方はいますが、内定承諾後でも転職活動を続ける理由とはどのようなものがあるのでしょうか。

また、内定承諾後に転職活動を続けるのであれば、事前に知っておきたいことや対応すべき注意点があります。

内定承諾後に転職活動を続けるのを避けるべき理由や、仮に内定受諾後に転職活動を続けるとした場合の判断基準や注意点を確認して、適切な対応をできるようにしておきましょう。

内定承諾後に転職活動を続けることはできるがNG行為ではある

内定承諾後に転職活動を続けることはできるのかという疑問を抱くのは、内定を承諾しているのですから当然のことかもしれません。

結論から言ってしまえば、内定承諾後でも転職活動を継続することができます。

内定承諾書として書面で提出していると法的な拘束力があるように思うかもしれませんが、内定承諾書に法的な拘束力はないので、内定承諾後でも本人の意思次第で転職活動を続けることは可能です。

しかし、内定を保留して一定期間の間だけ転職活動を続ける場合や内定を辞退して転職活動を続ける場合で対応や状況が異なることも覚えておきましょう。 

また、法的に問題はないとしても企業側には大きなデメリットがあり、転職活動においてモラルに反する行為になるので、基本的に内定承諾後に転職活動を続けることは避けるべき行為であるという認識を持っておきましょう。

内定承諾をしたら転職活動を終えて入社に進むというものであると考えて、仮に転職活動を続けるのであれば内定承諾前に辞退をすることが求められます。

入社の意思決定が自分の中で確実にできていないタイミングで内定を貰った場合は、内定保留の相談をするなど安易に内定受諾をしないことが重要です。

NG行為な内定承諾後の転職活動を続ける判断をしてしまう理由

内定承諾後に転職活動を続ける方はどのような理由から、転職活動を続けることにしたのでしょうか。

内定承諾後に転職活動を続ける判断をしてしまう主な理由を確認していきましょう。 

複数の企業に応募しているため

内定承諾後に転職活動を続ける理由として、複数の企業に応募していることがあげられます。

選択肢を増やすため複数の企業へ転職活動をしている場合、並行して選考が進んでいたり、優先順位の低い企業の内定が先に出るというケースもあるでしょう。

内定がもらえた企業よりも優先度の高い企業の転職活動が残っていると、内定保留や辞退をして転職活動継続をする場合があります。 

納得できる選択をするため

転職先企業に不安を感じたり、納得できない部分があるなど決め手がない場合、内定承諾後に転職活動をする理由としてあります。

転職先の企業の実情は、転職してみないとわからない部分もあるので、少しでも決断を鈍らす要素があれば、別の可能性を探ってみたくなるのもおかしくはないでしょう。

転職先企業に何らかの不安があったり、納得できる決め手がない場合、内定承諾後でも納得できる選択をするため転職活動を継続すると考える場合があります。

 内定後の企業の説明に疑問点が残るため

内定承諾後に仕事内容や待遇が思っていた内容と違うことがわかり、転職活動を継続することがあります。

本来であれば、労働通知書や条件面談で仕事の内容や詳しい待遇、配属先などを確認したうえで内定承諾をします。

内定承諾をしてから細かい内容を説明される場合もあるので、その際に話と違っていたり、これまで言われていなかったことが追加されたりなど、内容を承諾できない場合は、内定保留や辞退をして転職活動を継続することになるでしょう。 

もっと条件が良い企業に期待しているため

内定承諾後に転職活動を続ける理由には、もっと条件が良い企業に期待してしまうことがあります。

転職先の条件設定を広くしている場合、多くの企業が転職先の対象になります。

企業の選択肢が多いため、より条件の良い企業への転職に期待してしまい決めきれずに、何社か内定承諾はしたものの転職活動を続けようと考える場合もあるでしょう。

もし内定承諾後に転職活動を続ける際に知っておきたい注意点

内定承諾後の転職活動は続けることはできますが、トラブルにならないように適切な対応が求められます。

内定承諾後に転職活動を続ける際に知っておきたいことや注意点を確認していきましょう。

基本的にNG行為であるという認識をしておく

内定承諾後に転職活動を続けるのは基本的にはNG行為になります。

なぜなら内定を承諾したということは入社の意思を示しているともいえるからです。

一度、入社の意思を示した場合にそれを辞退することは法的には問題はないかもしれませんが、モラルや一般常識的にはあまり好ましい行為ではありません。

また、内定受諾を受けて先方企業も採用活動を終了している場合もあり、企業に大きなデメリットや負担が生じる行為であることは認識しておきましょう。

内定を辞退するときは迅速かつ丁寧に伝える

内定を辞退する可能性が出てきた場合は、できるだけ迅速に伝えましょう。

早めに伝えなければ、企業側は入社の準備を進めるため、遅れるほど影響や辞退がしづらくなってしまいます。

また、伝え方にもより気を配ることが重要です。

内定を受諾していない場合は、一般的な辞退の内容を伝えるだけでいいですが、受諾してしまった場合は、より丁寧な伝え方を意識しましょう。 

内定を受諾したということは、一度は入社する意思があると伝えているわけですので、受諾後に事態をする際は受諾前よりも先方企業への影響は大きいと考えておきましょう。

これまでの選考や内定を出していただいたことなどに感謝を伝えて、明確に事態をする理由を説明し、先方企業にも納得をしていただけるように伝えることが重要です。

先方企業の負担と自分への悪印象は認識しておく

内定承諾後に辞退することは可能ですが、先方企業の負担がかかっていることは意識しておく必要があるでしょう。

本人の意思は尊重されますが、先方企業には早めに連絡をするなど、マナーと誠意をもって保留や辞退を伝えるようにしましょう。

また、内定承諾後辞退をした場合、どのような理由があっても基本的に好意的に受け取られることはありません。

もし同業界に転職した場合、内定辞退先の企業と今後の接点がないとも言い切れません。

内定承諾後に転職活動をするのであれば、そうしたリスクも覚悟した上で行いましょう。

内定承諾後に辞退する理由は明確にしておく

内定保留はそこまで理由がなくても受け入れてくれる場合が多いですが、内定承諾後に辞退する場合は、理由を明確にしておく必要があります。

一度、受諾している場合、辞退の理由を求められる場合があるからです。

その際に、辞退の理由がはっきりせず、曖昧な内容や伝え方では先方企業も判断に困ることになります。

給与や待遇など条件に不安を感じた、他社でキャリアアップを目指したいなど、先方企業が迷わない理由を明確に伝えることを意識しましょう。

内定承諾後からいつまで辞退可能かを確認しておく

一般的に、内定承諾書を提出した後に辞退をする場合は入社日の2週間前までといわれています。

先方企業が辞退を認めなくても、民法上の規定(民法627条1項)により申し込みから2週間後に労働契約は解約となります。

また、法的な期限だけでなく先方企業への期限を確認しておけば、先方企業も辞退の可能性があるという認識になるので、より良いでしょう。

入社日の2週間前まで先送りせず、すみやかに辞退の連絡をすることがマナーとしても重要です。

内定承諾後に転職活動を続けるが本当に必要かの判断基準

内定承諾後に転職活動を続けるべきかは、一般的にはNG行為でもあるので大きな決断になります。

また、内定を蹴るということになる場合もあるので、判断するのは難しいものです。

もしかすると、内定ブルーになっているだけの可能性もあります。転職活動を続けると判断した方がいい状況、続けない方がいい状況を確認してみましょう。

内定承諾後に転職活動を続ける判断をする可能性がある場合

内定承諾後に転職活動を続けた方がいい場合は、希望している企業への転職活動が残っている状況です。

複数の企業に対して同時に転職活動をしていると、必ずしもまとまった日に面談や結果の発表があるわけではありません。

期限によっては希望する順位の低い企業の内定を承諾しておかなければならないと思ってしまう状況があります。

希望する順位の高い企業への転職活動が残っている場合は続けるという判断をするのは仕方がありません。

しかし、基本的にこの場合はすぐに内定を受諾するのではなく、他社選考が残っていることを伝えて内定保留を伝えるなどのコミュニケーションを企業ととるようにしましょう。

内定承諾後に転職活動を続ける判断をしないでいい場合

内定承諾後に転職活動を続ける必要がない場合は、企業の提示している条件が自分の納得できる条件を越えたときです。

転職活動をするときは転職理由をもとに決断できる条件のラインを決めておくことが重要です。

決断できる条件のラインを決めておかないと「もっとよい企業があるかも」と迷い、転職活動が終わらなくなることが考えられます。

条件の例としては希望の職種や業種へ配属してもらえる、待遇の多くの部分が希望に合致しているなどがあります。

決断できるラインを越えた企業は希望している企業という認識で転職活動を終了するとよいでしょう。

また、もっとよい企業があるかもしれないと思う場合も、そのような企業の求人があったり、選考に進める当てがあるのかどうかも考えて判断する必要があります。

内定受諾をした時点でこれらの当てがなく、条件などが希望の範囲である場合は、その企業に転職すると考えたほうがいいかもしれません。

内定承諾後に転職活動を続けるのは基本的には避けるべき

内定承諾後に転職活動を続ける判断は自由ではありますが、基本的には避けるべき行為です。

そもそも入社の意思が固まっていないのであれば、内定受諾ではなく内定保留か、はっきりと辞退を伝えるほうが適切だからです。

もしあまり決め手がなく悩んでいる企業から内定が出た場合は、その他の企業から採用の当てがなく、現職よりも何らかの条件で優っている部分があるのであれば入社を決定するのも悪いことではありません。

入社前に明確な理由がなく悩んだり躊躇していることは、結局のところは入社してみなければわかりませんので、内定受諾後に転職活動を続けるという選択はチャンスを逃してる可能性もあるといえるでしょう。

悩んでいたり、納得できていない点はオファー面談や入社交渉の場で解消できる場合もあるので、少しの引っ掛かりで内定受諾後に転職活動を続けると判断するのも考えものです。

また、内定受諾後に転職活動を続けるとしても、内定先よりもっと良い企業が必ず見つかり内定をもらえるという保証はありません。

結果的に内定承諾後に断った企業の条件の方が良かったということもあり得ますので、続けるという決断をする際も漠然とした期待だけでするのは避けたほうがいいでしょう。

企業にとっても内定受諾後に転職活動を続けることは基本的には想定はしておらず、内定受諾と返答されれば、入社への対応や交渉になると考えているはずです。

内定受諾後に転職活動を続けることは自分にとって必ずしも良い結果であるとは限りませんし、企業にも大きな負担が生じる避けるべきことであるということは改めて認識しておいてください。

内定承諾後に悩む前にPaceBoxに相談

内定承諾後に転職活動を続けるべきか悩むことは、転職活動をしていれば経験する可能性が高いものです。

しかし、内定受諾後に転職活動を続けることが必ずしも良い結果を招くとも限らず、転職活動においてはモラルに反する避けるべき行為であるという認識は持っておくべきでしょう。

転職活動を進める中で、さまざまな悩みや不安は生じるものですので、ひとりで抱え込むのではなく、PaceBoxのキャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

内定承諾後に判明する疑問点や不安、転職活動の継続の悩みなどの、さまざまな転職に関するお悩みや相談にPaceBoxはサポートをしますので、ぜひ登録してみてください。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の給料は?第二新卒が転職で給与や年収アップを実現する秘訣|の画像

第二新卒の給料は?第二新卒が転職で給与や年収アップを実現する秘訣

実は細かいマナーが色々とある!退職届を入れる封筒の選び方や書き方を解説|の画像

実は細かいマナーが色々とある!退職届を入れる封筒の選び方や書き方を解説

30歳で年収600万円は勝ち組? 平均年収や中央値からみる割合と達成法|の画像

30歳で年収600万円は勝ち組? 平均年収や中央値からみる割合と達成法

バイヤーになるのは難しい?転職希望者が知っておきたい6つのポイント|の画像

バイヤーになるのは難しい?転職希望者が知っておきたい6つのポイント

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧