中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職活動の進め方は?準備から入社までの転職活動の進め方を解説!

転職活動の進め方は?準備から入社までの転職活動の進め方を解説!
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職しようと思った時に、転職活動の進め方はどのようなものか気になることもあるでしょう。

転職活動の進め方は人それぞれに違いはありますが、ある程度決まった流れはあります。

転職活動の進め方を、事前準備から入社までの流れに沿って確認していきましょう。

転職活動の進め方:スケジュール・流れの確認

まずは、転職活動の進め方の前に転職活動のおおまかなスケジュール・流れを確認していきましょう。

転職活動にかかる期間は?

転職活動にかかる期間は、3〜6カ月ほどが一般的と言われています。

しかし、早まる場合やもっと時間を要する場合もあるので、あくまで目安といった期間と考えておいたほうがいいでしょう。

転職活動が長引けば、モチベーションが低下したり、転職のタイミングを逃したりといった事態にも繋がりかねません。

転職活動を始める際は、最低でも3〜6カ月ほどは必要になると考えてスケジュールを組んでいきましょう。

転職活動の流れ

転職活動の流れと、転職活動を3カ月程度で終える場合、各項目にかかる期間の目安は以下です。

  • 事前準備(約1週間)
  • 書類作成〜応募(約2週間)
  • 選考〜面接(約1カ月)
  • 内定〜退職準備(約1カ月)
  • 退職〜入社(約2週間)

面接を受けながら他企業への応募を続けたり、退職準備と入社準備を並行して行ったりなど、期間中の活動が重複することは多々あります。

また、企業のスケジュールに合わせる必要もあるので、待ち時間が長くなることも想定されます。

他社選考の状況や現職の状況によりスケジュールが変動することもありますので、状況に応じて対応して行く必要があるでしょう。

転職活動の進め方:事前準備(約1週間)

転職活動の進め方として事前準備をしっかりと行うことは重要です。

まずは、応募前に進めておきたい事前準備や、準備のポイントを把握していきましょう。

自己分析

自己分析とは、自分にはどんな強み・弱みがあるのか、これからどんな仕事をしていきたいか、転職先に求めるものは何かなどを整理することです。

自己分析を行えば、転職の軸を定めやすくなります。

応募先の選定にブレがなくなったり、応募書類の作成がスムーズになったりといったメリットもありますので、過去に自己分析を行ったことがある方も改めて今の自分を分析をしておきましょう。

キャリアの棚卸し

これまでのキャリアを整理しておくのも、大切な事前準備です。

業務内容、プロジェクトに参画した期間、昇級時期、後輩を育成していた期間などを整理しておけば、職務経歴書の作成に役立ちます。

業務と成果をセットで整理しておくと、書類作成がよりスムーズに進みますよ。

求人・企業の情報収集

自分自身の整理を終えたら、転職に関する情報を集めていきましょう。

求人情報は転職サイトや人材紹介サービス、企業情報は求人票や企業のリクルートページ、口コミサイトから情報を集めるのが主流です。

また、SNSで情報を集めるなど多方面から情報を集めるのがことがポイントです。

転職スケジュールを立てる

転職スケジュールの立て方は、主にふたつにわけられます。

ひとつは、「今からスタートして◯カ月以内に転職する」という順行スケジュール、そしてもうひとつは「◯月から新しい職場で働きたい」のように、入社目標月を先に決める逆算スケジュールです。

スケジュール管理が苦手な方は、逆算スケジュールを立てるのがおすすめです。

ゴールを先に設定することで、計画や行動を先延ばしにすることが減ります。

在職中の方は、自社の退職ルールも事前に確認しておきましょう。

転職活動の進め方:書類作成・応募(約2週間)

事前準備が済んだら、応募書類を作成し、気になる求人に応募をしていきます。

応募時、企業から提出を求められやすい履歴書・職務経歴書の役割や作成ポイントとあわせ、応募時のコツを確認していきましょう。

履歴書の役割・作成ポイント

履歴書は、応募者の基本情報や学歴・職歴・志望動機などが1枚にまとめられた書類です。

応募者の第一印象を左右する重要な書類ですので、ミスがないように作成しましょう。

作成は、ミスの修正や複製が簡単にできるパソコン・スマートフォンがおすすめです。

ただし、誤変換やフォントの設定ミス、印刷ズレには注意しましょう。

手書きの場合は、油性ボールペンで丁寧に作成しましょう。

作成時のポイントは、履歴書全体の読みやすさを意識することです。

西暦・和暦を混合せず、職歴・志望動機・アピールポイントが簡潔にまとまった履歴書を作成することを意識しましょう。

職務経歴書の役割・作成ポイント

職務経歴書は文字通り、職歴がまとめられた書類です。

これまでの職歴や在職中の経験を記載し、採用担当者に「入社後はどのような働きができるか」をイメージさせる役割があります。

職務経歴書は、履歴書のように規定のフォーマットがありません。

しかし、冒頭で職歴をまとめた後、参画したプロジェクトや主な成果を職歴ごとにまとめたり、活かせるスキル・経験をまとめたりするのが一般的です。

枚数は、A4サイズで1〜2枚程度にまとめましょう。

職務経歴書の作成が初めてという方は、転職サイトなどにあるテンプレートや、職務経歴書の書き方を参考にするのがおすすめです。

応募のポイント

応募のポイントは、複数の求人に同時応募をすることです。

企業の多くは、働き手が足りない時に初めて求人を出します。

募集人員は最低限、かつ募集のタイミングは企業によってさまざまです。

つまり、今目にしている求人が、明日も掲載されているという保証はありません。

「今応募した企業の選考が一通り終わってから、次の求人に応募しよう」などと悠長に考えていては、応募の機会を失ってしまったり、転職活動が長引いてしまうことにつながるかもしれません。

良い求人ほど応募も集まりやすくなるので、無理のない範囲で複数の応募を進めてください。

転職活動の進め方:選考・面接(約1カ月)

書類選考後の選考は採用担当者による面接が基本ですが、企業によっては別の選考が用いられる場合があります。

面接の基本、面接のポイント、面接以外の採用選考をみていきましょう。

面接の基本

中途採用の面接は、集団で行われたり、人事部のみで進められたりすることはほとんどありません。

担当となる部署・部門のトップやリーダーが面接を実施する場合が大半です。

転職の場合、面接ではこれまでのキャリアについての質疑がメインとなります。

面接官は、一緒長く働いてもらえる人材かどうかを見定めるために質疑をするので、「この企業・職場で働くのであれば」を念頭に、面接にのぞみましょう。

面接のポイント

面接のポイントは、中途採用であっても新卒採用であっても大きく変わりはありません。

清潔感のある身だしなみ、入退室などの一般的なマナー、明るくハキハキとした受け答え、納得感や一貫性のある回答ができれば問題はないでしょう。

転職の場合は、よりスキルや経験に沿った質問がされる可能性が高いので、その部分は意識しておきましょう。

面接以外の採用選考

採用担当者との面接以外の選考には、SPIなどの適性検査、リファレンスチェックなどがあります。

適性検査とは、自社に適切な能力・スキルが応募者に備わっているかを確認するための検査です。

なかでも有名なSPIは記号選択式のテストのようなもので、言語・非言語・英語の能力や、応募者の人となりが見られます。

リファレンスチェックは、応募者の実績や勤務状況を現職、あるいは前職の担当者に事前に確認するものです。

確実に実施されるものではありませんが、応募書類や面接の場で嘘をつくのはリスクにしかなりませんので、絶対にやめましょう。

転職活動の進め方:内定・退職準備(約1カ月)

転職活動は、内定の連絡を受けたら終わりではありません。

内定獲得後に行うこと、その後の退職準備のポイントをおさえておきましょう。

内定獲得後の対応

内定をもらった後に行わなければならないのが、折り返しの連絡です。

企業が内定を出しても、応募者の承諾なしにその後の手続きは進められません。

契約内容や労働条件を十分に確認したうえで、できるだけ早く返答をしましょう。

選考結果待ちの企業があり、内定の承諾がすぐにできない場合は、相談という形で内定を保留にしたい旨を企業に伝えましょう。

大半の企業は、保留を認めてくれますが、保留にできるのは数日から長くても1週間程度ですので、注意してください。

退職準備

内定先への入社が決まったら、直属の上司に退職の意思を伝え、退職日を確定させましょう。

入社日が決まっていれば、退職予定日はすぐに決まるはずです。

退職予定日を確定させた後は、業務の引き継ぎを行います。

引き継ぎの期間は1カ月程度が目安とされていますが、後任者が多忙な場合は注意が必要です。

引き継ぎが終わらず、最終出社日が後ろ倒しになってしまった、ということにならないように気をつけてください。

有給休暇が残っている場合は、計画的に消化しましょう。

転職活動の進め方:退職・入社(約2週間)

転職活動の最終ステップは、退職と入社です。

いち社会人として、どちらの会社にも失礼のないように立ち振るまいましょう。

退職に関する対応

最終出社日に忘れてしまいがちなのが、貸与品の返却です。

貸与品は会社の財産ですので、制服・打刻用のICカード・備品・社外秘の配布資料などは、忘れずに返却しましょう。

また、退職後には源泉徴収票や離職票などの書類が郵送されるはずです。

不測の事態があった時に連絡窓口となる部署や担当者を聞いておくと、いざという時に安心です。

入社に関する対応

入社までに転職先から書類や機器が送付されてきたり、手続き等の対応をしなければいけないこともあります。

これらは入社先の担当者と連携して進めていきましょう。

また、入社日が来るまでは転職先への準備や対応をしつつ、有給消化など休暇期間が生じる場合もあります。

新しい職場で良いスタートを切れるように、適切な準備や休養をとってコンディションを整えておきましょう。

転職活動の進め方として転職サイトの活用が効果的

以前までは、転職といえばハローワークというイメージがありましたが、昨今では転職サイトが主流になっています。

転職サイトの利用者が増えた最大の理由は、転職活動を効率的に進められるからでしょう。

転職サイトと一口に言っても、その特色はさまざまです。

希望条件にマッチした求人情報が自動的に配信されるサイトや、自身の経歴を入力した後は企業からのオファーを待つだけ、といった特色を持つサイトもあります。

在職中は、転職活動に割ける時間も限られますので、ご自身に合う転職サイトを見つけ、効率的に転職活動を進められるようにしましょう。

転職活動の進め方に不安を感じたらPaceBoxに相談しよう!

転職活動の進め方は、人によってペースが異なります。

しかし、大まかな進め方を押さえておくだけでも、転職活動を進める助けになるはずです。

自分だけで転職活動を進めるには不安があるという方は、PaceBox(ペースボックス)にご相談ください。

PaceBoxは、これまでの職歴やスキルを入力するだけでオファーが届く転職支援サービスです。

キャリアアドバイザーへの相談も無料でできますので、ぜひPaceBoxに登録・相談してみてください。

転職するか悩んでる人はPaceBoxに登録!
プロフィールを入力すると、オファーがくる転職サービス
求人検索不要!自分にはどんなオファーが来る?
キャリアアドバイザーに悩み相談も可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

会社を辞めるタイミングや理由の伝え方! 手順・準備・手続き・注意点|の画像

会社を辞めるタイミングや理由の伝え方! 手順・準備・手続き・注意点

転職活動を途中でやめる?転職活動を途中でやめる時の考え方や注意点|の画像

転職活動を途中でやめる?転職活動を途中でやめる時の考え方や注意点

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

【転職にも有利】20代だからこそ身につけておきたいスキル3選|の画像

【転職にも有利】20代だからこそ身につけておきたいスキル3選

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧