中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

エンジニアからキャリアチェンジは可能?おすすめの職種や内定獲得のポイントを解説

エンジニアからキャリアチェンジは可能?おすすめの職種や内定獲得のポイントを解説
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

「エンジニアとして働いているけれど、将来がイメージできない。」

「キャリアチェンジしたいが、転職活動に自信を持てない。」

こんな想いを抱えている現役エンジニアも多いかもしれません。

そこで、本記事ではエンジニアの一般的なキャリアチェンジ先と転職活動のポイントを中心に解説していきます。

キャリアチェンジの方向性と転職活動におけるアピールポイントが定まれば、将来の具体的な目標をスムーズに設定できます。

目次

エンジニアからキャリアチェンジしたいと考える主な理由

転職にはリスクが伴います。

何となくキャリアチェンジしたい気持ちは持っているものの、目的が漠然とし過ぎていて中々最初の一歩を踏み出せない方もいるでしょう。

「そもそも、自分はなぜエンジニアからキャリアチェンジしたいのか?」

その理由を明らかにして、今キャリアチェンジを検討する時期として相応しいのか考えていきましょう。

エンジニアの適性がないと判断した

エンジニアとして一定期間勤めた後、適性がないと判断してキャリアチェンジを考えるケースは多くあります。

エンジニアは人によって向き不向きの差が出やすい職種です。

入社して間もない内は問題なくても、仕事の難易度が上がるにつれて徐々に周囲との成長スピードの差を感じ始めるでしょう。

エンジニアの適性がないと判断するタイミングは、人によって様々です。

そのタイミングが遅かれ早かれ、エンジニアの仕事は難易度が高く、やる気だけではどうにもならないという結論に至りやすいです。

適性を理由にキャリアチェンジを考えるエンジニアが多いので、よくある離職理由の1つとして認知されていることも大きいでしょう。

客先常駐がメインで将来的に不安を感じるから

BtoBのシステム開発エンジニアの勤務形態は客先常駐のことも多いです。クライアントとの契約内容によっては、収入が不安定になる場合もあります。

特に、派遣形態での契約の場合、クライアント先で仕事をしていない期間は社内待機となり、給与の一定割合をカットする企業もあります。

社内待機状態が長く続くと雇用を維持できないリスクもあるので、将来に不安を感じてキャリアチェンジを考える人も多いです。

勉強疲れ

技術は日進月歩で進化しているので、プライベートをある程度は犠牲にして自己啓発に臨めないとすぐに取り残されてしまいます。

エンジニアの資質は技術が好きなことが土台にあり、スキルアップのモチベーションを常に保てるタイプが活躍できます。

日々の業務に対してやらされ仕事感が強く、息苦しさのようなものを感じながら働いているエンジニアも一定数います。

「勉強から解放されたい。」

そんな想いから、キャリアチェンジを志すエンジニアもたくさんいます。

別の分野や仕事に興味が出てきた

エンジニアは仕事柄、別の業界や仕事内容に興味を持ちやすい職種といえるでしょう。

エンジニアは開発スキルを極めるイメージがありますが、それ以外にも幅広いノウハウが身に付きます。

例えばシステム開発職は、幅広い分野のシステムを構築するので、プログラミング以外にも様々な業界の業務知識に触れる機会も多いです。

また要件定義やマネジメントにも携わる中で対人折衝能力も身に付くので、エンジニア以外の職種に潰しが利きやすくなります。

働く中でやりがいのある仕事を再発見し、キャリアチェンジを検討するケースは多いでしょう。

エンジニアのキャリアチェンジの現状

エンジニアの人手不足は深刻といわれ、AIやIOTの分野など先端技術を扱えるエンジニアは重宝されます。

そのため、エンジニア経験を活かしたキャリアチェンジは十分に実現可能といえます。

未経験者や経験が少ない場合は、いかにキャリアチェンジの動機を企業側が納得できる形で伝えられるかがポイントです。

求められるスキルや経験年数に多少足りなくても、スキルを身に付ける意欲とコミュニケーションスキルがあれば選考対象になり得ます。

エンジニアは様々なポジションで人手が不足しています。

たとえストレートに希望職種に採用されなくても、入社後の頑張りでステップアップも可能です。

不採用が続いても、諦めずに転職活動を継続していきましょう。

エンジニア経験者の有効求人倍率は高水準

令和5年度の有効求人倍率が全職種で1.29倍。

対して主要なエンジニア職種の有効求人倍率は、以下の通りです。

職種有効求人倍率
製造技術者(開発)1.95倍
情報処理・通信技術者 1.56倍
その他の技術者 1.89倍

参照 : 厚労省 一般職業紹介状況(令和5年8月分)について(参考統計表より)

001149673.pdf (mhlw.go.jp)

有効求人倍率は求人数を求職者数で除したものです。

したがって、有効求人倍率が高いということは、エンジニアの採用に苦労している企業が多いことを意味します。

エンジニアの採用が困難になる理由は、なり手が少ないのはもちろん、スキルの見極めが難しい点も大きいです。

書類選考や面接、スキル試験のみで、エンジニアの実力を把握するのは困難です。

とはいえ、企業側は応募者のスキルに対して理解があいまいな状態では採用できません。

結果的に面接力の弱いエンジニアは、自分のスキルを上手く伝えられず、実力があっても不採用を繰り返してしまいます。

現行の選考試験が技術力の高いエンジニアの採用に向いていないことも、人手不足を加速させる原因といえるでしょう。

未経験者向け求人は減少傾向

一昔前までは未経験からエンジニアを目指す人が多く、スクール卒のレベルでも受け入れる企業も多くありました。

しかし、その風潮は落ち着き、未経験者向けの求人は減少傾向にあるといわれています。

主な理由は、スクールや独学で学んだ内容と現場で求められる開発レベルとのギャップが大きく、短期離職する事態が頻発したためです。

転職サイトには依然として「未経験者歓迎」求人がありますが、入社してすぐに専門的な業務を担当するのは以前より難しくなっている可能性があります。

ただ、冒頭にも述べた通り、エンジニアは様々なポジションで人手が不足しているので、諦めずに転職活動に臨めば採用に至る可能は十分にあります。

入社後の努力次第では、専門的な業務を担当できるようになる可能性も高いです。

未経験者がキャリアチェンジを成功させるには、

  • より即戦力に近いスキル
  • 業界・業務に関する知見
  • ヒューマンスキル
  • 成長意欲

をアピールし、企業に対していかに成長イメージを持たせられるかが重要といえます。

エンジニアのキャリアチェンジ種類

エンジニアのキャリアチェンジを大枠で捉えると、以下の5つに分類されます。

  1. ジェネラリスト
  2. スペシャリスト
  3. マネジメント
  4. 企画・コンサル
  5. IC

エンジニアのキャリアチェンジ先は「保有スキル」と「プロジェクト内容・役割(ポジション)」を考慮して決めるのが一般的です。

ただ、エンジニアが活躍できるフィールドは幅広いので、どの求人を受けるべきか分からなくなるケースもあります。

転職活動の方向性を見失わないためにも、まずはエンジニアのキャリアチェンジにはどのような種類があるか大枠で理解することが大切です。

その上で、数多くある求人情報をカテゴライズして、自分の目標に沿った求人をピンポイントで受けていく流れが最適といえます。

【保有スキル】 : スペシャリストorジェネラリスト

保有するスキルを活かしたキャリアチェンジは、スペシャリストとジェラリストに分類されます。

スペシャリストは特定の技術を活用し、各々の専門領域で活躍するエンジニアです。

例えば、データベース、セキュリティ、クラウドなどの技術に特化したエンジニアに分類されます。

対して、ジェネラリストは特定のスキルだけではなく、幅広いスキルを活用してプロジェクトが円滑に進むように様々な問題に対応していきます。

スペシャリストは特定のスキルに対する習熟度、ジェネラリストは広範囲なスキル・知識が必要です。

【プロジェクト内容・役割】 : スペシャリストorマネジメントor企画コンサルの3つ

プロジェクト内容・役割を基準にキャリアパスを考える場合、スペシャリストに加えてマネジメントや企画コンサルティングなど主に3つの選択肢があります。

マネジメントはプロジェクトの計画・管理を担当し、チームリーダー的な役割を担います。

企画コンサルティングは技術的な観点とユーザー目線を考慮した、クライアントにとって最適なシステムの企画提案や戦略策定を行います。

プロジェクト内での役割は3つそれぞれ異なりますが、業務を行う上で前提となる知識やコミュニケーションスキルは共通して必要です。

過去に経験したプロジェクトを振り返り、どのような役割において最も力を発揮できたか探っていきましょう。

【技術領域に特化】: IC

ICとはマネジメントの責務がなく、技術領域に特化した専門職を指します。

部下を持たないため、指導・管理的な業務は基本に発生しません。

そのため、技術力で人事評価が決まるといっても過言ではなく、常にスキルをアップデートする姿勢が強く求められます。

ICとしてのキャリアパスを構築できれば、現場のエンジニアとして、生涯に渡り最先端の技術に携わることも可能です。

【職種別】エンジニアのおすすめキャリアチェンジ例

ここでは、主要なエンジニア職種のキャリアチェンジ例を紹介していきます。

過去の実績やキャリア志向と照らし合わせ、今後どのような分野で活躍できる可能性があるか探っていきましょう。

もちろん、紹介するキャリアチェンジ例以外にも選択肢は豊富にあります。

本記事の内容をベースに、自分の強みが活かせる分野を検討してみてください。

Webエンジニアのキャリアチェンジ

Webエンジニアのキャリアチェンジ先の代表例は、以下の通りです。

  • プロジェクトマネージャー
  • Webディレクター
  • ITスペシャリスト

Webエンジニアが携わる分野は様々あります。

ここでは、Webシステムやスマホアプリ開発に携わるエンジニアを対象に説明します。

プロジェクトマネージャー(PM)

プロジェクトマネージャーとして採用されると、チームメンバーとしてプロジェクトに参加し、初めはタスク管理や進捗報告などを担当するケースが多いです。

業務を経験する過程で実践的なコミュニケーションスキルや管理能力が身に付き、よりリーダー的な立ち位置で手腕を振るう機会が多くなります。

マネジメントの基本的な業務から段階を踏んで、本格的なマネジメントにキャリアアップするイメージです。

Webディレクター

WebプログラマーやデザイナーなどWeb制作に携わるメンバーの中心となり、要望に沿ったコンテンツを作り上げるのがWebディレクターの役割です。

具体的には、以下の業務に携わります。

  • プロジェクトにおける指揮・命令や進捗管理
  • システムのコンセプトやデザインの取り決め
  • Web戦略の策定

いきなりディレクターとして活躍するケースは少なく、最初はデザインやUXについて学習しながら、メンバーと信頼関係を構築することからスタートします。

その後、スケジューリングやリソース管理などの経験を積み、Webディレクターとしてステップアップするのが一般的な流れです。

過去に携わったプロジェクトの中で、リーダー的な立ち位置で、メンバーの指導やマネジメントを行った経験があるとキャリアチェンジは有利になります。

ITスペシャリスト

技術面の専門家としてプロジェクトに携わり、開発工程で発生する様々なトラブルに対応するのが主な役割です。

開発エンジニアや他の技術領域に詳しい専門家と協力して、様々な技術課題やプロジェクト内部の問題点を解決していく中で市場価値が上がっていきます。

現状の保有スキルを向上させる以外にも、専門領域外のスキルも幅広く身に付けていけば、さらにキャリアチェンジの可能性は高まるでしょう。

システムエンジニアのキャリアチェンジ

ここでは、BtoB向け業務システムやインフラシステムの開発に携わるシステムエンジニアのキャリアチェンジについて解説していきます。

システムエンジニアのキャリアチェンジ先の代表例は以下3つです。

  1. ITコンサルタント
  2. プリセールス
  3. 社内SE

これら3つに加え、プロジェクトマネージャー(PM)の道もあります。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは専門知識に加え、ビジネススキルやクライアント企業が所属する業界についての深い知識が必要です。

それら知識を前提として、

  • 市場や業界の現状を見据えた上でニーズを把握する力
  • 戦略的な提案やアドバイスができる能力と知見

などが求められ、よりビジネス目線の業務を行う機会が多くなります。

その点システムエンジニアの実績があれば、要件定義からシステム開発の一連の流れを経験しているので、より現実的な提案やアドバイスができると捉えられます。

応募先企業のクライアント情報を詳細に調べ、具体的にどのようにアプローチするかを考えれば、自ずと転職活動時のアピールポイントも定まるでしょう。

プリセールス

プリセールスはクライアントやステークホルダーに自社製品を導入してもらうため、信頼関係を構築していく重要な役割があります。

クライアントと日々コミュニケーションを取る中で潜在的なニーズを読み取り、最適なソリューションを提供できる能力が必要です。

デモやトライアルを行い製品の新機能を実践する機会も多いので、システムに関する豊富な知識とプレゼン能力も求められます。

システムエンジニアの経験で培ったヒアリング能力やニーズを読み取る力など、コミュニケーション全般のスキルは重宝されるでしょう。

社内SE

社内SEはサーバー、ネットワーク、セキュリティなど幅広いITスキルに加え、対人折衝能力も求められます。

社内SEにキャリアチェンジすると発注側になるので、より社内外の関係者とコミュニケーションを取る機会が増えます。

ビジネス部門と連携して業務の効率化・改善なども行うので、周囲の意見を取り入れつつ、自分のアイディアを形にして伝える力も必要です。

キャリアチェンジにおいては、SEやPMの実績があれば、社内SEに必要な素養が十分に備わっていると判断されます。

SE→(PM)→社内SEというステップは、一般的なキャリアチェンジ例として認知されている場合が多いです。

インフラエンジニアのキャリアチェンジ

インフラエンジニアの代表的なキャリアチェンジは、主に以下の選択肢があります。

  • ITスペシャリスト
  • プロジェクトマネージャー(PM)
  • ITコンサルタント

ITスペシャリスト

インフラ分野のITスペシャリストは、スキルを常に最新にアップデートしながら、より使いやすく堅牢なシステムを構築していきます。

戦略的な思考やビジネス洞察力を磨き、常に技術のトレンドを把握する視野を身に付けることでキャリアアップが可能になる分野です。

クラウド技術やセキュリティ、仮想化などの領域は特にニーズが高く、ITスペシャリストとしての活躍が期待できます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとして採用されるためには、周囲を統率できるリーダーシップやビジネススキルが欠かせません。

最初はメンバーとしてプロジェクト内の業務を覚え、チームリーダーとして徐々にマネジメント業務やプロジェクト運営に携わっていくのが一般的です。

また業務が上流に近くなるほど、リスクを予測し適切に対処する力も求められてきます。

エンジニアとしての開発スキルから、リーダーシップや問題解決力などコミュニケーション寄りのスキルに求められる能力がシフトしていきます。

ITコンサルタント

ITコンサルタントにキャリアチェンジするためには、インフラエンジニアの実績に加え、ビジネス全般の経験があることが望ましいです。

クライアントに対して、技術的な観点からシステム導入のメリットを伝えるだけでなく、予算や運用コストなど経営に直結する部分も考慮して提案しなくてはなりません。

ITコンサルタントとして実績を積めば、エンジニアとしての技術、ビジネススキルの双方が身に付き、キャリアパスの選択肢は大きく広がります。

機電系エンジニアのキャリアチェンジ

形ある世の中の製品は、機電系のエンジニアが設計やシュミレーション解析を行うことで市場に出回っています。

職種に対するニーズは高いので、一度スキルを身に付ければ様々な分野で即戦力として活躍しやすいメリットがあります。

機電系エンジニアのキャリアチェンジ先で、よくあるパターンは以下の通りです。

  • 同職種・同工程
  • 設計・開発部門からセールスエンジニア・コンサルタント(または逆)
  • 全くの異業種

やみくもに仕事の方向性を変えるのではなく、携わった経験がある設計対象や生産工程の専門性を上げる目的でキャリアチェンジを考えるエンジニアも多くいます。

同様に設計・開発部門の実績を活かし、セールスエンジニアやコンサルタントとしてクライアントに近い立場で働くことを選択するエンジニアも多いです。

ただし、コンサルタントはセールスエンジニアと比べて転職難度が高いので、ある程度は段階を踏む必要があります。

逆に最初は営業寄りの職種で採用され、技術職にキャリアチェンジする人もいます。

機電系エンジニアは他の業務で得た関連知識をアピールすることで、比較的ポテンシャルを考慮される可能性が高い分野です。

エンジニアからキャリアチェンジを達成させるポイント

ここでは、エンジニアがキャリアチェンジを達成させる上で特に大切なポイントを紹介します。

他の職種にキャリアチェンジする場合と共通する部分もありますが、エンジニア特有の注意ポイントもあります。

転職活動に取り組む前に、ぜひ確認してみてください。

キャリア面談で現状を把握

まずはキャリア面談を受け、アピールポイントの整理や自分に合った転職活動の進め方を共有しましょう。

事前準備がおろそかだと、途中で転職活動の方向性が定まらなくなる恐れがあります。

 キャリア面談を受ける場合は、厳しいノルマがなく、登録者1人1人に親身に向き合う姿勢を大切にしているエージェントが理想です。

過去の実績以外にも、相談のしやすさとサポートの充実度を重視して利用するサービスを選択しましょう。

転職サイトのスカウトサービスを利用

スカウトサービスを利用するメリットは、応募先企業を選定する時間を短縮できるだけではありません。

プロフィールに魅力を感じた企業から直接アプローチがあるので、転職市場における自分のニーズをより正確に理解できるメリットもあります。

企業から届くスカウトメールで「あなたの○○の経験に魅力を感じてメッセージを送りました」のような文面を見た経験はありませんか?

個人に向けたプライベートオファーが届くと、その内容から転職市場における自分の強みを客観的に理解できるメリットがあります。

それだけではなく「こんな部分にも企業は注目したのか」という潜在的なニーズに気付ける場合も多いです。

スカウトサービスも転職活動において重要な自己分析の素材になり得るでしょう。

経験を生かしてどのように貢献できるか説明できるようにする

企業は選考を通じて、採用メリットを第一に確認しようとします。

「あなたを採用するメリットは?」

「弊社の業務において一番役に立つと思うスキルは?」

などの質問が該当します。

難しい内容ですが、即戦力採用が基本の転職活動において、明確に答えられないとマイナスになりかねない内容といえます。

回答のポイントは、企業に対して入社後に活躍している姿を具体的にイメージさせられるかです。

  1. 自分の強みとなる経験は何か
  2. 経験を活かしどのように貢献できるかを伝える
  3. 5年後・10年後にどうなりたいか

上記3点を回答内容に盛り込み、キャリアチェンジ先に貢献できる根拠を明確にしましょう。

「回答例」

前職では病院や保険会社の業務系システム開発に携わり、Javaプログラマーとして〇年のキャリアを積んで参りました。

またプロジェクトに参画して〇年後にはPLも担当し、〇人程度のマネジメントも経験しております。

それ以降はプロミングスキルのみならず、マネジメントスキルを高めるため日々自己啓発に励んで参りました。

これまで開発の実績を中心に積み上げて参りましたが、スキル的には様々なフェーズで貢献できると考えております。

今後はさらにマネジメントの経験値を上げ、マルチな方面からプロジェクトを支えられるエンジニアを目指していきます。

積極的に外部に向けてスキルと熱意をアピールする

SNSなどのエンジニアコミュニティを活用して、キャリアチェンジに向けた努力の過程を積極的に発信しましょう。

エンジニアを雇用する企業で、採用活動にSNSを活用するケースは多いです。

応募書類にSNSアカウントを添付すれば、面接では伝えきれないあなたの人柄や仕事への熱意を伝えられます。

さらに業界関係者をフォローすれば、企業が求める人材の特徴を理解でき、日々の投稿内容を閲覧される可能性も高まります。

転職活動に関する有益な情報が手に入り、マッチング次第では選考につながる可能性もゼロではありません。

何よりも目に見える形で努力の跡を残せるので、面接時のアピール内容に信ぴょう性を持たせられます。

副業サービスを利用して足りない実務経験を身に付ける

企業は応募者の実務能力を、開発工程ごとに「実務経験〇年」など定量的に把握している場合も多いです。

書類選考や面接に加え技術課題を出す企業もありますが、それでもスキルを正確に把握するのが難しいので、一定の基準として把握するためです。

そのため現職に影響が出ない範囲で、クラウドソーシングサービスなどで副業に取り組み、足りない実務経験を補おうとするエンジニアはいます。

許可があることが前提ですが、転職せずに実務経験を積む手段として副業は有効です。

関連資格を取得する

応募要件で満たしていないスキルを補完したり、現状のスキルと上手く掛け合わせたりするなど有効に資格を活用しましょう。

転職は即戦力採用が基本なので、業務を遂行する上で最低限の知識を持ち合わせていることが採用の前提です。

例えば、開発エンジニアがPMを志望する場合、関連資格を取得してプロジェクトマネジメントの基礎知識を体系的に学ぶことは選考においてプラスになり得ます。

関連資格を取得することは、経験が少ない仕事に応募する際に、他の応募者と同じ土俵に立つ手段の1つといえるでしょう。

エンジニアから畑違いの職種にキャリアチェンジするには

エンジニアが全くの異業種・異職種にキャリアチェンジする場合、前職で培った他の業務に持ち運びできる「ポータブルスキル」を中心にアピールしていくのが望ましいといえます。

他の会社に転職すれば1年生といわれるように、経験者でも完全に即戦力というケースは少ないです。

これまで勉強を継続してきたエンジニアとして実績があれば、新しい仕事を覚えていく点について不安視されるケースは少ないといえます。

また、いかに前職の不満などネガティブ要素をポジティブに伝え、企業側の不安を払拭できるかが重要といえます。

前職と関連性が薄い職種にキャリアチェンジを考える場合、何かしらの理由があってこれ以上は同じ仕事を継続できない(しない)と判断しているはずです。

ただ、理由はどうであれ、専門スキルを活かして仕事をするエンジニアが畑違いの求人を受けると応募動機に疑問を持たれやすくなります。

「単にキツくてキャリアチェンジを考えたのでは?」

「すぐに離職しないだろうか?」

採用担当者からこのような印象を持たれないためにも、仕事への熱意とカルチャーフィットできる根拠を明確に伝える必要があります。

経験者と比較してスタートで遅れていても、ポテンシャルが認められ採用に至るケースもあるので諦めずに転職活動を継続しましょう。

まとめ

キャリアチェンジを達成させる上で、エンジニアと他の職種で力を入れる部分が大きく異なることはありません。

選考対策を充実させ、企業に採用メリットを示せるように日々スキルアップに励んでいくのはどの職種へのキャリアチェンジでも大切です。

とはいえ、キャリアチェンジの方向性に迷っていたり、単独で選考対策を行っていく自信がなかったり不安を抱えている方も多いと思います。

その場合は自分だけで抱え込まず、転職のプロの意見を積極的に取り入れ軌道修正を図ることが大切です。

転職活動が上手く行かない時、自分自身の支えになる環境を見つけていきましょう。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

休職は転職先にばれる?休職が転職時にばれるケースと影響を解説|の画像

休職は転職先にばれる?休職が転職時にばれるケースと影響を解説

転職で年収が上がりすぎることってある? 年収が上がる人の特徴や注意点を解説|の画像

転職で年収が上がりすぎることってある? 年収が上がる人の特徴や注意点を解説

30歳で年収600万円は勝ち組? 平均年収や中央値からみる割合と達成法|の画像

30歳で年収600万円は勝ち組? 平均年収や中央値からみる割合と達成法

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧