【重要】2024/6/28 サービス終了のお知らせ

中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

経験を積めばチャンス有?ディレクターの仕事内容やなるための方法を解説

経験を積めばチャンス有?ディレクターの仕事内容やなるための方法を解説

転職活動をしていて、中にはいくつかの業界のディレクターの仕事に憧れる人はいないでしょうか。しかし、一口にディレクターといってもその種類はさまざまです。ディレクターになるための方法も違います。決して簡単になれる職種ではありませんが、段階を踏んでいけばチャンスがないとも限りません。本記事では、ディレクターの概要について紹介し、主な仕事内容や目指すための条件、年収などについて業界別に解説していきます。

プロデューサーとは違う?ディレクターとはそもそもなにか

ディレクター(director)は、そのまま日本語に訳すと「指揮者」や「管理者」といった意味になります。つまり、ディレクターとは制作の現場において総監督という役割を果たす人のことです。制作の仕事を行う他のメンバーに、作業指示を出したり進捗管理を行ったりします。ただし、ディレクターといってもすべての業界で制作に携わる仕事を指すわけではありません。会社によっては、部長や取締役といった役職者をそう呼ぶケースも見られます。

ディレクターと混同されやすいポジションにプロデューサーがあります。プロデューサーも管理を行う点では同じといえますが、権限を持つのは予算や人事などです。これらの権限を握っている制作全体の責任者をプロデューサーといいます。一方、ディレクターは現場を指揮して管理することが主な仕事です。制作物の出来上がりに責任を持つポジションであり、その点がプロデューサーとは違います。また、アシスタントディレクターはディレクターの補佐を行う職種のことで、一般的にはADと略した形で呼ばれます。他にも、IT業界寄りではありますが、ディレクターとプロジェクトマネージャーも混同しやすいので注意が必要です。

代表的な業界をピックアップ!ディレクターの仕事内容や目指し方

ディレクターという肩書は、限られた業界だけではありません。さまざまな業界で使われています。同じディレクターでも、仕事内容や年収、目指し方などは業界ごとで違ってきます。ここでは、代表的なディレクターとして「TVディレクター」「クリエイティブディレクター」「Webディレクター」の3つを紹介していきます。

TVディレクター

ディレクターと聞いて真っ先にイメージするのはTVディレクターではないでしょうか。ここでは、TVディレクターの仕事内容、目指し方、年収などについて解説していきます。

仕事内容

TVディレクターの仕事は、プロデューサーが決めた番組を制作する際に指揮を取ることです。実際の細かい仕事内容については番組や制作会社によって異なりますが、多くの場合に共通する主な仕事をあげてみましょう。まず、番組の企画に必要なスタッフと機材の手配もディレクターの仕事です。他には、それぞれのスタッフの仕事の管理や映像の編集なども行います。あらかじめ予算が限られた中でクオリティの高い映像を作り上げるという大きな役割を持っています。

TVディレクターの場合、演出の指導も行わなければなりません。そのため、現場スタッフと綿密に打ち合わせをする機会が増えてきます。また、制作するうえで重要になってくるのがクライアントとのさまざまな調整です。ディレクターは、クライアントと現場の意見のすり合わせなども重要な仕事にあげられます。ときには、予算や演出などの点で双方に認識のズレが発生することも少なくはありません。そのようなときは、現場側の代表としてプロデューサーに相談することもディレクターの仕事の一つです。

目指し方

TVディレクターになるための段階としては、アシスタントディレクター(AD)から始めるのが一般的です。ADは、ディレクターを補佐する仕事なので、業務を行いながら番組制作に関する基本的な部分を数年間学ぶことができます。そして、実績や能力が認められれば、ディレクターへと昇格するチャンスを掴めることになります。

実際にディレクターに上がれるまでにかかる年数は人それぞれに違います。ただ、目安としてはだいたい5年程度といわれています。この年数は、キー局でも地方局でも違いは見られません。つまり、ADとして5年程度の下積みが必要だということです。TVディレクターを目指すには特に資格は必要ありませんが、豊富な知識と幅広い視野が求められる場面が多くなっています。また、ユニークな性格も武器になるでしょう。テレビ局によっては、大学卒業であることを条件としているケースもあります。アルバイトでADから始めるという手段も可能性はありますが、大学に進学しておくほうが望ましいでしょう。

年収

TVディレクターの年収は、全体で見ると500万円前後といったところです。華やかな業界の割には少ないと感じる人も多いかもしれません。ただ、クリエイティブ系全体の平均年収は380万円前後なので、業界のなかでも年収は高い方といえるのです。また、キー局の場合は年収1000万円を超えることも十分可能です。対して、地方局のTVディレクターとなるとやや年収は低い傾向があります。キー局に比べて2〜3割ほど年収は低めになります。

しかし、これはテレビ局の場合で、下請けになるとさらに年収は下がると考えたほうがいいでしょう。テレビ番組の制作は、下請けの制作会社が行うことも多いものです。そのため、番組制作会社に入社するのもディレクターを目指す一つの手段ですが、年収は低めになります。中には、400万円前後になるケースもあります。

クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクターは、広告業界に興味を持つ人にとっては花形的な職業といえます。ここでは、クリエイティブディレクターの仕事内容と目指し方、年収について解説していきます。

仕事内容

クリエイティブ(creative)は、そのまま日本語に訳すと「創造的」という意味になりますが、広告業界の場合でいえば「制作物」のことを指します。クリエイティブディレクターとは、制作物の現場において全体を取り仕切る監督のような存在といっていいでしょう。まず、クリエイティブディレクターの仕事としてあげられるのは、クライアントがどのような物を作りたいのか要望や計画を聞くことです。

そして、コピーライターやデザイナー、カメラマンといった制作に必要なクリエイターを集めて、一つのチームを結成して広告制作に当たります。このとき、ただ必要なメンバーを集めるだけではいけません。メンバーのそれぞれが自分の能力を十分発揮できるよう、良好なチームワークの構築もクリエイティブディレクターの手腕の一つとして求められます。

クリエイティブディレクターと混合されやすい職種にアートディレクターがあります。広告業界で活躍する点では同じですが、アートディレクターは専らビジュアル部門の監修を行うのが仕事です。対して、クリエイティブディレクターは広告制作全体を監修するという点が違っています。

目指し方

クリエイティブディレクターの仕事は、幅広い専門性が求められます。制作に当たるさまざまなクリエイターの仕事を理解していることが必要になるのです。そのため、デザイナーやコピーライター、カメラマンといった主なクリエイターとしての経験を積むことが好ましいといえます。こうしたプロセスを踏まずにいきなりクリエイティブディレクターになるのは非常に困難です。

まったく何も経験がない状態なら、クリエイティブ職の基本であるPhotoshopやIllustratorといったツールを理解することから始めてみるのもいいでしょう。そして、DTPエキスパートやアドビ認定エキスパートなどの資格を取得するのもいいでしょう。ただし、こうしたツールを使いこなせるだけでなく、さまざまなクリエイティブ作品に触れて感性を磨くことも重要です。

クリエイティブディレクターは、まずクライアントの要望を上手に聞き出す能力が求められます。クライアントの中にはクリエイティブなものについてまったく知識を持たない人も多いため、その分十分な知識を身につけておく必要があります。そうすることで、クライアントの要望を上手に形にすることが可能になるでしょう。さらに、チーム全体を引っ張っていく役割も担うため、コミュニケーションスキルも必要です。普段からチームの中で橋渡し的な役割を経験しておくといいでしょう。また、プロジェクトを成功させるには限られた工数と予算の中で行うことも必要なため、マネジメントスキルも重要になってきます。

年収

クリエイティブディレクターの場合、年収の平均はおよそ500万円といったところです。前述したようにクリエイティブ系全体の平均年収が380万円前後なので、業界の中でもクリエイティブディレクターの年収はかなり高いほうといっていいでしょう。もちろん、実際には会社や経験によって年収に差が生じます。例えば、大手広告代理店勤務で、さらに十分な実績を残しているクリエイティブディレクターなら、年収は1000万円を超えるケースも珍しくありません。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイトの構築や運用を行うときに中心的な役割を担う人のことです。ここでは、Webディレクターの仕事内容や目指し方、年収について解説していきます。

仕事内容

Webディレクターの主な仕事の一つにあげられるのは、Webコンテンツの制作にともなう企画の提案です。そして、そのために立ち上げるプロジェクト全体の責任を持つことも重要な仕事になります。もちろん、プロジェクトを遂行するためのメンバー選定もWebディレクターの重要な仕事の一つです。Webデザイナーやプログラマー、コピーライターといったスタッフと連携をとりながら、クライアントの要望を実現するためのWebサイトを構築していきます。

実際には、作業日程の計画と管理、メンバーの進捗管理なども行いながら、納期までに完了できるよう調整を行う役もこなさなければなりません。つまり、Webコンテンツの制作に関するすべての管理と責任を担うのがWebディレクターなのです。制作だけにとどまらず、その後の運用や更新にもWebディレクターが携わる必要があります。具体的には、Webサイトが目標とする売上や集客数に向けてPDCAを回し、サイトを適切に改善していくという内容です。

Webディレクターは、一つのサイトを制作から管理まで担当するため大きな責任をともないます。しかし、年々デジタル化が進むという流れから、今後も需要が見込める職種といっていいでしょう。Webコンテンツによって企業の業績を左右することも考えると、やりがいのある仕事といえます。

目指し方

Webディレクターを目指すには、まずWebサイト制作のためのプログラミング、さらにUIなどについて幅広い知識を持つことが望ましいでしょう。もちろん、Webディレクターは指示する側であり、実際に自分でプログラミングをすること自体が仕事ではありません。実際にプログラミングを行うのはプログラマーの仕事です。しかし、基本的な技術と知識がなければ、メンバーに向けて適切なディレクションを行うことは難しいといえます。

必要な専門知識を持たない人がディレクターでは、何を指示していいかも判断できないでしょう。それでは、プロジェクトのメンバーが困ることになります。メンバーをまとめることができないと、クライアントの要望に沿ったコンテンツを作るのも無理な話です。さらに、Webディレクターにはマーケティングの知識も求められます。これは、ユーザーを効果的に集めるためのサイト設計の依頼も多いためです。Webディレクターとして高い評価を得たいなら、マーケティングの知識も習得しておきましょう。

他のディレクターでも説明してきましたが、Webディレクターもクライアントとの交渉やチームをまとまる場面が多くなります。そのために必要なコミュニケーションスキルを磨いておいて損はありません。ただ、未経験からWebディレクターになるのは難しいことです。決して簡単とはいえませんが、Web業界以外でプロジェクトリーダーやマネジメントといった経験を活かし、それからWebディレクターとして仕事に就いた事例もあります。

年収

年収は、Webディレクター全体の平均としては、450万円前後といったところです。もちろん、あくまでこれは平均であり、実際にはスキルや経験にともなって年収には差が出ます。大規模なWebコンテンツを手がけるWebディレクターになると、年収は1000万円を超えることも夢ではありません。

ただし、未経験となると年収は低めになります。未経験からWebディレクターを目指す場合は、年収が350万円程度になるケースもあります。未経験といっても、先述したようにまったく知識を持たずにできる職種ではありません。必要な知識を身につけたうえで未経験から始める場合と考えておけばいいでしょう。

仕事に大きなやりがいを求めるならディレクター職に挑戦しよう

ディレクターは、どの業界であっても未経験者がいきなりできるほど甘い仕事ではありません。しかし、プロジェクト規模によっては多くの人を巻き込み、世間を驚かすようなアウトプットを生み出すことができるのは大きなやりがいです。挑戦したいときは、簡単にできる仕事とは思わず、必要な技術を身に付け経験を積んで、マネジメント能力やコミュニケーション能力を磨くことから始めましょう。

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

これでもう面接は大丈夫!事前準備や当日に気をつけるポイントを徹底解説|の画像

これでもう面接は大丈夫!事前準備や当日に気をつけるポイントを徹底解説

転職相談のおすすめ窓口4選!悩みを相談する前の準備や注意点も紹介|の画像

転職相談のおすすめ窓口4選!悩みを相談する前の準備や注意点も紹介

転職理由がキャリアチェンジの場合の転職活動のポイントと面接対策|の画像

転職理由がキャリアチェンジの場合の転職活動のポイントと面接対策

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧