中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

住民票記載事項証明書とは?住民票との違いや取得方法、書き方を徹底解説

住民票記載事項証明書とは?住民票との違いや取得方法、書き方を徹底解説

転職や就職の際、住民票記載事項証明書の提出を求められることは多いものです。期日までに提出しなければならないのに、正しい用意の仕方がわからずに困ることはないでしょうか。必要なときに慌てることのないよう、この記事では、住民票記載事項証明書とは何か、取得場所や申請の際の書き方、発行費用の目安など、発行までに必要な情報について紹介します。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

住民票記載事項証明書とは?

住民票記載事項証明書とは「住民票」の項目の中で申請者が求める項目を記載したもので、かつそれを証明してもらうための書類です。住民票の内容に相違がないことを証明するときに必要となる書類のことで、転職や就職など新たに会社へ入社するときに求められる傾向が見られます。正規雇用に限らず、パートやアルバイトといった勤務形態のときにも提出を求められることが多い書類です。

雇用側が住民票記載事項証明書提出を求めるのは理由があります。それは、雇用者の氏名や住所、生年月日、性別といった情報を正確に知るためです。雇用側としては、雇用する際にはその人の基本情報を正しく把握して管理しなければなりません。もしも、偽名を使っているなど提出書類に虚偽があると、何らかのトラブルにつながることも出てきます。極端なケースでいえば、罪を犯して逃げている人物であることも懸念されます。そういったトラブルを回避するためにも、雇用者の基本情報を確認する手段として住民票記載事項証明書が必要になるのです。

住民票と住民票記載事項証明書は何が違う?

皆さんの中には、住民票を提出するだけで十分ではないかと疑問に感じる人もいるのではないでしょうか。そこで、住民票と住民票記載事項証明書とはどのように違うのか解説していきます。

住民票の写しの提出が必要な時と記載内容

住民票は、居住地の役所で管理されており、原本そのものを請求することはできません。そのため、住民票が必要なときは「住民票の写し」を役所で発行してもらいます。つまり、新たに入社する企業などで住民票の提出を求められたときは「住民票の写し」を提出すると認識しておけばいいのです。就職時以外の場面で住民票を求められたときも、同じく「住民票の写し」を役所で発行してもらえば問題ありません。

例えば、就職の他には運転免許証やパスポートの発行・更新、不動産登記、賃貸契約などのときにも「住民票の写し」は必要になります。住民票の写しに記載されている内容は、氏名、生年月日、性別、住所、当該市区町村の住民となった日、前住所、世帯主名と続柄、本籍地と在留資格等の他、住民票コード、マイナンバーなどです。また、当該市区町村内で住所を変更したときは現住所を定めた日についても記載されています。このうち、世帯主名と続柄、本籍地と在留資格等、住民票コード、マイナンバー等は必ず記載されているわけではなく、自由に選択したうえで「住民票の写し」を発行してもらうことが可能です。

なお「住民票の写し」を提出するときは、最新の内容になっているよう注意しておく必要があります。例えば、引っ越しなどで実際の居所が変わっているときは、早めに住民票を新しい居住地に異動させておきましょう。住民票の異動が完了していないと「住民票の写し」が必要になるたびに前の居住地の役所まで取りに行かなければなりません。就職の際は、会社の提出書類と住民票に記載された住所が異なることのないよう、事前に必ず住民票を移しておきましょう。

住民票記載事項証明書の提出が必要になる時と記載内容

住民票記載事項証明書とは、住民票の記載事項のうち一部を抜粋し、その事項が住民票記載のものと相違がないことを証明するものです。一般的に住民票記載事項のうち氏名・住所・生年月日・性別の4項目が証明され、申請者が希望する場合は世帯主・続柄・本籍などもが記載されます。そのため、実際の記載内容は申請者ごとで変わってきます。どこまでの内容を必要とするかも、提出先によって違ってくるでしょう。入社時の提出書類として用意する場合、住民票記載事項証明書の記載内容については、会社から指定された項目にもとづいて記載を求めれば基本的に問題ありません。

住民票記載事項証明書が必要になるのは、冒頭でも伝えたように就職や転職で会社から提出を求められたときです。会社によって提出期限は異なりますが、入社が決まった時点でさまざまな手続きを進めることになります。そのうえでも正しい情報を早めに確認しておくことが重要になってきます。提出を求められたときは早めに対応できるようにしておきましょう。住民票の項目でも説明したように、引っ越しをしたときは早めに住民票を新たな居住地に移しておくことです。住民票の異動ができていないと、住民票記載事項証明書にも古い住所が記載されることになります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

住民票記載事項証明書の取得方法、取得に必要なものとは?

会社から住民票記載事項証明書を求められたら、速やかに準備して提出しなければなりません。そこで、ここでは住民票記載事項証明書の取得場所とその際に必要になるものを紹介していきます。基本的に全国どこでも同じ方法で取得できます。

会社から所定の用紙をもらった場合

はじめに、会社から所定の用紙をもらった場合の流れを紹介していきます。入社のタイミングで会社から住民票記載事項証明書の提出を求められるとき、会社から書類が渡されることがよくあります。住民票記載事項証明書を申請するときは、会社からもらった書類に必要事項を記入し、さらに本人確認書類を持っていけば証明してもらえます。会社から受け取った書類に記載する内容は、氏名や住所など基本的な自分の情報です。また、このときに必要な本人確認書類とは「運転免許証」「マイナンバーカード」「パスポート」「健康保険証」などを指します。

ここまで用意できたら、自分が住んでいる市役所もしくは行政サービスで申請します。発行費用は市区町村によって異なりますが、200〜500円程度といったところです。なお、会社によっては指定の用紙がない場合もあります。渡されないときは、一度会社に確認したほうがいいかもしれません。担当者によっては渡すのを忘れている場合もあるからです。もしも用紙がない会社であった場合は、次に紹介する方法で住民票記載事項証明書を発行してもらうことができます。

会社から指定の用紙をもらわなかった場合

説明したように、どの会社も必ず住民票記載事証明書の申請に関する書類を用意しているとは限りません。会社によっては指定された書類がない場合もあります。そのときは、特に用紙を持参しなくても、本人確認書類だけで居住地の役所もしくは行政サービスで住民票記載事項証明書を発行してもらうことができます。役所や行政サービスの窓口が開いている時間帯に行き、住民票記載事項証明書の発行申請を行いましょう。

通常は、どこの役所でも必要な書類を発行してもらうための請求書が置かれています。その請求書に必要事項を記入し、窓口に提出します。その際に必要になるのが本人確認書類です。もしくは、郵送での取り寄せが可能な場合もあります。その場合も発行にともなう請求書や本人確認書類の写しは必要です。さらに、返信用封筒と手数料分の定額小為替も同封します。手数料分の定額小為替については、最寄りの郵便局で購入できます。郵送に対応しているかどうかは、居住地の役所の公式サイトで確認してみましょう。可能な場合の詳細も公式サイトで確認できます。

また、マイナンバーカードを持っている場合は住民票の写しについて「コンビニ交付」の利用も可能です。マイナンバーカードを利用してマルチコピー端末が設置されているどこのコンビニでも即時発行してもらうことができます。ただし、居住地の市区町村がコンビニ交付に対応している場合に限ります。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

住民票記載事項証明書の書き方・記入項目

次に、住民票記載事項証明書の書き方と注意点について解説していきます。まず念頭に置いておきたいのは、住民票記載事項証明書とは「住民票に記載された内容と相違がない」ことを証明するための書類であるということです。そのため、記載内容が住民票と一致していなくてはいけません。記入ミスをしたときは新たに書き直すことになります。会社で指定の書類を受け取っているときは、間違えないよう確認したうえで記入するようにしましょう。

基本的な記入項目は「住所」「氏名」「生年月日」「続柄」ですが、まず間違えやすいのは「住所」です。住所は普段はハイフン(ー)を使っていることが多いため、省略せずに「○丁目」「○番地」と正しく書きます。都道府県から記入し、地番まで丁寧に記入します。集合住宅の場合は建物名と部屋番号まで書かなければいけません。建物によっては棟などが入っていることもあるので、きちんと記入しましょう。

氏名は、戸籍上で記載されている文字を使います。住民票に旧字体が使われているときは、必ず旧字体にします。例えば、沢は澤、辺は邊といった具合です。もちろん、旧字体を使用していないときは気にする必要はありません。

生年月日ですが、通常は西暦ではなく、和暦を使います。昭和、平成、令和で記入し、「昭」「平」「令」「S」「H」「R」といった略記はNGです。ただし、役所で用意されている請求書にあらかじめ印刷されているときは、請求書に従って選択する形になります。

最後に続柄ですが、これは世帯主から見たときの申請者の続柄のことです。自分が世帯主本人である場合は「世帯主」とし、世帯主の妻に当たるときは「妻」、世帯主の夫なら「夫」と記入します。世帯主の子にあたる場合は「長男」や「次女」とは書きません。その場合は「子」で統一して記入します。

住民票記載事項証明書の発行費用

前述の通り、住民票記載事項証明書の発行手数料は市区町村によって異なります。多くの場合、200〜500円程度といったところです。例えば、栃木県・壬生町の場合は200円、北海道・夕張市の場合は500円の手数料となっています。役所で発行してもらう場合、通常は窓口での現金払いになります。コンビニ交付は窓口発行の手数料より安く設定されており、100円引きとなっているのが一般的です。マイナンバーカードを持っていて、かつ市区町村が対応しているときはコンビニ交付を選択すると手数料を抑えられます。窓口の営業時間外でも発行を受けられるので、役所まで出かける時間がないときもコンビニ交付を利用するといいでしょう。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

住民票記載事項証明書に関するよくある質問

最後に、会社から住民票記載事項証明書を求められた際、用意するうえでよくある質問を紹介していきます。

「住民票記載事項証明書ではなく、住民票の写しを求められました。住民票の写しでも問題ないのですか?」

会社によっては、住民票の写しを求められることがあるかもしれません。しかし、住民票の写しは個人情報がそのまま記載されています。プライバシー保護の観点から考えても、個人情報は厳重に取り扱わなければなりません。

会社側にとっても、不要な個人情報の保持はそれだけリスクになります。もしも、住民票の写しを求められた場合、会社の担当者に話して住民票記載事項証明書の提出で足りるかを確認するとよいかもしれません。

ですが、住民票の写しではなく住民票記載事項証明書の提出でOKとなっている企業がほとんどです。

「企業から住民票記載証明書の提出を求められませんでした。提出しなくても問題ないのですか?」

基本的に、勤務先へ住民票記載事項証明書を提出することは法律で義務付けられているわけではありません。あくまで、会社側が個人の氏名や住所など基本的な情報を確認したいときに使うのが主な目的です。会社側が必要としないときは、提出しなくても問題はないでしょう。ただ、住民票記載事項証明書は、正確な雇用管理をするうえで必要になるものです。

雇用形態に関係なく、提出を求められないときは自分から理由を聞いておくのもいいかもしれません。応募先企業の繁忙期などに転職した場合、中には忘れている担当者がいる場合もあります。提出を求められないときもそのままにせず、確認しておくほうが後でトラブルになる可能性を回避できます。

「住民票記載事項証明書を申請しに行く時間がありません。代理人請求はできますか?」

結論からいえば、住民票記載事項証明書の代理人請求は可能です。コンビニ交付の利用ができないときや時間が取れないときは、家族など近しい人に代わりに請求してもらうことができます。郵送に対応している市区町村でも、返送用封筒なども用意して発送しなければなりません。返送にも時間がかかる場合があります。それなら、代理人請求を利用したほうが早く住民票記載事項証明書を入手できる場合もあります。

代理人が請求するときは、委任状と代理人の本人確認書類が必要です。(ただし、本人と同一世帯の方の場合は委任状を省略できます。)これらの書類を役所もしくは行政サービスに持って行きます。ただし、市区町村によっては必要な書類が異なるケースがあるので、必ず事前に居住地の役所の公式サイトで確認しておきましょう。委任状なども、公式サイトからダウンロードできる場合があります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

住民票記載事項証明書の発行は簡単!各自、最適な方法で用意しよう

転職や就職で新しい会社に勤務するとき、住民票記載事項証明書の提出を求められることは多いものです。あらかじめ住民票記載事項証明書の取得方法を知っておけば、簡単に用意することができます。どのような書類かが理解できていれば、慌てることもないでしょう。就職・転職時の必要書類などに時間を取られることのないよう、本記事で紹介した中から自分に最適な取得方法を選択することが大切です。

この記事の監修者

寺島 有紀

寺島戦略社会保険労務士事務所代表、社会保険労務士。1987年生まれ、一橋大学商学部卒業。ベンチャー企業のIPO労務コンプライアンス対応から企業の海外進出労務体制構築等、国内・海外両面から幅広く人事労務コンサルティングを行なっている。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

西暦と和暦の違いとは?履歴書で間違えやすい記載方法についても詳しく解説|の画像

西暦と和暦の違いとは?履歴書で間違えやすい記載方法についても詳しく解説

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

初めての転職は怖い?初めての転職を怖いと感じる理由と解決法|の画像

初めての転職は怖い?初めての転職を怖いと感じる理由と解決法

応募書類在中の意味は?封筒に書いた方がよい理由や書き方などについて解説|の画像

応募書類在中の意味は?封筒に書いた方がよい理由や書き方などについて解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧