中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

11種類の職種一覧を紹介!職種や業種の違い、最適な職種の選び方を解説

11種類の職種一覧を紹介!職種や業種の違い、最適な職種の選び方を解説

転職活動や就職活動を行ううえで正しく知っておきたいことの一つが職種です。実際にどのような職種があるのか把握できていないと、自分に合った仕事探しは難しいでしょう。この記事では「そもそも職種とは何か」「職種と業種、職業の違いとは何か」「自分に合う職種の選び方」など、職探しにありがちな疑問について解説していきます。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

「職種」とは?

職種とは職務名のことで、業務の内容ごとで分類されています。例えば、歯科医師、栄養士、裁判官、幼稚園教員、コピーライターといったものです。職種は、一言だけで「どのような種類の仕事をしているか」が認識できるようになっています。では、職種と混同しやすい「業界」と「職業」とはどのように違うのか説明していきます。

「業界」と「職種」の違い

業界とは業種のことです。個人や企業が営む「事業の種類」のことを業界(業種)と呼びます。例えば、建設業や医療業、教育業、不動産業、飲食業、サービス業、金融・保険業などが該当します。これに対して職種は、仕事の内容を指すものです。分類としては「業種>職種」であり「〇〇業(業種)の〇〇(職種)」と表現されます。例えば「医療業の歯科医師」や「教育業の幼稚園教員」などです。もしくは「建設業の営業職」や「不動産業の経理職」といった表現もされます。つまり、職種は業界(業種)の中の業務を指すもので、同じ職種であってもどの業界かで仕事内容が多少変わることもあります。

「職業」と「職種」の違い

職業は「生計を立てるために日常的に従事している仕事」のことです。職業には会社員や公務員、自営業などが該当します。例えば、歯科医師として開業している場合は「自営業(職業)をしています」「医療業(業種)で歯科医師(職種)をしています」という並びになります。もしくは「歯科医師です」と表現してもいいでしょう。業界と職業、職種はそれぞれに意味が異なるため、混同しないよう注意が必要です。

また、職業の場合は必ずしも収入を得るものだけを指しているわけではありません。この点も職種との違いといえます。例えば、学生や主婦のように収入には繋がらないものの「日常的に従事している」ことであれば、それが職業です。どこかに勤務していることも家事に従事していることもなく、学生でもないという場合は通常は無職という表現をします。

職種一覧

ここでは、職種の分類について解説していきます。なお、ここで紹介する内容は、厚生労働省がまとめている「職業分類表(平成24年3月改訂)」を参考にしています。

A.管理的職業従事者

管理的職業とは、一般の会社で使われている管理職とほぼ同義になります。会社の中で経営に近い位置にいる人のことです。一般の社員とは違い、社員を監督したり統制したりする立場の職業を指します。例えば、公務員の場合なら「議会議員」「管理的国家公務員」「管理的地方公務員」などです。法人など一般の会社であれば「会社役員」や「独立行政法人等の役員」「法人・団体の役員」などのことをいいます。

B.専門的・技術的職業従事者

専門的・技術的職業とは、その分野に特化した高い水準の専門的知識や、それに応じた高い技術を持つ職務のことです。資格や一定の経験が求められることが多く、業界の中でも重要な存在といえるでしょう。専門的・技術的職業には、理学研究者や医学研究者、農業技術者、林業技術者、機械設計技術者、測量士などがあげられます。他にも、弁護士などの士業、グラフィックデザイナーや職場カウンセラー、不動産鑑定士、通訳なども該当します。

C.事務従事者

事務的職業とは、一般の会社などの組織の中で人事や総務、会計関係、または営業に関する事務に従事する人のことです。事務従事者は、その人自身が直接利益を上げるわけではありませんが、内勤としてサポート役になることから幅広い業務につくことができます。事務的職業には、総務事務員や秘書、コールセンターオペレーター、医療事務員、介護事務員、営業事務員、集金人、訪問調査員、郵便窓口事務員などがあげられます。

D.販売従事者

販売従事者とは、厚生労働省の職業分類表でいう「販売の職業」に該当します。主に店舗で商品の販売を行う仕事に従事する人のことです。店舗に来店する顧客に対して、商品を購入するためのサポートから会計業務までを行います。扱う商品によっては、購入後のケアなども含まれる場合があります。販売の職業に該当するのは、コンビニエンスストア店員やレジ係、百貨店・スーパーマーケット販売店員、自動車販売店員、不動産仲介・売買人、証券営業員、不動産営業員などです。

E.サービス職業従事者

サービスの職業とは、顧客にサービスを提供する仕事に従事することです。サービスには介護から飲食まで幅広い業種が含まれます。専門性の高いサービスが多いことから、有資格者が多いのも特徴といっていいでしょう。サービスの職業の例としては、家政婦やベビーシッター、訪問看護員、理容師や美容師、エステティシャンの他、日本料理調理人やソムリエ、添乗員、トリマーなどが該当します。

F.保安職業従事者

保安職業従事者は「保安の職業」のことで、文字が示す通り社会の安全を維持するための仕事に従事することです。そのため、危険をともなうことも多く、必要な訓練や資格を必要とする傾向が高いといえます。保安の職業の例としては、自衛官や警察官、海上保安官、看守、消防員、施設警備員、道路交通誘導員や雑踏警備員、プール・海水浴場監視員などがあります。

G.農林漁業従事者

農林漁業の職業とは、第一次産業に分類される仕事のことを指します。文字でわかる通り、農業や林業、漁業などに従事することです。これらの職業は世襲制が多く見られるものの、ゼロから就くことが可能なケースも少なくありません。農林漁業の職業としては、稲作・畑作作業員、園芸・工芸作物栽培作業員、きのこ栽培作業員、肉牛・乳牛飼育作業員、動物飼育係、造園師、下刈・枝打作業員、山林監視員、魚類養殖作業員、真珠養殖作業員などが例としてあげられます。

H.生産工程従事者

生産工程の職業とは、主に工場などで働く職業のことです。生産工程といってもさまざまな種類があり、転職でも求人が多く出やすい仕事といっていいでしょう。生産工程の職業は、例えば金属工作設備制御・監視員や石油精製設備制御・監視員、めん類・パン・菓子製造設備制御・監視員、印刷・製本設備制御・監視員、製鋼工、NC旋盤工、かん詰食品製造工、DTPオペレーター、自動車整備工と多岐にわたります。

I.輸送・機械運転従事者

輸送・機械運転の職業とは、バスの運転手のような顧客を乗せる車両を運転する仕事からクレーン車の運転士まで、さまざまな業界で運転に従事する職務を指します。例えば、電車運転士や路線バス運転手、貸切バス運転手、トラック運転手、コンクリートミキサー車運転手、貨客船船長などのことです。他にも、バスガイドや駅構内係、ボイラーオペレーターなども該当します。

J.建設・採掘従事者

建設・採掘の職業とは、大工や土木工事といった建設などに関わる仕事のことで、いわゆるガテン系と呼ばれる職業全般を指します。例をあげると、建築とび工や取りこわし作業員、土木鉄筋工、建築大工、かわらふき工、左官、畳工、潜水作業員、測量作業員、ダム・トンネル掘削作業員などがそうです。

K.運搬・清掃・包装等従事者

運搬・清掃・包装等の職業を説明すると、運搬は新聞配達員、清掃は清掃員、包装は贈答品の包装員などの仕事を指します。例えば、郵便集配員や運搬作業員、引越作業員、新聞配達員、ハウスクリーニング作業員、ごみ収集作業員、ラベル・シール貼付作業員の他、病院作業員や旅館作業員なども含まれます。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

未経験の職種に転職する場合

転職をするなら、未経験の職種に挑戦して新たな可能性を見出してみたいと考える人もいるでしょう。しかし、転職はそれまでに培ってきた業種知識や職種経験を活かすのが一般的です。そうではなく未経験の職種への転職を考える場合は、これから紹介する対策方法を取ってみるのもいいでしょう。

業界研究をする

まず重要なポイントとなるのは、その「業界」を研究することです。では、なぜ研究対象が職種ではなく業界なのか、疑問を感じる人もいるかもしれません。その理由は、前述したように「業界>職種」という分類になるためです。つまり、職種について把握する以前に、まずは業界の全体像を知っておく必要があります。職種についてはその後から深掘りしていくという流れのほうが理解しやすく、かつ正しく認識できるというわけです。

業界研究をすることで、必要な知識を深められるのはもちろんですが、それだけにとどまりません。自分が業界に抱いていたイメージについても、正しく再確認することができます。もしも、業界に対して誤った認識を持ったまま転職活動を行えば、応募先の企業によい印象を与えることもできないでしょう。本当に働きたいという意思があるのかどうか、疑問を持たれるかもしれません。そういった意味でも、業界研究は必要不可欠なのです。

業界について調べる方法はいろいろあります。専門のサイトで調べるのもいいですし、本や新聞、ニュースなどもあげられます。また、身近にその業界で働く人がいれば、具体的な話を聞いてみるのも一つの方法です。できれば、最新の情報についても把握しておくといいでしょう。

企業研究をする

企業研究も、転職するうえで欠かすことができない重要なポイントです。自分が働きたい企業の研究をすることで、その企業の特質を明らかにすることができます。さらに、自分と企業のマッチング具合についてもどれくらいのものか予想できる点がメリットです。企業研究は、企業の公式サイトを中心に行うだけでなく、企業を取り上げた過去のニュースなどについても幅広く行うといいでしょう。

できるだけ情報を集めて把握しておくことで、企業への理解を深めることができます。創業者の基本的な考え方や企業の沿革、創業にまつわるエピソード、経営理念、業界でのシェアや企業の強みなど一通り網羅するのです。そこまで把握できていれば、転職活動で面接の際の大きなアピールになります。

セミナーやイベントに参加する

業界研究や企業研究は、サイトや本などをもとに行うことは可能です。しかし、それだけでは足りないと感じたときはセミナーやイベントにも積極的に参加してみましょう。特に、企業の雰囲気を実際に感じておきたいときにはセミナーやイベントへの参加は重要になってきます。まず、どのような人が働いているのか直接知ることができます。企業がセミナーやイベントを行う際、通常はスタッフとして参加するのは社員です。

受付での対応や進行などを見るだけでも、社内の雰囲気や人間関係などについても把握できることもあるでしょう。実際に行ってみて期待外れと感じるかもしれませんし、さらに魅力的に映るかもしれません。セミナーやイベントは、転職者や就活生のために多くの企業で定期的に開催されています。気軽に参加できるので、気になる企業は可能な限り行っておくと自分に合っているかどうかの判断材料にもできます。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

自分に合う職種が分からない場合

転職をきっかけに新しい職種にチャレンジするのもよいことです。経験がないために迷っているより、思い切って挑戦することで新しい自分が発見できるかもしれません。しかし、未経験の職種にチャレンジしたいと思っていても、自分に合う職種がわからないという人もいるでしょう。そのようなときは「オファー型転職サイトPaceBox(ペースボックス)」を活用するという方法があります。

「PaceBox」は、従来の応募型のプラットフォームではありません。気になる求人に自分から応募するという流れではなく、企業から求人オファーが届きます。「PaceBox」を利用するには、まず無料登録をしましょう。そして、自分のプロフィールや希望する条件などを登録するだけです。これだけのステップで企業から求人のオファーが届きます。

ただ、実際にPaceBoxに登録して使ってみようとすると迷うこともあるかもしれません。そんな時は、PaceBox専属のキャリアアドバイザーに無料で相談することができます。キャリアアドバイザーは、PaceBoxのプロフィールの書き方から、キャリアの相談、さらには人生のゴール設計までお手伝いすることが可能です。広い視野を持つキャリアアドバイザーに相談しながら転職活動を進めることができるため、転職がはじめての人でも利用しやすいのが特徴です。

職種への理解を深め、本当にやりたい仕事へ就けるようになろう

説明してきたように、職種や業種、職業はそれぞれに違います。混同しやすいかもしれませんが、実際には意味が違ってしまうので、間違えないことが大切です。また、職種によっても勤務内容や収入も変わってきます。求められる経験や資格なども、職種に応じて変わってくるものです。少しでも気になる職種があれば、さまざまな情報を吸収することで新たな可能性を見出せることもあります。今回紹介した職種の中で自分に合っていると感じるものがあれば、ぜひ転職活動に役立ててみましょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

履歴書を郵送するときのマナーとは?準備物や封筒の書き方などを解説|の画像

履歴書を郵送するときのマナーとは?準備物や封筒の書き方などを解説

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

30代女性が転職を考えるきっかけは?よりよいキャリアを築くためにできること|の画像

30代女性が転職を考えるきっかけは?よりよいキャリアを築くためにできること

休職は転職先にばれる?休職が転職時にばれるケースと影響を解説|の画像

休職は転職先にばれる?休職が転職時にばれるケースと影響を解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧