中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職したほうがいい人・転職しないほうがいい人の特徴とは?

転職したほうがいい人・転職しないほうがいい人の特徴とは?
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職をするべきかどうかで、頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

迷いがあるまま転職活動を始めても、いつまでも転職先が決まらないかもしれません。

本記事では、転職したほうがいい人、転職しないほうがいい人の特徴や、転職への迷いがあるときの対処法などについて解説します。

転職した方がいい人の特徴

自分のやりたいことや目標が明確であり、現在の職場では成長やキャリアアップが望めないと感じている人、新たな仕事にチャレンジしたい、現職で働き続けるのが難しいといった人は転職を考えてみるとよいかもしれません。

転職に向いている人の特徴を紹介します。

目標ややりたいことが明確な人

転職先でやりたいことが明確な人は、前向きに転職を考えてみましょう。

自分の目指しているゴールや道筋があり、はっきりとした目標をもっていて、現在の職場ではそれを実現できないと考えている場合には転職がおすすめです。

たとえば、本来は技術職として働きたかったのに、今の職場では営業職として働いているという人や、営業職で培ったコミュニケーションスキルや交渉術などを活用して、新たな環境で自分の力を試してみたいといった人が該当します。

転職したい気持ちはあるものの、目標が見つからない人もいるかもしれません。

このようなケースでは、まず自分の気持ちを整理してみましょう。

やりたいことや好きなこと、挑戦してみたいこと、得意なことなどを洗い出して整理すれば、より具体的な転職先の条件が見つかる可能性があります。

こうして道筋が明確になると、より効率的に転職活動に取り組めるほか、現職を続ける選択肢が見つかるかもしれません。

目標を検討する際には、第三者に相談するのが有効です。

家族や友人、知人などであれば、客観的な視点のもと、あなたの強みや弱み、向いていることなどをアドバイスしてくれる可能性があります。

そこから、自分に向いた現実的な目標が見つかるかもしれません。

現職ではキャリアアップや自己成長ができないと感じる人

さらなるステップアップを目指しており、現職ではそれを実現できないと感じているのなら転職を検討してみましょう。

たとえば、従業員を育成する仕組みや文化がないような職場であれば、キャリアアップや成長は難しいと考えられます。

経験やスキルを活かしたキャリアアップを望むのなら、慎重に転職先を探さなくてはなりません。

転職に成功したものの、前職と同様に自己成長が難しい環境だった、といった状況に陥るおそれがあります。

このようなリスクを避けるため、企業の雰囲気や方針、研修制度などを事前にチェックしておく必要があります。

たとえば、研修制度では教育内容が充実しているか、目当ての研修を受けられる従業員の条件や、スキルアップの支援をしてくれるかどうか、といった部分をチェックしてみましょう。

また、キャリアアップ制度の有無も要チェックです。

従業員を正当かつ公正に評価できる仕組みが構築されているか、昇格の仕組みが明確になっているかなどを確認します。

転職先選びの際に、その企業で働いている従業員のインタビューや、インターネット上の口コミを探してみるのがおすすめです。

新しい仕事にチャレンジしたいと思っている人

現状に満足できておらず、新たな仕事にチャレンジしたいと考えているのなら、転職を検討する時期かもしれません。

新しいことへのチャレンジには、不安がつきものです。

ただ、不安だからといって挑戦しないまま現状に身をゆだねてしまうと、いつか後悔してしまうかもしれません。

あとになって「あのときチャレンジしておけばよかった」「あそこで決断しておくべきだった」と悔やむのは不毛です。

もし失敗したとしても、何かを学び、新たな成長につながる可能性もあります。

新たな仕事にチャレンジすることで、新しい知識やスキルを身につけられるのもメリットです。

これまでに身につけたスキルに加え、新たな知識や技術を習得すれば、自分の価値をさらに高められます。

また、新たな世界を切り開くことでこれまでの考え方や、価値観を見直すチャンスが生まれます。

不安を抱えながらチャレンジした仕事が、自分の天職である可能性も否めません。

心の底から天職だと思えるような仕事に巡りあえる可能性があるのも、新たな仕事にチャレンジするメリットです。

結果的に、それが人生の大きな分岐点となるかもしれません。

現職で働き続けることが難しい人

たとえば、長時間労働が横行しているような職場で働いているのなら、転職を検討してみましょう。

毎日のようにサービス残業をしなくてはならない、残業代は出るものの、連日夜遅くまで働かなくてはならない、といったケースです。休む間もないような長時間労働が慢性化している職場で働き続けると、健康を害するおそれがあります。

セクハラやパワハラが横行している職場からも、転職することをおすすめします。

このような状況では精神を病んでしまうおそれがあり、仕事だけでなく日常生活にも影響しかねません。

仕事に支障が出ていると感じたときは、我慢するよりも転職先を探すほうが無駄な労力を抑えられます。


また、セクハラやパワハラに遭っているものの、転職までは踏み切れない、といった場合には、信頼できる上司や社内の相談窓口へ相談してみましょう。

企業によっては、労働組合がハラスメント関連の相談窓口を設置しているケースがあります。


上司や相談窓口へ相談する際には、事前に証拠を残しておきましょう。

スマートフォンやICレコーダーで会話を録音する、受けた行為の内容をノートなどに記録しておくといった方法が有効です。

会社そのものが、ハラスメントを容認するような組織であれば、上司に相談したところで解決する見込みは低いため、転職を検討したほうがよいと考えられます。

今の仕事を全力でやり切ったと言える人

現職の会社でやれることをすべてやった、もうチャレンジできることがない、といったケースでは転職を視野に入れてみましょう。

今の仕事を全力でやり切ったのなら、以前に比べ情熱も少なくなっているかもしれません。

それ以上会社に留まり続けても、モチベーションが上がらず成長が見込めないため、新たな環境からスタートするのもひとつの手です。

また、常に全力を出してきたにもかかわらず、成果につながらない、正当に評価してもらえない、といったケースでも同様です。

全力を出しているのに成果が現れないのは、その仕事に適性がないのかもしれません。

会社が年功序列制度を取っていると、どれほど成果を上げても評価へとつながりにくくなります。

このまま働き続けてもモチベーションは下がる一方なので、転職を選択肢として検討してみましょう。

転職しない方がいい人の特徴

目標ややりたいことがなく、勢いだけで転職を考えている人は、一度心を落ち着かせてよく考えましょう。

また、他責思考が強い人では、転職しても前職と同じように不平不満が湧きあがり、早期退職につながるかもしれません。

目標ややりたいことが不明確な人

目標ややりたいことが明確でないのに転職しても、長続きしないおそれがあります。

よくあるのは、転職そのものが目的となっているようなケースです。転職したあとのキャリアプランや目標がないと、転職した時点で満足してしまいます。

結果的に働き始めてからギャップを感じ、どこに行ってもやっぱり自分には合わない、といった状況に陥りかねません。

転職が頭をよぎったのなら、なぜ自分は転職したいのかを自問自答してみましょう。確かな理由をもって目標を立てることで、自分に合った企業を見つけやすくなります。

勢いだけで転職しようとしている人

勢いだけで転職すると、高い確率で失敗します。

仕事や上司に不満があり、会社を困らせてやろう、鼻をあかしてやろう、といった一時的な感情で転職してしまうケースです。

このような気持ちで転職した場合、新たな職場に就職が決まったとしても、やりたいことや目標がないため長続きしないと考えられます。

一時的な感情で転職を考えたのなら、まずは心を落ち着かせましょう。

会社や上司に対し不満を抱いていても、落ち着いて考えるとそこまで腹を立てるほどのことではないかもしれません。

また、自身の行動を見直すことで、会社や上司からの扱いがより良くなる可能性もあります。

組織への不満が溜まりイライラする、とにかく会社を辞めたくて仕方がない、といった場合には、睡眠をしっかりとるのもひとつの手です。

睡眠が不足してしまうと、精神が不安定になり、感情的になりやすくなったり、モチベーションが上がりにくくなります。

健康を整えるだけでも、抱いていた不満が解消する可能性があります。

また、不満や不安、モヤモヤした気持ちをノートなどに書き出してみるのも有効です。

思考や気持ちを整理し、客観的に自身の感情を分析することで、具体的な解決策が見つかるかもしれません。

他責思考になっている人

他責思考とは、何かが起きた際に、自分ではなく周りの人や環境に問題があると考えてしまうことを指します。

この思考に陥っていると、スキルアップできないのは会社のせい、成果が上がらないのはチームのメンバーが無能だから、といった理由付けが常態化してしまいます。

こうした思考では、転職にも失敗しやすい傾向です。

採用面接において、前職の不満や愚痴をこぼしてしまい、「いずれ同じ理由で辞めてしまうだろう」というネガティブな印象を与えるおそれがあります。


仮に転職できたとしても、他責思考では周りとうまくやっていけないかもしれません。

物事が思い通りに進まないと、周りのせいにしてしまうのでは、同僚や上司との衝突は避けられません。

チームの雰囲気が悪くなるばかりか、職場にも居づらくなってしまい、退職する悪循環が続きます。

会社や上司に不満がある、辞めたい、と考えているのなら、一度、他責思考に陥っていないか自身を見つめ直してみましょう。

他責思考だと判断した場合には、ポジティブな自責思考ができるようにトレーニングが必要です。

転職した方がいい会社の特徴

自身に転職の意思がそれほどなくとも、会社の状況次第では転職したほうがよいケースもあります。

たとえば、業績が悪化している、ハラスメントが横行している、労働環境や待遇が悪いといったケースです。

業績が悪化している

労働環境に不満がなく、快適に働ける職場であっても、業績が悪化しているのなら転職を考えるべきかもしれません。

一時的な業績の悪化ならまだしも、売上の低下が続いていて、経営が一向に上向きにならない、といった状況では、いずれ倒産するリスクがあります。

突如会社が倒産する、といったケースは珍しくありません。

昨日まで通常通り業務や営業をおこなっていたのに、何の前触れもなく会社が倒産した、といった事例は実際にあります。

業績がどんどん悪化している会社に在籍していると、ある日突然職場を失ったり、給与の支払いがなくなるおそれがあるため、早めの行動がベストです。

とはいえ、従業員が会社の業績を細かくチェックするのは難しいかもしれません。

倒産しそうな会社にはいくつかの兆候もあるので、そこで判断しましょう。

たとえば、組織におけるお金の流れを把握している経理担当が次々と辞めている、経費削減が細かな範囲に及んでいる、ボーナスや手当の支給がなくなった、といった状況では危険と判断できます。

ほかにも、給与の支払いが遅れるようになった、同業他社の間に悪い噂が広がっている、といった場合にも、倒産のリスクが高まっていると考えられるため注意が必要です。

ハラスメントが横行している

2020年より施行された法改正によって、事業主によるパワハラ対策が義務づけられました。

企業はパワハラに関する相談体制を整え、事案が発生した場合には速やかな対応が求められます。

ただ、このような法整備が行われても、企業の体質はすぐには変わるとは限りません。

長きにわたりハラスメントが横行していたような会社であれば、そもそもハラスメント行為そのものを認識できない従業員が多くを占めている可能性があります。

パワハラに限らず、セクハラやアルハラなどのハラスメントが横行しているのなら、一刻も早く転職を検討すべきです。

ハラスメント行為を容認していると、行為がどんどんエスカレートするおそれがあり、最終的には心身に不調をきたすかもしれません。

ハラスメントが改善されないまま、仕事に支障をきたしている状況であるのなら、迷うことなく転職を検討すべきです。

従業員には、我慢を続けたり、積極的に改善を促すような労力をかける義務はありません。

長時間労働やサービス残業が当たり前になっている

長時間労働が慢性化しているようなら、転職を検討しましょう。

休日出勤が多く、休みが1日も取れない、帰宅する間もないほどの残業を迫られる状況では、心身の健康を損なうおそれがあります。

睡眠不足が続くと、かえって不調に気づきにくくなります。

脳や心臓といった重要な器官にダメージが溜まり、最悪の場合、過労死してしまうかもしれません。

会社が健康を守ってくれない以上、従業員は自分で身を守る必要があります。

また、慢性的な長時間労働は、精神疾患を招くリスクも高めます。

長時間の労働によって身体的に疲弊していると、ストレス耐性が低下することで精神面の不調も起こりやすくなります。

はじめは仕事に対するモチベーションが低下する程度でも、長く続くと生きる気力も失いかねません。

長時間労働が続くような会社に勤めていては、プライベートの時間を十分に取れません。

家族や友人と過ごす時間や、趣味に費やす時間が削られ、何のために働いているのかも分からなくなります。

2019年から施行されている働き方改革関連法案では、原則として時間外労働を月間45時間未満と定めており、月間100時間を超えると罰則が科されます。

月に100時間未満の時間外労働に収まる場合でも、法令遵守の意識が低い企業は、そのほかの従業員を守る規定を無視する可能性があります。

サービス残業が多いのであれば、賃金規定についても法令に沿っているかを確認しましょう。

いずれかでも守られていない場合には、早めに転職を検討するのが無難です。

参照元:厚生労働省「「働き方改革」の実現に向けて」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

給与が低すぎる

給与が労働に見合わない、低すぎると感じているのなら転職を考えてみましょう。

給与が低いと生活レベルが上がらず、不安ばかり湧きあがってきます。

このままで結婚はできるのだろうか、ローンの返済を続けられるのか、この先も給与はこのままなのだろうか、など、さまざまな不安につながるため注意が必要です。

社会人になったばかりだと、自社の給与の水準が判断できないかもしれません。

このようなケースでは、同業他社の求人広告などをチェックしてみましょう。

組織の規模が同程度では、どれくらいの給与が設定されているのかを比較し、明らかに自社が低すぎるのなら転職を考えるべきです。

いつか給与は上がるだろう、と希望的観測のまま長く会社に在籍し続けると、後悔する羽目になりかねません。

気づいたときには、給与が上がらないまま年齢を重ねてしまい、転職が難しい年齢になっているおそれもあります。

ただ、転職先を決めるうえで給与は重要なポイントであるものの、給与ばかりを重視するのは危険です。

給与は高いものの、労働環境が劣悪である、長時間労働が慢性化している、といったリスクがあるため、転職先を決める際にはほかのポイントも意識しましょう。

転職することを決意した人がやるべきこととは

転職を決意したのなら、まずは目的を考えましょう。

何のために転職したいのか、転職先で何をなしとげたいのか、将来どのような姿になりたいのか、といったことを考えます。

次に、自己分析をします。履歴書や職務経歴書、面接などで採用担当者にアピールできるよう、自分の強みや弱み、過去の実績、スキルなどを洗い出すことが目的です。

自己分析には、自身の過去を年表のように整理して振り返る自分史や、過去の体験ごとに生じたモチベーションの変化を可視化するモチベーショングラフ、大きなテーマから細かく要素を分けて分析するマインドマップなどが有効です。

自己分析が終わったら、求人情報をチェックしましょう。

求人サイトや情報誌などを活用して情報を集め、気になる企業をピックアップしていきます。

応募を考えている企業については、コーポレートサイトやSNSなども調べ、なるべく多くの企業情報を集めましょう。

次に、履歴書や職務経歴書などの応募書類を作成します。面接へこぎ着けるには、書類選考を通過しなくてはなりません。

採用担当者が「会ってみたい」と思ってくれるような応募書類を作成しましょう。

そのためには、集めた情報から企業・業界研究をおこない、自己分析の結果とすりあわせて適切なアピールを考える必要があります。

職務経歴書には、職歴をただ書き連ねるだけでなく、自身の強みや実績などを盛り込みます。

また、それらの強みやスキル、経験を応募先企業でどのように活かせるのか、どう貢献できるのかを意識して書類を作成します。

選考が進んだら、事前に面接対策をしましょう。

採用面接で質問される内容は、ある程度パターンが決まっているため、それを把握することが重要です。

たとえば、経歴や志望動機についてはほぼ間違いなく質問されるため、より採用担当者の興味を引けるような返答を用意しておきます。

面接でスムーズな受け答えができるよう、しっかりと練習しましょう。

志望動機のほか転職しようと考えた理由、転職後に活かせるスキルや強みなどを整理しておき、実際の面接を意識したシミュレーションをしておくと安心です。

面接をクリアし、内定をもらったら入社の準備を始めます。働きながら転職活動をしているのなら、現職の退職や引き継ぎなどをしなくてはなりません。

なお、転職先が決まっているからといって、いきなり会社を辞める、引き継ぎをせずに退職するなどはNGです。

ビジネスの世界は、どこでどうつながりがあるか分かりません。

転職先で働き始めたあと、前職と何らかの形でかかわっても問題のないよう、円満退社を目指しましょう。

転職するべきか迷ったときの対処法

転職するべきか迷ったのなら、迷っている理由をノートなどへ書き出してみましょう。

また、転職するメリットとデメリットを書き出す、第三者やキャリアアドバイザーへ相談するのもおすすめです。

迷っている理由を書き出してみる

不安や迷いを抱えたまま転職活動をスタートしても、モチベーションが上がらずなかなか転職先が見つからないかもしれません。

まずは思考を整理するため、迷っている理由を書き出してみましょう。

たとえば、今の職場を辞めたら後悔するかもしれない、自分に合う仕事が見つからなかったらどうしよう、転職先がブラック企業だったら、などが考えられます。

不安や悩みを可視化して整理するのが目的なので、小さなことも漏れなく書き出していきましょう。

転職するメリット・デメリットを整理してみる

転職するメリットとデメリットを整理すれば、現段階で自分が転職すべきかどうか見えてきます。


転職するメリットとしては、自分の天職が見つかる可能性がある、給与がアップする、快適な職場環境で働ける、成長につながるなどが考えられます。

転職のデメリットは、退職金など勤続年数に応じた収入が低下することや、人間関係の再構築の必要があることなどが挙げられます。

ただし、転職することで得られるメリットは、いずれも選んだ転職先では実現できず、さらに状況が悪化する可能性があるため、これだけでは決断が難しいかもしれません。

そのため、まだ迷いがある場合には、転職しないことで生じるデメリットにも目を向けましょう。

たとえば、現状を続けるうち、責任ある立場を与えられて辞めにくくなったり、年齢を重ねると転職が難しくなったりするおそれがあります。

特に、異業種への転職を目指す場合には、早めの決断が求められます。

また、転職しなければ収入低下などのリスクを負うことはないため、比較したうえで不安が上回るなら、慎重に決定しましょう。

現職での経験がまだ浅いのであれば、スキルアップや実績作りのあとで転職を始めるのもひとつの手です。

第三者に話を聞いてもらう

家族や友人、信頼できる知人などに話を聞いてもらうと、不安の解消に役立つかもしれません。

1人で考えていても、堂々巡りになってしまい、いつまでも考えがまとまらないといったことはよくあります。

相談相手としては、過去に転職し、成功している人が適任です。

転職を決めたきっかけや転職活動で苦労したことなど、参考になる話をしてくれるかもしれません。

また、実体験に基づいたアドバイスをもらえます。

希望する転職先の業界に勤める人であれば、不安や迷いだけでなく、具体的な疑問の答えも聞けるでしょう。

ただ、第三者に話を聞いてもらう際には相手の話を鵜呑みにしないよう注意が必要です。

人によって考え方や価値観は異なるため、相談相手が提示した解決法がそのまま自身に当てはまるとは限りません。

転職経験者のアドバイスでも、その人と同じように転職活動を展開して成功するとは限らないため、あくまで参考程度にしておくことが大切です。

キャリアアドバイザーへ相談してみる

キャリアアドバイザーとは、転職希望者に対し、成功へ導くためのアドバイスやさまざまなサポートをおこなう職業です。

転職に関するプロであるため、相談すれば適切なアドバイスをもらえて、スムーズな転職活動の助けになります。

履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策などをしてくれるのも、キャリアアドバイザーを利用するメリットです。

面接へこぎ着けるためには、とにもかくにも書類選考を通過しなくてはなりません。

キャリアアドバイザーは、これまでの経験やノウハウを活かして応募書類の書き方を指導してくれるため、自身の強みや応募先が求める人材像がつかみきれてないなど、内容を検討する段階から役立つアドバイスが受けられます。

転職した方がいいか迷う時はPaceBox

転職した方がいいか、自分ではなかなか決められない時、おすすめしたいのがPaceBoxです。

PaceBoxはプロフィールを入力するだけで企業からオファーがくる転職サービスで、無料で利用開始できます。

自分に来るオファーと今の仕事を比べてみて、転職をした方がいいかの参考にすることができるでしょう。

また、PaceBoxのキャリアアドバイザーとの面談は、求人紹介は一切ありません。

悩みや状況次第では、転職活動をしない方がいいとアドバイスすることもあります。

フラットに相談が可能ですので、気軽にご活用ください。

転職するか悩んでる人はPaceBoxに登録!
プロフィールを入力すると、オファーがくる転職サービス
求人検索不要!自分にはどんなオファーが来る?
キャリアアドバイザーに悩み相談も可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

転職時における証明写真は私服でも良い? 写り方のコツを知って採用率アップ|の画像

転職時における証明写真は私服でも良い? 写り方のコツを知って採用率アップ

自己PRの書き方は?基本の作成手順と好印象を与えるポイント|の画像

自己PRの書き方は?基本の作成手順と好印象を与えるポイント

面接で使える!長所・短所を聞かれた時の答え方や注意点、例文を紹介|の画像

面接で使える!長所・短所を聞かれた時の答え方や注意点、例文を紹介

TOEIC900点は転職に有利?ハイスコア保持者が転職を成功させる方法|の画像

TOEIC900点は転職に有利?ハイスコア保持者が転職を成功させる方法

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧