中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

第二新卒は転職にエージェントを使わない?第二新卒のエージェント活用術

第二新卒は転職にエージェントを使わない?第二新卒のエージェント活用術
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

第二新卒で転職活動をする際に、転職エージェントを使わない選択をする方や、そもそも転職エージェントを利用したほうがよいのか悩む方もいます。

第二新卒は転職エージェントを使わないほうがいいのでしょうか、それとも使ったほうがいいのでしょうか。

また、転職サービスはエージェントだけではありません。

オファー型転職サービスなど、第二新卒の方が転職活動の際に活用できるサービスを紹介します。

第二新卒は転職にエージェントは使わない?

第二新卒の転職活動に限りませんが、転職エージェントを使わなければうまくいかないわけではありません。

なぜなら、ハローワークや転職サイト、企業の採用サイトなどを使って、自分で転職活動を成功させる人もたくさんいるからです。

例えば転職サイトでは、簡易的な自己分析用の診断ツールや条件検索機能があり、希望する条件に合う求人を自分で探すことができます。

一方、転職エージェントを利用すれば、応募書類の添削、選考対策、市場に出ていない求人紹介などのサービスを受けられます。

エージェントが企業との窓口になるので、企業に聞きにくいことを代わりに質問してくれたり、応募した企業との面接日程を管理してくれたりするのもメリットです。

また、今の自分が挑戦して内定が取れるのはどんな求人なのか、客観的に自分のどんなスキルが強みになるのか、これまで入社した人の傾向など、エージェントを通してしか得られない情報が手に入ることもあります。

良いエージェントであれば些細なことでも相談に乗ってくれますし、悩んだとき、迷ったときも適切なアドバイスをくれるので、自分の希望をかなえる助けになるでしょう。

転職したい業界が具体的に決まっている方、転職活動に不安がある方は転職エージェントを活用したほうが良い結果に結びつくかもしれません。

第二新卒の転職でエージェントを使わないメリット

第二新卒が転職活動において転職エージェントを使わないで転職活動することにメリットはあるのでしょうか。

第二新卒で転職エージェントに申し込むか迷っている方は、ぜひご一読ください。

自分のタイミングで転職活動を進行できる

一般的な転職エージェントは成果報酬型ビジネスであり、転職希望者が転職先に無事入社することで売上を得られる仕組みです。

基本的に転職エージェントの利用は無料ですが、エージェント側としては登録した人が入社しなければ意味がありません。

そのため、一人でも多く入社させるために、すぐに転職するつもりではないのに応募を急かされたり、頻繁にメールや電話が来てたくさんの求人を紹介され、面倒に感じたりすることもあります。

また、転職エージェントを介すると、応募者は企業と直接連絡が取れません。

エージェントの担当者がスムーズにやり取りできる人でないと、逆に転職活動に時間がかかってしまうのがデメリットです。

逆に転職エージェントを使わなければ、エージェント側の事情に振り回されず自分の好きなタイミングで求人に応募でき、自分のペースで転職活動を進められます。

苦手な担当者とのやりとりがなくなる

転職エージェントのサポートを申し込んだ場合、エージェント側が担当者を割り振ってきます。

担当者も人間ですので、面談やメールでのやり取りで相性が悪いと感じることもあるでしょう。

また、経験が浅いのに担当を任される人もいて、不慣れな応対にイライラさせられるかもしれません。

質の悪いエージェントだと、自分が担当している転職希望者の内定率を重視するばかりで希望条件に合わない求人を紹介したり、特定の求人を強く勧めてきたりすることもあります。

個人的に転職活動をすれば、担当者との相性を気にしたり、質の悪いエージェントのサービスに悩まされたりしないのはメリットです。

第二新卒がエージェントを使わないで転職を成功させるコツ

転職エージェントのサポートを受けなくても、第二新卒の転職を成功させることはできるのでしょうか。

第二新卒が転職エージェントを使わない転職活動で必ずおさえておきたいコツを見ていきましょう。

転職活動のスケジュール計画・調整を徹底する

転職活動期間は通常1~3ヶ月以上かかり、半年程度かかる場合もあります。

転職活動成功のためには、この数ヶ月間のスケジュール計画・管理が非常に大切です。

第二新卒など若い世代では比較的短期間で済む傾向はあるものの、仕事をしながら転職活動する場合は多忙を極めるので、特に綿密な管理が必要です。

転職エージェントを使わない場合、応募先企業との面接日程の調整も全て自分で行うことになります。このとき多いのが、ダブルブッキングや面接日時を忘れるなどのミスです。

社会人のマナーとして、自分のスケジュールは自分で管理できることが当たり前と見なされます。

リスケジュールは企業への印象がよくありませんし、ドタキャンや企業への連絡なしに面接を欠席すると、その時点で選考終了となります。

スケジュール管理を徹底するために、手帳やスケジュール管理ツール・アプリを最大限に活用しましょう。

自己分析と企業分析を怠らない

新卒で就職活動をするときに自己分析をしたことがあっても、転職活動でも改めて現在の自分について分析するようおすすめします。

自己分析をすることで、自分の性格や、業務を通して得たスキル・強みを把握できます。

第二新卒の場合は社会人としての経験は比較的短いとはいえ、仕事をすることで学生よりもアピールできるポイントが増えていたり、働きながら身につけた実用性の高いスキルがあったりと、新たな発見があるはずです。

さらに、転職活動の目標や企業選びの軸を明確にしたり、応募書類の作成や面接に向けて言語化したりするためにも自己分析は非常に大切です。

自己分析の結果をきちんと言語化できないと、うまく自分をアピールできません。

自己分析が不十分だと転職活動の目標が漠然として、企業選びや応募先企業とのミスマッチにつながる恐れもあります。

また、自己分析と同じくらい企業分析にも力を入れましょう。

例えば、その企業のサービスや商品について深く理解する、業界内での位置づけを知る、競合他社と比べて弱い部分を調べるなど、できることはたくさんあります。

応募書類や面接では、自己分析で明らかになった自分の強みやスキルが、応募先企業に転職したときにどのように活かせるのかをアピールする必要があります。

企業とのミスマッチを防止し、内定を獲得する確率を上げるためにも、企業分析と自己分析は非常に重要です。

転職理由と志望動機を関連付ける

転職活動中の面接では、退職理由・転職理由と志望動機について必ずと言っていいほど質問されます。

このときに、退職理由と志望動機に一貫性がないと、面接官に何となく転職活動をしているような印象を与えてしまい、入社の意欲が伝わらない可能性があります。

例えば、退職理由として「仕事が単調でスキルが向上しないので退職した」と説明しているのに、志望動機については「ライフワークバランスを実現できる御社を選んだ」と答えると、面接官としては応募者が何のために転職活動しているのかが分かりません。

第二新卒で転職活動をする場合、比較的短期間で前職を辞めるわけですから、「仕事がきつい」「待遇が悪い」「人間関係に悩んだ」など、ネガティブな理由であることも多いでしょう。

そのような理由をありのまま応募先に伝えると、あまり良い印象を持たれないことがあるため注意が必要です。

例えば、「前職で働くうちに○○の仕事に適性があると気付いた」「頑張りを評価する仕組みのある会社で働きたいと考えた」「異なる職場環境で○○に挑戦したいと思った」など、できるだけポジティブな理由に変換し、志望動機につながる内容にすることで意欲をアピールしましょう。

第二新卒が転職エージェントを使わないで転職する方法

転職活動を自分のペースで進めたいと考えている第二新卒の方に、転職エージェントのサポートを受ける以外の転職方法を紹介します。

ご自分の希望するスタイルに合ったものを探してみてください。

転職サイトから求人情報を探す

転職サイトに登録すると、パソコンやスマホからいつでも気軽に求人情報を探せます。

業種や職種、雇用形態、希望条件、勤務地など自分の希望する条件に絞って求人を検索できるため便利です。

また、転職サイトにもさまざまな種類があります。

例えば、大手人材会社が運営するサイトでは幅広い業界・職種の求人を掲載していますし、ハイクラス求人を扱うサイト、特定の業界に特化したサイトもあります。

転職エージェントを利用しないのであれば、できるだけたくさん情報を収集するためにも、いくつか特色の違う転職サイトに登録することをおすすめします。

ハローワークを活用する

地方都市の求人を探したい方には、ハローワークがおすすめです。

地元の優良企業が登録していることも多いので、地元で転職したいのであれば一度ハローワークで相談してみましょう。

逆に、転職に伴って地元を出たい、違う地域で働きたい場合は他のサービスを利用するのがおすすめです。

なお、ハローワークには無料で求人を掲載できるため、必ずしも全ての求人の質がよいわけではありません。

中小企業が多いこと、業界や地域によって求人の質にばらつきがあることは頭に入れておきましょう。

企業の採用サイトから応募する

企業のホームページでも、採用サイトや応募専用ページ、フォームを用意していることがあります。

採用に力を入れている企業は採用サイトもきちんと整備しているため、企業選びの1つの基準としても一度アクセスすることをおすすめします。

また、知名度が低い企業や地方企業の場合、求人掲載に費用のかかる転職サイトには求人を出していないこともあります。

気になる企業があったら、企業研究にもなるのでホームページをチェックしましょう。

知り合いから紹介を受ける

リファラル採用と呼ばれる方法で、家族や親戚、友人、知人などの推薦や紹介を受けて転職できるケースもあります。

推薦者と企業の間に一定の信頼関係があるため、採用までがスムーズに進むと言われています。

事前に会社の情報や社内の雰囲気、人間関係など求人サイトには載っていない内情を知ることができるのも大きなメリットです。

ただし、デメリットもいくつかあります。条件や仕事内容が気に入らなくても断りにくい、辞めにくいことです。

仮に勇気を出して断ったり辞めたりした場合、紹介してくれた人との関係が気まずくなることもあります。

また、必ずしも内定までたどり着けたりするとは限らないので、紹介だけを頼りに転職活動するのはリスクが大きいです。

紹介での転職はうまくいけばラッキー、というくらいの気持ちに留めて、他のサービスと並行させることをおすすめします。

オファー型転職サービスを利用する

登録者のプロフィールや自己PRなどの情報を見て、企業側からアプローチする転職サービスです。

新卒向けにも同様のサービスが拡大しているので、何となくどんなものかを知っているという方も多いでしょう。

このサービスは、企業から欲しい人材に対して「応募してみませんか」といったオファーが届き、それに承諾することで通常の選考フローに進む仕組みです。

ダイレクトリクルーティングの一種で、企業側としても会社規模やネームバリューに頼らず採用できるため、活用する企業が増えています。

転職希望者としても、自分のリサーチだけでは情報が偏ってしまいがちなのに対し、思わぬ企業からアプローチを受けられる可能性があるのはメリットです。

第二新卒が転職エージェントを使わないでオファー型転職サービスを利用するメリット

最近はCMでもよく見かけるようになったオファー型転職サービスについて、もう少し詳しく解説します。

オファー型転職サービスの利用にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

転職活動の手間を軽減できる

企業からのアプローチ、オファーを待つだけでよいので、自分で求人を検索する手間が省けます。

現職が忙しくて転職活動に集中するのが難しい方だけでなく、今すぐに転職したいわけではないけど情報収集しておきたい、いい企業があれば転職したい、という状態の方にとっても利用しやすいサービスです。

自分の市場価値を把握できる

企業からのオファーを通じて、自分の能力や経験が市場でどれくらいの価値があるかを知ることができます。

オファー内容から、今の自分にはどのようなポジションや待遇が適しているのかを把握することも可能です。

自分では思いもよらなかった企業からオファーを受けることで、キャリアの選択肢が広がる可能性もあります。

キャリアアドバイザーに相談できる

多くのオファー型転職サービスでは、キャリアアドバイザーに相談できるサービスを併設しています。

キャリアアドバイザーからは、自己分析や企業分析のアドバイス、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策など転職活動全般に対してサポートを受けられます。

そのため、オファー率やマッチング率がアップし、転職の成功率を高められるメリットがあります。

第二新卒にはオファー型転職サービス「PaceBox」がおすすめ

第二新卒の転職活動にエージェントの利用は必須ではなく、自分で転職する方法もさまざまあります。

自分にあった方法で転職活動をしてみましょう。

新卒の就職活動の際、オファー型サービスを使っていた方は、転職活動でも使ってみるのがおすすめです。

PaceBox」は、新卒オファー型サービス「OfferBox」の運営会社の100%子会社のサービスです。

PaceBoxに登録しプロフィールを入力するとオファーが届くので、ぜひご活用ください。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

退職届の書き方は?いつ誰に申し出る?事前に知っておきたい退職の基礎知識|の画像

退職届の書き方は?いつ誰に申し出る?事前に知っておきたい退職の基礎知識

転職活動で空白期間が1ヶ月ある場合の理由と評価を下げない伝え方|の画像

転職活動で空白期間が1ヶ月ある場合の理由と評価を下げない伝え方

営業職の仕事内容や特徴とは?必要スキル・転職難易度も紹介|の画像

営業職の仕事内容や特徴とは?必要スキル・転職難易度も紹介

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧