中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

面接で落とされるサイン・面接に落ちたサインは?中途面接の不採用サイン

面接で落とされるサイン・面接に落ちたサインは?中途面接の不採用サイン
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職では多くの場合で面接で合否が決定します。

面接で落とされるサイン、面接で落ちたサインにはどのようなものがあるのでしょうか。

また、一次面接と二次面接、最終面接では、それぞれ評価のポイントや合否のサインの特徴が異なる傾向にあります。

面接で落とされるサイン、面接で落ちるサインや面接で落ちた人の特徴のほか、面接の手応えを図るためのポイントを解説します。

面接の雰囲気や面接官の態度に以下のようなサインがみられた場合、落ちたことをある程度予測できることがあります。

  • 面接官のリアクションが薄い
  • 「我が社に向いていない」といわれる
  • 面接が早く終了する
  • 逆質問への回答がやや適当である
  • 仕事とは無関係の雑談が多い

ただし、これらのサインがあっても、必ずしも不合格になるというわけではありません。

あくまでも傾向にすぎないことを踏まえ、参考程度に確認してください。

面接官のリアクションが薄い

質問に対して回答したにもかかわらず、それに対するリアクションが薄い場合は注意が必要です。

具体的にはまったく頷かない、アイコンタクトがない、応募者の話をメモしないといった様子が挙げられます。

面接官が応募者に興味を持った場合は、良いリアクションを取ってくれたり、さらに話を広げてくれたりする傾向にあります。

しかし、どの質問の回答に対しても面接官のリアクションが悪い場合、早々に不合格と判断されている可能性があるでしょう。

「我が社に向いていない」といわれる

はっきりと「我が社には向いていない」などと言われるのも、面接に落ちたとされるサインの1つです。

しかし、いわゆる圧迫面接の可能性もあります。

圧迫面接とは、面接官があえて高圧的な態度を取ったり応募者が回答に困るような質問をする面接のことです。

想定外のシチュエーションでの応募者の対応力をみたり、本音を引き出したりする意図があるとされています。

そのため、厳しい言葉をかけられても「もう駄目だ」と諦めるのではなく、前向きな答えを返すようにしましょう。

面接が早く終了する

面接官からの質問が少なかったり話が盛り上がらなかったりして、面接が早く終了することも少なくありません。

この場合、面接官に興味を持たれず、早い段階で不合格と判断したために短時間で終わったと考えられます。

一方で、すでに納得できる回答を得たためにこれ以上深掘りする必要がないと判断される、あるいは合格が決まっているために尋ねることがないといった状況も想定されます。

また、ほとんどの企業は、実際にかかる時間よりも長めに面接時間を設定しているものです。

そのため、早く終わったと感じてしまう部分もあるかもしれません。

逆質問への回答がやや適当である

応募者からの逆質問への回答が適当なことも、面接に落ちたサインとしてあげられます。

すでに不採用と判断した場合、逆質問に回答することはあまり意味がないためです。

中には「その質問には採用後にお答えします」といったように、その場で明確に答えてくれないケースもあります。

仕事とは無関係の雑談が多い

仕事とは無関係の雑談が多いのも、面接に落ちたサインである可能性があります。

会話が盛り上がると合格を期待してしまうものですが、考えられるのは、すでに不採用が決まり時間を潰しているケースです。

また、不合格を出す応募者に悪い企業イメージを持たれるのを避けるため、あえて会話を盛り上げる面接官もいます。

特に同じ業界での転職やお客様向けのサービスを展開している企業の場合、採用には至らなかったとしても、応募者は将来の取引先やお客様になる可能性があります。

そのため、たとえ不採用であったとしても、応募者に真摯に対応する企業も多いです。

ただし、単にコミュケーション能力の有無や人柄をみようとしているケースもあるため、雑談が多かったから落ちたと判断するのは時期尚早です。

合格の可能性がある面接のサイン

ここまで面接で落ちた可能性の高いサインをご紹介してきましたが、もちろん合格の可能性の高い面接のサインも存在します。

具体的には、以下です。

  • 面接官からの質問が多い
  • 面接官のリアクションがよい
  • 入社後に関する具体的な話が出る
  • 面接中に次回の選考の日程調整がある
  • 他社の選考状況を聞かれる

不合格のサインが出ていたからといって必ずしも不合格ではないのと同様に、合格のサインが出ていても合格が確約されているわけではないことに注意しましょう。

面接中の油断や気の緩みは面接官に伝わりやすく、それによって合格が遠のくのは避けなければなりません。

面接官からの質問が多い

面接官からの質問が多い場合は、面接官が応募者に興味を持っていると考えるのが自然です。

そのため、適切な回答をすれば採用される可能性が高いといえるでしょう。

その結果、面接時間が長引く傾向にあるのも、合格のサインの1つです。

反対に面接官が応募者に興味を持たなかったときは、事前に用意されていた定型の質問のみを投げかけられ、それ以上の深掘りはないことが多いです。

面接官のリアクションがよい

面接官が応募者の話をしっかりとメモしてくれる、回答に対してその都度頷いてくれるといった場合も、面接官が応募者に興味を持っており、合格が期待できる状況です。

例えば面接官が取るメモの数が多いほど、応募者のことをしっかり把握していきたいと考えていることのあらわれと考えられます。

また、応募者の発言に対して頷くのは共感しているからであり、応募者の考えに面接官が共感するのは、企業とのマッチ度が高い証拠であるといえます。

入社後に関する具体的な話が出る

入社後に関する具体的な話が出るのも、合格のサインといえるでしょう。

不採用とすることが決まっている応募者に対して、面接官がわざわざ入社後の話をすることは考えにくいためであり、面接で入社日や休暇日、働き方の話が出るといったケースが該当します。

また、配属先の希望のヒヤリング、配属先の候補の部署に関する踏み込んだ説明がある場合も、面接官が合格の判断を下して入社後をイメージしていると考えられます。

ただし、企業や面接官によっては、応募者全員に対して話す定型の内容としている場合もあることを知っておきましょう。

面接中に次回選考の日程調整がある

面接中に次回の選考の日程調整があると、面接に受かる可能性が高いです。

入社後に関する話と同様に、不採用と判断している応募者に次回選考の日程について話をする必要はありません。

そのほか、次回の選考に向けたアドバイスを受けることもあります。

ただし、次回の選考の話が出たからといって、合格したと安心するのはまだ早いでしょう。

合否のボーダーライン上にいる応募者全員に対して、とりあえず話題に出す企業もあります。

他社の選考状況を聞かれる

面接官が応募者に他社の選考状況を聞くことも、面接に合格するサインの1つとされます。

面接官がもっとも避けたいのは、優秀な人材を他社に取られてしまうことです。それを防ぐために、採用したい人材を早期に囲い込みたいと考えます。

他社の選考状況を確認し、他社のほうが選考の進み具合が高めれば、自社でも早く内定を出すための調整をおこなう必要があるでしょう。

そのため、「ほかに面接を受けている企業はありますか?」「他社への返事の期日はいつですか?」などの踏み込んだ質問をして、就活の状況を確認しようとします。

一次面接で落ちた人・落とされる人にありがちな特徴

一次面接で落ちた人によく見られる特徴としては、主に以下が挙げられます。

  • 身だしなみが整っていない
  • ビジネスマナーに問題がある
  • 業界や企業の理解が浅い
  • 話が長い・質問に対する答えがずれている
  • 志望動機に矛盾がある

基本的には、ビジネスパーソンとしての最低限の基準をクリアしているかどうかをチェックしていると考えましょう。

一般的に、この後の二次面接や最終面接の面接官に、なぜこの人物を通したのかという指摘を受けないように確認していることもあります。

身だしなみが整っていない

第一印象は、身だしなみによって大きく左右されます。

身だしなみを評価対象とする企業は多いため、たとえ内面に自信があったとしても、意識して整えることが大切です。

身だしなみとは、端的にいうと相手に不快感を与えない服装などを指します。

特に清潔感のある身なりや、時と場所、場合に応じた服装をすることが求められます。

面接において、第一印象は非常に重要です。人の印象は、出会ってからわずか数秒で決まるとされています。

そのため面接では、最初に好印象を与えられるかどうかで、合否が決まるといっても過言ではありません。面接では、必ず身だしなみを意識して臨みましょう。

ビジネスマナーに問題がある

ビジネスマナーに問題があることも、1次面接で落ちる要因として考えられます。

具体的には、挨拶や言葉遣い、入退室のふるまいなどが挙げられます。

ビジネスマナーが重視されるのは、円滑なコミュニケーションや信頼関係の構築のためです。

例えば言葉遣いに関しては、正しい敬語を使えているかなどがチェックされるでしょう。

また、入室時にはドアをゆっくり3回程度ノックし、返事が聞こえたら「失礼します」と断ってから部屋に入ります。

このとき、後ろ手で扉を閉めるのはマナー違反にあたるため注意しましょう。

入室後や面接終了時は自分から明るい声のトーンで挨拶し、退室前に「失礼いたします」の一言を忘れないようにすることが大切です。

ビジネスマナーを理由に不採用になる事例は、業界や職種を問わず少なくありません。

挨拶や言葉遣い、入退室の仕方などができているかどうかを見直すことをおすすめします。

業界や企業の理解が浅い

採用面接の際、企業は応募者に対し、仕事内容などを調べてくることを前提にしていることがほとんどです。

そのため少なくとも企業サイトや採用サイトで調べれば分かることは、しっかりと調べておきましょう。

企業は準備不足である応募者に対しては、自社への志望度が低いと判断します。

準備不足のまま面接に臨むと熱意を疑われ、不採用になる可能性が高まるでしょう。

選考を受ける企業の情報をある程度調べていくことは基本です。

企業への入社意欲を示すためにも、できる限りの情報収集をしておきましょう。

話が長い・質問に対する答えがずれている

面接で話が長くなりすぎたり、質問に対する答えがずれていたりすると論理性や理解力に欠けていると判断される可能性があります。

面接官から質問された際は、結論から話すことを心がけましょう。結論の後に経緯や理由を述べると内容が伝わりやすくなります。

質問の意図がわからないときは、「◯◯に関して述べるという理解でよろしいでしょうか?」と確認しても問題はありません。

また、すぐに答えがまとまらない時は「そうですね」など相槌を打って、少し考える時間を持っても良いです。

間髪入れずに回答をしようとしてまとまらない返答をするよりも、落ち着いて適切な回答をする方が良いでしょう

志望動機に矛盾がある

転職理由と志望動機、入社後に目指す姿などがそれぞれ一致せず、矛盾がある場合も一次面接で落ちる可能性があります。

例えば転職理由は「専門性を身につけたいと思ったから」としているにもかかわらず、志望動機では「さまざまな業務を経験できそうだから」と答えると一貫性がないと受け止められるでしょう。

転職理由や志望動機などに一貫性がみられないと、面接官に不信感を抱かれたり、適当なことを言っていると思われたりするリスクがあります。

二次面接で落ちた人・落とされる人にありがちな特徴

二次面接で落ちた人には、以下のような特徴がみられる傾向があります。

  • 経験や強みをうまくアピールできていない
  • 入社への熱意があまり感じられない
  • 転職の理由が後ろ向きである

一次面接がビジネスパーソンとしての最低限の基準を満たすかを確認する場とした場合、二次面接は主に、想定する業務にスキルや経験がマッチするかを判断する場であるといえます。それぞれの特徴を解説していきます。

経験や強みをうまくアピールできていない

経験や強みをうまくアピールできないと、二次面接を通過することは困難でしょう。

漫然と説明するのではなく、特に何が強みなのか、根拠もあわせて伝えることが求められます。

このときそもそも自己分析が十分にできていないと、自分の強みを整理できておらず、うまく伝えられない可能性も高いです。

また、例えば異なる業界や職種への転職をする場合は、培ってきた経験やスキルが転職先の仕事に直結しないケースも少なくありません。

そのような場合でも、業界や職種をまたいで自分の強みをアピールする必要があります。

いずれのケースでも、強みを定性的な視点からだけでなく、数字で具体的に表すとより伝わりやすくなるでしょう。

さらに、その数字は周囲と比べてどのような水準なのかもセットで伝えることをおすすめします。

営業職の達成率が100%だとしても、全員が100%の達成率なのか、自分だけなのかで評価が大きく変わるためです。

加えて、その達成率を実現するためにおこなったことも具体的にアピールしましょう。

転職先でどのように活躍できるかのイメージを、面接官が抱きやすくなります。

入社への熱意があまり感じられない

二次面接では、入社への熱意が感じられるかどうかもチェックされていると考えましょう。

企業研究が十分でないことが伝わると、志望度があまり高くないと受け止められる可能性があります。

定着して長く働いてくれるかどうかを確認するため、意欲の有無をチェックしていることも多いです。

また、二次面接では、仕事で大切にしていることや仕事における判断基準を聞かれることがあります。

これらの質問に適切に答えられないと、仕事そのものに対して受け身であると判断されかねません。

面接に臨む際は、これまでの経験を踏まえた仕事の判断基準を事前に整理しておき、具体的なエピソードを交えて話せるようにしておきましょう。

転職の理由が後ろ向きである

転職の理由は、「人間関係が合わなかった」「残業が多かった」など、ネガティブな内容であることは少なくありません。

ただし、転職の理由がもともとネガティブなものであっても、それ自体はあまり気にしない面接官が多いようです。

ただし、面接でネガティブな転職理由をそのまま伝えるのは避けましょう。

例えば職場の人間関係が合わず転職活動をする場合、そのまま伝えると、面接官に「また同じ理由で転職してしまうのではないか」と思われるリスクがあります。

そのため、このケースでは、人間関係の改善を転職理由にするのではなく、キャリアアップや、仕事の幅を広げたいなどの前向きな転職理由を伝える方が良いでしょう。

最終面接で落ちた人・落とされる人にありがちな特徴

最終面接で落ちた人によく見られる特徴は、以下のとおりです。

  • 他社ではなくその企業を志望する理由を説明できていない
  • 企業の方向性とキャリアプランが一致していない
  • 最終面接は意思確認がメインだと捉えている

一次面接や二次面接が過去や現在にフォーカスしている傾向にあるのに対し、最終面接は入社後のビジョンやどのように貢献できるのかといった将来に関する質問が多くなります。

他社ではなくその企業を志望する理由を説明できていない

他社ではなく、なぜこの企業がよいのかを説明できないと、最終面接を通過するのは難しいでしょう。

「多くの企業があるなかでなぜ当社なのですか」と聞かれた際に、説得力のある答え方ができないと、志望度が低いとされマイナスの評価となる可能性があります。

第一志望でなくても、なぜその企業を志望するのか、なぜ同業他社ではなくその企業なのかを、自分なりの言葉で語れるように準備しておくことをおすすめします。

企業のビジョンとキャリアプランが一致していない

企業が掲げるビジョンや方向性と、応募者のキャリアプランが一致していない場合も、最終面接で不採用となる要因の1つです。

最終面接で企業がキャリアビジョンを聞く目的は、企業が応募者のキャリアプランと企業のビジョンがかけ離れていないかを確認するためです。

企業は、採用する人材に自社への貢献を求めます。

双方のビジョンの方向性が同じであれば、より自社に貢献してくれると期待するものです。

また大企業では、異動や組織変更があっても問題なく働き続けられるかもチェックされることが多いです。

そのため職種や部署を限定しすぎない、中長期のビジョンも描いておくとよいでしょう。

最終面接は意思確認がメインだと捉えている

最終面接を主に意思確認をおこなう場と捉えていると、最終面接で落ちやすくなります。

条件や今後のスケジュールを確認する場と思っていると、面接への対策が不十分なまま臨むことになるためです。

しかし、ほとんどの最終面接ではそれまでの面接よりも踏み込んだ質問をされる可能性があります。

対策ができていないと慌ててしまい、自分の良さを出し切るのは困難です。

また、採用面接まで残っているほかの応募者も、その企業の志望度が高く優秀であると考えられます。

最終面接はそのような応募者の中から採用者を選ぶ重要な場であるため、事務的な内容に終始すると思っている場合は不採用になりやすいでしょう。

面接で落ちた理由は聞いてもいい?

面接で落ち、その理由が思い浮かばないというときに、応募先の企業に聞いてもよいか知りたいという人もいるでしょう。

しかし、不合格の理由をわざわざ問い合わせるのはおすすめできません。

仮に応募者が問い合わせたとしても、通知されている内容以上のことを教えてくれる可能性はほとんどありません。

企業が応募者に対して、なぜ面接で落ちたのかを教えない理由として、以下が挙げられます。

  • 企業に開示する義務がないため
  • トラブルを回避するため
  • 選考基準が出回るのを避けるため
  • 採用窓口の担当者に知らされていないため

前提として、企業には不採用の理由を開示する義務はありません。

不採用になった応募者がその理由を問い合わせてきたとして、それぞれの不採用の理由を説明したり、そのための文書を作ったりするのは負担になります。企業としてはすべて不要な作業となるでしょう。

また、不採用にするのはネガティブな理由によるものがほとんどである以上、伝えることで企業のイメージが下がるリスクもあります。

不採用理由を聞いても納得できない応募者から抗議を受けるなど、トラブルに発展する可能性も高いです。

面接に落ちた理由が分かると、その企業の選考基準を推測しやすくなります。

この点も、企業がなぜ不採用にしたかを伝えない理由の1つです。

選考基準が出回ってしまうと、多くの応募者がその企業に合格するために対策をしてくることが想定されます。

その結果、正確な評価がおこなえなくなり、選考の意義が失われるでしょう。

そのほか、単に採用窓口の担当者も知らないことも考えられます。

例えば合否の最終決定を役員がおこなっている場合、採用担当者には個々の応募者の不採用の理由まで知らされていないこともあります。

このような理由により、たとえ応募者が問い合わせたとしても、面接に落ちた理由を教えてくれる可能性はほとんどないことを知っておきましょう。

いずれにしても、不採用の結果を受け取った時点で結果が覆ることはありません。

面接で落ちた辛い気持ちを切り替える方法

面接で落ちたときの辛い気持ちを切り替えるには、次に同じような面接を受けるための練習になったと、前向きに捉えることをおすすめします。

不採用だったとしても、そこでネガティブになりすぎてしまうと、次の選考に差し支えます。

結果は不採用であったとしても、面接を受けたことで、面接で質問される内容の傾向が分かったはずです。

答えに詰まってしまった質問があったのであれば、次の面接までに回答を準備しておきましょう。

また面接に慣れることで、次の面接では緊張せずに本来の自分を出し切ることが可能になるでしょう。

面接で落ちたことは、その企業とは合わなかったことを意味します。

マッチ度が低い企業に就職しても、違和感を抱き続けることになるかもしれません。

入社後に後悔せずにすんだとポジティブに受け止め、「今回不合格だったのは、この先に良い縁があるからだ」と前向きに捉えることも必要です。

面接で落ちたからといって、自分の価値が否定されたわけではありません。

自分とその企業との相性が悪かったのだと、冷静に受け止めるようにしましょう。

面接で落ちた理由がわからない時はPaceBoxに相談

一次面接はビジネスパーソンとして求められる基本的な基準をクリアしているかどうか、二次面接は想定する業務にスキルや経験がマッチするかを判断する場であることが多いです。

さらに最終面接では、入社後のビジョンやどのように貢献できるかといった将来に関する質問が増えます。

このように、面接の段階で評価されるポイントが異なる傾向にあるため、落ちた理由もそれぞれ異なることが考えられます。

面接で落ちたと感じるときは、その理由を分析することで、次の面接までに準備すべき対策が分かるはずです。

理由の分析をすることが難しいと感じる場合は、PaceBoxのキャリアアドバイザーに相談することをおすすめします。

PaceBoxはオファー型転職サービスで、キャリアアドバイザーは求人紹介をしない分、転職者の悩みにしっかりと寄り添います。

実際に、PaceBoxのキャリア面談を受けて、面接の通過率が大きく上がった方もいるため、ぜひ登録をしてみてください。

転職活動に悩んでいる人はPaceBoxに登録!
忙しくて転職活動が進まない
書類選考・面接が通過しない
悩みの整理や自己分析サポートが欲しい
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

リスキリングとは?注目が高まるリスキリングとはを簡単に解説!|の画像

リスキリングとは?注目が高まるリスキリングとはを簡単に解説!

辞表(退職願・退職届)の正しい書き方とは?準備すべき物や項目も紹介|の画像

辞表(退職願・退職届)の正しい書き方とは?準備すべき物や項目も紹介

転職したいけどスキルがない!30代がスキルなしで転職するには?|の画像

転職したいけどスキルがない!30代がスキルなしで転職するには?

年収600万円の手取りや生活レベルとは?目指すならやっておくべき6つのこと|の画像

年収600万円の手取りや生活レベルとは?目指すならやっておくべき6つのこと

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧