中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

転職活動の面接では、最初に自己紹介を求められます。出だしがうまくいかないと、後の質問にも影響を与えてしまうでしょう。そのため、事前に準備しておくことが大切です。そこで、自己紹介の際、何を話したらよいのかをはじめ、面接官によい印象を持ってもらえる話し方、NG例、面接前に自己紹介の練習をするときのポイントを紹介します。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

面接での自己紹介とは?自己PRとは違う?

面接での「自己紹介」とは、どのようなものでしょうか。混同してしまいがちな「自己PR」との違いなども含めて解説していきましょう。

自己紹介とは

自己紹介とは、自分自身がいったいどのような人物なのかを相手に知ってもらうために、所属(学生の場合は大学・学部、転職の場合は勤めている会社・部署・職種など)や人柄などを伝えることを言います。転職の面接の場においては必ず面接官から「簡単に自己紹介をしてください」と言われます。

応募者は面接官から自己紹介を促されたら、「本日は貴重なお時間をいただきありがとうございます」とお礼を言った後、「氏名」をはじめ、「現在(または直近)の職業」「趣味・特技」などを1分程度で伝え、自分自身がどのような人物であるかを明らかにしましょう。自己紹介を終えた後は「本日はどうぞよろしくお願いします」という言葉で結びます。

自己PRとの違い

自己紹介と自己PR、両者は似ているようで異なります。自己PRは、自分の長所や強みを企業に伝えることで、企業側から「採用したい」と思ってもらうためにするものです。具体的に言うと、性格やスキル、経験など自分の魅力を話します。自己PRの場合は、これまでの経験を踏まえながら、どのように長所や強みを生かしたのか、自分自身について掘り下げて話すため、自己紹介よりも話す時間は長くなります。3分程度が目安です。

自己PRの場合、性格の長所を伝えるために「人と話すのが得意です」というようなあいまいな言い方をするのは良くありません。根拠となるエピソードを交えた上で、「コミュニケーションを取ることが上手で、営業部では5年連続売上ナンバー1でした」など、具体的な数字を入れて成果を伝えるようにしましょう。その際、自慢に聞こえないように謙虚な言い方を意識することが大切です。さらに、自身が持っている長所をどのように転職先の会社で活かしていくことができるのか、アピールすることも大切です。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

面接で自己紹介を求められる理由

面接で自己紹介を求められる理由は3つあります。1つ目は、会話のきっかけ作りです。面接官は自己紹介で興味を持った話に紐づく質問を投げかけることがあります。自己紹介から話をふくらませていくのです。また、応募者は緊張しているものです。そのため、緊張した状態のままでは、応募者から具体的な話を引き出すことができません。そこで、本格的な面接に入る前に自己紹介をしてもらい、その内容に関する雑談で緊張をほぐそうと考える面接官もいます。

2つ目は、応募者の基本情報を把握するためです。相手との信頼関係を築くためには、どのような人物なのかを知ることから始まります。基本情報を知っておけば、この後の面接での質問に活かすことが可能です。また、大企業には応募者が殺到します。面接官も応募書類の内容をすべて覚えていない可能性があります。そのため、本格的な面接に入る前に、自己紹介という形で基本情報を伝えておくことは大切なのです。

3つ目は、応募者のコミュニケーション能力をチェックするためです。ビジネスマンにおいてコミュニケーション能力は大切な能力の一つと言えます。簡潔に的を射た自己紹介かどうかを見ることで、ビジネスマンとしての力をはかっているのです。面接官から「簡潔に話してください」と言われているにもかかわらず、長々と話をしてしまうと、「人の話を聞いていない」「自分本位だ」と思われてしまいます。また、自己紹介の場であるにもかかわらず、関係のない話をしてしまうことも同様です。

面接の自己紹介では何を含めたらいい?

自己紹介では「氏名などの基本情報」「経歴」「入社への意欲」を話します。次から、どのような内容を話すのか、具体的に解説していきましょう。

氏名などの基本情報

基本情報のなかでも一番先に話すのは名前です。まず、「鈴木太郎と申します」とフルネームを名乗るようにしましょう。緊張すると、どうしても早口になるものです。ゆっくりと聞き取りやすい口調で伝えるようにしましょう。名前を名乗っている間は下を向いたり、きょろきょろと辺りを見回したりしてはいけません。きちんと面接官の目を見て話すようにします。というのも、面接官は応募者の顔写真と応募書類を見て、同一人物かどうかチェックしているからです。また、視線をそらしていては「態度が良くない」「自信がない」など、面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。目を合わせるのが苦手な人は、面接官の眉間に視線を合わせるようにしましょう。

経歴

次に、現職または前職について話します。社名や職種、所属部署、勤続年数などを簡単に伝えるとよいでしょう。これらの情報は応募書類にすべて記載していることですが、応募者が多い場合、面接官はじっくり目を通していない可能性があります。さらに、現職または前職で身につけたスキルや経験を、応募先の企業で活かせるのであれば、面接官にしっかりとアピールするようにしましょう。その際、どのように活かすことができるのか、具体的に伝えるようにします。そうすれば、面接官に「ぜひとも我が社の即戦力として欲しい人材だ」と思ってもらえます。

入社への意欲

面接官は入社後活躍してくれる人材かどうか、応募者の意欲を見て判断します。自己紹介の締めに、応募先の企業に関心を持った理由を仕事への意欲と絡めながら、話すとよいでしょう。その際、応募企業に転職したら、自分の強みをどのように活かすことができるのか、話すようにします。身振り手振りを加えながら話すと、より熱意が伝わります。身振り手振りのポイントは、手の位置を顔や胸の高さにまで上げることです。手の位置が下だと、逆効果で「自信がない人」と思われてしまうからです。

自己紹介で面接官に良い印象を持ってもらうには

採用不採用は、面接の印象で左右されます。そこで、次から、自己紹介で面接官に良い印象を持ってもらうためにはどうすればよいのか、そのためにできることを解説しましょう。

明るくにこやかな表情を作る

明るく話すと、面接の雰囲気もよくなるものです。しかし、緊張していると、知らず知らずのうちに表情がこわばってしまいます。そのため、意識してにこやかな表情を作るように心がけましょう。眉毛は下げ、口角は上げるようにすると、明るい表情を作ることができます。また、口角を上げると、自然と声のトーンも上がるため一石二鳥です。もちろん、無理に笑う必要はありません。無理して笑うと、「ぎこちない」「へらへらしている」などといったマイナスの印象を与えてしまうからです。自然な笑顔が大切です。話しているときの視線は面接官の目の高さに合わせましょう。ただし、ずっと目を合わせていると、圧迫感を与えてしまいます。ときどき目線をそらすようにするとよいでしょう。そして、話し終わった後も油断してはいけません。明るい表情をキープします。

このほか、猫背だと暗い印象になってしまうため、まっすぐな姿勢で話すことも大切です。ただし、自分ではまっすぐなつもりでも意外と顎が前に出ていたり、肩が下がりすぎていたりするものです。鏡を見て、どのような姿勢なのか、確認してみるとよいでしょう。

大きな声ではきはきと話す

気持ちが萎縮してしまうと、どうしても声が小さくなってしまいます。しかし、声が小さいと、面接官に話している内容を伝えることができません。さらに、「自信がない」「暗い」といったマイナスの印象も与えてしまいます。そのため、普段の会話よりも大きめの声を出すように心がけましょう。そして、はきはきと話すことも意識するようにします。大きな声ではきはきと話す人は、自信がありそうに見えるからです。話の内容に説得力を持たせることができるでしょう。

早口にならないように気をつける

緊張すると、普段よりも早口になってしまいがちです。早口で話すと、面接官は何を話しているのか聞き取りにくいものです。また、自信がなく、せわしない印象を与えます。面接の場ではゆっくり話すことを意識しましょう。そうすることで、「堂々としていて自信がある」「落ち着いている」などの良い印象を持ってもらえるでしょう。

正しい言葉遣いで話す

面接では、面接官に話す内容を正確に理解してもらうことが大切です。伝わりにくい言葉を使うのはやめるようにしましょう。まずは、敬語を正しく使うようにします。間違いやすいのが二重敬語です。たとえば、「伺わせていただきました」はNGです。「伺いました」と言うようにしましょう。また、自己紹介で所属部署を話すときに「営業部に所属させていただいております」という人が多いものです。しかし、これも間違いで、正しくは「営業部に所属しております」です。気をつけるようにしましょう。また、応募企業に関して「貴社」と言ってはいけません。「貴社」はメールや手紙など文字にして伝えるときに使う言葉です。面接の場では「御社」と言うようにしましょう。

要点を簡潔にまとめる

自己紹介の場では、面接官に自分の良さを知ってもらいたいがあまり、あれもこれもと話してしまいがちです。しかし、自己紹介にたくさんの内容を詰め込むと、長くなりすぎて要点がぼやけてしまうことが多々あります。結果として、面接官に一番伝えたいことを伝えることができなくなってしまうのです。自己紹介の長さの目安は1分程度と心得ましょう。といっても、1分がどのぐらいなのか、わからない人もいるのではないでしょうか。1分を文字数で表すと300文字程度です。あらかじめ話す内容を文章で作っておいて、読む練習をしておくとよいでしょう。また、自己紹介の段階では、転職理由や志望理由などについては詳しく話さないようにしましょう。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

失敗を避けよう!こんな自己紹介はNG!

自己紹介で自分をよく見せようとするあまり、逆に失敗してしまうこともあります。次から自己紹介でやりがちなNG例を紹介しましょう。

過剰に自分のことをアピールする

応募企業に採用してもらいたいがあまりに、自分のことを過剰にアピールしてしまう応募者もいます。しかし、面接官から「質問の意図をよくわかっていない」「自慢している」「周りを見下している」などとマイナス評価がつく場合があります。かといって、へりくだり過ぎる表現も、面接官に「おどおどしている」「自信がない」と見られてしまうため、避けるようにしましょう。

社内用語や専門用語を使う

知識や専門性をアピールしようとして、社内用語や専門用語を使う応募者もいます。しかし、面接官に意味が伝わらない可能性があります。特に、異業種に転職する場合は避けるべきです。社内用語や専門用語、面接官が理解できない言葉を使って、自己紹介をしないように気をつけましょう。

面接前に自己紹介の練習をするときのポイント

本番で落ち着いて話すことができるように、面接を受ける前に自己紹介の練習をしておくことをおすすめします。練習のポイントは3つあります。1つ目は、声に出して練習することです。実際に口に出してみることで、声の大きさや話すスピードを確かめることができます。実際に時間をはかってみて、1分以内におさまるかどうか確かめてみましょう。

2つ目は、面接の練習の様子を録画することです。録画を見ることで、客観的に自分自身の姿を確認できます。話しているときの目線や表情、身振り手振りをはじめ、抑揚、話すスピード、姿勢などを見ていきましょう。家族や友人に録画を見てもらい、意見をもらうこともおすすめです。自分とは違う視点でチェックしてくれることでしょう。

3つ目は、家族や友人と模擬面接をすることです。第三者の目から、自分では気づかなかった点を指摘してもらえます。さらに、何度も練習することでイメージトレーニングができ、本番もリラックスして面接に臨むことができます。また、自分自身が面接官役をやってみるのもよいでしょう。面接官の気持ちになってみることで、応募者の立場では気づかなかった点に気づくことができます。

自己紹介で良い第一印象を残せるように準備しておこう!

自己紹介は、自分の人柄やコミュニケーション能力などを面接官にアピールするチャンスです。先に述べた点に注意しながら、しっかりと自己紹介の準備をしておきましょう。万全の準備をしておけば、それが自信につながって、本番にあたふたしなくて済みます。とはいえ、緊張して頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。そのようなときは、深呼吸して気持ちを落ち着かせ、話を続けるようにします。そして、面接官に良い印象を残し、採用を勝ち取りましょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

経験を積めばチャンス有?ディレクターの仕事内容やなるための方法を解説|の画像

経験を積めばチャンス有?ディレクターの仕事内容やなるための方法を解説

Uターン転職する20代が増えている?活動の進め方や成功のコツ解説|の画像

Uターン転職する20代が増えている?活動の進め方や成功のコツ解説

よくある転職の失敗談8選!失敗を避けるためのポイントも解説|の画像

よくある転職の失敗談8選!失敗を避けるためのポイントも解説

A4とB5でなにが違うの?履歴書のサイズを選ぶ基準や注意点を解説|の画像

A4とB5でなにが違うの?履歴書のサイズを選ぶ基準や注意点を解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧