中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

Uターン転職する20代が増えている?活動の進め方や成功のコツ解説

Uターン転職する20代が増えている?活動の進め方や成功のコツ解説

Uターン転職する20代が増加傾向にあります。Uターン転職が若い世代に受け入れられている背景には、どのような事情があるのでしょうか。転職を検討している人は、Uターン転職のメリットや向き不向きを知って参考にするとよいでしょう。この記事では、Uターン転職のメリットやデメリット、転職活動の進め方、転職を成功させるコツなどについて解説します。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

Uターン転職とは何か?

Uターン転職とは、一度は故郷を離れて就職した人が、地元の企業に再就職することです。地方出身者が都市圏の大学を卒業してそのまま就職し、後に地元企業へ転職するケースが多くなっています。

Uターン転職と混同されがちなものに、Iターン転職とJターン転職があります。Iターン転職とは、都会で生まれ育ち、都会で就職した人が、地方に引っ越して転職することです。Jターン転職とは、地方出身者が都会で就職した後、故郷とは別の地方へ転職することです。

20代のUターン転職の状況と主な理由とは?

20代でUターン転職を選択する人にはさまざまな事情があります。ここでは、20代のUターン転職の状況や、Uターン転職を希望する主な理由について解説します。

20代のUターン転職の状況

独立行政法人労働政策研究・研修機構が平成28年に実施した調査によると、出身県にUターンする年齢は22歳が全体の約20%でピークとなっています。この理由は、大学卒業を機に地元へ帰って就職する人が多いことです。23~25歳でUターンする人も全体の10%弱で、高い割合を示しています。その後、年齢が進むにつれて全体に占める割合はゆるやかに減少していきますが、それでも30歳頃まではUターンする人が少なくありません。このデータから、20代はほかの年齢に比べて出身地へのUターンを希望する人が多いことがわかります。

独立行政法人労働政策研究・研修機構 UIJターンの促進・支援と地方の活性化―若年期の地域移動に関する調査結果―

20代がUターン転職を希望する理由

かつては、30代や40代で子育てや介護の必要性からUターン転職を選択するケースが一般的でした。しかし、コロナ禍の影響を受け、地方への転職に積極的になった20代が全体の38.2%にも及んでいます。パンデミックの影響で日本でもリモートワークが推進されるようになり、必ずしも会社に通勤しなくても業務がこなせることを多くの人が認識しました。

結果として、「都市部に住んでいる必要性を感じなくなった」「テレワークで場所を選ばず仕事できるとわかった」といった意見が台頭し、Uターン転職を希望する20代が増加したのです。また、シンプルに「地元に帰りたい」と感じてUターン転職を選択する20代もいます。そのほか、「親の介護や子育て環境を整えるため」「都会に慣れない」「地方で自分に合った生活がしたい」といった意見も挙がっています。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

Uターン転職活動をはじめるのに適した年代がある?

Uターン転職に限った話ではありませんが、転職に適しているのは20代半ば~30代前半の比較的若い年代です。20代であれば第二新卒の枠で転職活動ができ、若手を求める企業も多いことから、スムーズに転職活動を進められる傾向があります。第二新卒は新卒と異なり、社会人としての基礎を身につけたうえで、ビジネスパーソンとしてある程度の経験を積んでいる人材です。業務の流れの基本を押さえていることから、新卒のように手取り足取り教育する必要がなく、企業からすれば研修などのコストを抑えられます。

また、若いので新しい知識やスキルの習得にも適しており、ポテンシャルを見て採用してもらえます。どの業界からも高い需要があるため、Uターン転職でも20代半ば~30代前半の世代が有利となるでしょう。

20代でUターン転職をする5つのメリット

Uターン転職にはメリットもあればデメリットもあります。Uターン転職の良い面と悪い面をしっかりと理解したうえで、実行に踏み切るかどうかを慎重に検討することが大切です。ここからは、20代でUターン転職をするメリットについて解説します。

1.家族や地元の友人と会いやすい

Uターン転職をすることで、家族や地元の友人と会いやすくなります。Uターン転職して地元に戻れば、実家に住むか、もしくは実家の近くで暮らすことになるでしょう。遠い都会に住んでいたときと比べて家族との距離が近づき、両親や祖父母の様子を見に行きやすくなります。困っている家族を手助けしたり、介護したりすることができ、責任を果たしている満足感にもつながるのではないでしょうか。

子どもが近くに住んでいることで両親も安心でき、自分が困っているときも家族に身の回りのことを助けてもらえるようになります。体調を崩したときなども、そばに家族が住んでいれば安心です。お互いに助け合うなかで、家族の絆も深まっていくでしょう。

Uターン転職すれば、都会に出て以来、疎遠になっていた地元の友達とも再会できます。都会の暮らしで感じていた寂しさや孤独感も、旧交を温めるうちに解消できるはずです。悩みを抱えているときも、地元の友達が心の支えとなってくれるでしょう。

2.生活が充実する

Uターン転職によって、生活が充実してのびのびと暮らせるようになることもメリットの一つです。都市部から地元に帰ると、生活環境が一変します。通勤ラッシュや人ごみのストレスから解放され、自然豊かな環境で暮らせるようになるのです。一般的に、地方に移住すると通勤時間や労働時間が短縮する傾向があります。

都会では家賃の関係で会社から離れた場所に住むことも多いものですが、地方なら家賃を気にせず通いやすい場所に住め、さらに車で通勤できる場合も少なくありません。また、残業や休日出勤がなくなり、ワークライフバランスが保てるケースも多いです。

なじみ深い土地で働けることで、安心感が得られるメリットもあります。喧騒を離れ、落ち着いた環境で働けるため、毎日の気分が充実するケースも多いでしょう。このように、Uターン転職によって都市部にいたときよりもマイペースにのびのび働きやすくなります。そして、地元出身者ということで新しい職場になじみやすいことも大きな魅力です。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

3.ストレスが減る

Uターン転職のメリットとして、仕事や生活のストレスが軽減することもまた挙げられます。都市部で暮らす人は、満員電車での通勤や渋滞、騒音などに大きなストレスを感じることも少なくありません。職場でも同僚との競争が激しく、殺伐とした雰囲気があると感じている人もいるでしょう。Uターン転職で地元に戻ると、朝の通勤ラッシュや人ごみから開放されて精神的なストレスが軽減します。休日も、豊かな自然に囲まれて充実した時間を過ごせるでしょう。職場でも、都市部のような激しい競争は少なく、高い能力を求められる傾向もあまりありません。Uターン転職をした人は、生活面でも仕事面でもストレスがなくなった、軽減したと感じる場合が多いのです。

4.生活コストが抑えられる

移住後の生活コストが抑えられることもUターン転職の魅力の一つです。都市部に比べて地方は物価が安いため、食費や住居費などの生活費を安く抑えられます。さらに実家に住む場合、親にいくらか納めたとしても、家賃や水道光熱費が発生しない分、コストを抑えられるでしょう。

また、帰省にかかる費用が削減できるメリットもあります。毎年お盆や年末年始に都心部から地元へ帰省していた場合、そのたびに数万円単位の交通費がかかります。一方、Uターン転職すれば帰省にかかる費用も発生しなくなるため、大きな節約効果が生まれるのです。

これらの理由から、Uターン転職には生活コストを抑える効果があるといえます。Uターン転職によって都会で勤めていた頃に比べて手取りが減る場合もありますが、出費が減る分、経済的な余裕が生まれます。その結果、転職後に貯金ができるようになるケースも少なくありません。

5.自治体によっては支援が受けられる

Uターン転職では引越しの費用や交通費がかかるため、ハードルが高いと感じる人もいます。このような移住のハードルを下げるために、Uターン転職の希望者を対象とした支援制度を設けている地方自治体が増えてきています。支援制度の名称や条件、支給額などは自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。例えば、北海道浦河町では一定の条件を満たすと、単身者に5万~7万5000円、2人以上世帯に10万~15万円の支援金が支給されます。岩手県大槌町の場合、一定の条件を満たした単身者には5万~15万円、2人以上世帯には10万~25万円の支援金が用意されています。Uターン転職を検討している人は、地元の自治体に助成金制度がないかどうかを調べておくとよいでしょう。

「移住相談センター」を設けている自治体も多く、地元の情報を提供してくれたり、移住に関する相談にのってくれたりします。さまざまなアドバイスやサポートが受けられるので、上手に活用することをおすすめします。また、Uターン転職希望者に向けて就職セミナーを開催している地方もあるため、地元のサポート体制についても確かめておきましょう。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

20代でUターン転職する2つのデメリット

20代でのUターン転職にはデメリットもあります。ここでは、Uターン転職のデメリットについて解説します。

1.収入が減る可能性がある

Uターン転職のもっとも大きなデメリットは、今よりも年収が下がる可能性があることです。一般的に、地方は都心部に比べて給与水準が低い傾向にあります。例えば、dodaが2022年度に行った調査によると、地方別の平均年収のトップは440万円の東京で、そのほかの関東圏も比較的高い水準となっています。一方、九州や沖縄は366万円、北海道や東北は367万円といったように、地方の平均年収は東京に比べて70万円以上も低くなっているのです。

ただし、都心部は地方より物価が高く、収入が多くても生活にコストがかかるため、経済的な余裕はそれほど変わらないという考え方もあります。Uターン転職で実家に戻れば家賃や光熱費もかからず、出費を大幅に抑えられるでしょう。収入が下がったとしてもトータルでみればプラスになるケースも多いため、収入の多寡のみで一概に判断するのは危険だといえます。

2.都市部に比べ求人が少なめ

Uターン転職を検討しているときは、都市部に比べて地方は求人が少ないことを考慮に入れておきましょう。地方は人口や企業が少なく、一度就職するとなかなか離職しない傾向があるため、必然的に求人の数も少なくなります。都会に比べて求人のバリエーションも乏しく、選べる職種や条件が限られてくるので前職での経験や実績が活かせず、思うように評価されないこともあるでしょう。

公共交通機関が充実している都会と異なり、地方では車社会になるため、運転免許がないと転職先が見つからない場合もあります。また、条件の良い求人に応募が集中することから、競争率が高くなることも覚悟しておかなくてはなりません。思い立ってからすぐ仕事を辞めてUターンしても、なかなか転職先が見つけられない恐れがあります。Uターン転職をするときは、事前調査をしっかりと行い、就職先の目途をある程度つけてから引っ越すのが賢明です。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

Uターン転職が向いている人の特徴

Uターン転職を決行する前に、自分にはUターン転職が向いているのかどうかを確かめておくことも重要です。ここからは、Uターン転職が向いている人の特徴を紹介します。

車での移動が気にならない

Uターン転職が向いているのは、車での移動が気にならない人です。地方はバスや電車といった公共交通機関の運行本数が少なく、基本的には車がなければ自由に移動できない車社会です。そのため、求人に応募するために運転免許が必須であったり、オフィスが車でしか通勤できない場所にあったりすることも珍しくありません。すでに自家用車を保有しており、自動車での移動が苦にならない人なら、Uターン転職後も問題なく通勤できるでしょう。

一方、まだ免許を取っていない、車を持っていない人は注意が必要です。働きながら運転免許を取得するには時間がかかるため、長期的に計画を立てて転職活動を進める必要があるでしょう。免許がある場合も、車を買うとなると購入費用や維持費、ガソリン代、保険代などが発生します。現在の経済状況を考慮し、転職後も余裕をもって生活できるように計画を練っておくことが大切です。

地元でやりたいことがある

地元に戻ってやりたいことがある人、地元に転職して築きたいキャリアを明確にイメージしている人はUターン転職に向いています。例えば、林業や農業のような地方ならではの産業に携わりたい人、家業を継ぎたい人などです。目的を持って転職すれば、地方の生活で多少の困難に直面しても、高いモチベーションで乗り越えていけるでしょう。また、地元のコミュニティに抵抗がなく、早く生活になじめることも重要なポイントです。

親が高齢で介護の心配があり、離れて暮らすよりそばにいたほうが安心できるなど、家庭の事情で地元に帰りたい人にもUターン転職は向いています。地元で暮らすはっきりとした理由があれば、迷わずに転職活動を進められるはずです。希望の仕事が明確に決まっているなら、地元の求人情報を集めたうえで、希望条件にマッチする職場を探すとよいでしょう。

都市部より地元の生活環境が良い人

年収や生活の利便性よりも、ワークライフバランスを重視したい人も、Uターン転職を検討するのがおすすめです。首都圏での生活にどうしても慣れないと感じている場合は、ずるずると我慢し続けるより、思いきって地元に帰省して転職してみるとよいでしょう。地方での生活にはデメリットもありますが、それでも都市部より地元が安心する、生活環境を変えたいと考えているなら、Uターン転職は検討に値します。また、子育ての面でUターン転職に魅力を感じる人も少なくありません。結婚して子どもができ、自然の多い環境で子育てをしたいと感じている人は、Uターン転職に向いている可能性が高いです。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

Uターン転職の進め方とは?

Uターン転職を成功させるためには、転職活動の進め方を押さえておくことが大切です。ここからは、Uターン転職の活動の進め方について解説します。

転職活動の流れ

Uターン転職について確認する前に、転職活動の流れを知っておきましょう。ここでは、転職活動の基本的な流れを紹介します。

地元の情報収集

Uターン転職の準備段階として、まずは地元の情報を集める必要があります。地元とはいえ都会暮らしが長ければ、住んでいた頃と現在で大きく状況が変わっている可能性もあるでしょう。転職に関する情報だけでなく、地域の包括的な知識を身につけておくことが重要です。自治体の運営する地域情報サイトなどを利用して、家賃や物価などの生活に関する情報も集めておきましょう。なるべく多くの情報を収集し、転職活動における希望条件の整理に役立ててください。

自己分析

地元の情報を集めたら、次に転職活動の基礎として自己分析を行います。自分の経歴や保有スキル、実績、性格、特技などを真摯に見つめ直しましょう。特に、退職する理由やUターン転職したい理由については熟慮する必要があります。論理展開の詰めが甘いと、面接でうまく答えられずに悪い印象を与えてしまう恐れがあります。また、自分の強みについてもしっかりと自己分析して、有能な人材であることを積極的にアピールしてください。自己分析をおろそかにすると、転職活動の軸がぶれ、自分に合わない企業を選んでしまうこともあるので注意しましょう。

応募書類の作成・応募

自己分析を通して希望条件を認識したら、次に希望条件に合った求人をコツコツ探しましょう。このとき、希望条件の優先順位を明確にしておき、絶対に譲れない条件と譲歩してもよい条件を区別しておくことが大切です。働きたい企業が見つかったら、履歴書や職務経歴書を作成して応募します。志望動機を書く際は、同じ業種だからといって使いまわすのではなく、会社独自の特徴を踏まえたうえで個別に作成するのがポイントです。

面接対策

応募書類の作成に続いて、面接に備えて対策しておくことも重要です。面接で聞かれる内容としては、志望動機や前職の退職理由、自己紹介、逆質問などがあります。どのような質問がくるかを想定し、あらかじめ回答を考えておきましょう。特に、Uターン転職では地元に戻る理由を聞かれる可能性が高いです。回答に説得力がないと早期離職を危惧される恐れもあるので、論理的な答えをしっかりと練っておくのが賢明です。

内定後に退職の手続き

地元の企業で内定を得たら、入社日を確認し、退職日より前に設定されている場合はずらしてもらうよう交渉しましょう。続いて、今の職場に退職の意思を伝え、引き継ぎなどの手続きを進めます。同時に、引越しの準備や次の住居探しなども進めておくと、スムーズに地元へ帰省できるはずです。

転職活動は在職中か退職後か

転職活動は在職しながら行うべきか、それともまず退職するべきか、迷っている人も多いでしょう。結論からいうと、Uターン転職の活動は在職しながら行うのがおすすめです。在職していれば、転職活動中も収入が途切れる心配がありません。経済的、精神的に余裕を持って活動でき、条件に合う求人がなかなか見つからなくても、焦らずに活動を続けられます。

反対に、収入が途切れると「早く仕事を見つけなければ」と焦る気持ちが生まれ、条件のよくない企業に決めてしまう恐れがあるでしょう。また、在職しながらの転職活動なら、勤務地が決まってから引越しという運びになるため、住居は通勤に便利な場所を選べます。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

20代でUターン転職を成功させるコツ

地元に帰って働きたい人は、コツを押さえてUターン転職を成功させましょう。ここからは、20代でUターン転職を成功させるコツを紹介します。

Uターン転職の目的を明確にする

Uターン転職をするときは、地元で転職先を探す目的を明確にしておきましょう。面接ではUターン転職する理由を聞かれる可能性が高いですが、「地元が好き」「地元で働きたい」といったあいまいな表現では覚悟が伝わりません。なぜ利便性や収入の点でメリットが大きい都市部を離れて地方での生活を求めるのか、その理由をきちんと説明できるようにしておくことが大切です。同時に、ほかの企業ではなく、その企業でなくてはならない理由も説得力を持ってアピールする必要があります。

自己分析にあたって、「なぜ地方で仕事をしたいと思ったか」を掘り下げ、明確に言語化しておきましょう。Uターン転職することで成し遂げたいビジョンやキャリアプランをうまく提示できれば、採用担当者の心を動かせるはずです。面接では、Uターン転職を考えるにいたった経緯や働きたい理由、経験を活かして貢献できることなどを具体的に伝えてください。

焦らずじっくり取り組む

なかなか就職先が決まらないとき、焦らずにじっくり取り組む姿勢も重要です。転職活動は通常3~6カ月程度かかるもので、さらにUターン転職は求人数が少なく、希望の仕事がなかなか見つからない可能性も高いです。また、地方の企業がオンライン面接を実施していない場合は、実際に足を運んで面接を受けなくてはなりません。都市部で仕事をしながらUターン転職活動をする場合は、ゆとりのある計画を立てる必要があるのです。

早く内定がほしい、希望する求人がないといった理由から妥協して応募すると、内定をもらったとしても後悔する可能性があります。納得のいく結果を手にするためにも、地元の情報収集に力を入れ、腰を据えて活動に取り組んでください。自己分析をしっかり行うなど基本的な準備を怠らず、余裕をもって着実に候補を絞っていきましょう。そして、移住してから仕事を探すと焦って妥協することになりかねないため、在職中から活動を始めることをおすすめします。

転職支援サービスを利用する

最後に、転職支援サービスを利用するのも効果的な方法です。地方の就職に強い転職支援サービスを利用すれば、自分1人で活動するよりも効率的に転職活動が進められます。自分に合った会社の情報提供や応募書類の添削、面接のアドバイスなど、幅広い形でサポートが受けられるので、積極的に活用するとよいでしょう。

転職支援サービスにはさまざまな種類がありますが、特におすすめなのがオファー型転職支援サービスの「PaceBox」です。プロフィールを登録すれば企業からオファーがくるため、自分で求人情報を集めるよりも効率的で、ミスマッチが防げるメリットもあります。また、「希望条件に該当するオファーだけを受け取る」モードがあり、例えば地元企業のオファーだけを受け取ることも可能です。PaceBoxを上手に活用して、無駄なく転職活動を進めてみてください。

20代でのUターン転職を成功させよう

コロナ禍の影響もあり、20代でUターン転職を目指す人が増えてきています。Uターン転職にはメリットだけでなくデメリットもあり、成功させるためには転職の目的を明確にすることが大切です。また、焦らずじっくりと取り組むことで、希望条件に合った求人が見つかりやすくなるでしょう。PaceBoxなどの転職支援サービスも利用しながら、20代でのUターン転職成功を目指してください。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

転職活動の進め方は?準備から入社までの転職活動の進め方を解説!|の画像

転職活動の進め方は?準備から入社までの転職活動の進め方を解説!

ITパスポートは転職で有利になる?  取得メリットや活かせる仕事|の画像

ITパスポートは転職で有利になる?  取得メリットや活かせる仕事

職務経歴書にアルバイト歴は書かない?職務経歴書へのアルバイト歴の書き方|の画像

職務経歴書にアルバイト歴は書かない?職務経歴書へのアルバイト歴の書き方

契約社員とは?正社員との違いを正しく知り、自分に合う働き方を見つけよう|の画像

契約社員とは?正社員との違いを正しく知り、自分に合う働き方を見つけよう

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧