中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

TOEIC900点は転職に有利?ハイスコア保持者が転職を成功させる方法

TOEIC900点は転職に有利?ハイスコア保持者が転職を成功させる方法

英語力を活かして転職する際に、英語力の証明となるメジャーな試験として、TOEICが挙げられます。TOEICで900点以上を保有していると高い英語力があることを証明でき、転職を有利に進められます。この記事では、TOEICハイスコア保持者が転職を成功させる方法について解説します。TOEICのハイスコアを活かして転職活動を進めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEIC900点の難易度はどれくらい?

そもそも、TOEICで900点以上の点数を獲得することはどれくらい難しいのでしょうか。TOEIC900点以上を取得している人は、TOEIC全受験者のうち、数%にすぎません。実際に、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が発表した2021年度の受験者データによると、895点以上を取得した割合は全体で4.2%、社会人のみだと6%となっています。また、受験者全体の平均スコアは、611点という結果となりました。

これらのデータからも、TOEICで900点以上を取得することは、かなり難易度が高いと分かります。TOEICの満点は990点です。900点以上を取得するためには、9割以上の問題に正解する必要があります。決して実現が不可能なスコアではありませんが、しっかりと試験対策をしなければ900点以上を獲得することはかなり難しいといえるでしょう。

【IIBC】TOEIC Program DAA2022(和文)2022年8月版

TOEIC900点以上だと転職で有利になる理由

TOEICで900点以上を獲得することは、難易度が高いことだと分かりました。TOEIC900点以上を保有していれば高い英語力の証明となりますが、転職ではどのように役立つのでしょうか。

ここでは、TOEIC900点以上だと転職で有利になる理由を6つ紹介します。

転職で英語スキルを重視する企業は多い

さまざまな面でグローバル化が進んでいるため、外資系の企業だけでなく国内の企業でも、英語スキルを重視する企業は多いです。例えば、海外のクライアントとやり取りする部署などがあれば業務で英語を使う機会も多く、英語スキルの高い人材を必要とする企業も見受けられます。

IIBCが「マイナビ・日経2022年卒大学生就職企業人気ランキング」の上位100社を対象に行った調査結果によると、「英語が必要となる業務はあるか」という質問に対して、英語力が必須となる業務があると答えた割合は、84.8%にのぼることが分かりました。一方で、「英語力が求められる業務はない」と回答した企業は0%でした。

さらに、「3~5 年前と比べて英語力の必要性は高まっているか」という質問に対しては、「全社的に高まっている(36.2%)」「部門は限られているが、高まっていると認識している(57.4%)」と回答しています。9割以上の企業が英語力の必要性が高まっていると回答する結果となり、英語スキルを重視する企業が多いことは一目瞭然です。

実際に、転職市場では応募資格として英検よりもTOEICを要件としている求人のほうが多いです。TOEICで900点以上を保有していれば市場価値も高く、高い英語力を企業にアピールできます。

英語力を客観的に証明できる

TOEICで900点以上だと転職が有利になる理由の一つとして、英語力を客観的に証明できる点が挙げられます。「英語ができる」と伝えるだけでは、どの程度の英語レベルなのかが分かりにくく、十分なアピールになりません。かろうじて中学英語ができるレベルなのか、高校英語なら大丈夫なレベルなのか、それともビジネスシーンで英語を使いこなせるレベルなのか、など具体的な英語力が伝わりにくいです。

TOEICはビジネスシーンでの英語力を測るテストとして有名です。受験したことがある方も多いため、TOEICのスコアを示せばどのくらいの英語レベルなのかを伝えやすいです。TOEICでハイススコアを保有していることを履歴書や職務経歴書に記載すれば、高い英語力を保有していることを客観的に証明できます。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

一定のビジネススキルの証明にもなる

TOEICは、一定のビジネススキルの証明になるため転職で有利になるケースがあります。TOEICで900点以上のハイスコアを取得するためには、TOEICに合わせた試験戦略、時間内に200問を解くスピードと適切な時間配分、正しい選択肢を選ぶ判断力などが必要です。ハイスコアを取得しているということは、一定の自己マネジメントやタイムマネジメントスキル、業務遂行能力があることのアピールになり得ます。英語力が高いというだけでなく、業務をしっかりこなせる人というプラスの印象を与えられる可能性があります。

目標に向かって努力できるとアピールできる

TOEICで900点以上を取るには、時間や労力が必要です。先ほども説明しましたが、TOEICで900点以上獲得できるのは受験者全体の数%程度です。リスニングやリーディング、文法など幅広い範囲について英語の勉強を続けなければ、高得点を獲得できません。目標に向かってあきらめずに努力する姿勢が求められるでしょう。

TOEICで900点以上を保有していれば、目標を持ち、それに向かって努力できる人材であることのアピールにもなります。

海外勤務も選択肢に入る

TOEICで900点以上を保有していると海外勤務も選択肢に入れられるため、転職が有利になることがあります。TOEIC900点以上であれば、海外のクライアントに対しても英語で問題なく意思疎通を図れるレベルです。つまり、国内での就労だけでなく、海外赴任も可能だといえるでしょう。働くフィールドを国内だけでなく世界中に広げられるため、仕事の選択肢の幅が広がります。

海外勤務を経験して、数年後に日本に戻ってきた場合は、海外での経験を活かして働けます。海外での就労経験がある方は少ないため、希少な人材として自身の市場価値を高められるでしょう。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

【点数別】転職で求められるTOEICスコアのレベルは?

転職市場で求められる英語レベルをTOEICの点数別に紹介します。現在のTOEICスコアと照らし合わせて、自分がどのレベルなのかを確認してみてください。

600点

TOEIC600点は、履歴書に記載できる最低限のスコアです。2021年度の受験者データによると受験者全体の平均スコアは611点、社会人のみだと640点です。TOEIC600点は、TOEICの平均点レベルであるといえます。複雑な英語になると会話をすることは難しいレベルです。高度な英語力を必要としない部署や職種では、このレベルを採用条件としている企業が見受けられます。

700点

TOEIC700点は、全受験者の上位30%ほどにあたるスコアです。700点というラインは、外資系企業で最低限必要なスコアの目安でもあります。ある程度複雑な会話ができ、読み書きも問題なくできるでしょう。

専門的な内容になると少し不安は残りますが、英語での事務作業やクライアントとの取引は問題なくこなせるレベルだといえます。TOEIC730点以上で海外赴任可能な国際部門への配属が可能となる大手企業も見受けられます。

800点

TOEIC800点は、全受験者の上位15%ほどにあたるスコアです。英文を細部まで理解でき、ビジネスシーンでの意見交換でもほとんど困らないレベルですが、職種や業界によっては実践的な英会話でスキル不足となる場合もあります。

しかし、TOEICで800点台を獲得できていれば、ほとんどの外資系企業で採用基準をクリアできるレベルであるため、英語力は高い方に分類されます。

900点

TOEIC900点は、英語において困ることはほとんどないレベルの英語力です。自分の意見を明確に伝えたり、相手からの要望に応えたりなど、ビジネスシーンでの複雑会話も問題なくこなせます。英語を使った業務でも、語学面での不安がなく即戦力となれるため、世界レベルの企業への転職も視野に入れることもできるでしょう。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEIC900点以上が求められる転職先の例

TOEIC900点以上を保有している方は、海外の企業でも活躍できる英語レベルだと分かりました。それでは、どのような企業や職場でTOEIC900点以上が求められるのでしょうか。TOEIC900点以上が求められる転職先の例は以下の通りです。

・通訳・翻訳
・国際法務
・国際公認会計士
・航空会社
・外資系企業

グローバルに活躍する職場では高い英語力が求められています。特に、国際法務や国際公認会計士など、特定の専門分野を英語で取り扱う仕事でのニーズが高いです。このような仕事は、英語力だけでなく、深い専門知識も必要とされます。日本語と英語どちらも対応できれば、活躍の幅が広がり希少価値の高い人材となれるでしょう。

TOEIC900点保持者が転職で成功するには

TOEIC900点保持者が転職を成功させるにはどうすれば良いのでしょうか。現在より良い条件の仕事に転職するために、以下の3つを押さえておきましょう。

1.業界や職種を選ぶ
2.英語以外のアピールポイントを持っておく
3.スカウト転職をする

ここでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

業界や職種を選ぶ

TOEIC900点以上を保持している方が転職を成功させるためには、業界や職種を選ぶことが大切です。英語力があまり必要とされていない業界では、TOEICのスコアが転職に有利に働くとは限りません。高い英語力が求められている業界や職種を選びましょう。

例えば、製造業の海外営業や専門商社、外資メーカーでは英語スキルの高い人材が有利とされています。外資系の中では、金融業界やコンサルファームが、TOEIC900点以上などの高い英語力を求めています。また、商社やメーカー、ヘルスケア業界では、850点以上は必須だといえるでしょう。高い英語力を活かせる仕事を中心に、転職活動を進めてみてください。

英語以外のアピールポイントを持っておく

TOEIC900点以上を保持している方は、英語以外のアピールポイントを持っておくことも重要です。その理由は、これまで積み上げてきたキャリアと高い英語力の両方があることで希少性を高められ、ライバルも減るためです。例えば、高い英語力以外にプログラミング能力があれば、かなり希少価値が高いといえます。日本語と英語の両方で対応できることは企業にとっても大きなプラスです。海外進出している企業や、海外からの案件を多く扱っている企業に転職すれば、スキルアップや収入アップを叶えることも可能です。

しかし、先ほど説明した、高い英語力が求められる職種や業界だと英語ができることは当たり前だとみなされます。そのため、高い英語力はプラスに働かないのです。英語力の他にアピールできるスキルを磨けば、活躍の場がさらに広がり、自身の市場価値を高められるでしょう。

スカウト転職をする

TOEIC900点以上を保持している方は、スカウト転職を検討してみましょう。スカウト機能のある転職サービスに登録しておけば、待っているだけで興味を持ってくれた企業からオファーが届きます。登録したスキルや資格にマッチする仕事のオファーが届くため、ミスマッチが少ないことが特徴です。TOEIC900点以上のスコアを保有していることをプロフィールに登録しておけば、英語力を活かせる仕事のスカウトも届くでしょう。

英語スキルの高さを活かせる仕事や英語力を評価してくれる職場へ転職できるため、スカウトサービスを利用して転職活動を進めることも一つの方法です。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEIC900点を武器に転職する際の注意点!

先ほどTOEIC900点は転職で有利に働くことを説明しましたが、TOEICのハイスコアを武器に転職する際には注意しておきたいポイントもあります。転職を成功させるために、注意点もしっかりと把握しておきましょう。

スピーキングやライティング力はアピールできない

一般的なTOEICテストだとされるTOEICのListening & Reading Testは、リスニングとリーディングだけを評価するテストです。スピーキングやライティングは、TOEICのスコアでは客観的な実力を証明できないため、注意が必要です。

「TOEICのスコアが高い=英語を流暢に話せる」というわけではないのです。英語でのコミュニケーション力や実践スキルが問われる仕事の場合、TOEICテストのスコアよりも、英語での実務経験を重要視されるケースもあります。TOEIC対策だけでは、スピーキングやライティングのスキルを伸ばせず、英会話力も上げることができません。ビジネスシーンでもスムーズに英語を使えるようになりたいという方は、スピーキングやライティングも自分で勉強していく必要があるでしょう。

業界や業種によってはハイスコアが評価されにくい

業界や業種によってはTOEICのハイスコアが評価されにくい場合があります。例えば、日系の超大手企業や、外資系の投資銀行や戦略コンサルファームなどは、TOEICハイスコアだけでは評価されにくい傾向があります。その理由は、英語力以外にも高い学歴やキャリアなどが求められているためです。

TOEICでハイスコアを保持していても、経験が浅いとみなされれば、転職がうまくいかないこともあるでしょう。先ほども説明しましたが、これまでの経験や実績など英語以外のどのようなポイントをアピールできるかが重要となります。TOEICのスコアのみだと評価されにくい仕事もあるため、転職を成功させるために専門知識を深めるなどして、自身のスキルアップも忘れないようにしてください。

TOEIC900点に頼りすぎないようにする

TOEIC900点という肩書きに頼りすぎないよう、気をつけましょう。TOEIC900点だけにとらわれてしまうと、英語力以外の分野のアピールがおろそかになってしまいます。英語はコミュニケーションツールにすぎないと理解しておきましょう。英語力が高くてもコミュニケーション能力がなければ、海外の人々とうまく意思疎通を図ることは難しいです。

高い英語力が必要とされる仕事では、海外の人とも関わる機会が多いです。文化やコミュニケーションの取り方の違いなどを理解していないと、ビジネスで関わる相手とうまく信頼関係を築いていくことはできません。TOEICテストの点数ばかりに頼るのではなく、生きたビジネス英会話や海外の文化なども学んでいくことが大切です。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

目指せ900点!転職のためにTOEICで高得点を取る勉強法

TOEIC900点を武器に転職をするために、TOEIC対策に取り組んでいる方もいるのではないでしょうか。ここでは、TOEICで900点を目指すための勉強法を紹介します。

毎日英語の勉強をする

TOEICで900点以上を獲得するためには、毎日継続して英語を勉強することが大切です。少なくとも1日2〜3時間は勉強時間を確保するスケジュールを立てることをおすすめします。仕事をしていると、平日に勉強時間を確保することは難しいですが、通勤時間や休憩時間などスキマ時間を有効活用すれば時間を捻出できます。

一度にまとまった時間が取れなくても、単語を覚えたり、英語の音声を聞いたりなど、コツコツと小さなことから積み上げていきましょう。毎日英語に触れると記憶が定着しやすいです。英語の勉強を習慣化して継続することで効果的にスコアを伸ばせるようになるでしょう。

公式問題集を使う

TOEICでハイスコアを獲得するために、公式問題集を使って対策しましょう。TOEICの公式問題集は実際のテストと同じプロセスで作成されており、本番試験に近い問題が掲載されています。

英語の勉強方法はいろいろありますが、TOEICのスコアアップに特化した対策をするのであれば公式問題集を使うのが効率的です。TOEICの試験当日は、2時間以内に200問を解き終えなければいけません。各パートで時間を配分して効率的に解いていかなければ時間内に解答し終えることは難しいです。一問に時間をかけすぎてしまい、他の問題に集中できないと、900点以上のハイスコアを獲得できません。公式問題集を使用して時間内に解く訓練をしておけば、自分が苦手なパートも分かり対策もできます。よく出題される慣用句や文法問題のコツなども徐々に分かってくるでしょう。TOEICの問題パターンに慣れて演習を繰り返すことが、高得点の獲得につながります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEIC以外にもある!転職で英語力を証明できる試験

転職の際に英語力を証明する試験としてTOEICが有名ですが、TOEIC以外にも英語力を証明できる試験があります。ここでは、TOEFLと英検(実用英語技能検定)について紹介します。

TOEFL

TOEIC以外の英語力を証明する試験としてTOEFLが挙げられます。TOEFLとは、「読む」「聞く」「話す」「書く」の英語4技能を測定する試験です。TOEICと異なり、「話す」「書く」パートも測定できます。TOEFLは英語を母国語としない方向けの試験で、日本国内だけでなく海外での知名度が高いです。

主に、英語圏への大学や大学院に留学する際の英語力を測る基準としてTOEFLスコアが使用されています。もし海外の大学に留学したことがある方であれば、TOEFLのスコアを保有している方もいるでしょう。履歴書に記載しておけば、英語力を証明することができます。TOEFLテストは自宅からでも受験可能です。

TOEICとTOEFLでは、どちらの成績が転職で有利に働くのだろうと疑問を抱く方もいるかもしれません。TOEFLの試験では、ビジネスよりもアカデミックな内容の問題が出題される傾向があります。TOEICとは問題の傾向が違うため、ビジネス英語のスキルを伸ばして企業にアピールしたい方はTOEIC受験の方が向いているといえるでしょう。

英検(実用英語技能検定)

TOEIC以外の英語力を証明する試験として、英検(実用英語技能検定)を紹介します。中学生や高校生など、学生時代に英検を受けたことがある方もいるのではないでしょうか。英検は文部省公認の英語検定で、日本での知名度や信頼度が高いことも特徴的です。英検は1級から5級までの7段階に分けられており、1番難易度が高い英検1級はTOEIC900点に相当するレベルです。英検はスピーキング・ライティングを含む4技能を測定するテストのため、TOEICで測定されない2技能のスキルもアピールできます。

TOEICのハイスコアを活かして有利に転職しよう!

英語スキルを重要視している企業も多いため、TOEICのハイスコア保持者は転職で有利になります。これまでの職歴と英語力のどちらも活かせる仕事であればライバルも少なく、希少価値の高い人材として転職活動の際にもプラスの評価を受けられるでしょう。TOEICのハイスコアを保持している方は、自身の経験を活かせる業界に転職してみてください。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

面談は面接とは違う!形式や流れを理解して企業との相互理解を深めよう|の画像

面談は面接とは違う!形式や流れを理解して企業との相互理解を深めよう

エンジニアからキャリアチェンジは可能?おすすめの職種や内定獲得のポイントを解説|の画像

エンジニアからキャリアチェンジは可能?おすすめの職種や内定獲得のポイントを解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧