中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

職務経歴書の「資格欄」の書き方は?書くべきこと・ポイント・注意点を解説

職務経歴書の「資格欄」の書き方は?書くべきこと・ポイント・注意点を解説

職務経歴書は、転職活動をするうえで必要な書類の1つです。職務経歴書を作成する際、「資格欄」をどのように書くべきか悩む人もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では職務経歴書の資格欄の書き方やポイント、注意点などについて詳しく解説します。職務経歴書を迷いなく作成できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

職務経歴書の資格欄の重要性

企業の採用担当者は、職務経歴書の資格欄を見て転職者の知識やスキルなどを判断します。そのため、資格欄は転職者の現時点の知識やスキルをアピールするための重要な項目といえます。資格に関連した職業に従事していたのであれば、「今までどんな仕事を行ってきたのか」ということをよりわかりやすくイメージしてもらえるでしょう。

資格欄の内容がこれまでのキャリア形成に基づいたものであればあるほど、評価の対象となりやすいです。また、入社後の働き方を想定するうえで、保有している知識やスキルは具体的な判断材料にもなり得ます。入社後に活躍するイメージを与えることで、選考が有利に進む可能性があるでしょう。

【職務経歴書】基本的な資格欄の書き方

本章では、職務経歴書での基本的な資格欄の書き方について、4つのポイントに分けて解説します。資格の種類によって書き方が異なってくるケースもありますが、まずは基本をしっかり押さえていきましょう。

「資格名」「級数・スコア」「資格取得日」を記入する

まず、資格欄には「資格名」「級数・スコア」「資格取得日」を必ず記入します。「日商簿記検定試験◯級(◯年◯月合格)」、「TOEIC公開テスト スコア◯点(◯年◯月取得)」など、何を・どのレベルで・いつ取得(合格)したのかを明記します。資格取得から時間が経っていると細かい部分を忘れてしまっていることもあるかもしれませんが、詳細な内容についていつでも確認できるようにしておきましょう。

和暦と西暦を統一させる

資格の取得年月日は和暦と西暦どちらで書いても構いませんが、どちらかに統一するようにしましょう。和暦と西暦が混同していると非常に読みにくいです。また、統一する際は履歴書とも揃えた方がいいでしょう。採用担当者は基本的に履歴書と職務経歴書をセットで見るためです。なお、和暦は「R」「H」と省略せず「令和」「平成」と書きましょう。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

資格を取得した順番に書く

基本的に、資格・免許は取得した年月日の古い順番で記入します。取得年月日は合格証書に記載されている日付を参考にしましょう。ただ、応募する仕事に直結するものは優先的に書いたほうが良いケースもあります。保有している資格が多い場合なども、どの資格をピックアップした方がよいのか適宜考えながら記入してみましょう。

取得・合格・認定を使い分けて記入する

資格・免許の名称の後ろには、取得・合格・認定などを記入しますが、それぞれ正確に使い分けて記入すると職務経歴書の質が高まります。

「取得」は、「免許」が与えられる資格が対象です。自動車や船舶の免許・調理師や税理士などが主な例として挙げられます。

「合格」は、英検・漢検、簿記や秘書検定など「合格証」を交付される資格が対象です。一般的に級数が設けられている資格が多いことも特徴の1つでしょう。

「認定」は、「認定証」がもらえる資格や講座が対象です。カラーコーディネーターなど、指定の講習や勉強会に参加して基準をクリアした際に与えられます。

資格の名称や取得年月日だけでなく、こういった細かな部分にもさりげなく気を配り、他の応募者と差をつけていきましょう。

【職務経歴書】資格欄の書き方の注意点

職務経歴書に資格を記入するうえで、いくつか注意点があります。本章では主なものを5つピックアップして解説していきます。それぞれを念頭に置き、注意しながら職務経歴書を作成するようにしましょう。

資格は正式名称で記入する

資格・免許は略称ではなく、正式名称で記入する必要があります。例えば、「日商簿記検定試験◯級」「実用英語検定◯級」「日本語漢字能力検定◯級」「普通自動車第一種免許」など、級数等の種類も含めて正しく書きましょう。簿記・英検・漢検・宅建など、省略した呼び方で広く認知されている資格名は特に注意しなければいけません。

例えば簿記は、一般的には「日商簿記」を指していることが多いですが、他にも「全商簿記」「全経簿記」といった種類があります。略称で書いてしまうと、採用担当者に他の資格と勘違いされてしまうかもしれません。こういった誤解を招かないためにも、職務経歴書に記入する前に、まずは正式名称をしっかりチェックしておくようにしましょう。

資格の有効期限やスコアをあらかじめ確認しておく

資格によっては有効期限が定められているものもあります。資格欄に記載する前に、有効期限を必ず確認しておくようにしましょう。期限切れで失効している場合は、該当資格を保有していることにはなりません。

そのため、職務経歴書に記入することもできないので注意しましょう。また、資格によっては1~3級など階級が分かれているものもあります。階級やスコアなども間違えないよう、記入する前に正しく把握しておきましょう。また、同じ資格の中で複数の級数を取得している場合は、最上級の級数を職務経歴書に記載してください。

履歴書と職務経歴書の資格欄の内容を統一する

転職活動において、企業は履歴書を見てから職務経歴書を確認する流れが一般的です。履歴書と職務経歴書はセットで提出することが多く、それぞれの内容に違いがあると不審に思われる可能性があります。多くの資格を保有していることをアピールするために、履歴書と職務経歴書でそれぞれ異なる資格を記入したい場合もあるかもしれませんが、統一感がないことが逆に裏目に出る恐れもあるでしょう。

履歴書と職務経歴書の資格欄の内容は重複しても全く問題ないため、統一するのが望ましいです。

マイナーな資格は実施団体名を記載しておく

民間資格やマイナーな資格を記入する場合、資格名のあとに実施団体名を加えておくと読み手に親切です。一目見たときに、どんな内容の資格なのかをなるべく分かりやすくすることが狙いです。また、似た名称の資格がある場合にも、混同を避けるために団体名を記入しておくことをおすすめします。

例えば「医科医療事務検定」は、一般社団法人日本医療報酬調査会が実施しているものと、医療福祉教育振興グループの日本医療事務検定協会が実施しているものなどがあります。合格証書などを参考に、実施団体名もしっかりチェックしておくようにしましょう。

応募する職種と関連性の高い資格を優先的に記入する

保有している資格・免許が多い場合、どれを記入するべきか悩むこともあるのではないでしょうか。資格欄に書き切れない場合は、応募する仕事と関連性の高い資格を優先的に記入するようにしましょう。事務職ならパソコン関連の資格、システムエンジニアならIT関連の資格などが挙げられます。

業務に直結する資格を多数保有しているとアピール材料になるため、即戦力として期待されやすく、評価に繋がる可能性が高いです。

こんなときはどうする?職務経歴書の資格欄に関するQ&A

本章では、職務経歴書の資格記入に関するよくあるQ&Aを4つ紹介します。職務経歴書の作成を始める前に、どんなに小さな疑問でも1つずつしっかり解消しておくようにしましょう。

勉強中・取得予定の資格は書くべき?

資格欄には、保有している資格しか記入できないというわけではありません。取得を目指して勉強中、もしくは取得予定などの資格がある場合も記入が可能です。知識やスキルの向上を目指し、学ぶ意欲があることを採用担当者にアピールできるため、積極的に記入するようにしましょう。記入の仕方ですが、「実用英語検定◯級(取得に向けて勉強中)」「実用英語検定◯級(◯年◯月取得予定)」といった形で問題ありません。取得済みの資格と混同しないよう、しっかりと区別して明記してください。

また、知識の習得やスキルアップのためにセミナーやスクールに通っている場合は、こちらもその内容を記入すると良いでしょう。資格取得のための学習同様、自ら学ぼうとする姿勢は企業にとっても好印象といえます。具体的にどんな勉強をしているのか、面接の場で話が広がるきっかけにもなるかもしれません。

資格以外にも特技などを記載してもいい?

特技・経験・スキルなど、業務に直結している内容でアピールしたい要素があれば、資格欄に記入しても問題ありません。記入する場合は資格と区別して「資格」「特技」などの小見出しをつけ、内容をわかりやすく整理すると良いでしょう。「【PCスキル】Excel:IF関数を使った表計算が可能」といった形で、何がどう得意なのか簡潔にアピールするようにしましょう。

例に挙げたようなPCスキルは業種や職種問わず重宝されやすいので、公的な資格を保有していなくても積極的に記入することをおすすめします。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

書かない資格と書くべき資格の見極め方は?

書かなくてもいい資格と書くべき資格について、取捨選択に悩むことも時にはあるのではないでしょうか。基本的に、国家資格や語学系の資格、普通自動車免許、MOSなどのパソコン関連の認定資格は優先的に記載するようにしましょう。これらの資格は業種・職種問わず役立つことが多く、アピールにつながりやすいからです。反対に、趣味やスポーツに関する資格(剣道、空手の段位など)は職務経歴書に書く必要はありません。

業務とは直接的な関係がないため、不要な情報は載せない方がベターでしょう。無関係な資格ばかり書いてしまうと、場合によっては採用担当者の心証を悪くする恐れがあります。

資格なしの場合はどうすればいい?

保有資格がない場合、資格欄に「特になし」と記入して問題ありません。企業にもよりますが、採用選考で資格や免許が必ずしも重視されるとは限りません。資格欄を埋めることにこだわり過ぎず、その他のスキルやこれまでのキャリアで培った経験などをアピールする方向に切り替えると良いです。言わずもがなですが、実際は保有していない資格を記入して、経歴を詐称するのはやめましょう。内定取り消しなどの事態を招く原因にもなりかねないため、嘘偽りなく正直に記載してください。

職務経歴書の資格欄で自分の知識・スキルをアピールしよう

職務経歴書の資格欄では、保有している知識やスキルをアピールすることができます。資格や免許は省略せずに正式名称で記入し、取得年月日の暦を統一するよう意識してください。その他、この記事で紹介した書き方のポイントや注意点をしっかりと押さえて、採用担当者の誰が見てもわかりやすい職務経歴書を作成するようにしましょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

転職の軸を作るメリットは?企業選びに欠かせない回答例や活用方法も徹底解説|の画像

転職の軸を作るメリットは?企業選びに欠かせない回答例や活用方法も徹底解説

職務経歴書の退職理由はどう書く? 理由別の書き方と例文|の画像

職務経歴書の退職理由はどう書く? 理由別の書き方と例文

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

西暦と和暦の違いとは?履歴書で間違えやすい記載方法についても詳しく解説|の画像

西暦と和暦の違いとは?履歴書で間違えやすい記載方法についても詳しく解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧