中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職活動を始めるのに、履歴書とあわせて必要になるのが職務経歴書です。

しかし、職務経歴書に書くことがない、思いつかないといった悩みを持つ人もいます。

職務経歴書に書くことがない、書けない状況別、営業・人事・IT技術職といった職種別に、職務経歴書に書くことがない場合の対処法や職務経歴書に書くべきポイントを紹介します。

職務経歴書に書くことがない場合でもうまく作成するコツ

転職にあたって職務経歴書に何を書けばよいのか分からない、書くことがないといったことは、ありがちなパターンです。

採用担当者や面接官は、職務経歴書で応募者の人となりやスキルを汲み取ろうとしています。

そこで、職務経歴書をうまく仕上げるコツについて解説します。

応募先が求める人材や募集要項を把握する

これまでの仕事で経験やキャリアが十分ある場合はそれらをアピールすればよく、特に迷うことはありません。

しかし、経験が浅くキャリアが不足している場合は、「何を書けばよいのか分からない」となりがちです。

そのようなときは、まず、応募しようとする企業が公表している、人材募集要項をしっかり読むことから始めてみましょう。

企業側が希望するスキルや経験、理想とする人物像を把握できます。

ゴールのポイントを押さえることが出来ると、それに合致するように書く内容を検討し、職務経歴書に反映させていきます。

例えば「部署間の連携役」を求められているのなら、「コミュニケーション力が高い」ことをアピールできるように、具体例も交えながら書くといった具合です。

経験やキャリアを見つめ直す

これまでのキャリアを振り返った際、どのような仕事をしてどのような成果を挙げたかを、すべて思い出していないこともあり得ます。

そのため、職務経歴書を目の前にして書くことがないと困ってしまった場合は、最初に仕事を始めたときから取り組んだ業務内容や具体的な実績について、できるだけ細かく棚卸しする方法がオススメです。

経歴を箇条書きにしてリスト化すれば、すっかり忘れてしまっていたことも思い出す可能性があります。

アピールポイントとして書ける内容を掘り出していくイメージで振り返ってみましょう。

これまでの経験やキャリアがそろえば、応募先企業が求めている人物像に合うよう、ピックアップしてまとめていきます。

具体的な業務内容から自分の強みにつなげる

マニュアルどおりに日々コツコツこなしていくルーティーン業務だと、具体的な実績や数値の提示が難しいことも多く、アピールポイントが見つけづらいと考えてしまう人もいますが、そんなことはありません。

例えば、二重の手間がかかっていた業務をツールでまとめて効率化した、といった創意工夫による業務改善の成果があれば、その人のスキルが活かされた結果と評価されるため、十分アピールポイントになります。

残業を減らすための工夫や、チームメンバーの仕事量に偏りがないよう調整できる仕組みの構築なども、課題発見力や解決力があると評価されるポイントです。

実際に経験し改善された点を具体的に記載することで、実績や数値でなくても採用担当者に強みとして伝わります。

自己PRで強みをアピールする

これまでの経歴を掘り起こしてみたがアピールできるものがない、といった場合も諦めることはありません。

職務経歴書には自己PR欄があるため、そのスペースで自身の強みをしっかり伝えられれば、アピールになり得ます。

まず、これまでの職場においてどのような意識で仕事に向き合い、どう取り組んできたのかを書きましょう。

課題が生じた際にはどう対処したか、苦手分野をどう克服したか、ほかの人と比較して自分が得意なのは何か、なども書ける内容です。

それらを転職先でどのように活かせるのかをあわせて記載しておくと、自社にとって必要な人材だと評価してもらえるかも知れません。

次に、現時点で取得していない場合でも、資格のための勉強やスキルアップに励んでいたりすることも書いておくと、採用担当者や面接官に好印象を与えられることもあります。

参考:転職の自己PRで集中力をアピールするコツ! 伝え方の例文や注意点

転職先で活かせるスキル・資格を記載する

職務経歴書には、これまで培ってきたスキルや取得した資格を記載する欄があります。

ここでのポイントは、応募した先の職種で活かせそうなものを書き出すことです。

資格もただ取得したという結果だけではなく、それが仕事にどう活かされてきたのかもアピールできると、好印象になります。

気をつけたいのは、持っている資格・スキルは全部書けばよいわけではない、ということです。

転職活動を成功させるためには、どのようなスキルが求められているのかを確実に把握し、それに合うような資格やスキルを書くことが大切です。

もし複数の募集職種へ応募する場合は、しっかり確認したうえで書くべきスキルを変えるようにしましょう。

職務経歴書に書くことがない場合の状況別の対処法

職務経歴書に書くことがないと感じるのには、いろいろな理由が考えられます。

ここでは、「前職での実績がない」「ブランクがある」という2パターンについて、それぞれどのように対処すればよいのかを解説します。

前職で実績や成果を残していない場合

これまでの仕事で実績や成果を挙げられなかったと自己評価している場合、同じような職歴を持つライバルに負けてしまうような気がして職務経歴書がなかなか書けない、といったこともあり得ます。

しかし、採用担当者や面接官は、立派な実績のある人材だけを採用したいと思っているわけではありません。

実績だけでなく、設定した目標に対し自らどう考えて行動したのかといったプロセスや、その意識もしっかり見ています。

そのため、業務効率化のために工夫したことや、上司やチームメンバーに提案したことなどがあれば、その過程、周囲の反応などに注目してもらえるよう具体的に書きましょう。

自分では書けるような成果や実績がないと思っていても、歩んできた道のりについて書ける要素は意外にあるものです。

ブランクがあってどう書いたらいいかわからない場合

就業していなかったブランク期間があると、「この人はなぜ仕事をしていない期間があるのだろうか」と疑念を持たれたり、ネガティブなイメージを持たれたりしないか、不安になるものです。

しかし、職務経歴書では書き方次第でカバーできる可能性があります。ポイントは「ポジティブな理由にすること」です。

例えば、ブランクの理由が「海外留学・海外ボランティア」や「資格取得」などであれば、スキルアップのためにあえて設けた期間として評価してもらえるでしょう。

成果や結果がどうであったかにかかわらず、その目的やその期間で何を学んだのか、また業務でどう活かしていきたいのかをアピールポイントにすれば問題ありません。

職務経歴書・職務要約に書くことがないなら基本項目を見直そう

職務経歴書・職務要約にに書くことがないと感じる場合、そもそも職務経歴書の各項目について何を書けばよいのかを正しく理解できていない可能性もあります。

そこで、基本に立ち戻り、どの項目に何を書くべきかをあらためて確認していきましょう。

職務要約

職務要約は、職務経歴書の冒頭に書くのが一般的です。

文字数は200~300字程度で、前職の会社名や勤務していた期間、従事していた業務内容などを端的に書きます。

その中に、自分の経歴で最もアピールしたいことを織り込むようにします。

意気込みなどはここには書きません。多忙ですべてを読み切れないこともある採用担当者に、ひと目で経歴とアピールポイントが伝わるものにします。

参考:職務経歴書の「職務要約」はこう書く! 好印象を与える書き方&職種別例文

職務経歴

職務経歴は、過去の経歴について細かく記載する、職務経歴書の中でメインとなるパートです。

これまでに就業した会社、期間、部門、役職、担当業務、扱った商品やサービス、実績などを記載します。

また、成果を挙げるために意識してきたことなどを具体的に書くのも大切なポイントです。

業務を遂行した結果として、実績も忘れてはなりません。

具体的に数値化することで、きちんとした評価を受けられるようになります。

スキルや知識

これまで培ったスキルや知識を記載していく欄です。

応募要項などを参照し、必要とされるスキルや知識を把握したうえで、それに合致するものを書きましょう。

例えばPCスキルは、あらゆる業界で求められる必須スキルです。

業界ならではの知識を持っていたり、英語をはじめとする語学スキルなどを習得していたりしている場合も、十分アピールポイントになります。

資格や免許

保有している資格や免許について記載する欄です。応募先の業務に活かせる資格や免許を優先的に書いていくと、アピールポイントになります。

前職で活かすために取得した資格などもあれば、書くことをためらう必要はありません。

また、まだ現時点で取得できてはいないものの、応募する職種に関連のある勉強中の資格などがあれば、書いておくのも問題ありません。

努力して取得した、あるいは勉強中の資格や免許を、ぜひアピールポイントにつなげていきましょう。

自己PR

職務経歴書では最後に自己PRを書くことが一般的です。

ここでは、自身の強みについてしっかりアピールすることが大切です。

まず、これまでの実績から、成果を挙げるために意識してきたことをまとめます。

そして、自身ならではの強みを、応募先の職種でどう活かせるのかを書いていきましょう。

この際に「職務経歴」の内容とリンクさせるように気をつけましょう。説得力を出すために必要なことです。

採用担当者は、自社の業務に適性がある人材を探しています。

貢献できる強みについてしっかり伝えられれば、「この人と一緒に仕事をしたい」と思ってもらえる可能性が高まります。

職務経歴書に書くことがないなら職種ごとのポイントを見極めよう

職務経歴書に何をどう書けばよいのか悩んでしまう人は、職種ごとにある特徴を理解することで、書くべき内容が浮かんでくるかも知れません。

ここでは、代表的な3つの職種について、特徴と書きやすいポイントを解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職なら成果・実績・提案力をアピール

そもそも営業職は、自社の商品・サービスを顧客へ提案するのが主な仕事です。

そのため、過去に取引し売上アップにつながった経験について、まとめていくのがオススメです。

取引の対象、提案活動の内容、実績はもちろん、提案するのに自身で工夫したことがあれば、ぜひ添えましょう。

営業職では、顧客が望んでいるニーズを的確にとらえ、そのために何をすればよいかを考えられなければ、提案も改善への行動もできません。

そのため、営業職に求められるスキルの中でも、特に課題発見力や提案力、行動力といったものは不可欠です。

上記のように職務経歴書をまとめる際には、こうしたスキル面にも力を入れつつ、具体的なエピソードもふくめて記載していくと、営業職として適性があるとして、よい評価を得られやすくなります。

人事職なら知識・対人能力をアピール

人事職は、社内にこもって仕事をしているイメージがあるかも知れませんが、社内外の人々とかかわる機会が多い職種です。

特に採用活動を担当すると、「会社の顔」として仕事をすることになるため、ますます高い対人能力が求められます。

そのため、もし前職で人事経験がない場合も、コミュニケーション力や対人能力の高さをアピールできる実績があれば、それを盛り込んでいきましょう。

また、雇用、労働、社会保険、マイナンバーなどの法律に関係した知識も求められる職種でもあります。

人事経験がなくとも、もしすでにそうした資格・スキルなどを習得、あるいは習得に向け勉強しているなら、それもアピールしておくと印象がよくなります。

IT技術職なら専門スキル・資格をアピール

IT部門で活躍する技術職の場合は、より専門的な知識やスキルが必要になります。

システム開発の業務であれば、主要なプログラミングは必要不可欠です。

また、業務内容に応じて資格を取得しておくと、職務経歴書でアピールしやすくなります。

ただ、技術職が未経験の場合は、何を書けばよいのか悩んでしまうかも知れません。

もし募集要項で未経験でも可能な旨が明記されていたなら、職務経歴書には、何を、どういったレベルまでできるように勉強したい、という意欲であれば書けるはずです。

これまでの経歴が異なる職種であっても、職務経歴や自己PRを見れば、応募者がどう考え行動できる人なのかがうかがい知れるため、よい評価を得られる可能性は十分あります。

職務経歴書・職務要約に書くことがないならPaceBoxに相談

職務経歴書を書く際には、小さなことでもアピールできるポイントを探すことが、成功のカギです。

職務経歴書・職務要約に書くことがないなら、紹介したポイントを踏まえて、再度内容を検討してみましょう。

それでも書くことがないという場合は、PaceBoxのキャリアアドバイザーに相談するのもオススメです。

PaceBoxのキャリアアドバイザーは、求人紹介はせず、転職活動の困りごとにしっかりと向き合います。

PaceBoxのキャリアアドバイザーとの面談をきっかけに、自分の経歴に自信が持てるようになって内定獲得した方もいますにで、ぜひごPaceBoxを活用ください。

職務経歴書・履歴書に悩んだらPaceBoxに登録!
プロフィールを入力すると、オファーがくる転職サービス
書類不要のカジュアル面談オファー多数
キャリアアドバイザーからの職務経歴の棚卸しサポートあり
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

営業職の仕事内容や特徴とは?必要スキル・転職難易度も紹介|の画像

営業職の仕事内容や特徴とは?必要スキル・転職難易度も紹介

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

事務職からキャリアチェンジするポイントを解説!おすすめの職種や必要スキルも紹介|の画像

事務職からキャリアチェンジするポイントを解説!おすすめの職種や必要スキルも紹介

失業保険の手続きはどうすればいい?受給条件やよくあるQ&Aも紹介|の画像

失業保険の手続きはどうすればいい?受給条件やよくあるQ&Aも紹介

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧