中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

企業からオファーがくる転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職活動で失敗しない! 業界研究のやり方や意識すべき注意点

転職活動で失敗しない! 業界研究のやり方や意識すべき注意点

転職活動において「自分が何をやりたいのか」「どんな強みがあるのか」を振り返ることは重要です。さらにそこから「どの業界にいけばやりたいことができるのか」「どの業界であれば自分の強みが活かせるのか」を知るためには、業界研究をおこないましょう。本記事では業界研究の具体例や注意点を紹介します。

求人応募不要

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

業界研究は何をすべきなのか?

転職活動では、事前に業界を調べる「業界研究」や、企業ごとの経営成績・理念はどういうものかを調査する「企業研究」が重要です。いずれも採用のミスマッチや、選考で適切に自身をアピールするために役立ちます。

「業界研究」では、志望する業界・業種について本やインターネットなどで情報を集め、業界特有の文化や常識、市場規模などを把握します。
例えば、ひとくちに金融業界といっても、銀行系やリース会社、クレジット・QRコードの決済会社など、さまざまな種類が挙げられます。証券会社や保険会社も金融業界のひとつです。
さらに銀行の中でも、都市銀行や地方銀行、ネット銀行、信用金庫・信用組合などに分けられます。このように、業界として一緒くたにせず、それぞれをよく知ることで実際に自分が就職先として求める業界・業種を絞ることができます。

「企業研究」は個別の企業について調べることであり、業界研究とは対象の範囲が異なります。
例えば、「都市銀行」に業界・業種を絞ったとしましょう。都市銀行はいくつかありますが、それぞれ強みや経営方針、経営理念や従業員数が異なります。銀行という性質上、大枠で似た部分もありますが、提供しているサービスは各行に特徴がみられます。そのため、同じ業種でも業務内容や勤務地、待遇などに差があり、求められるスキルや人材像が異なる場合もあります。
さまざまな企業を比較することでより自身にマッチした会社を発見でき、入社後になってイメージと違っていたと後悔する可能性を減らすことができます。

転職活動で業界研究をするメリット

「実際に入社したらイメージとはほど遠かった」「自分がやりたいことは、実際は違う業界がメインでおこなっていた」といった採用のミスマッチを防ぐことをはじめとして、業界・企業研究によって多くのメリットが得られます。

自分の方向性を明確にできる

業界研究では、知らなかった業界についての知識を得て、理解を深めることで志望企業を絞りやすくなります。知識があれば、どの業界で自分の持っているスキルを活かせるか、将来的なキャリアプランをどう組み立てるか、などを客観的な視点で検討できます。
企業研究では、その会社の雰囲気や社風、将来性をみることが可能です。例えば理念として「チーム性を重視し、ほかの社員と切磋琢磨する環境で成長できる」ことを掲げる会社と、「個人の独立性を重視し、社員が自身の仕事に集中できる」という会社では、同じ業界であっても明確に雰囲気や業務内容などに差が生じます。
業界研究とあわせて、各社の業界全体における立ち位置が分かれば、数ある中からどの企業を志望すべきかを絞ることができます。また、1社に限定せず、複数の企業を研究することで、より自分の希望にあった志望先を見つけられることもあります。

転職活動で自分の視野を広げられる

もともと自分が志望している以外の業界を調べることで、視野を広げる機会が得られます。
未経験の業界を知れば、自分の新たな興味や適性を発見できることもあるでしょう。先入観にとらわれず、各業界における実際の事業内容などの情報を掴む必要があります。
希望先をすでに決めていても、関連するほかの業界を研究することでメリットが得られます。例えば、銀行業界では各行が融資などをおこなうためにさまざまな業界の企業と関係を持っています。関係のある業界知識を身につけておけば、選考に有利になるだけでなく、業務に就いたあとでも役立ちます。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

その業界への自分の適性を判断できる

業界研究をおこなうことでより深くその業界を理解し、自分の適性を正確に判断できます。
自身がすでに持つ資格や強みが活かせる業界が見つかる可能性もある一方で、在職中の業界と比較することで、「転職しなくていいかもしれない」という選択肢に気づけることもあります。
また、同一業界へ転職する際にも業界研究は有効です。その業界に在籍しているからといって必ずしも最新の動向やトレンド、業界の魅力を把握できているとは限りません。同じ業界であるからこそ、より深い知識が求められます。同一業界でのキャリアアップを目指す場合にも、改めて業界研究をおこないましょう。

入社前後でのギャップを解消できる

事前に十分な業界・企業研究をおこなうことで、入社前後のギャップを解消できます。
前述のように、企業によって方針や理念をはじめ、さまざまな違いがあります。業界や企業の研究が不足していると、入社してから事前に持っていたイメージとのギャップに苦しむ可能性があります。
例えば、大規模なビルの建築に携わった経験から大手の建築会社に転職したとしても、実際の業務で個人の戸建てをメインに扱っていたのでは、自身のスキルを活かせないかもしれません。商品開発をやってみたいという動機から大手飲食店に入社しても、実際の開発業務は外注で、かかわることができるのはごく一部の社員に限られる、という企業では目的の不一致が生じます。
特に、転職元の企業から業界を変える場合には、先入観にとらわれず、その業界の基本的な業務をはじめ、習慣などについてよく理解しておくことが必要です。

転職活動における業界研究のやり方

業界研究で集めるべき情報や知識は、志望する業界や企業によって異なるため、それぞれに合った方法で行う必要があります。初めて触れる業界であっても、むやみに情報を集めるより、ポイントを押さえておくことで効率よく研究に取り組むことができます。
ここからは、転職活動で業界研究をおこなう際に重要なポイントを解説します。

転職における自分軸を定めておく

業界研究を実施するにあたって、まずは自分が重視するポイントを明確にしましょう。具体的には、仕事内容、勤務地、将来性、待遇などです。
業界研究は、「自分が本当に携わりたい仕事を見つける」ことを目的としておこないます。自分軸がないままスタートするより、ざっくりでも「こんな仕事をしたい」という方向性を持つことにより、効果的に情報を集められます。自分がなぜ転職を決意したかという自分軸を念頭に置いて、研究の方針を定めましょう。

自分自身が何をやりたいか分からない、もう一度自分自身がやりたいことを探したいという場合でも、まず業界研究から取り組むことは有効です。その場合は、時間をかけ過ぎないように注意しましょう。業界は幅広く、すべてを把握することは困難です。納得するまで調べることも重要ですが、ある程度の時間を決めてから進めるようにしてください。
ほかにも、興味がある企業を先に決め、調べたうえでその業界の研究を進めるのも有効です。その場合は企業に関しての知識があるため、業界の全体像を理解しやすくなります。

媒体にこだわらず広い範囲で調査をする

業界研究をするうえで、情報収集の手段は多岐にわたります。媒体によって集められる情報には差があるため、インターネットや新聞、本など、なるべく複数の方法を用いることが重要です。
インターネットでは、就職情報サイトなどで求人動向といった転職活動に役立つ情報が得られます。一方で、古い情報や間違った情報も多数存在するため、フェイクニュースなどに惑わされないよう、発信の出どころや文責が不明な情報には注意しましょう。
業界によっては専門の新聞や雑誌が存在します。ある程度業界を絞れたのであれば、そういった書籍を購入することでより深い業界研究をおこなえます。面接時には、情報収集能力や知識を試すために最新の経済動向やニュースの内容を問われることもあるため、積極的に情報収集をおこないましょう。
なお、転職活動では在職の業務をはじめ、応募書類の作成や面接の対策など、さまざまなタスクを並行していく必要があります。情報収集のみに時間をかけ過ぎて応募期限を逃すなどのトラブルがないよう注意しましょう。

求人応募不要

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

自分なりの研究用ノートを作成する

応募する業界を決めるにしろ、就職する業界を決めるにしろ、頭の中だけで記憶したり、メモ書きしたりする程度では、得られたさまざまな情報を比較・分析することは困難です。知識を得て、覚えることは手段であって目的ではありません。あとで比較検討するための資料として、ポイントに絞って情報を整理しましょう。
まとめる際には、同一のフォーマットで作成することを心掛けてください。よく業界別の特徴を分かりやすくしようとして、それぞれ異なるフォーマットで作成するケースが見受けられますがおすすめできません。フォーマットを統一することで、業界ごとの比較や共通点の把握がしやすくなります。

業界研究で見るべきポイントを押さえる

重視するポイントはいくつかありますが代表的なものを紹介します。

・市場規模
その分野においての取引額や販売数量を示した指標です。規模だけでなく、前年比などの数値の推移を確認することで、業界全体の将来性を予想できます。

・トレンド
その業界がどのような状況であるかというポイントです。近年では、情報通信技術の発展にともなって情勢の変化が加速しています。直近では新型コロナウイルス感染拡大の影響で需要と供給に大きな変化がみられました。もちろん、正確に将来を予測することは困難です。それでも、トレンドの変化が自分にとっての大きな転機になる可能性もあるため、業界の最新情報を注視しましょう。

・社会的ニーズ
今日の事業活動では、持続可能な開発目標であるSDGsや、カーボンニュートラルなどの環境問題が注目されています。その業界にかかわりが深い問題や社会的ニーズを把握することで、新たな発見ができる可能性があります。

・代表的な企業
各業界には、必ずその分野での大手企業が存在します。そういった企業を把握することで、より深く業界の知識を得られる可能性があります。業界に携わる大手でない企業が、どのように事業を他社と差別化しているかを知るためにも押さえておくとよいでしょう。

・業界の魅力
自分自身がその業界に対してどんなことが魅力的に感じられるかも重要なポイントです。いくら将来性があって、給与に満足していても、魅力ややりがいがなければいつかは飽きがきて転職することになるかもしれません。自分にとってやりがいや興味を持てるかも重視しましょう。

・業界の課題
業界全体が抱える長期的な課題に注目します。例として、製造業は環境問題とは切り離せない業界であり、日々技術の進歩が求められています。また、サービス業は新型コロナウイルスの感染拡大前と比べ落ち込みが激しく、早急なWithコロナ対策が必要な業界である、といったことが挙げられます。業界の現状を把握すれば、将来予測や自身の適性の発見に役立てられます。

・主な業務内容
各業界への漠然とした印象だけでなく、実際の業務内容を確認することが重要です。入社後に後悔することがないよう注意しましょう。

・給与水準
転職理由にキャリアアップや給与の問題を挙げている場合には、特に重視するポイントです。業界や会社ごとの平均年収や年代別の年収などの情報が公開されていることがあります。

・働き方
労働時間の長さや、週休制、シフト制なのかなどのポイントです。働き方改革や新型コロナウイルスの影響でテレワークが増加しましたが、業種によっては不可能なケースもあります。今後の動向を踏まえて確認しましょう。

・関連する業界
志望する企業の取引先など、関連する業界にも注意が必要です。業界研究を進めると、他業界との関係性がみえてくることがあります。もしかしたら、その業界のほうが自身の求める仕事に近いかもしれません。主な業務内容とも関連が深く、入社後のギャップを埋めるために重視したいポイントです。

上記のように、ポイントは多々ありますが、重要なのは自分の軸に沿って重要度の高いものから押さえていくことです。やみくもに調べるのではなく、順序付けすることを忘れないようしてください。

キャリアチェンジ

できる求人多数!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職活動で業界研究をするときの注意点

ここまで紹介してきたように、業界・業種の数は膨大であり、見るべきポイントも多岐にわたります。ここでは、転職活動のための業界研究で注意しておきたいポイントをいくつか紹介します。

志望する業界だけに範囲を狭めない

はじめから志望する業界を絞ってしまうと、視野が狭まって選択肢が少なくなってしまう可能性があります。業界研究に割ける時間が限られているからといって、最初から触れもしないのはおすすめしません。
「どうしてもこの業界で働きたい」といった強い興味のある場合には、その業界と関係性が深い業界について調べてみましょう。関連する業界知識は、転職活動における新たな発見や、入社後の業務で活かすことができます。

業界研究後に履歴書を見直す

業界研究を実施したら、企業選びだけでなく、応募する際にも知識を役立てましょう。面接や履歴書・職務経歴書において「なぜこの業界を選んだのか」「自分の強みはどんなことに活かせるのか」など、アピールに活かせるポイントはいくつもあります。
ここでも自分でまとめた研究ノートが活躍します。もし、業界研究前に作成した履歴書などの応募書類があれば、見直して内容をブラッシュアップしましょう。
また、選考が進むにつれて、その業界を深く掘り下げることが重要になります。各段階にあわせて必要な情報を集め、どんな人材を求めているのかを再考しましょう。求められる能力や資格を自分の強みと照らしあわせて整理することで、選考時に自身をより強くアピールでき、採用してもらえる可能性が高まります。

取り組む時間を決めて進める

業界研究は、より深くおこなうほど有利にはなるものの、ほかの転職活動を損なわないよう、時間を決めて進めることが大切です。やることを整理し、書類作成や面接の準備などとあわせ、負担にならない範囲に留めましょう。

また、業界研究の目的はあくまで自分に合った仕事を見つけ、転職前後のギャップを埋めることです。面接対策に多少は有効とはいえ、無用な知識の暗記に励んだり、調べること自体が目的となったりしないよう注意してください。

業界研究で得た情報をアウトプットする

業界研究を通してその業界に初めて触れる場合には、得られた情報の正確性を判断するのは困難です。
そのため、可能であれば事前に志望先の業界に勤める知人を見つけ、意見交換しましょう。実際に自分のまとめた情報をもとに意見や質問を交わすことで、古い情報や誤った内容から生じた誤解を解消できます。
相談できる知人がいない場合には、志望する業界の企業が参加している説明会などの場で質問してみるのもよいでしょう。この際、適切に正誤を確かめるため、アウトプットを意識して情報を整理しておく必要があります。
こうして情報の精度を高め、さらにアウトプットへと活かしていくことで、応募書類の作成や面接でも、業界についてより深い理解を示すことができます。

業界研究で自身の適性を理解し転職活動を有利に進める

上述の転職活動における業界研究のポイントを押さえ、自身の適性や市場価値をしっかりと理解しておくことで転職を有利に進めることができます。その際、研究自体が目的とならないよう時間管理にも注意し、転職活動をよりよいものにしていきましょう。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

転職に年齢は関係ある? 転職しやすい適齢期や成功のコツを解説|の画像

転職に年齢は関係ある? 転職しやすい適齢期や成功のコツを解説

第二新卒の転職にエージェントは使わない? 5つの転職方法と成功のコツを紹介|の画像

第二新卒の転職にエージェントは使わない? 5つの転職方法と成功のコツを紹介

年収900万の手取りや税金はいくら?生活レベルや目指せる職業も解説|の画像

年収900万の手取りや税金はいくら?生活レベルや目指せる職業も解説

配偶者の扶養義務をわかりやすく解説! 履歴書にある扶養欄の書き方も紹介|の画像

配偶者の扶養義務をわかりやすく解説! 履歴書にある扶養欄の書き方も紹介

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒でベンチャー企業に入るメリットは?向いている人や成功のコツを解説|の画像

第二新卒でベンチャー企業に入るメリットは?向いている人や成功のコツを解説

第二新卒におすすめの業界は? おすすめの職種も紹介|の画像

第二新卒におすすめの業界は? おすすめの職種も紹介

第二新卒の転職は不利?メリットやコツ、4つの対策を解説|の画像

第二新卒の転職は不利?メリットやコツ、4つの対策を解説

転職準備

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方|の画像

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ|の画像

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

【例文あり】未経験でも書ける!自己PRを作成するポイントと注意点|の画像

【例文あり】未経験でも書ける!自己PRを作成するポイントと注意点

【例文あり】第二新卒の自己PRの書き方は? NGポイントも解説|の画像

【例文あり】第二新卒の自己PRの書き方は? NGポイントも解説

【職務経歴書】事業内容の書き方はどうする? 注意点と例文も紹介!|の画像

【職務経歴書】事業内容の書き方はどうする? 注意点と例文も紹介!

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい? 考えられる理由と転職成功のためのポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい? 考えられる理由と転職成功のためのポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼるのが正解? 転職が多い人の書き方を解説!|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼるのが正解? 転職が多い人の書き方を解説!

応募・面接

【例文あり】志望動機は書き出しが最重要!好印象を与えるコツを紹介|の画像

【例文あり】志望動機は書き出しが最重要!好印象を与えるコツを紹介

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

転職時に自己PRで思いやりを長所として伝える! 例文と言い換え表現も紹介|の画像

転職時に自己PRで思いやりを長所として伝える! 例文と言い換え表現も紹介

転職時の最終面接はほぼ合格?最終面接の特徴と成功のための4つのポイント|の画像

転職時の最終面接はほぼ合格?最終面接の特徴と成功のための4つのポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛いときの体や心の異変・対処法を解説|自力で克服できないときは?|の画像

仕事が辛いときの体や心の異変・対処法を解説|自力で克服できないときは?

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップ・ベンチャー企業に転職するメリットと注意点とは? どんな人が向いているのかも解説|の画像

スタートアップ・ベンチャー企業に転職するメリットと注意点とは? どんな人が向いているのかも解説

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ|の画像

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方|の画像

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

自分に合う業種とは?業種の基礎知識から転職先の選び方まで徹底解説|の画像

自分に合う業種とは?業種の基礎知識から転職先の選び方まで徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

事務職の志望動機は説得力を持たせにくい?履歴書や面接での上手な伝え方|の画像

事務職の志望動機は説得力を持たせにくい?履歴書や面接での上手な伝え方