中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

転職したいという気持ちがあってもやりたい仕事がないため、一歩踏み出せずにいるという人は少なくないのではないでしょうか。必要なステップさえわかれば、転職活動自体はそんなにハードルが高いものではありません。

本記事では、転職したくてもずっと足踏み状態という人に向けて、やりたい仕事が見つからない原因や適職を探すコツを解説します。

キャリアチェンジ

できる求人多数!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

大人の「やりたい仕事」とは何?

「やりたい仕事」といっても、大人がいう「やりたい仕事」と子どもがいう「やりたい仕事」とではニュアンスが異なります。子どもがいう「やりたい仕事」とは、現実にできるかどうかは関係なく、純粋なる将来の夢といえるでしょう。その点、大人がいう「やりたい仕事」は、現実にできるかどうか、自分に適性があるかどうかという点も加味されており、転職活動でポイントになるのはこちらのほうです。

転職を検討するうえでは、実際に職業とすることを前提に、できるかどうかを無意識に判断していることが多く、やれるかどうかを考えた時点で諦めてしまいがちです。そのため、子どものころはやりたい仕事があった人でも、大人になるとやりたい仕事がわからなくなってしまうことは珍しくありません。

やりたい仕事が見つからない5つの原因

やりたい仕事が見つからない原因を5つ紹介します

1.自分に自信を持てないから

まず挙げられるのは、自分に自信がないため、周りの意見ばかり気になってしまうという理由です。仕事はある種その人自身の名刺のような役割を持つため、「有名な企業でないと恥ずかしい」と考えるなど、自分の仕事なのに探すときには周囲の目や世間体が基準になってしまうのです。興味のある仕事を見つけても、まず周りや世間の人はどう思うかと考えてしまうと、ハードルが上がりなかなか転職に踏み切れません。

挑戦する前からきっと自分には向かない仕事だと思い込んで諦めてしまうパターンもあります。しかし、自分の意思ではなく、家族や周囲からの価値観を軸に受け身で仕事を選んでいると、実際にやっている仕事がやりたくない仕事になり、現状に不満を感じやすくなります。

2.失敗するのが怖いから

失敗するのが怖いという気持ちも転職への足かせになります。新たな挑戦には誰しも勇気が必要です。その際にポジティブ思考の人であれば、頑張ればうまくいくはずと思えるでしょう。しかし、ネガティブ思考が強い人は、どのような仕事に対しても、成功している自分をイメージできない傾向にあります。

具体的には、「自分の経歴では採用されないのでは」「仮に転職しても成果を上げられなかったらどうしよう」などと、失敗することばかり想像してしまいがちです。そのため、失敗が怖くて踏み出せないという後ろ向きな理由で、やる前から諦めて現状維持を選んでいる人も多くいます。

ITエンジニア求人多数!

未経験からも挑戦可能。
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

3.自己分析が足りないから

自己分析が不足しており、やりたい仕事を明確にできていないパターンもあります。自己分析とは、自分の長所や短所、価値観や好み、能力などをこれまでの経験も踏まえて整理し、「自分の強み」を見つける作業のことです。自分がどのような人間なのか、案外自分ではよくわかっていないことも多いものです。しかし、自己分析が足りないと、表面的にしか自分のことを理解できません。

自身の強みや適性を分析できていないと、やりたい仕事が何なのかも見えにくくなります。仕事に対する価値観や好みなどは年齢や経験、培ったスキルによっても変わってくるものです。就職活動で自己分析を行ったという人も、一度現時点の自分としっかり向き合ってみましょう。自分は今、何が得意で何が苦手なのかが見えてくるはずです。

4.どのような仕事があるのかを知らないから

世の中にどのような仕事があるのかを知らないことも、やりたい仕事が見つからない原因になり得ます。そもそも知っている仕事の種類が少ないと、やりたいと思える仕事も見つかりにくくなります。興味の湧く仕事が少ないという人は、自分の持っている選択肢の幅は十分かどうかを考えてみましょう。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の職業分類表によると、世の中にある職業の数はざっと1万7000以上です。まだ知らない仕事の中に、興味を持てる仕事が存在する可能性も十分に考えられます。

5.やりたいことが多すぎて1つに絞れないから

やりたいことが多すぎて1つに絞れない場合もあります。中には、次から次へとやりたいことが出てくる、興味を持ったら手当たり次第にやってしまうという人もいるでしょう。興味を持つ対象が多いこと自体は、決して悪いことではありません。しかし、じっくり腰を据えて取り組まないことには、すべてが中途半端になってしまいます。

そのため、本当に適性のあることなのか、やりたいことなのかを評価できません。器用貧乏で、完璧ではなくてもなんとなくすべてこなせてしまう人もいますが、この場合もどれが一番やりたいことなのかがはっきりしなくなります。

やりたい仕事がわからなくなってしまう人は3タイプ

やりたい仕事がわからなくなってしまう人は3つのタイプに分類できます。それぞれのタイプの特徴を見ていきましょう。

1.失敗が怖くて選べない慎重タイプ

まずは、失敗が怖くてやりたい仕事を選べない慎重タイプです。特に、過去に大きな失敗をしていると、二度と同じ失敗はしたくないと思って、身構えてしまう傾向にあります。そのため、仕事を選ぶうえでも、やりたいかどうかよりも、失敗しないかどうかがまず気になってしまうのです。

しかし、やりたいかどうかを二の次にしてしまうと、選ぶたびに「本当は自分のやりたい仕事ではないかもしれない」という迷いや後悔も生じます。このタイプの人は、もう少し肩の力を抜くとよいでしょう。どのような仕事でも失敗するときはする、しないときはしないと気楽に考えることができれば、深く考え込まずに済み、本当にやりたい仕事にチャレンジできます。

2.現状に対する不満が強い変身願望タイプ

次に、現状に対する不満が強い変身願望タイプについてです。このタイプの人は、今の仕事が向いていないから状況が悪くなっていると思い込みがちです。うまくいかないのはすべて今の職場環境や仕事内容のせいだと思っているため、別の仕事や職場に変わったら、自分の能力を発揮できるはずだと考えてしまうのです。

そして、今の職場や仕事以外なら何でもいいと思うためやりたい仕事が見つからず、なかなか居場所も定まりません。仕事に不満を感じてすぐに転職を繰り返してしまう人は、マイナス思考であったり、自分の仕事としっかり向き合っていなかったりする可能性があります。今の仕事に全力で取り組んだ結果の気持ちなのかどうかをしっかり見極めましょう。必死で取り組むことで成果が出て自信がつき、今の仕事にやりがいを見出せるようになってくる場合もあります。

3.自分の強みがわからない器用貧乏タイプ

最後は、自分の強みがわからない器用貧乏タイプです。このタイプの人は明確にこれが苦手というものがなく、何をやっても平均以上のことはできてしまいます。組織からするととても使い勝手のよい人ですが、それゆえに自分の長所や持っているスキルを生かす機会に恵まれにくい面もあります。

最初は器用にこなしていても、次第に「これが本当に自分のやりたいことなのだろうか」と疑問を抱いてしまい、ある程度の段階で自分の存在価値を見出せなくなり、仕事が面白くなくなるのです。人によっては物足りなくなってしまい、「もっと他に自分の力を発揮できる仕事があるはずだ」と考えて職を転々とすることになってしまいます。

ITエンジニア求人多数!

未経験からも挑戦可能。
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

やりたいかどうか以上に重要なやりがい

やりたいかどうか以上にやりがいがあるかどうかも重要です。社会人で子どものころにやりたいと思っていた職に就いている人はほとんどいないのではないでしょうか。また、やりたい仕事をやっているという実感のない人も少なくないでしょう。なぜならば、やりたいかどうかではなく、興味のある仕事の中から自分にできそうな仕事を選んでいるためです。

やりたい仕事に就いた実感がなくても、「仕事をやっていてよかった」と感じる瞬間はあるものです。例えば、取引先から感謝されたときや参画したプロジェクトが成功したときなど、会社や顧客の役に立てたと感じたときには、達成感や充実感を得られるでしょう。

実は仕事自体を楽しいと感じている人は案外少なく、仕事を通じて何かをやり遂げたときに喜びを感じたり、面白いと思ったりする傾向があります。つまり、やりがいを感じる仕事が「やっていて楽しい仕事」になっていくことも十分あるのです。本当にやりたいことがわからない状況で、やりたい仕事は何かと探しても見つかりません。

やりたいことを無理に探すのではなく、どのような仕事ならやりがいを感じられるのか、自分が必要とされている場所はどこか、という視点でも仕事を探してみましょう。やりがいを感じられる仕事であればモチベーションを維持できるため長く続けられることが多く、気が付いたときにはそれがやりたい仕事になっているケースもあります。

やりたい仕事を探すコツ

やりたい仕事にスムーズにたどり着いている人は、次のような方法で転職活動を進めていきます。最後に、やりたい仕事を探す4つのコツを紹介します。

1.なぜ転職を思いついたのか理由を深掘りする

転職を思いついた理由を深掘りすることは、やりたい仕事を探す近道になります。そもそもどうして転職しようと思ったのかをしっかりと考えることで、現状の何に不満を持っていて、転職に何を求めているかを分析できます。漠然と仕事がつまらないと感じているのであれば、何がつまらないのか、なぜつまらないと感じているのかをさらに突っ込んで考えてみましょう。

例えば、仕事内容ではなく、「自分のやり方が社風と合わない」「評価されていない」ことがつまらないと感じる真の理由かもしれません。この場合には、仕事自体に問題があるのではなく、職場環境や労働条件に問題があると判断できるでしょう。職種に問題がないことがわかれば、今やっている仕事を変える必要はなく、それがやりたい仕事になる可能性も期待できます。

2.できたことや楽しかったことを思い起こす

できたことや楽しかったことを思い起こすことも、やりたい仕事を探すコツです。仕事をするならやりたいことをやるべきという思いが強すぎると、今自分がやりたいことをやれているか不安になってしまいがちです。まず現状として、自分にできることは何なのか、自分が楽しいと感じることは何なのかを考えてみましょう。

過去に経験した仕事を振り返って、自分が心を動かされたことが思い出されれば、それにチャレンジしてみるとよいでしょう。実際にチャレンジしてみて高揚感や達成感を得られれば、それがやりたい仕事の一つであることがわかります。また、なぜそのように感じるのかを掘り下げられれば、自分が生かしたい強みも見えてくるはずです。

キャリアチェンジ

できる求人多数!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

3.嫌なことやりたくないことをリストアップする

やりたい仕事を探すためには、嫌なことややりたくないことをリストアップすることも大切です。特に、やりたい仕事がわからない人は、まずやりたくない仕事は何なのかという方向からアプローチしてみましょう。やりたいことが分からない人でも、嫌なことややりたくないことは意外と簡単に挙げられるものです。苦手なことや苦痛に感じることを毎日繰り返すのは誰にとってもストレスです。

他の仕事と比べて多少待遇がよくても、仕事として長続きしない可能性が高いでしょう。避けたい仕事をリストアップできれば、それ以外の仕事の中から探せばよくなります。単純作業が好きな人もいればそうでない人もいるというように、苦手なことや苦痛に感じる仕事は人それぞれです。選択肢を減らした分だけ、自分がやりたい仕事が見つかりやすくなるでしょう。

4.会社や仕事ではなく磨きたいスキルで選ぶ

会社や仕事ではなく、磨きたいスキルで選ぶこともやりたい仕事を探すコツといえるでしょう。新しく仕事を探すうえでは、長く働き続けられそうな会社や職種で転職先を探しがちです。なぜならば、やりたい仕事なのかを考え始めると選択を間違えてしまうのではないかと不安になってしまい、それを打ち消そうと会社や職種のイメージで安心感を得ようとするためです。しかし、最初のイメージや印象だけで決めてしまうと、入社後に思うようにキャリアアップできない場合もあります。

また、外部環境や経営環境の変化によって会社の状況や職種の需要が一変する可能性も否定できません。将来への予測が困難なVUCA時代においては、自分が持っているスキルを生かせる仕事や今後磨きたいスキルを磨ける職場に絞って、「自分軸」で転職先を探すことが非常に大切です。

自分の持っているスキルを生かせたり、自分が磨きたいスキルを磨けたりする仕事ならやりたい仕事になる可能性が高く、また着実にステップアップできている実感も得られるはずです。

興味と適性の両面から探すことが大事

やりたい仕事がない、わからないという人でも、興味が湧く仕事かどうかという判断はできるでしょう。また、苦手、やりたくない仕事ならば、比較的簡単にリストアップできるはずです。

最終的に自分の前に並んだ選択肢の中から自分に向いている仕事を探すことで、やりがいを感じられるやりたい仕事を見つけられる可能性が高まります。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

西暦と和暦の違いとは?履歴書で間違えやすい記載方法についても詳しく解説|の画像

西暦と和暦の違いとは?履歴書で間違えやすい記載方法についても詳しく解説

内々定とは? 内定との違いや取り消し事例、承諾や辞退をする際の対応方法|の画像

内々定とは? 内定との違いや取り消し事例、承諾や辞退をする際の対応方法

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒でベンチャー企業に入るメリットは?向いている人や成功のコツを解説|の画像

第二新卒でベンチャー企業に入るメリットは?向いている人や成功のコツを解説

第二新卒におすすめの業界は? おすすめの職種も紹介|の画像

第二新卒におすすめの業界は? おすすめの職種も紹介

第二新卒の転職は不利?メリットやコツ、4つの対策を解説|の画像

第二新卒の転職は不利?メリットやコツ、4つの対策を解説

転職準備

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方|の画像

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ|の画像

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

【例文あり】未経験でも書ける!自己PRを作成するポイントと注意点|の画像

【例文あり】未経験でも書ける!自己PRを作成するポイントと注意点

【例文あり】第二新卒の自己PRの書き方は? NGポイントも解説|の画像

【例文あり】第二新卒の自己PRの書き方は? NGポイントも解説

【職務経歴書】事業内容の書き方はどうする? 注意点と例文も紹介!|の画像

【職務経歴書】事業内容の書き方はどうする? 注意点と例文も紹介!

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい? 考えられる理由と転職成功のためのポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい? 考えられる理由と転職成功のためのポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼるのが正解? 転職が多い人の書き方を解説!|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼるのが正解? 転職が多い人の書き方を解説!

応募・面接

【例文あり】志望動機は書き出しが最重要!好印象を与えるコツを紹介|の画像

【例文あり】志望動機は書き出しが最重要!好印象を与えるコツを紹介

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

転職時に自己PRで思いやりを長所として伝える! 例文と言い換え表現も紹介|の画像

転職時に自己PRで思いやりを長所として伝える! 例文と言い換え表現も紹介

転職時の最終面接はほぼ合格?最終面接の特徴と成功のための4つのポイント|の画像

転職時の最終面接はほぼ合格?最終面接の特徴と成功のための4つのポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛いときの体や心の異変・対処法を解説|自力で克服できないときは?|の画像

仕事が辛いときの体や心の異変・対処法を解説|自力で克服できないときは?

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップ・ベンチャー企業に転職するメリットと注意点とは? どんな人が向いているのかも解説|の画像

スタートアップ・ベンチャー企業に転職するメリットと注意点とは? どんな人が向いているのかも解説

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ|の画像

【例文あり】営業職への転職。書類選考で有利になる自己PR作成ノウハウ

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方|の画像

「めんどくさいけど転職はしたい!」という時の転職活動の進め方

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

自分に合う業種とは?業種の基礎知識から転職先の選び方まで徹底解説|の画像

自分に合う業種とは?業種の基礎知識から転職先の選び方まで徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

事務職の志望動機は説得力を持たせにくい?履歴書や面接での上手な伝え方|の画像

事務職の志望動機は説得力を持たせにくい?履歴書や面接での上手な伝え方