中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

引き抜き転職とは?引き抜き転職に迷う方へ断り方とメリットを解説!

引き抜き転職とは?引き抜き転職に迷う方へ断り方とメリットを解説!
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

今の会社をやめようかと思っているときに、知り合いから引き抜きの話が来たらどうしますか?

引き抜きでの転職は正しい選択なのか迷ってしまう方が多いと思います。

また、知り合いからの誘いは詳しく話を聞いてしまうと、断りづらいかもと悩む方もいるでしょう。


そのような方に向けて、引き抜き転職のメリット・デメリット、引き抜き転職の断り方などを解説します。

引き抜きでの転職とヘッドハンティングとの違い

「引き抜き」と「ヘッドハンティング」はどちらも転職に関わる言葉ですが、使われ方には違いがあります。

まずヘッドハンティングとは、経営者や役員などその企業で優秀な人材として働いている人を、他社からスカウトして迎え入れることを指します。

一般的に受け入れ企業の代理として人材コンサルタントが経営者や役職者を勧誘し、成功報酬として手数料を受け取る仕組みです。

一方で引き抜きは、仲介業者を挟まずに直接企業が個人に対して働きかけを行います。引き抜きの場合は役職を持っているかどうかは影響しません。

引き抜きで転職するメリット

自分で転職先を探す場合と引き抜きで転職する場合の違いは何でしょうか。

引き抜きで転職するメリットを確認していきましょう。

より良い条件で入社できる

引き抜きは企業の求人に応募するのではなく、企業側から勧誘されて入社する方法です。

採用企業側は、引き抜きの対象となる人物の能力や業務内容に魅力を感じているため、当然給与や役職など、現在の勤務条件よりも良い条件を提示してくることが一般的です。

そのため、給与交渉を行いやすいです。

転職にかける時間の短縮

転職先を自分で探すとなると、転職サイトに登録して条件を検索して応募し、書類選考を通過したら面接を受ける、という一連の手間がかかります。

また、膨大な数の求人のなかから適切な会社を何社か選び、その業績や業務内容、給与や休日、勤務地などを調査しなければならず、現職の仕事の合間にかなりの時間を割く必要があります。

しかし、引き抜きの場合は、採用企業側または推薦者が引き抜かれる人を知っている場合が多く、書類選考や面接といった過程は省略されることもあります。

時間や手間をかけずに転職できることは、忙しい社会人にとって大きなメリットです。

キャリアップが狙える

引き抜きの場合は引き抜く側の企業が転職者の能力を評価しているので、最初から高い評価を受けています。

そのため、入社後すぐに重要な仕事を任されたり、現職よりも高いポジションで迎え入れられたりすることがあります。

現職よりも重要な仕事を任せてもらえることで、その分野についての専門知識や経験が増え、さらに責任のある立場を目指せます。

このように、引き抜きはキャリアアップにつながる可能性が高いと考えられます。

引き抜きで転職するデメリット

引き抜きによる転職はメリットばかりではありません。

たとえ現在より良い条件を提示されたとしても、実際に転職してみて、「こんなはずではなかった」と感じる場合もあります。

引き抜き転職のデメリットを知って、対策を講じましょう。

期待値が大きい

引き抜きをした側の企業は、引き抜いた人の能力を評価すると同時に成果を出すことも期待しているため、期待に応えなければならないというプレッシャーが常にかかります。

期待に応えられなかったときには、社内での居心地が悪くなるだけでなく、給与や待遇面でも入社前に提示されたものと異なってくる可能性があります。

期待どおりの成果が出ない原因は、求められるレベルに自分の能力が至っていなかった場合だけではありません。

転職先企業の業務内容がイメージしていたものよりも複雑だった、職場の人間関係でつまずいて思ったように業務がはかどらない、などの要因も考えられます。

転職を決意する前に、転職先企業で求められるスキルや業務内容についてよくリサーチしましょう。

自分の能力や適性などと照らし合わせ、転職先企業の職場環境を深く調べる慎重さが必要です。

条件の認識に相違が発生する可能性あり

条件が想定していたものと違うというトラブルは、引き抜きによる転職時に起こりやすいものです。

例として、次のような相違が発生する可能性があります。

  • 給与が採用時の条件よりも低い(実は時間外手当を含む給与だった)
  • 業務内容が説明と異なっている
  • 役職者として迎え入れると言われていたが役職なしの平社員だった
  • 休日の希望を出していたが希望が通らなかった
  • 予定されていた部署と異なる部署に配属された

口頭で相談したり説明を受けたりした条件は変更になっていることがあります。

このようなトラブルを防ぐためには転職を決める前に、しっかりと待遇・条件を書面で作成してもらい確認するようにしましょう。

過度な期待を持たれる可能性がある

引き抜きで転職してきた人を周りの同僚は、「引き抜かれてきた優秀な人」という期待の目で見る可能性があります。

つまり、最初から能力を発揮して高い成果を出すと考えて仕事を任せられるため、少しのミスでも期待が裏切られたと思われてしまうかもしれません。

人間関係を円滑に保つためにも、入社時は謙虚な姿勢を持ち、新たな仕事に真摯に取り組む姿勢を見せて、きちんとした成果を出す努力を惜しまないことを心がけましょう。

引き抜きによる転職の注意点と断り方

引き抜きによる転職のデメリットを踏まえ、入社前の交渉時に注意したいこと、引き抜き転職の断り方や誘いを断りたいときの注意点を解説します。

入社前の交渉や条件提示は念入りにする

引き抜きによる転職のリスクを回避するには、オファーを受諾する前に条件を書面で確認すること、企業調査をしっかりすることが大切です。

せっかく声をかけてもらったのにあまり細かいことを言いたくないなどと遠慮してしまうと、後悔することになりかねません。

企業調査をおこなうときは、企業規模、仕事の内容、勤務地、給与、労働時間、福利厚生、休みの取りやすさなどをリサーチすると、入社してから「こんなはずではなかった」という事態を防げます。

また、給与、休日、勤務地、役職、育児休暇の有無、正確な業務内容などの労働条件は聞きづらくても明確にしてもらい、書面での提示を依頼してください。

転職する場合は現在勤務している職場への報告の時期も重要です。早すぎても遅すぎても問題があります。

転職先の勤務開始日なども、書面にて納得できる日を設定してもらいましょう。

引き抜きによる転職は断ることも可能

引き抜きのオファーを断ることは失礼なことではありません。

知り合いを通じての誘いや取引先関係者のオファーであっても、相手の企業に転職してきちんと貢献できるかどうかは別問題です。

ただし、連絡が遅くなると先方に迷惑をかけるだけでなく、申し訳なさから断りづらい状況を生んでしまいます。

相手企業が自分の転職先に適しているかどうかのリサーチを短期間でおこない、迷う期間を短くすることがポイントです。断る際の連絡はできるだけ早く、対面または電話で伝えましょう。

引き抜きによる転職の断り方の例文

引き抜きを断る場合は、辞退する理由によって伝える内容を変えましょう。

迷った末に断る場合と、はっきりと断る場合の2パターンについて、例文を交えて紹介します。

迷った末に断る場合の例文

引き抜きの話に対してまんざらではなかったものの、今の会社でもう少し経験を積みたい、今はその時ではないと考えて転職を断る場合は次のように伝えましょう。

お誘いいただき大変光栄に感じております。ただ今の会社でもう少しやりたいことがあるため、非常にもったいないお話ではございますが、今回は見送らせていただきます。お受けできず誠に申し訳ございません。

「今回は」と添えて次回以降の可能性を残しつつ、「見送らせていただきます」という丁寧な表現を用いることで、相手に柔らかな印象を与えられます。

はっきりと断る場合の例文

これから先も相手企業に転職する意思がなく、はっきりと断る場合の例文は次のとおりです。

高く評価していただいて光栄でございます。しかし転職の意思はありませんので、誠に申し訳ございませんがお断りさせていただきたく存じます。〇〇様とのご縁は大切にしていきたいので、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

このとき、たとえ断る理由が給与などの待遇面や勤務地、業務内容だったとしても、その理由をあえて伝えて波風を立てる必要はありません。現職が充実していて転職の意思がないことを伝えるだけで十分です。

どちらの断り方も対面・電話どちらでも使える文章なのでぜひ活用してみてください。

転職先に引き抜かれる人の特徴

他社から引き抜かれる人とはどのような人でしょうか。

引き抜きの打診を受けやすい人の特徴を知って、キャリアアップに役立ててください。

相手のことを考えて行動ができる

引き抜きの誘いを受ける人の多くはコミュニケーション力が高く、相手の気持ちを察し、周りのことを考えながら行動できる人です。

相手、周囲の人、会社のことを考えて行動できる人は、上司から言われなくても自ら考えて発案・行動することができます。

また、臨機応変に対応できるため、仕事の能力も高いことも特徴です。

周囲の人とコミュニケーションをうまく取り、同僚からも好かれて職場の雰囲気も改善してくれる人柄が魅力となって、ぜひうちにと声がかかることが多いです。

仕事ができ、重要な役職についている

現在優秀で社内で役職にある、もしくはリーダーを任されるなど、ある程度の責任ある立場についている人は引き抜きにあう可能性が高いです。

他社の人から見ても重要なポジションにいる人は、優秀な人材と認識され、即戦力として活躍することを期待されるためです。

社外にも通用するような人材としての価値を向上させるためにも、現在の職場で意欲的に仕事に取り組むことが重要でしょう。

スキルや資格を持っている

希少性のあるスキルや資格を保有している人も、引き抜きを受ける傾向にあります。

周りから貴重な人材と思われて他社の担当者に関心を持たれるためです。

例えば医療系などの専門分野に精通している、TOEICで高得点を取得している、英語以外の言語が話せる、建築士や技術系の資格を持っているなどが挙げられます。

引き抜き転職を希望するならば、少数しか持っていないスキルや複数の資格などを持つと、他企業の担当者の目に留まるかもしれません。

周りをよく見て論理的に仕事をしている

広い視野を持って全体を見て仕事をしている人は、会社のための改善策を提案し、実行する能力が高いです。

また、ものごとを整理して分析するときに冷静に判断でき、説得力のある説明をする人は重宝されます。

そのような人が入社すれば生産性が飛躍的に改善すると考えられるため、引き抜きの声がかかる確率が高くなります。

失敗も糧として学ぶ姿勢がある

向上心やチャレンジ精神があり、業務で忙しくても学ぶ姿勢を持ち続けている人は、引き抜きの対象になりやすい傾向があります。

そのような人は、一度何かで失敗しても落ち込むのではなく、気持ちをすぐに切り替え、また粘り強く努力して結果を出してくれます。

失敗も糧として改善へと活かせる人は、企業にも成長が期待される有力な人材として見られるでしょう。

柔軟な対応ができ変化を恐れない

柔軟な対応ができることも引き抜かれやすい人の特徴です。

仕事をしていくうえで求められる柔軟さとはどのようなことでしょうか。

まずは、業務内容の変更などに速やかに対応できることです。

新しい業務に慣れるまでに時間がかかり、戦力となるまでにタイムロスがあるような人は即戦力になるとはみなされません。

次に、他者の意見を素直に聞いて受け入れられることです。

たとえ優秀な人材であっても上司や同僚のアドバイスを受け入れられず、かたくなに自分のやり方を曲げない人は成長が難しいでしょう。

また、状況に応じて自分からやり方を変えてみるなど、その時々の判断ができる人も柔軟性が高いといえます。

より良い方法があるかもしれないと常に模索することも必要です。

転職を希望するなら、変化を恐れず柔軟な発想をすることは必須かもしれません。

周りから頼りにされて人脈がある

人脈とはただの友人関係のことを指すのではありません。

自分と同様のキャリアを持つ人と連絡を取り合い、その業界や業務に関する情報を交換し合う関係のことをいいます。

人脈作りの目的には次のようなものが挙げられます。

  • 将来的に取引ができるような関係を築くこと
  • 自分の職業の業界に関して、今までより深い知識を広げること
  • 転職を考えている場合は、転職先になりうる企業の情報を得ること

このとき、自分だけが情報を得るのではなく、差し支えない範囲でお互いに情報交換をしていくと、人脈が広がっていきます。

社内、取引先、ビジネス上のオンライングループ、ボランティア関係、友人関係、商工会議所、スポーツなどでも人脈作りが可能です。

コミュニケーション力に長け対人関係をうまく築ける人は、人が寄ってくるので、人脈が広がります。

広い人脈の持ち主は周囲から頼りにされているため、転職後もそのスキルを活かして会社の利益に貢献することを期待されます。

引き抜き転職に応じるか迷ったらPaceBoxで相談

引き抜き転職には多数のメリットがありますが、いくつかのリスクも抱えています。

引き抜きを受けて転職を迷ったときには転職先企業についてよく調査し、就業条件を書面で提示してもらい、あとで悔いることのないように入社前に漏れなく確認しておくことが大切です。

提示条件の妥当性や、そもそも自分の転職先として適切なのか、判断に迷ったら、PaceBoxのキャリアアドバイザーへの相談がおすすめです。

PaceBoxはオファー型の転職サイトで、キャリアアドバイザーは求人紹介を行いませんので、フラットに相談することができます。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

面接の日程調整メールへの返信方法は?書き方・マナーや状況別の例文を解説|の画像

面接の日程調整メールへの返信方法は?書き方・マナーや状況別の例文を解説

送付状のルールやマナーまとめ!書き方や送り方について徹底解説!|の画像

送付状のルールやマナーまとめ!書き方や送り方について徹底解説!

履歴書の送付状は手書きした方がいいの?書き方のポイントは?|の画像

履歴書の送付状は手書きした方がいいの?書き方のポイントは?

20代のうちに転職する?転職は20代のうちにしても良い理由|の画像

20代のうちに転職する?転職は20代のうちにしても良い理由

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧