中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職でのWebテストとは?転職時のWebテスト対策と実施する目的

転職でのWebテストとは?転職時のWebテスト対策と実施する目的
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職を成功させるなら、前職で培ったスキルや経験などを自分の強みとして面接でしっかりとアピールすることに加え、転職の際に実施される場合があるWebテスト(適性検査)についても対策を講じておくことが重要です。

転職において実施されるWebテストについてと、転職でのWebテスト対策について確認していきましょう。

転職時のWebテストとは?

転職を希望して応募した企業から、「Webテスト」を受けるように指示されることがあります。

Webテストとは、いわゆる「適性検査」のことで、性格や基礎学力を見極めるために実施されるものです。

採用における適性検査は日本では約50年前から行われています。

ご両親や、祖父母に尋ねたら、「新卒で就職活動する時にやった覚えがある」という答えがかえってくるかもしれません。

一昔前まではマークシート方式でしたが、オンライン上でも実施可能となり、現在では適性検査にWebテストが広く採用されています。

Webテストは専門業者を通じて行われるため、企業側がテスト会場を準備したり、試験官を配置したりする必要がありません。

つまり、手間やコストをかけることなく、採用希望者の資質や適性などの情報が入手できるのです。

昨今では、人件費や労力にかかるコスト削減のため、Webテストを導入する企業が増えています。

適性検査は主に新卒採用の選考で導入され、中途採用で実施されることは少ない傾向でした。

しかし最近では、転職時もWebテストを実施するケースが増えているため、「採用選考でWebテストがあるかもしれない」という認識をもっておくとよいでしょう。

転職の選考でWebテストを実施する目的

Webテストは、転職希望者がどのような性格か、基礎学力や一般常識がどのくらい備わっているかを測定するために実施されます。

中途採用では、即戦力となりうる人材が求められていることがほとんどのため、採用後のポストや業務内容に対して適性があるかどうか見極めることも重要な目的です。

検査結果を踏まえて、企業の社風と合うかどうかを判断できます。入社後のミスマッチを減らして、採用した人材の早期離職を防ぐことにも役立てられます。

客観的な数値情報として分析結果が示されるWebテストであれば、採用担当者の主観的な判断に頼らず、面接では表出しにくい隠れた資質や性格を見極めることが可能です。

また、募集人数に対して応募者の数が多い場合は、候補者を絞り込む判断材料として用いられるケースもあります。

転職の選考でのWebテストの主な内容

転職でのWebテストの内容は、社会人としての基礎知識や学力を測るための「学力検査」と、人柄について把握するための「性格検査」の2種類に分類されます。

学力検査は次の2つの分野から成り立ちます。

  • 言語知識や基本的な文章力を問う「言語分野」
  • 計算や数学的処理能力を測る「非言語分野」

簡単に言えば、「国語」と「算数」です。

そこに、社会適合性やストレス耐性を分析する「性格検査」が加えられます。

自身の性格について問う設問が並び、「そう思う」「そう思わない」、「はい」「いいえ」などを選んで回答します。

Webテストはこの3パートに分かれて構成されていると理解すればよいでしょう。

転職の選考でWebテストを受ける場所

Webテストを受ける場所は、応募した企業から指定されます。主な実施場所は、次の3つが想定されます。

  • 自宅
  • テストセンター
  • インハウスCBT

自宅での受検は、企業から指定された期限内であれば、都合のよいタイミングで検査を受けられます。

受検日時が指定されていないため、仕事をしながら転職活動をしている人にはありがたい実施方法です。

自宅のインターネット環境が整っていることを確認したうえで、Webテストの仕様が自宅のパソコンに対応しているかどうかを調べましょう。

Webテストの種類によっては、ブラウザを指定されたり、新たにソフトをインストールしたり、セキュリティソフトを一時的に停止しなければならないこともあるため、注意が必要です。

また、「替え玉受検」を防止する観点から、Webカメラでの本人確認を義務づける企業もあります。

テストセンターと呼ばれる専用の会場に足を運んでWebテストを受ける場合もあります。

企業のなかには、不正が行われる可能性の低い性格検査は自宅受検を可能とし、学力検査のみテストセンターで受けるように指示するケースもあります。

実施方法は、学力検査を受けるテストセンターの会場・日時を仮予約したあと、性格検査を終えると、テストセンターでの学力検査の予約が完了するという流れが一般的です。

春や秋など、時期によっては予約が取りにくくなるため、Webテストの案内を受け取ったら早めに手続きすることをおすすめします。

インハウスCBTは、企業内のパソコンを使用して適性検査を受ける方式です。

この場合、企業に出向く必要があるため、面接時と同程度の身だしなみとマナーが必須条件です。

転職の選考でのWebテストにかかる時間

Webテストにかかる時間は、企業が採用しているテストの種類によって違いがありますが、目安として、学力検査が30分~1時間程度、性格検査が30分程度です。

学力検査といっても基本的な一般常識を問う問題が中心に構成され、大学入試のような難問は出題されない傾向です。

ただし、制限時間に対して設問数が意外と多いため、時間配分に気をつける必要があります。

Webテスト対策の問題集を購入し、設問やペース配分に慣れておくなど、きちんと事前対策しておけば、落ち着いて検査に臨み成果をあげられます。

転職の際に受けたWebテストの結果はいつわかる?

Webテストを受けたあとは、企業の担当者へテスト結果が通知されます。結果は企業側にだけ知らされ、回答者自身には通知されません。

自身が受けたテストの結果は気になると思いますが、企業へテスト結果や得点を問い合わせる行為はマナー違反にあたります。

企業側も本人のテスト結果についての情報を開示することはないため、問い合わせはしないほうが無難です。

もし、どうしてもテスト結果を知りたい場合は、設問を覚えておいて、あとで答え合わせする方法があります。

転職の際のWebテストの難易度と合格ライン

中途採用の場合、Webテストの学力検査結果はあくまで参考程度に活用されます。

学力よりも性格検査の結果や過去の職務経験、スキルのほうが重視される傾向にあるようです。

とはいえ、学力検査で0点に近い低い点数しか取れなかった場合、求人に対して応募が多かった場合などは「足切り」される懸念もあります。Webテストの難易度や合格ラインについて解説します。

Webテストの難易度はどのくらい?

企業で使われているWebテストは約15種類、主要なものだけでも「SPI」「玉手箱」「GAB」など約7種類あります。難易度は、企業が選択するテストの種類によってまちまちです。

当然、受検者との相性の良し悪しも影響します。

なお、性格検査のみを行い、学力検査を実施しない企業もあります。

なぜなら、転職では職務や組織への適性を重視する傾向があるためです。

合格ラインは企業により異なる

テストの種類によって難易度がまちまちなうえ、企業が設定する合格ラインもそれぞれ異なるため、何点取れば大丈夫ということは一概に言えません。

具体的な合格ラインはほとんど公表されていないものの、出題される設問が一般常識レベルであることから判断すると、少なくとも全体の80%は正答できるよう対策しておくのがおすすめです。

転職におけるWebテストの対策方法

Webテスト対策用の問題集や参考書は市販されており、書店やネットショップで購入可能です。

無料のオンラインWebテスト対策ページもあります。

自宅でしっかり問題集に取り組み、解答時のペース配分に気をつければ、合格ラインであると想定される70〜80%の点数を取ることはさほど難しくないでしょう。

学力検査や一般常識の対策をする

Webテストでは、大学入試のように難問や奇問が並んでいるわけではありません。

しかし、設問数がそれなりに多く、なにも対策せずにテストを受けると、正答率が低くなる可能性は否めません。

Webテストの模擬問題にトライして独特の出題形式に慣れておくことをおすすめします。

さらに、ほとんどの企業では、学歴の高い人を中途採用したいがためにテストを受けさせているわけではありません。

企業はWebテストを通して、この会社で働きたいという強固な意志や本気度を測りたいと考えています。

そのため、事前になんの対策も講じず、投げやりな態度で受検してしまえば、いかに適性があり能力の高い人物だとしても、企業側は採用に二の足を踏んでしまいかねません。

満点を取る必要はありませんが、Webテストも採用試験のひとつであることを意識して対策に臨みましょう。

性格検査は正直に答える

性格検査を受ける際は、自分を善人に見せようと背伸びせず、正直に回答しましょう。

面倒だからと適当に答えたり嘘の回答をしたりすると、それが原因で不合格になる場合があります。

「回答者が嘘をついていることが、なぜわかるのか?」と疑問に思うかもしれませんが、実は設問のなかには嘘や虚偽を見抜ける「ライスケール」がいくつか組み込まれています。

具体的には、「自分は他人の悪口を一度も言ったことがない」「生活するなかで誰かに迷惑をかけたことはない」などの設問が該当します。自分をよく見せようと、見栄を張っていないかが判定される仕組みです。

また、性格検査の回答内容と、面接で対面した時の印象がかけ離れていると面接官に不信感を与えてしまいます。

このような事実を踏まえ、性格検査で見栄を張ったり、適当に答えたりすることは避けましょう。

性格検査が重視される背景には、企業側は雇用する人物の仕事に対する能力やスキルだけでなく、隠れた資質や性格まで見極めたいという考えがあります。

職場の人間関係は社内の雰囲気を左右し、社員のやる気や業務パフォーマンスに影響を及ぼします。

時には相性の悪い社員同士がぶつかり、トラブルに発展することもあるでしょう。

面接だけではそうした性格面の見極めが困難なため、Webテストを実施して判断材料としています。

中途採用者の性格検査は、職場環境を整える意味でも、重要な意味合いをもっています。

転職者にとっても、応募企業の社風や文化と合うかどうかは大切なポイントです。適性検査では素直な回答を心がけましょう。

苦手分野を重視して勉強する

Webテスト対策として推奨したいのが、苦手意識がある分野を重点的に解くことです。

1冊の問題集に固執するのではなく、複数の問題集に取り組み、くりかえし類似問題を解きましょう。

自分の苦手分野を洗い出し、そこを重点的に学んでいくことで、点数が取れるようになるはずです。

ぜひトライしてみてください。

転職の選考やWebテスト対策の相談にPaceBox

Webテストの学力検査で正答率を上げるためには、準備や対策を怠らないことが肝要です。

たとえ性格面で採用不可となってしまったことが判明したとしても、気に病む必要はありません。

不採用は個人的な資質ではなく、相性の問題であることがほとんどだからです。気持ちを切り替え、前向きに次のステップに進んでください。

自分と相性の良い企業に出会いたい方は、オファー型転職サービスの「PaceBox」の活用がおすすめです。

PaceBoxはプロフィールを入力しておくと、オファーが届きます。

プロフィールを見て、1通ごとにオファーを送る仕組みになっているため、自分の経歴を見られた上でオファーが送られます。

効率的に転職活動を進めたい方はぜひPaceBoxに登録してみてください。

転職活動に悩んでいる人はPaceBoxに登録!
忙しくて転職活動が進まない
書類選考・面接が通過しない
悩みの整理や自己分析サポートが欲しい
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

中途採用されやすい時期は?中途採用されやすい時期に転職をするポイント|の画像

中途採用されやすい時期は?中途採用されやすい時期に転職をするポイント

年収300万円の手取り額や生活レベルとは?年収UPを目指すための方法を解説|の画像

年収300万円の手取り額や生活レベルとは?年収UPを目指すための方法を解説

新卒とはいつまでを指す? 第二新卒との違いと新卒採用の特徴|の画像

新卒とはいつまでを指す? 第二新卒との違いと新卒採用の特徴

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧