中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

TOEICは転職で有利になる? 何点必要なのか、アピールできる業界など解説

TOEICは転職で有利になる? 何点必要なのか、アピールできる業界など解説

転職活動の際にTOEICの点数を役立てたいと考えている人も多いでしょう。しかし実際に役立つのか、点数は何点あればよいのか、どんな業界・業種で有利に働くのかなど、わからない点も多いと思います。この記事ではそういったことを詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEICは転職で有利になる資格なのか?

TOEICは世界中で行われている英語力のテストです。企業では中途採用時にTOEICの情報を参考にするところが増えてきています。転職の際にTOEICがどう活きてくるのか見ていきます。

TOEICとはどんな資格?

TOEICはトーイックまたはトイックと読みます。「Test of English for International Communication」の略で、日本語では「国際コミュニケーション英語能力テスト」と呼ばれています。世界の約160か国で行われている、英語が母国語ではない人のための英語検定テストです。特徴は合格・不合格を決めるのではなく、点数(スコア)を出すものであることです。そのため、履歴書には「TOEIC○点」というように記載します。

TOEICには、「TOEIC Listening & Reading テスト(聞く力と読む力を測るもの)」「Speaking & Writing テスト(話す力と書く力を測るもの)」「Speaking テスト(話す力のみを測るもの)」があります。

他に英語学習初級者から中級者向けのTOEIC Bridge テストに、「TOEIC Bridge Listening & Reading テスト」と「TOEIC Bridge Speaking & Writing テスト」の2種類があり、合計5種類です。

一般的にTOEICテストと呼ばれる履歴書に記載を求められたりする問題数200問のテストは、TOEIC Listening & Reading テストのことで、リスニング495点とリーディング495点の合計990点満点で採点されます。以降このTOEIC Listening & Reading テストのことを「TOEIC」と表記し、このテストについて述べていきます。

TOEICはリスニングが45分間で100問、リーディングが75分間で100問、合計2時間で200問に解答するマークシート形式の一斉客観テストです。テストは英文だけで記載され、解答は解答用紙に記入します。和文英訳や英文和訳のテストはありません。

問題構成はリスニングがPart1からPart4まで、リーディングがPart5からPart7で構成されています。

Part1は写真描写問題6問、Part2は応答問題25問、Part3は会話問題39問、Part4は説明文問題30問です。また、Part5が短文穴埋め問題30問、Part6が長文穴埋め問題16問、Part7が1つの文書29問、複数の文書25問となります。

詳しくは公式サイトや問題集で調べてみてください。
参照元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEICは転職で有利になる!

TOEICの国内運営元がTOEICを活用中の企業や団体に対して実施したアンケートによると、英語を使用する部署での中途採用時におけるTOEICスコアの利用に関して、10.2%の企業が要件としているとあります。さらに43.6%の企業が参考にしており、7.4%の企業がこれから参考にする可能性がある、となっています。60%を超える企業で利用中か、利用を検討しているということです。(2019年時点)

参照元:一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会

外資系やIT企業をはじめ、商社やメーカーなどでも英語力が求められるケースが増えてきています。TOEICのスコアが優秀な人材を効率的に見つけるための目安になるということです。TOEICが転職時に有利に働く可能性は高いでしょう。

TOEICが転職で有利になる理由

TOEICが転職で有利に働く理由として、英語が得意な人材の不足、企業のグローバル化の進展があります。

英語が得意な人材が少ないから

日本人はまだまだ英語が苦手な人が多く、TOEICスコアが採用にあたって他の人と差別化を図る好材料になり得ます。

特に理系の業界や職種では、大学や大学院を出ていても英語は苦手というケースも多いようです。そんな中で転職希望者のTOEICスコアが高得点であれば、かなりのアピールポイントといえるでしょう。

グローバル化が進展しているから

近年日本の企業の海外進出や海外との取引は当たり前になってきており、英語でのオンラインミーティングや海外赴任、海外顧客の接待など、英語を必要とされるシーンは増加しています。そんなグローバル化が進む中、企業で英語が話せる人材が重用されるのは当然の流れです。TOEICのスコアが採用の大きな指標として有利に働きます。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEICが転職で活かせる点数は600点以上!

TOEICは合否ではなくスコアで評価される方式なので、点数が高ければ高いほど転職に有利に働きます。とはいえ、誰もが高得点というわけではありません。実際にTOEICで何点以上のスコアであれば、履歴書に記載して転職に有利になるのでしょうか。

一般的に職務上英語を使用する仕事でなければ、600点以上が就職に有利に働く目安といわれています。600点を少し下回るくらいだと微妙なところで例外はあるものの、アピールにはつながりにくいと考えるべきでしょう。500点未満は平均スコアより下とみなされ、転職希望者が履歴書に記載することは逆効果になってしまいます。

600点はあくまで最低ラインです。業界や職種によって求められるラインは異なります。また同じ業界でも企業ごとに異なります。英語を使う仕事となると700点~800点がそのラインとなります。企業によっては新卒者の場合ですが、800点以上を求められることもあるようです。

TOEICをアピールできる業界・職種

TOEICが実際に役立つ得点ラインについて述べました。ここからは、アピールできる業界・業種を、得点ラインを紹介しながら見ていきます。

メーカー:500~800点

電機や食品、自動車など様々な分野で、海外との輸出入や海外拠点との連携に要する英語力のある人材が不可欠となっています。

この業界は500~800点と他よりスコアの範囲が広い傾向にあり、800点と高い期待値を設定している企業もあれば、600点を下回ってもアピールにつながる企業もあるようです。しかし、中途採用の転職である以上、点数は高いに越したことはありません。800点あれば多くのメーカーで採用に有利に働きそうです。

航空業界:600点以上

航空業界の目安は600点以上です。新卒の場合だと550~600点で評価されることもありますが、転職だけにこのラインはキープしたいところです。

客室乗務員は、機内でのお客様対応があるため英語の使用頻度が高い職種です。地上スタッフも空港を利用する外国人の増加で英語スキルを求められつつあるものの、客室乗務員よりはラインが少し下がり、550点程度でもアピールできるケースもあります。

海外の航空会社を目指すのなら、さらに高いスコアが必要になりそうです。ただし、意外にラインにバラツキがあり、国内の会社よりも低い場合もあるので、狙い目かもしれません。

ホテル業界:650点以上

海外からの旅行客とのやり取りが必要なホテルのスタッフには、英語力も求められます。650点以上がラインです。

ただし、伝統と格式があり海外からの旅行客も多いホテルとなるとより高度な英語力が求められ、さらに高いスコアが採用の必要要件になるケースもあります。

いずれにしても、日常的なシチュエーションで問題なく使えるレベルの英語力は必要ということです。

商社:700点以上

商社では海外企業とのやり取りや商談、海外赴任や出張が多くなるので、英語の使用頻度が他の業界よりも高くなります。そのため、目安として一般的な600点よりも高めの700点以上が必要です。場合によっては800点以上が求められることもありますが、700点以上あればアピールにつながります。

英語でのメールのやりとりも問題なくこなせれば、さらに採用に近づけるでしょう。

外資系企業:700点以上

外資系企業は上司や同僚、取引先とのやり取りが英語で行われる頻度が高いので、高い英語力が求められます。700点以上というのは本当に最低ラインです。特に金融関係は専門的な用語も多く高度な英語力が必要で、850点以上が要求されます。そこまで達していないとアピールにつなげるのは難しいでしょう。

金融関係以外ならそこまで求められないにしても、採用に近づくためには800点以上は欲しいところです。

英語講師:800点以上

英語を教えるというのは、自身の英語力が仕事に直結するということです。当然高いレベルのスコアが求められます。

英語講師にはいくつかの職種があり、求人情報にTOEICスコアの条件が記載されている場合も多いです。オンラインの英語教師なら800点を少し下回る770点以上が一般的です。学習塾での英語講師や家庭教師となると、またそれぞれ違ってきます。

英語講師には、TOEICスコアはもちろんですが、実際に英語でコミュニケーションがとれるだけの会話力が求められることも覚えていてください。

通訳:900点以上

通訳も英語講師同様に、英語力がそのまま仕事につながる職種です。もちろんかなりハイレベルのスコアが求められ、900点以上がラインです。

通訳にもいくつかの職種があり、商談通訳、会議通訳、エスコート通訳などです。通訳の種類で分けることもでき、同時通訳、逐次通訳、ウィスパリング通訳などになります。求められる英語力はそれぞれ異なっても、いずれも高度なものが必要です。

また、翻訳という職種もありますが、通訳と同じく高度な英語力が求められます。こちらも論文翻訳、映画字幕翻訳、書籍翻訳、ホームページ翻訳などの職種があります。やはり、900点以上のスコアが必要です。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職に向けてTOEICのスコアを上げるコツ

転職に向け新たにTOEIC受験を考えている人や、もっと点数を上げたい人へ向け、スコアを上げるコツを解説します。

TOEICでのスコア獲得に集中して対策を練る

何となく英語を勉強していても、TOEICのスコアはなかなか上がりません。ずばりスコア獲得に注力した勉強法が効果的です。

TOEICの出題傾向はほぼ一定となっています。形式、難易度や頻出パターンも同様です。出題される英語は、ビジネスシーンを想定したものが多く使われています。どんな単語・構文が頻出するのかなど、問題の傾向を理解したうえで、それに合わせて勉強することで効率的な得点アップが図れます。

実際の試験と形式が同じ問題集を、毎日ある程度の時間をかけて解きましょう。問題の形式に慣れることで時間あたりに解ける問題数が増え、そのまま得点に直結します。

また、自分の得手不得手を知るために、模擬試験問題を解いて自己採点したり、対策なしで一度実際に受けてみたりといったことも有効です。これで具体的な得点目標や、重点項目が見えてくることもあるでしょう。

他にもポイントがあります。問題集以外に参考書も多数出ていますが、使用する教材を間違えると目標達成への効果が挙がりません。最終的には上の得点を目指すにしても、いきなり自分のレベルに合わないものを使うのは結果が期待できません。

レベルの高い人に向けたものは、基礎ができている前提で、難易度が高く作られています。把握できている自分の現在レベルから少しだけ上のものを使用することで、着実な得点能力アップが期待できます。

ディクテーション・シャドーイングでリスニング力を高める

TOEICのリーディングとリスニングのどちらかが苦手だという人がいます。学生時代に受験英語で得点が高かった人は、リーディングが得意でリスニングを苦手とする傾向があります。こんな場合は、リスニングの点を上げるための対策を考えれば、トータルで高得点につなげることが可能です。

リスニングが苦手なパターンとして、リーディング(英文理解)は得意なのにリスニングとなると全然理解できないというのがあります。これは、発音を正しく習得できていない可能性が高いです。

英語の場合は単語の音がつながって発音されるため、一語一語の発音ならよくても文章ではわからなくなってしまうということが起こります。単語ごとの発音はもちろん大切ですが、リズムやイントネーションをひとまとまりの文章として覚えるようにしましょう。

ディクテーションといわれる対策もリスニング力アップに有効です。これは、発音を聞いて聞き取れた文を書き記す方法です。

手順は、英文全体を聞く→英文の発音を一文ずつ聞いて聞き取れた英文を書き記す→書き記した英文を見ながら発音を再度聞き直し、違っていたところを直す→その後今度は元の英文と照合して違っているところを直す→わからなかった理由を確かめたうえで、書き記した英文を見ながら再び発音を聞く
となります。

手間と根気を要する方法ですが、あいまいな点や、文や語の意味をはっきりさせたうえで聞き直すことで、成果が出てきます。

また、シャドーイングという対策も効果があります。これは、聞こえた音声を追いかけるように発音し、それを繰り返す方法です。

手順は、文章全体を数回聞く→文章を見ながら再度聞く→聞き取れなかったところは確かめ、不明な単語・文法があれば理解する→文章を見ながら一文ずつ音声を聞いてから発音する→文章を見ながら全体を音声に合わせ発音する→文章を見ながら全体を音声に少し遅れて発音する→音声だけ聞きながら全体を音声に少し遅れて発音する
となります。

意味を理解しながら聞き、そして発音するのを繰り返すことで、リズムやアクセントも身につき、細かい音が聞き取れるようになります。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

TOEICを武器に転職で成功するには?

これまで述べた通り、TOEICが転職に一定の効果があることは確かでしょう。しかし、実際には有利に働きやすい企業と、そうでもない企業とが存在します。TOEICを転職の武器にするなら、TOEICを評価する企業を見つける必要があります。

海外にビジネスを展開する「日系グローバル企業」と呼ばれる電機、自動車メーカーや商社では、国内よりもはるかに人口が多い海外の市場が主戦場です。そのため、中途採用にあたっては英語力がある人材を求めています。

ただ、面接自体は日系企業なので英語での面接は一般的ではなく、代わりにTOEICのスコアが使われる傾向があります。このため、TOEICを利用して転職を有利にすすめたい場合は、日系グローバル企業がひとつの選択肢といえるでしょう。

とはいえ、TOEICを評価してくれる企業を自分だけで探すのは難しいかもしれません。そんなときは、転職サービスを利用してTOEICを活かした転職活動をしてみるのがおすすめです。

転職に関する悩みは「PaceBox」に相談!

「PaceBox」はオファー創出型のこれまでになかった転職サービスで、オンラインでキャリアアドバイザーにいつでも転職に関する相談ができて、自分に合った転職活動をサポートしてもらえます。TOEICの強みを活かした転職活動を考えるなら、利用してみてはいかがでしょうか。

TOEICは転職で有利になる

転職活動でTOEICのスコアは有利に働くことが多いです。ただし、実質600点以上ないとスコアが効果的とはいえません。また、業界・職種によってはさらに高いスコアが求められます。希望の職種や企業についてきちんと下調べをしたうえで、目標に向け進んでいきましょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

職務経歴書の退職理由はどう書く? 理由別の書き方と例文|の画像

職務経歴書の退職理由はどう書く? 理由別の書き方と例文

転職でのWebテストとは?転職時のWebテスト対策と実施する目的|の画像

転職でのWebテストとは?転職時のWebテスト対策と実施する目的

履歴書の作成・提出で注意するポイントは?12の基本ルールを押さえよう|の画像

履歴書の作成・提出で注意するポイントは?12の基本ルールを押さえよう

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧