中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

26歳で転職は遅い?26歳で転職する際の進め方と注意点

26歳で転職は遅い?26歳で転職する際の進め方と注意点
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職をしようと思っても、26歳で転職をするのはどうだろうと考えることもあるかもしれません。

26歳の転職は早くも遅くもありません。

転職を希望する20代半ばから後半にかかる26歳らへんで転職を考える人は少なくはありません。

26歳の転職が遅くない理由や26歳で転職するメリット・デメリット、転職を成功させるためのコツなどについて確認していきましょう。

26歳は転職成功のボリュームゾーンに入っている

26歳で転職はできるのだろうかと考えることもあるでしょう。

26歳は、第二新卒としては比較的遅い年齢であることや、社会人経験の年数的にもアピールできる実績が少ないことなどから不安を感じるのかもしれません。

しかし、26歳での転職は決して遅くありません。

2022年、転職に成功したビジネスパーソンの平均年齢は32.2歳(男性33.0歳、女性30.5歳)でした。そのうち25~29歳が40%を占め、全体割合で最も多い結果ですので、26歳は転職におけるボリュームゾーンに入っています。

26歳は転職に遅い年齢ではなく、むしろ転職を考えたり動き出す年齢であるといえ、採用側の企業も価値を見いだす年代に含まれていると考えられます。

26歳の転職が遅くない理由

26歳の転職が遅くないといえる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

26歳で転職をするのが遅くない理由を確認していきましょう。

ポテンシャルと実務経験の両方で期待できる年齢であるため

転職は若い方が有利、という考え方が少なからずあります。

いくつか理由はありますが、年齢が高くなればなるほど高いスキルを求められる傾向にあり、若ければ若いほどスキルよりも熱意の方が評価される傾向にあります。

特に未経験の業種に転職を希望する場合、スキルがなくても転職しやすい若年層の方が有利になりやすいので、どうしても年齢は気になる人が多いかもしれません。

26歳は新卒や第二新卒と比較すると上の年齢になるため、自分で「若くない」と判断してしまう場合があります。

しかし、社会的に見れば26歳はまだ若年層と考えられ、若さという点をそこまで気にする必要はありません。

前述のとおり、転職に成功したビジネスパーソンの40%は25~29歳です。

採用側の企業はこの年代に期待し、採用していることになります。

26歳が含まれているこの年代の転職活動では、「ポテンシャル」「実務経験」のふたつが大きな武器です。

若さに秘められているポテンシャルに加え、社会人として働いてきた実務経験が選考で注目されます。

たとえ現職で目立った実績がなくても、若さゆえのポテンシャルに期待されます。

26歳は「これからの成長に期待できる」と考えられる年齢です。

さらに実務経験により、即戦力として働ける素地があるととらえられます。

中途採用は社会経験のない新人を育てるより、即戦力が期待できる人材を求めることがほとんどです。

実務経験が業務内容にマッチすれば、即戦力としてすぐに役立つ人材としてアピールできます。

26歳で実務経験が短いとしても、ニーズがマッチすれば採用の可能性は高くなります。

同時に若さゆえのポテンシャルを持つ一面もあり、これからの成長を含めて期待される年齢です。

未経験の業種へ転職活動をする時には実務経験がありませんが、そこで大きな武器になるのが「若さ」です。

また、26歳であれば若さに加え、社会に出た経験があることも有益です。

社会でどのような常識が必要か理解できているため、新しい職場環境で適切な振る舞いができます。

このように、26歳には26歳の強みがあります。

「若くないから転職は難しい」と自分で決めつけず、「むしろ26歳だからこそ評価される部分がある」という意識と自信を持った転職活動がオススメです。

未経験職種への転職もしやすい年代のため

未経験の職種への転職は、26歳であれば決して不可能ではありません。

未経験の場合でも、若さゆえのポテンシャルや社会に出た経験が選考の武器になります。

中途採用した企業への調査結果によると、社会人4年目(26歳)の採用基準は「熱意・ポテンシャル」が全体の37.9%にのぼり、第1位でした。

未経験でもこれからの成長に期待し、採用する企業が多いということです。

参照元:中途採用業務の実績調査

しかし、職種によっては熱意・ポテンシャルだけでは難しい一面が生まれます。

同調査結果の採用基準の第3位は「仕事に対する理解度」が29.4%でした。

理解度を求められると「やはり実務経験がないと難しいかも」と思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。

未経験なりに業界を研究したり、資格の勉強をしたりするなど、「どのような業務でどのような資格があれば有利なのか」という点に注目した前準備が重要です。

情報収集や資格勉強を通し、業界の理解を深めるのも選考でアピールできる武器になります。

転職希望先が求めるスキルや資格を調査し、身につけておけば、選考での注目度上昇が期待できます。

別の調査では、企業が今後採用する想定の人材について問われ「現場で即戦力となってくれる人材」が1位で33.6%、2位が「若手人材層(20-30代)」で24.2%でした。

20~30代は若さが武器になることが分かりますが、そのボリュームゾーンを抜けると、即戦力になるかどうかでしか見てもらえなくなります。

このふたつの調査結果から、年齢が若ければ採用基準に熱意・ポテンシャルが重視され、年齢が上がるごとに、携わる業務への理解度や資格など、いわば実績に近いものが求められる傾向にあると分かります。

未経験職種へチャレンジしたい人は、その点をしっかり踏まえた上で転職活動を進めましょう。

26歳で転職するメリット

26歳で転職することにはメリットがあります。

キャリアプランやキャリアチェンジ、市場価値などについてプラス面を把握し、26歳の転職活動におけるメリットを見ていきましょう。

キャリアチェンジが可能である

26歳はキャリアチェンジがしやすい年齢です。

ポテンシャルが重要視される年齢のため、若手として教育してもらえるメリットがあります。

年齢を重ねると、現在の職場での経験ややり方に固執し、新しい環境でマイナスの影響を与えると考える企業は少なくありません。

そのため、26歳は柔軟に教育を受けて新しい環境で成果を出す可能性があると、好意的に見られる年齢です。

26歳は、新しい職種・業種にチャレンジしたい人にとってもチャンスの年齢です。

また、社会の一般的なマナーやビジネスマナーの基本ができているため、企業側はゼロから教育する必要がありません。

身につけたマナーの中で不足している部分や業界的に必要なマナーを教えるだけで済む利点があります。

いわば「20代後半(26歳)は教育コストが低い」と考えられ、業務効率の面でも歓迎される要素を持っているということです。

キャリアプランのひとつとして転職を考えている人、キャリアチェンジで違う職種・業種にチャレンジしたい人にとって、26歳は転職のチャンスがある年齢だと考えられます。

ポテンシャルと実務経験の両方がアピールポイントになる

26歳はポテンシャルと実務経験の両面をアピールできる年齢です。

新卒のように若すぎず、かといって30代・40代のように年齢を重ねているわけでもありません。

若さと社会人経験のバランスが取れている時期にあたります。

かつ、ポテンシャルを高く評価してもらえる年齢です。

社会的にはまだ十分に若い26歳は、伸びしろが期待されます。

年齢がこれよりも上がると実務経験やスキル・資格などが重視されるようになりますが、26歳なら採用側が「まだ若いからポテンシャルに期待して教育しよう」と考え安い傾向があります。

また、現在の職場で3年ほど働いた経験がある場合、それが選考で大きなアドバンテージになることがあります。

実務経験があることで、即戦力として期待される可能性が高いためです。

26歳という年齢は、ポテンシャルと実務経験の両方がアピールポイントになりますので、若さだけでなくスキルや経験も忘れずにアピールしましょう。

市場価値が高く採用されやすい

26歳で転職を希望する人は市場価値が高い傾向です。

教育コストが低い点は採用企業にとって魅力があります。

同時に26歳ならではのフレッシュな感性や柔軟性も大いに期待されるところであり、採用につながりやすい年齢です。

新卒や第二新卒よりも教育コストがかからず、それでいてポテンシャルや実務経験があるという一面は市場価値を高めます。

自分自身で向いている業種、向いていない業種を把握できている年齢であることも大きなポイントです。

新卒や第二新卒はまだ若すぎるため、自分自身の適性を把握できていないことも少なくありません。

しかし、26歳はすでに把握できている人が多く、「向いている」と自分で分かっている業種を選べます。採用側も「向いていると思ったから自社を選んだのだろう」と考え、選考の最初から新卒や第二新卒よりも期待の目を向けるはずです。

社会経験があり自分自身を把握できている人材が、なおかつ熱意やポテンシャルを持っているのなら、採用企業にとっては金の卵にもなりえます。

積極的に採用を検討し、お互いにとってよい結果に結びつけたいと考えることは決して珍しくありません。

公務員試験にもチャレンジできる

26歳は公務員試験へのチャレンジも可能な年齢です。

民間企業からキャリアチェンジを考えている人にとって大きなチャンスになります。

受ける試験によって異なりますが、公務員試験には年齢要件があります。受験するなら最低年齢、上限年齢の条件を満たす必要があります。

26歳は「大卒程度」の分類ならほとんどの試験で年齢要件を満たせます。

なお、「高卒程度」は20代前半までとされているため受験できません。

試験内容は新卒・第二新卒と同じです。

一次試験、二次試験に合格した後、採用面接へ進みます。

この時に「3年以上の社会人経験がある」とアピールできることは大きなアドバンテージです。

26歳で転職する際のデメリットや注意点

26歳の転職はメリットが多い一方、デメリットや注意点もあります。

収入面や人間関係、キャリアプランについてなど、転職活動を始める前によく考えておきましょう。

給料が下がる可能性がある

必ずしもそうというわけではありませんが、転職後、給料が下がる可能性があります。

その理由の多くは未経験の職種・業種への転職や業界に対するリサーチ不足、面接時の交渉不足が原因です。

ほとんどの26歳はまだ採用側にアピールできるような実績をあまり持っていない場合が多いでしょう。

よほど大きな成果を上げていれば話は別ですが、大幅な給料アップは難しいと考えられます。

給料面で希望があるのなら、面接時に効果的なアピールやダイレクトな交渉が必要です。

アピールや交渉が成功すれば給料アップや現職と同水準の額が期待できます。

うまくいかなかった場合、現職よりも低い給料になる可能性は否定できません。

また、現職が採用先よりも待遇のよい大手企業や外資系であれば、やはり給料が下がる可能性が高くなります。

なお、その場合は給料だけではなく福利厚生のグレードが下がる可能性も念頭に置いておきましょう。

具体的に、経験の浅い26歳は転職後の給料が新卒の初任給と同水準になることが一般的です。

給料面でどうしても妥協できないラインがあれば、面接時の交渉を成功させたり、そもそもの転職活動先の待遇を確認したりなどの努力が必要になります。

キャリアや人間関係がリセットされる場合がある

キャリアや人間関係のリセットについても考えておく必要があります。

転職した場合、これまでのキャリアが引き継がれず、リセットして一から出直しになることも考えられます。

現職と異なる職種・業種ならともかく、同じであれば不本意な思いをしかねません。

不安な場合には入職前に必ず確認しておきましょう。

特にキャリアアップのために転職を考えているのなら重要な項目になります。

人間関係についても注意しましょう。

今までの職場の人間関係がリセットされ、新しい人間関係の構築が求められます。

新たな関係性が築けるまで努力が必要です。

社会人としてのコミュニケーションを意識して、できるだけ早く新しい職場に慣れるようにしましょう。

笑顔での挨拶を心がける、前職での知識や成果をひけらかさないなど、小さな心がけがオススメです。

また、中途採用は同期がいないことも珍しくないため、孤独感を持つ可能性も考えられます。

人間関係の構築や孤独感にストレスを感じるかもしれません。

そんな時には無理な我慢をしすぎず、相談できる社内の窓口や上司などに話を聞いてもらうことも大切です。

転職回数が多い場合は不利になりやすい

年齢に関わらず、転職回数が多い人は企業からの評価が下がる傾向があります。

特に26歳という若い年齢で何回も転職している場合、採用側が難色を示す可能性も考えられます。

そのため、26歳の時点で3回以上の転職がある人は要注意です。

「すぐに転職するのは理由があるのでは?」「長続きしない人なのだろう」「我が社もすぐに辞めてしまうかもしれない」とマイナスの印象を与えやすいです。

とはいえ、転職経験があるからと言って採用されないわけではありません。

採用側が納得するような転職理由が説明できればマイナスの印象を挽回しやすくなります。

最近は政府がキャリア形成を重視していることもあり、転職しやすい市場の確立が注目されるようになりました。

そのため「転職回数が多いだけでNG」という風潮が薄れることが期待できます。

転職回数が多くても、スキルや経験、環境適応能力を重視して採用を前向きに考える企業もあります。

書類審査や面接などでどのようにアピールできるかが重要です。

26歳での転職をおすすめできる人の特徴

26歳での転職をおすすめできる人の特徴は、自分の希望を明確にしていることやキャリアアップを考えていることです。

26歳は転職に適した年齢のため市場価値が高く、採用されやすい立場になります。つまり「転職に絶好の機会」と言っても過言ではありません。

「自分がどんな働き方を望むか」「どんな業務に挑戦したいか」という目標が明確になっていれば、26歳ならではのチャンスを逃さず、自分のキャリアに活かしやすくなります。

また、転職の際には「現職の何が不満か」「どの企業なら不満が解消できるか」という分析も必要です。

希望を明確にする時には現職の不満点を考えると効果があります。

面接の時には現職への不満を質問されることもあるため、不満点を洗い出しておくと面接対策になるのもうれしい一面です。

「こんな不満があったので辞めた」より、「不満があったので改善するために努力した上で辞めた」と言えると印象がよくなります。

不満を洗い出し、自分がどんなアクションをしたのかまとめておくと便利です。

キャリアアップについて考えていることも特徴です。

「今の状態ではこれ以上のキャリアアップにつながらない」「さらにキャリアアップしたい」「どこまででけるかチャレンジしたい」など、キャリアアップを望む理由は人それぞれです。

ただし、キャリアアップを視野に入れた転職は入念な準備が必要です。

まずは長期的なキャリアプランをたてましょう。

場当たり的な転職では希望するキャリアアップにつながらないかもしれません。

「5年後、10年後に自分は何をしているか」「どんな資格を取るべきか」など、明確なビジョンを持った上で転職活動に臨みましょう。

26歳での転職をおすすめできない人の特徴

26歳での転職をおすすめできない人にも特徴があります。

転職を試みる主な理由がキャリアアップや新しいことへの挑戦ではなく、現職への不満のみであることや、年収をあまり下げたくないと考えていることです。

現職への不満がある場合、その不満が「人間関係が嫌だ」「待遇が合わない」であれば、さらにおすすめできません。

人間関係は転職してもまた新しく生まれます。

その環境が現職よりも改善されている保証はありませんし、待遇が良くなる保証もありません。

人間関係や待遇についての不満であれば、まずは現職で改善を試みてみるのも大切です。

人間関係は自分の言動を少し変化させれば改善される可能性があります。

待遇についても努力し、実績を積めば自分の評価を上げられるかもしれません。現職への不満は現状の努力で解決の望みがあります。

ただ、努力してもどうにもならない、確実に現職企業に責任があるのであればその限りではありません。

「自分でできる限りの努力をしても無理だった」という結論が出れば、26歳の強みを活かして転職を目指しましょう。

あまり年収を下げたくないと考える人も要注意です。

「転職したい、でも年収はあまり下げたくない」という状況なら、もう少し現職で経験を積むのもよい方法です。

転職時の年齢は上がりますが、その年齢にふさわしいスキルと実績が新しい市場価値になります。

年収が下がらないように交渉できるだけのスキルと実績を身につけ、改めて転職活動にチャレンジするのがおすすめです。

また、それだけのスキルと実績があれば、転職先で年収アップも期待できます。

今踏みとどまることで大きなメリットが生まれるかもしれません。

26歳での転職を成功に導くポイント

26歳での転職がおすすめできる人は、転職を成功させるためにいくつかのポイントを知っておきましょう。

経験やスキルを明確化しておく

今まで会社でどのようなことに取り組んだか、どのようなスキルが身についたかを言語化しましょう。

自分の言葉で説明することが大切です。具体的なスキル、経験を的確に伝えられるよう洗い出しておきます。

現職と異なる未経験の職種・業種に転職するとしても、持っているスキルや身についた経験はどこかで役に立ったり、評価対象になったりします。

成果を出すためにどのようなプロセスをたどったか、課題への対処法なども注目されます。

業務内容が採用先と違うとしても、自分で考え、対応できたかという点が重要です。

自主性を持って適した対応ができていれば、異業種でも戦力になると期待されます。

企業によっては成果よりもプロセスを聞きたいと考えることもあるようです。そのような企業と面接する時を想定し、成果だけではなく、プロセスについても掘り下げて明確化しておきましょう。

転職理由を明らかにしておく

転職理由を明らかにしておくのも大切です。

明確な転職理由を自分の言葉で説明できるように準備しておきましょう。

採用側の中には「長く勤めてほしい」と思っている企業があります。

そのような企業は転職理由が明確でなければ問題視しがちです。

「あまりはっきりした理由がないのなら気まぐれに辞められてしまうかも」「人に言えない理由があるのでは?」と思われてしまってはかないません。

納得してもらえるように転職理由をまとめ、求められれば明らかにできるようにしておきましょう。

転職理由は人によってさまざまですが、転職活動で伝える時にはポジティブな理由を伝えた方が効果的です。例えば「人間関係に悩んで…」という理由はネガティブで、「同じことがあったらまた転職してしまうのでは?」と心配されてしまいます。

ただ、嘘をついてはいけません。

転職経験がどうしてもネガティブになってしまう場合には、ポジティブな表現で伝え、アピールも忘れないようにしましょう。

自己分析や情報収集をしっかりと行う

自己分析と業界や企業の情報収集をおこないましょう。

自己分析は転職先を選ぶ時、自分に合う業務かどうかを判断する重要な情報になります。

どのような業務が得意か、結果を出すためにできる努力は何か、今までどのようなプロセスで課題に向き合ってきたか、やりたい業務は何か…など、できる限り詳細な自己分析がおすすめです。

自分に合う業界や企業を見極めやすくなります。

転職先として考えている業界や企業についての情報収集も重要です。

必要なスキル、求められる経験、社風などを理解し、対策した上で選考に望むとよい結果につながりやすくなります。

また、情報収集によって自分が思っていたビジョンと異なることに気付く時もあります。

入社後にミスマッチに気付くより、早い段階で気付いた方がよいことは間違いありません。

キャリアプランをたてておく

転職するにあたって、長期的なキャリアプランをたてておくことは重要です。

転職後にはどのような目標を持って業務にあたるか、5年後、10年後は何をしているかなどを考えましょう。

キャリアプランをたてることによって「特に大きな理由はないけど転職しよう」という状況が回避できます。

先に触れましたが、企業は転職理由が不明確な場合、よい反応をしません。

キャリアプランは「こういう目標や理由があるから転職する」という裏付けになります。

また、キャリアプランがあれば将来の選択肢も変わるかもしれません。

長期的なキャリアプランは未来のビジョンです。人生設計の一部としても役立ちます。

キャリアアドバイザーへ相談する

キャリアアドバイザーへ相談すると効率がよい転職活動につながります。

現職が忙しい人、確実な転職を目指したい人にとって心強い味方になります。

キャリアアドバイザーは自己分析や転職理由の洗い出しなど、幅広い面で転職活動のサポートをします。適した業種やおすすめの求人などの相談も可能です。

転職のノウハウを知っているため、26歳でまだ転職に不慣れな人でも適切なアドバイスが受けられます。

安心して転職活動をしたいのなら、キャリアアドバイザーへの相談はおすすめの方法です。

26歳で転職を考えているならPaceBox

26歳は転職で成功する確率が十分にある年齢ですし、転職を考える方も多い年代です。

また、26歳ならではのポテンシャルや社会経験の両方が期待され、転職を考えるのに適しているともいえるでしょう。。

PaceBoxは企業からオファーが届く転職サービスになり、転職活動における相談もキャリアアドバイザーにすることができます。

プロフィールを入力してオファーを待つことになるので、自分では想像していなかった企業や求人と出会えるかもしれません。

26歳で転職を仕様と考えているのであれば、キャリアドバイザーに相談も可能なPaceBoxに登録してみてください。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

履歴書の特技欄には何を書く?書き方のポイントと好印象な特技の見つけ方|の画像

履歴書の特技欄には何を書く?書き方のポイントと好印象な特技の見つけ方

年収300万円の手取り額や生活レベルとは?年収UPを目指すための方法を解説|の画像

年収300万円の手取り額や生活レベルとは?年収UPを目指すための方法を解説

転職のきっかけは30代で変わる?30代の主な転職のきっかけを紹介!|の画像

転職のきっかけは30代で変わる?30代の主な転職のきっかけを紹介!

資格は特に必要ない?コンサルタントの仕事内容や必要な能力|の画像

資格は特に必要ない?コンサルタントの仕事内容や必要な能力

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧