中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職が怖い場合に不安を解消する方法!成功を掴み取る対処法も解説

転職が怖い場合に不安を解消する方法!成功を掴み取る対処法も解説

転職は新しいスタートを切るチャンスですが、転職活動には不安が付きものです。年齢やスキルが原因で転職が怖いと感じている方へ、不安を解決し転職活動を成功させるための具体的な方法をご紹介します。

転職活動の準備段階から、転職活動中、内定後に至るまで、それぞれの段階で感じることの多い不安に対処するのにお役立てください。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

「転職の不安」は3種類に分けられる

転職活動において感じる不安は人によってさまざまですが、基本的に転職活動前の不安・転職活動中の不安・転職活動後の不安、の3つに分けられます。不安を解消するには、自分が抱えている不安に向き合う必要があります。

まずは具体的に不安を感じている理由を把握して、それに応じた対策をとることが大切です。この記事では、転職活動前・中・後の3つの段階に分けて、不安の主な理由とその対処法について説明します。

転職活動前に不安を感じる理由と解消法

転職活動前には、自分が希望するような転職ができるのか漠然とした不安を抱くことが多いでしょう。自分に自信がなくて転職活動がうまくいくのか分からない、何から始めたらいいか分からず動けない、と感じる方もいます。
転職活動前に抱えがちな不安と、うまく乗り切るための対処法を解説します。

転職のタイミングがよく分からず不安

転職活動では、タイミングは多くの人にとって悩みの種です。

例えば現職の勤続年数が短いうちの転職は、「現職の期間が短いと仕事が続かない人と見られるのではないか、けれども後になるほど転職しにくくなるのでは…」と迷うかもしれません。特に、新卒の場合3年以内は転職しないほうがよいと聞いたことがあるでしょう。入社して何年後に転職するのがよいかは個人の状況によって異なりますが、参考として統計から一般的な状況を見てみましょう。

厚生労働省の「令和2年転職者実態調査の概況」によると、正社員に転職した人の前職の勤続年数は、「2年以上5年未満」が 28.4%、「1年以上2年未満」が18.3%、「5年以上10年未満」と「10 年以上」がどちらも 18.0%、「1年未満」が 16.9%でした(2020年10月時点)。つまり、「1年未満」も含めた「2年未満」の人が35.2%、さらに「5年未満」の人すべて合わせると63.6%に上ります。勤続年数の短さが転職に悪影響とは言い切れないのが統計からは読み取れます。
参照:令和2年転職者実態調査の概況(p16)

今は自分にとって転職したほうがよいタイミングなのかを知るために、求人票を見てみるのも手です。希望する仕事に求められる経験や年齢などの条件を見れば、今のうちがよいのか、もう少し経験を積んだほうが有利なのかが分かるでしょう。

1年のうちのいつにするべきかを悩むこともあるかもしれません。この時期に関しては、もしタイミングに悩むようであれば、求人が多い時期に転職活動をおこなうのがよいでしょう。業種にもよりますが、一般的には年度末や中間決算時期頃がおすすめです。多くの企業では、新年度や下半期に向けて必要な人材の確保が行われます。このタイミングで多くの求人票が出るのでチェックしてみましょう。

自分のキャリアや年齢で転職できるか不安

20代で職歴が短い場合、スキルや経験年数の不足が原因で自信が持てない方がいます。一方、30代以上では、自分は年齢的に転職に支障はないか、自分のキャリアを適正に評価してもらえるか、といった不安を抱える方もいます。

「35歳の壁」という言葉を見聞きしたことがあるかもしれません。業界や職種によっては35歳以上になると転職が難しくなるという意味です。しかし、転職活動では年齢を気にしすぎず、自分のスキルに応じた転職先を探すことがポイントです。

まずは自己分析をして、自分の強みを確認するところから始めましょう。そして自分のスキルや経験をどのように企業側にアピールすればよいのか、準備に時間をかけましょう。しっかりと準備をすればそれが自信となり、スムーズな転職活動へとつながっていきます。

参考:30代で転職!心構えから未経験者におすすめの仕事まで幅広く解説

現職と転職活動を両立できるか不安

ただでさえ忙しい生活なのに、転職活動をする余裕があるだろうかと思う方も多くいます。確かに、新卒での就職活動と異なり、働きながら空き時間に転職活動を進めていくのは大変なことです。スケジュール的にも、体力的にも負担が大きくなります。

また、現在の職場では表立って転職活動をすることがはばかられるため、面接に行く際に早退や休みを申請するのがストレスになるかもしれません。このような状態がどれだけ長引くのか、不安に感じるのも無理はないでしょう。

現職と転職活動を両立させるために、スケジュール管理は必須です。タスク管理ツールを活用して、いつまで何をすべきかを明確にしていきましょう。取れる時間が少ないので、十分余裕をもってスケジュールを組むことが大切です。

会社に属している限り優先順位は現職が上なので、休日の有効活用が鍵となります。現職をおろそかにすることなく、休日や退勤後に集中して転職活動をすることが後の円満退社へとつながります。

職務経歴書登録して

オファーを待とう!!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

希望条件とマッチした求人があるか不安

中途採用の求人数はある程度限られているため、自分が希望する条件にマッチする求人があるかという不安も付きまといます。生活がかかっているため、「これまでの待遇より悪くなったらどうしよう」と考えるのも当然でしょう。また、「転職活動に多くの労力をかけた割に、それに見合う転職先が見つからなかったら…」と心配になる方もいます。

そういった不安を解消するには、転職先に求める条件を自分の中で明確にすることが重要です。業務内容や出勤時間帯、給与や待遇など、あれもこれもと思う気持ちは分かりますが、まずは優先順位を決めましょう。どうしても譲れない条件を3~4項目に絞り、それ以外は多少希望とは違っても応募してみる姿勢のほうが成功しやすくなります。選考が進むうちに、思いのほか自分に合った会社であることに気付くかもしれません。

自分がどのようになりたいのか、まずは自分をしっかりと見つめ直し、将来のキャリアプランやライフスタイルにあった転職先を探しましょう。

希望の業種・職種へ転職できるか不安

未経験の業種や職種への転職を希望しているものの、スキルも経験もないので採用されるのか不安という方もいるでしょう。結論から言うと、難易度は高いですが異業種への転職は可能です。

とはいえ、採用では経験者と比較されるため、熱意を持って学ぶ姿勢はもちろんのこと、これまでの自分の経験やスキルが転職先でも活かせることをアピールし、自分を採用する価値を明確に伝える必要があります。

資格が重視される職種であれば、転職活動中に資格を取得するのも強みになります。また、希望する職種に関連した、転職難易度の低い職種にまず転職して経験を積むのも一案です。

例えば、SEになりたい場合、知識があれば未経験者OKとしている企業もありますが、関連した資格などを取得してスキルがあることを示す必要があります。関連する職種であるプログラマーとして経験を積むなら、さらに有利になるでしょう。

スムーズに退職できるか不安

現職を円満に退職できるかも気になるポイントですが、きちんと手順を踏むことで問題の発生を抑えられるでしょう。希望の期日で円満に退職する方法について、以下の手順を思いに留めておいてください。

  1. 直属の上司に退職の意思を伝える
    まずは直属の上司に正直に意思を伝えましょう。退職の理由を説明し、あらかじめ退職日なども相談します。
  2. 退職日は会社の状況も配慮して決める
    退職日は自分の希望があっても、会社の繁忙期などに重なると思うようにはいかないことがあります。就業規則も確認した上で、できるだけ早めに上司に相談し、スケジュールを調整していくようにするとスムーズに進むでしょう。
  3. 引き継ぎをしっかりおこなう
    退職後も会社の業務が円滑に進むように、しっかりと引き継ぎをすることが大切です。業務内容や進捗状況などを整理して引き継ぎ先に伝えましょう。
プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職活動中に不安を感じる理由と解消法

転職活動をスタートさせたら、今度はどうしたら選考を通過できるか具体的な不安が生じます。以下では、転職活動をスムーズに進めていくための方法についてご紹介します。

書類選考を通過できるか不安

転職活動の第一関門である書類選考ですが、自分の経歴にそれほど自信がない場合、採用担当者の目にどう映るか気になる方もいるでしょう。転職経験がない場合は、履歴書は書いたことがあっても職務経歴書を書くのは初めてなので、どのように書いたらよいか迷うかもしれません。
以下のようなポイントをおさえた職務経歴書を作成する必要があります。

  • 求人票や企業のサイトをよく読む
    採用欄にはどのようなスキルや経験を求めているか書いてあることが多いので、該当するスキルがあれば強調するようにします。
  • 実績を具体的に書く
    具体的な数字や例を挙げて、客観的にわかりやすい仕方で自分の実績をアピールします。
  • 経歴の穴を埋める
    ブランクがある場合は、その期間中に取得した資格などを書けるとより好印象を与えられるでしょう。
  • 関係する資格を書く
    希望の職種に関連する資格を中心に書き、自分の強みをアピールします。必ず正式名称で書きましょう。記載できる資格が少ない場合は、勉強中のものも記載します。


中途採用をする場合、企業側は求職者が自社の即戦力になれるかどうかを知りたいと思っています。相手企業に応じて職務経歴書の内容も調整し、採用基準に合わせて自己PRするようにしましょう。

面接選考を通過できるか不安

転職活動の重大な局面であるのが、採用面接です。自分以外の応募者が皆有能な人物に見えて、どうやったらうまくいくのか不安が募りやすいフェーズです。

そんな不安を解消するためにまずおこなうべきことは、企業研究です。応募企業のホームページやSNSで、企業理念やビジョン、商品や業務内容などについて確認しておきましょう。面接官が求めている人物像やアプローチ方法を理解し、より有利に面接を進めることができます。

次に、自己PRの練習をします。面接で重要なのは、自分の強みやスキル、経験などを面接官にわかりやすいように伝えることです。書類には書ききれなかった実績の詳細などを織り交ぜて自己PRすると印象に残りやすいでしょう。身近に練習相手になってもらえる人がいるのなら、模擬面接などをおこなうと当日の緊張緩和にもつながります。

面接では、話す内容だけではなく、話し方も見られています。まずは自分のペースで話せるように冷静でいることを心がけてください。まずは相手の話をきちんと聞いて正しく理解し、慌てずに受け答えするようにすると好印象です。面接官と適度に目を合わせ、聞き取りやすい声の大きさで話しましょう。

面接にどうしても自信がない方や、自己PRがうまくできない方は、キャリアアドバイザーにアドバイスをもらうこともできます。

圧迫面接を通過できるか不安

転職活動における面接で、圧迫面接が行われたらどうしようと思う方もいます。多くの企業はそのような手段はとりませんが、まれに圧迫面接とも言える手法で採用面接をおこなう企業があります。圧迫面接は応募者をあえてストレスフルな状況において、緊張した状態での回答を引き出すことを目的としています。

圧迫面接を乗り切るコツは「冷静さ」です。厳しい態度の背後の意図を読み取るようにしましょう。面接官は求職者の本質的な性格やストレス耐性、難しい状況でのコミュニケーション能力などを知りたいと考えています。圧迫面接だと感じたら、相手の反応にあまり感情的に応じないように心掛け、質問にも簡潔に答えるようにします。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職後に不安を感じる理由と解消法

いよいよ転職先が決まり新たな一歩を踏み出せるのはうれしいことですが、新しい職場に順応できるか不安も出てくるかもしれません。転職先の人間関係や業務にうまく対応できるかといった不安を乗り切るために、いくつかの対処法を知っておきましょう。

転職先の社風に馴染めるか不安

転職先の社風や雰囲気は、長く勤務していく上でも気になるところです。次のような方法で調べるとよいでしょう。

  • 実際に働いている社員に話を聞く
  • 企業のホームページで先輩社員のインタビューを見る
  • 面接で会社を訪れた際に、社員の服装やコミュニケーションの頻度などを観察する

社員に話を聞くのが一番ですが、そのような知り合いがいない場合は、面接で訪れた際に会社の雰囲気や社員の勤務態度を確認しましょう。転職後すぐに馴染みやすいように、まずは社風に合った服装をすることから始めてみるのも一案です。

転職先の人間関係に馴染めるか不安

新しい人間関係に緊張を感じるのは、多くの人に共通することです。とりわけ、以前の職場で人間関係がうまくいかず、うつ症状に悩まされていた方にとって、転職先の職場の人間関係は気になるところでしょう。

入社後の人間関係をスムーズにするには、自分から積極的にコミュニケーションをとることが重要です。実のところ、周囲の人も新しく入ってきた人がどんな人か分からず、どう接するべきか様子をうかがっているかもしれません。

基本的なことですが、挨拶はやはり大事です。いつも笑顔を心掛け、話しかけやすい雰囲気を作りましょう。早く社員の名前を覚えて、なるべく名前で呼びかけると、距離感を縮めることができます。お昼休みや会議の合間などはコミュニケーションのチャンスなので、分からないことを質問したり、世間話をしたりして交流を持ちましょう。

新しい業務にうまく対応できるか不安

異なる業種や職種の場合は、転職先の業務をこなせるか不安に感じるでしょう。同じ職種であったとしても、転職先でこれまで培った経験やスキルをうまく生かせるか、評価してもらえるか心配になるかもしれません。
新しい業務にうまく対応していくために、以下の点に留意しましょう。

  • 積極的に業務に取り組み、自分の業務に責任を持って果たす
  • わからないことは何でも質問し、自分から学ぶ姿勢を示す
  • 仕事の進め方や職場のルールをメモし、覚える
  • 報連相をおこなって、上司が安心して仕事を任せられるようにする
  • 前の職場のやり方のほうがよい、などと言わない

慣れないうちは不安があると思いますが、上記の点を実行していくと、徐々に信頼関係が生まれて重要な仕事を任されるようになるでしょう。

会社には独自のルールが存在します。前職のほうがよいと思う点があっても、あまり比較したり、批判的になったりしないようにしましょう。まずは新しい知識やルールを謙虚に学んで実践します。どうしても改善したほうがよいと思う点は、職場にしっかり馴染んだ後に、少しずつ提案していけるかもしれません。

新しい業務にやりがいを感じられるか不安

これまでの業務に物足りなさを感じて転職した方にとって、転職先の新しい業務が楽しめるかどうかは重要な問題でしょう。やりがいのある仕事を任せてもらえるだろうかと思うかもしれません。

そのような不安を解消するには、自分の強みにあった業務を選ぶことが重要です。自分の強みが活かせる分野なら、更なるキャリアアップを目指しやすいので、やりがいを感じやすくなります。

また、明確な目標をもつことも重要です。自分にとって未知の分野への挑戦であっても、目標があると、新たな知識を身につけてスキルアップしていく意欲が湧きます。前職と同様の職務であっても、目標を意識すると漫然と仕事をこなすことを避け、達成感や充実感が生まれるでしょう。

未来のキャリアにつながるか不安

今回の転職によって、将来更なるキャリアアップが実現できるのか不安を感じることもあります。その場合は、自分自身のキャリアビジョンを明確にしましょう。

以下のような点を考えてみることが助けになります。

  • 将来どんな自分になっていたいのか
  • この転職で将来の目標に近づけるのか
  • 理想に対して今の自分は何が足りていないのか
  • 今培っているスキルは将来どのように役に立つのか

上記のようなことを今一度考えて、何かに書き出して思考を整理してみましょう。キャリアビジョンが明確になると、転職活動するうえでブレない軸となります。

思い描くキャリアプランに近づくために、どのような転職活動をすればいいのか迷う時は、キャリアアドバイザーにアドバイスを求めてみるのもおすすめです。プロの意見を聞くことで、自分には考えつかなかったアプローチ方法でキャリアアップにつなげられるかもしれません。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職が不安でも成功を掴み取るための対処法

転職は大きな決断です。これまでの会社よりも良い会社に転職し、やりがいのある業務をしたいと思うのは当然のことです。さまざまな不安を乗り越えて、成功を掴み取るためにはどのようなことに気をつければいいのか、4つの有効な対処法をご紹介します。

自己分析をして転職の目的を明確にする

転職活動は長くなればなるほど、不安が募りストレスがたまります。長い転職活動を乗り切るには、自分の中にしっかりとした目的を持つことが重要です。

これまでの業務でどんな点が不満だったのか、これからはどういう風に働きたいのか、まずはそこを明確にしましょう。
そして時間をかけて自己分析をおこなうことをおすすめします。自己分析は転職活動の成功の鍵です。自分のやりたいこと・できることを把握し、会社に求める条件の優先順位をつけましょう。

自分の強みを理解して自信をもつ

自分の強みは何でしょうか?自分の強みについて即答できる人は意外と多くありません。自分がこれまでどのような経験をして、どのような実績があるのか、まずは書き出してみましょう。自分の強みが分かれば自信につながり、転職における不安も少なくなります。

時間があるのなら、強みを強化したり経験不足を補ったりするために、資格を取得することも有効です。資格を取得できれば転職活動を有利に進められますし、自己成長にもつながります。

業界研究・企業分析をおこなう

転職活動において、自分が希望する業界や企業分析をおこなうことも重要です。現職を続けながら転職活動をする場合は、時間が足りないためにおろそかになりがちですが、転職後のミスマッチを防ぐために不可欠な作業です。志望動機やエントリーシートの対策にもなりますので、時間をとっておこなうことをおすすめします。

労力と時間をかけて転職した後に後悔しないように、求人票の業務内容や福利厚生などにもしっかり目を通すようにしましょう。業務内容が詳しく書かれている場合は、自分のスキルや経験、希望とマッチしているかを確認します。

休日や勤務地、勤務時間、リモートワークの実施状況なども重要な要素です。残業の多さなども、業界研究などをしていると想像がつきやすくなります。同業種の知り合いがいる場合は、残業や休日などについて聞いてみると、転職後のミスマッチ防止に役立つでしょう。

プロのキャリアアドバイザーに相談する

転職活動にいき詰まった時、転職活動を効率的に進めたいとき、どうしても就職したい転職先があるときなどは、プロのキャリアアドバイザーに相談する方法があります。
転職活動前から転職した後まで不安はつきません。なかには、ストレスがたまって眠れない状態になる方もいるかもしれません。冷静な判断ができないと有意義な転職にはつながりにくいので、そんな時はプロの力を借りましょう。

自己分析が苦手な方も、キャリアアドバイザーと一緒にキャリア設計をおこなうことができます。自分では気づけなかったようなスキルや強みを見出してくれるので、アピールポイントが増えるのも魅力です。職務経歴書の書き方や面接対策までプロのアドバイザーが効果的な方法を提示してくれるので、自信を持って転職活動を進められるようになるでしょう。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職の不安は「PaceBox」に相談

転職活動を伴奏してくれる有能なキャリアアドバイザー「PaceBox」は、オンラインで気軽に利用できることから人気が高いサービスです。一般的な転職サービスでは、希望条件を入力しても、全く希望に当てはまらないようなオファーが数多く届くことがありますが、「PaceBox」では届くオファーを自分で設定できます。勤務地など譲れない条件があるのなら、それにマッチしたオファーだけを受け取ることができるので時間の短縮になります。
それでいて、いつでも自由に希望条件を見直せるので、条件を絞りすぎることによってオファーが少なくなる心配も無用です。自分なりの探し方で、転職活動をスムーズに進めましょう。

転職活動に詳しいプロのキャリアアドバイザーがキャリア設計などの相談に乗ってくれるので、自分だけではどうしたらいいか分からない場合も安心です。プロのアドバイスに沿ってプロフィールを作成できるので、自分1人で悩むよりも効率的で効果的な転職活動がおこなえます。

転職が不安で怖いなら、状況に応じた解決法を試してみよう

転職は大きなチャレンジですから、不安を感じるのも自然なことです。転職活動前から転職中、転職後のそれぞれの段階で不安の理由は異なるでしょう。本記事で取りあげた不安のなかで自分に当てはまるものが見つかったら、解決法を実行してみましょう。何をしたらよいか迷ったら、プロのキャリアアドバイザーへの相談も有効です。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

正当な理由のある自己都合退職とは? 失業保険の受給方法や給付日数などを解説|の画像

正当な理由のある自己都合退職とは? 失業保険の受給方法や給付日数などを解説

20代のうちに転職する?転職は20代のうちにしても良い理由|の画像

20代のうちに転職する?転職は20代のうちにしても良い理由

自動車免許は履歴書に書くべき?記入の基準と正しい書き方・注意点を紹介|の画像

自動車免許は履歴書に書くべき?記入の基準と正しい書き方・注意点を紹介

転職したいときはなにから始める?取るべき行動や注意点について考えよう|の画像

転職したいときはなにから始める?取るべき行動や注意点について考えよう

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧