中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

転職時の必要書類とは?転職先に提出の必要がある書類を解説!

転職時の必要書類とは?転職先に提出の必要がある書類を解説!
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職活動の際は、応募先の企業に提出する書類や、在籍していた企業に返却するもの、受け取る書類など、さまざまな必要書類があります。

転職の際に提出や関係のある必要書類を紹介します。

転職活動を始める際、応募する際、内定を得た際など、シーンに分けて必要書類や受け取る書類を確認しておきましょう。

転職活動を始める際に必要なもの

転職先へ入社するまでには、さまざまなものが必要です。

転職活動をしていくうえで「必要となる物品」や「確認しておくべきこと」をチェックしていきましょう。

必要なもの

転職活動をしていくうえで必要となるものは、基本的にすでに所持しているものが多いでしょう。必要となるものは、以下のとおりです。

応募先の企業とスムーズに連絡を取るために必要なもの

  • 個人的に使えるメールアドレス
  • 携帯電話
  • パソコン

生活のために必要なもの

  • 生活費や交通費として使える、ある程度のお金

複数の企業の選考スケジュールに対応するために必要なもの

  • スケジュール管理ツール
  • スケジュール帳

これらのうち、パソコンは応募先の企業との連絡だけではなく、応募書類の作成のためにも使います。

インターネットカフェなどにもパソコンがあるものの、転職活動で使うときには多くの個人情報を扱うため、ほかの人も使える公共のパソコンはできるだけ使わないほうが良いでしょう。

最近では、アプリを使えばスマホで応募書類を作成可能です。

お金は、転職によって年収が下がる場合や、転職活動が長期化した場合に備えた資金があるとなお良いでしょう。

転職活動の前に確認すべきポイント

転職活動を始める際には、まず前職の退職のために必要な期間の目安を知っておきましょう。

実際に退職できるおおよその時期がわからないと、転職活動をする際に希望する企業に対していつから働けるのかを言えません。

中途採用を実施している企業では、実際に入社して業務にあたってくれるのがいつからなのかを気にしているため、入社日が不明確では採用を見送られてしまうことがあります。

退職を告げてから1ヶ月後なのか、2ヶ月後なのか、前職を退職するために必要な期間の目処を立てておきましょう。

また転職活動を始める際は、自分が転職する目的や転職先を選ぶときに重視するポイントが明確になるように、整理しておくことをおすすめします。

自分が重視するポイントが分かっていないと、応募企業を選ぶ際に判断しにくくなり、転職を失敗してしまうことにもつながりかねません。

なお、もしも前職を退職してから再就職するまでに期間が空く場合は、すぐに転職する場合よりも公的な手続きが多く必要です。

健康保険の変更や雇用保険の給付手続き、年金の変更、住民税の支払いなど、手続きをしなければならないものが増加するためその分必要な書類も増えます。

転職の求人応募に必要な提出書類

求人へ応募する際には、「履歴書」「職務経歴書」「送付状」などの書類を用意する必要があります。

また紙の履歴書を用いるのであれば、「写真」「印鑑」「筆記用具」などもほとんどの場合でかかせません。

このうち、写真はデータとして送る場合もあります。

履歴書に貼る写真は、採用担当者に与える印象を変えることもあるものです。

書類選考の結果を左右するケースもあるため、服装や髪型、メイクなどに気をつけましょう。

それでは、求人へ応募する際に必要となる履歴書や職務経歴書、送付状について解説します。

履歴書

履歴書は、市販のものを購入する場合と、インターネットからダウンロードしたものを使う場合があります。

どちらであっても、求人へ応募する際に使用することには問題ありません。

履歴書に誤字脱字がある、用意されている欄になにも書かれていないなどの部分があると、採用担当者にネガティブな印象を与えてしまいます。

「大切な書類を雑に扱う人だ」と思われないよう、書き終わってからも、誤字脱字や空欄がないか細部までしっかりとチェックしなおしましょう。

転職活動をする際は、複数の企業の求人に応募することが多いです。

しかし、ほかの企業で使った書類の内容を使い回すと、採用担当者にすぐに見抜かれてしまいます。

悪い印象を与えて合格の確率を低くしてしまう可能性があるため、志望動機や自己PRなどを書く際は、応募先企業ごとに十分に考えた内容を書きましょう。

職務経歴書

職務経歴書とは、仕事に関してどのような経験やスキルがあるのかをまとめた書類のことです。

一般的に、職務経歴書はパソコンを使用して作ります。

職務経歴書には決められた形式がなく、さまざまなフォーマットで作成可能です。

その分初めから作ることは大変なため、インターネットからサンプルをダウンロードして作成すると作りやすいでしょう。

履歴書も職務経歴書も、どちらもインターネットなどから気に入る形式のものを選んで書類を作れます。

しかし、履歴書はある程度のフォーマットが決まっているものです。

職務経歴書は表現の仕方やフォーマットの自由度が高いため、自身の経歴にあわせてアピールしやすいものを選択して利用すると良いでしょう。

送付状

求人へ応募する際、必要な書類を郵送する場合には、送付状・添え状を同封してください。

送付状もインターネット上でテンプレートが配布されているため、うまく活用するといいでしょう。

送付状は、以下のような内容を記載します。

  • 希望職種を明記する
  • 同封している書類の種類を記載する
  • 履歴書などに興味を持ってもらえるように、短くアピール内容を書く

なお、求人へ応募する際にメールを使うケースもあります。

メールで応募する場合は、PDF形式で送信すると良いでしょう。

メールの本文は、「宛先・あいさつ・内容・締め・署名」が基本的な構成です。

転職の面接の際に必要な提出書類

オンライン応募の活用などによって、面接のときまでに履歴書や職務経歴書を提出していなかった場合などは、面接の際に応募時の必要書類を持参します。

念のために、応募先の企業の連絡先と住所をメモして、必ず持っていくようにしましょう。

面接でのやり取りをメモできるように、筆記用具も用意しておきます。

応募先の企業の連絡先と住所のメモは、場所が分からなくなってしまったときや、約束の時間に遅れてしまいそうなときなどに役立ちます。

スマホでも同様の情報を保存しておくと安心です。

また、約束の時間に遅れてしまうなどのトラブルがないように、面接会場までの道を確認し、余裕が持てる時間に出発しましょう。

面接の際の服装は、基本的に特別な指定がない限りはスーツを着用します。

身だしなみで清潔感を出せると面接での印象が良くなるため、スーツを事前にクリーニングに出し、ブラウスやシャツにアイロンをかけておくのがおすすめです。

服装だけではなく、髪型やメイクまでしっかりとチェックしておきましょう。

また、面接で話す内容がまとまっているかどうかも、事前に確認して練習しておくべきです。

面接を受ける際は、携帯電話やスマホの電源を切っておきましょう。

履歴書

先述のとおり、履歴書などを送付せず、面接の際に提出するケースがあります。

また、すでに応募書類を提出していたとしても、場合によっては面接の際に再度提出を求められる可能性もあるため注意が必要です。

応募書類を提出済みの場合でも、念のためにきれいな封筒に入れて持参すると良いでしょう。

カバンの大きさによっては、持参する履歴書や職務経歴書が折れてしまう可能性があります。

面接を受けにいく際は、大切な書類をきれいな状態で持ち運べるように、A4サイズのものがすっぽりと収まる大きさの、シンプルなカバンを使用するのがおすすめです。

職務経歴書

同様に、職務経歴書もきれいな封筒に入れて持ち運びます。

職務経歴書はフォーマットの自由度が高いです。一般的には、A4用紙1~2枚程度にまとめることが多いです。

履歴書に記載できない今までの自身の経験を詳しく書き、応募企業でどのように生かせるかを採用担当者にアピールしましょう。

採用担当者は職務経歴書を用いて、求める実務能力を応募者が満たしているかどうかをチェックします。

職務経歴書は、書類選考の際だけではなく、面接の際にも確認される書類です。

面接の際は職務経歴書の内容から質問されることが多いため、面接の前に改めてチェックしておくと良いでしょう。

転職の内定を得た際に受け取る書類

無事に面接などの採用試験に合格し、内定を得たときには、「内定通知書」「労働条件通知書」などの書類を受け取ります。内定を得て現職を退職するときには、さまざまな手続きが必要です。

現職の有休を消化しつつゆっくりとしたいところであるものの、実際にはやるべきことが多いことを理解しておきましょう。

それでは、まずは内定を得た際に応募企業から受け取る2つの書類について解説します。

内定通知書

内定を得ると、応募した企業から内定通知書が送られてきます。

タイミングに決まりはないものの、一般的には最終面接の1週間~10日後までに送付されることが多いです。

内定通知書とは、企業が応募者に対して内定の意思を通知するための書類です。

内定通知書の発行は、内定者に対する労働契約の承諾を意図して送られるものであり、多くの判例では内定が出されたときに雇用契約が成立すると解釈されています。

ただし、企業からの内定の取り消しもありえるものであり、さらに応募者からの内定辞退も可能です。

労働条件通知書

内定通知書と一緒に、労働条件通知書や内定承諾書も同封している企業は多くあります。

労働条件通知書とは、就業場所や業務内容、休日休暇といった労働条件を記した書類です。

記載されている内容を確認し、希望どおりの内容かどうかをしっかりと確認しましょう。

もしも複数の企業から内定を得られた場合には、それぞれの条件を比較してから入社する会社に承諾の意思を伝え、辞退する企業にもその旨を伝えます。

また内定承諾書とは、内定通知書に記載された労働条件を内定者が同意したと記録しておくための書類です。

内定通知書と労働条件通知書は、兼用する場合もあります。

転職が決まり退職の際に提出・返却する書類

転職活動をする際は、もともと働いていた職場を退職するために提出・返却したり、現在の企業から受け取ったりする書類があります。

退職の際に提出・返却したり、受け取ったりする書類は、以下のとおりです。

  • 退職願
  • 健康保険被保険者証
  • 雇用保険被保険者証
  • 源泉徴収票

一般的に、退職の1ヶ月半~2ヶ月ほど前から直属の上司に退職の意思表示をします。

退職の1ヶ月前ぐらいに退職願の提出や業務の引き継ぎをおこない、2週間前ごろから取引先へあいさつ回りをします。

退職当日には貸与・支給されていた備品などを返却し、必要書類を受け取り、社内の関係部署などへあいさつをするという流れです。

それでは、退職する際に関係のある書類の内容などを解説します。

退職願・退職届

在職中の企業を退職する意思が固まったら、いつごろに退職したいと考えていることを願い出る「退職願」を提出しましょう。

退職が決まってから、さらに「退職届」を提出します。

企業によっては、退職願や退職届の書類を提出せず、口頭での連絡のみで終わる場合もあります。

退職願のフォーマットが定まっている企業もあるため、どのように対応すればいいのかを就業規則で確認しておくと良いでしょう。

健康保険被保険者証

健康保険は、勤め先の企業を辞めた時点で脱退することになります。

そのため、健康保険の被保険者証を在籍していた企業に退職時に返却する必要があります。

最終出社日に有給休暇を取得している場合など、直接返却できないようであれば、後日郵送で返却しましょう。

健康保険組合を組織していない企業で働いていた場合は、全国健康保険協会(協会けんぽ)の保険証を返却します。

また社員証や入館証、IDカード、社章など、貸与・支給されていた備品などもあわせて返しましょう。

雇用保険被保険者証

もともと在籍していた企業から退職する際に、雇用保険被保険者証を受け取ります。

雇用保険被保険者証とは、雇用保険に加入していたことを証明する書類のことです。

入社時に交付されるケースが多いものの、企業に預けていた場合には退職する際に受け取ります。

年金手帳も同様に、在籍していた企業に預けていた場合は受け取りましょう。

雇用保険は、正社員や契約社員ならば加入しているはずです。

雇用保険に加入していれば、失業時や雇用の継続が困難なときに、生活や雇用の安定を図ることを目的とした給付を受けられます。

源泉徴収票

退職する際には、在籍していた企業から源泉徴収票も受け取ります。

源泉徴収票は、所得税の年末調整をするために必要です。

会社から支払いのあった給与の総額と、会社が納税のためにあらかじめ給与から差し引いていた所得税の金額が記載されています。

源泉徴収票は、従業員が退職してから1ヶ月以内に交付するように、所得税法で定められている書類です。

会社を退職したと証明する書類である「離職票」も、同様に企業から受け取ります。

失業保険の申請に必要な書類であり、退職日から10日以内に会社が手続きするように雇用保険法で定められています。

転職先の入社手続きに必要な書類

転職先の企業の入社手続きをするために必要な書類は、健康保険被保険者証や雇用保険被保険者証、源泉徴収票などです。

これらは、退職の際にもともと勤めていた企業から受け取る書類や返却するものとほぼ重複しています。

特に、雇用保険被保険者証や年金手帳、源泉徴収票は、ほとんどの入社先企業での提出が必要です。

また、給与の振り込み先を伝える書類である「給与振込先届出書」や社会保険の加入手続きで必要な「扶養控除等申告書」、扶養家族がいる場合に提出を求められる「健康保険被扶養者異動届」などもあります。

それでは、転職先の入社手続きに必要な書類や手続きなどをチェックしていきましょう。

健康保険被保険者証

健康保険は、前の会社を辞めたときに脱退し、転職先企業の健康保険に新たに加入するものです。

扶養家族がいる人は、健康保険被扶養者異動届を提出します。

また、転職先が決まっている場合であっても、入社までに日数があるならば、健康保険の切り替え手続きが必要です。

国民健康保険に加入するか、健康保険の「任意継続被保険者」になるか、どちらか選択しましょう。

雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証は、一般的に転職先に提出してから返却され、自分で保管することが多いです。

もしも紛失してしまった場合は、ハローワークで再発行できます。

また、被保険者番号のみで転職先の入社手続きをおこなうことも可能です。

雇用保険は、前職を辞めてから受給せず、1年以内に別の会社に入社した場合、雇用保険の期間を通算できます。

万が一の失業に備えられるよう、転職先の会社への提出を忘れないようにしましょう。

源泉徴収票

以前働いていた企業から退職する際に受け取った源泉徴収票は、転職先の企業への提出が必要な書類です。

確定申告や年末調整で使うため、特に退職と転職先企業への入社が同じ年であれば提出するようにしましょう。

基本的に退職後に発行する書類のため、前の会社から受け取れるタイミングが入社日よりも遅れる場合があります。

入社日に提出できない場合には、新しい転職先にまだ提出できないことを伝えておきましょう。

マイナンバー

マイナンバー(個人番号)も転職先への提出が必要です。社会保険や雇用保険の手続きのために用いるものであり、個人番号が確認できる、マイナンバーカードの写しや住民票などを提出します。

もしも扶養家族がいて、健康保険被扶養者異動届を提出する場合には、被扶養者にあたる人達全員のマイナンバーが必要です。

年金手帳

年金加入手続きをするために、年金手帳も転職先へ提出します。

とはいえ、2006年以降は原本の提出義務がなくなったため、年金手帳や基礎年金番号通知書自体を用意しなくても、基礎年金番号が分かれば良い場合も多いです。

基本的には提出を求められないものの、提出が必要な企業もあるため、念のために準備しておくと良いでしょう。

健康診断書

健康診断書も、転職先の企業へ提出するケースがあるものの、必須ではありません。

どのような健康状態かを記載した書類で、病院などで発行してもらえます。

対応は企業によって異なり、前に勤めていた企業で受けた定期健診の結果表で良い場合もあれば、会社によっては指定された医療機関の健康診断を受ける必要がある場合もあります。

身元保証書

身元保証書とは、身元保証人を立てる必要がある場合に転職先の企業へ提出する書類です。

その人の身元を担保し、なにかあった場合に賠償責任を負うことを保証します。

多くの企業で提出を求められているもので、保証人となってもらった人の署名や捺印が必要です。

親族の緊急連絡先を提出するのみで良い場合が増えているようです。

ただし、親族に記入してもらえないと保証人を探さなければならないため、用意に時間がかかる場合があります。

資格や免許の証明書

必要な場合のみ、資格や免許の証明書も転職先の企業へ提出します。

資格や免許の証明書の提出を求められるのは、転職先で特殊な免許や資格を持っていなければならない場合です。

また、資格手当がもらえる企業でも提出を求められます。

卒業証明書

卒業証明書は、中途採用の場合には求められるケースは少ないです。

しかし、第二新卒として就職する場合には必要なケースがあります。

提出を求められた場合には、各教育機関で卒業証明書を発行してもらいましょう。

郵送で受け取る場合には到着まで1週間ほどかかることがあります。

窓口でしか手続きや受け取りができない場合もあるため、卒業証明書を発行してほしい学校での対応をチェックして早めに用意しましょう。

転職活動に必要な提出書類が不安な場合はPaceBoxに相談

転職活動をする際は、活動を始めたときや求人に応募したとき、面接のときなど、タイミングごとにさまざまな書類が必要です。

前職を退職する際にも提出や返却が必要なものが多いうえに、退職の1ヶ月半~2ヶ月ほど前から直属の上司に退職の意思表示をするなど、やるべきこともあります。

転職活動の開始から入社までの流れをスムーズにできるように、必要な書類などを理解して準備しておきましょう。

自分1人で全ての書類の準備が不安な方は、PaceBoxのキャリアアドバイザーに相談しましょう。

PaceBoxはプロフィールを入力するとオファーが届く転職サービスです。

PaceBoxのキャリアアドバイザーは、履歴書などの書類作成から次の会社への入社まで、何でも何度でも相談が可能ですので、ぜひ活用してみてください。

転職活動に悩んでいる人はPaceBoxに登録!
忙しくて転職活動が進まない
書類選考・面接が通過しない
悩みの整理や自己分析サポートが欲しい
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

結婚を機に転職を考えている男性必見!知っておきたいメリットや注意点とは|の画像

結婚を機に転職を考えている男性必見!知っておきたいメリットや注意点とは

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

意外と迷ってしまう部分が多い?履歴書の学歴の正しい書き方について|の画像

意外と迷ってしまう部分が多い?履歴書の学歴の正しい書き方について

資格は特に必要ない?コンサルタントの仕事内容や必要な能力|の画像

資格は特に必要ない?コンサルタントの仕事内容や必要な能力

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧