【重要】2024/6/28 サービス終了のお知らせ

中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

履歴書の健康状態欄の書き方は?良好以外の既往症がある場合もあわせて解説

履歴書の健康状態欄の書き方は?良好以外の既往症がある場合もあわせて解説

使用する履歴書によっては、健康状態に関して記載する欄がある場合があります。本記事では、履歴書の健康状態欄の必要性、状態に応じた書き方やどの程度選考に影響するのかを紹介します。よくある質問も含め、実際の仕事探しで活用できるように確認しておきましょう。

履歴書の健康状態欄はなぜ必要か?

履歴書のなかには、自分の健康状態を記載する欄が用意されているものがあります。履歴書の健康状態欄が必要な理由は、大きく分けると以下のとおりです。

・長く勤務できるか確認するため
・持病や既往症がある場合は業務に支障がないか確認するため
・勤務地や配属先などの配慮を要するか知るため

健康状態を知らせる理由について、詳しくチェックしていきましょう。

長く勤務できるか確認するため

人材を募集している企業の多くは、長く勤務できる人を採用したいと考えています。履歴書に健康状態を知らせる欄があるのは、応募者が長く勤務できる健康状態であることを企業側に伝えるためです。

ただし、厚生労働省が発表した「公正な採用選考の基本」によると、「応募者の適性・能力とは関係ない事柄で採否を決定しない」と定められています。職務を遂行できるかどうかを基準に採用する人材を選ぶことになっているため、業務の遂行に支障がないようであれば基本的に応募者の適性や能力にもとづいて採用の可否が決定されます。健康状態で申告する内容は、採用判定に影響が出る可能性はあるものの、過度に心配し過ぎないようにしましょう。

参考:https://www.mhlw.go.jp/www2/topics/topics/saiyo/saiyo1.htm

持病や既往症がある場合は業務に支障がないか確認するため

応募者によっては、持病や既往症がある場合があります。企業側としては、応募者の健康状態が任せたい業務の遂行に支障がないものかどうかを確認しておきたいものです。そのため、履歴書などで健康状態をチェックしています。

持病や既往症があっても、即不採用だと判断されるわけではありません。スキルや能力、人柄などが採用基準を満たしており、業務に支障がないと総合的に判断される場合は、採用されるケースが多いでしょう。

勤務地や配属先などの配慮を要するか知るため

応募者の健康状態によっては、採用後に配慮が必要となるケースがあります。配慮されるのは以下のようなことです。

・勤務地
・配属先
・業務の分担

健康状態による採用選考への影響を心配するあまり、偽った健康状態を申告するのはおすすめできません。持病を抱えているにもかかわらず、体調面への配慮なしで新しい職場で働くのは大変な負担がかかります。健康状態を考慮したうえで活躍しやすい職種を提案してもらえることもあるため、正直に伝えるようにしましょう。

履歴書の健康状態欄の書き方・表現・例文

実際に履歴書の健康状態欄にどのように書けばいいのか、書き方や表現、例文を解説します。以下の6つの健康状態別に、書き方を解説します。

・健康状態に問題がない場合
・持病・既往症・通院の必要性がある場合
・うつ病などの精神疾患がある場合
・アトピーなどの皮膚疾患がある場合
・てんかんがある場合
・前職の退職理由が健康状態によるものであった場合

それぞれの書き方について、詳しくチェックしていきましょう。

健康状態に問題がない場合

特に問題がない健康状態であれば、過度な記載は必要ありません。履歴書の健康状態欄には「良好」と端的に書きましょう。

体力に自信がある場合であれば、さらに表現を強めて「極めて良好」と記載しても良いです。「しっかり働いてくれそうだ」と、採用担当者に良い印象を与えることにつながりやすいでしょう。例えば、以下のように記載できます。

________________________________________

極めて良好
(前職では、これまでの5年間、無遅刻・無欠勤です)
________________________________________

履歴書を書いているときに体調を崩していたとしても、ただの風邪など、数日中に回復するようなものであれば「良好」と書いても問題ないでしょう。骨折などの一時的な怪我についても同様です。

持病・既往症・通院の必要性がある場合

持病や既往症があるなど、通院の必要性がある場合には、「業務に支障があるかどうか」によって履歴書の健康状態欄への書き方が変わります。採用担当者が気になるのは、応募者の健康状態の違いによる業務や休みへの影響がどの程度発生するかです。通院が必要な場合には、業務や休みへの影響がどの程度ありそうなのかなどを記載すると良いでしょう。

持病や既往症などによって通院の必要性がある場合、履歴書の健康状態欄にどのように記載すると良いのか、詳しく説明します。

業務に支障はない場合

持病や既往症などがあり、通院が必要な状態でも、業務に支障がないケースもあります。業務に支障がないようであれば、健康状態に問題がない場合と同様に、「良好」とだけ記載しておいても問題ありません。

以前大きな病気やケガをしたものの現在は治っている場合や、定期的な通院があっても通常の休みの日だけで対応可能な場合などが当てはまります。

また先述のとおり、現在治療中であるものの、入社するころには治る見込みのケガも、「良好」とだけ記載できます。ただし、面接の際に見て分かるような怪我であれば、以下のように記載しておくと良いでしょう。

________________________________________

良好
(現在、捻挫の治療中ですが、1週間後には完治する見込みです)
________________________________________

業務に支障のある場合

持病や既往症などによって業務に支障のある場合には、業務内容への配慮が必要なのか、休みへの影響がどの程度ありそうなのかを記載します。「長時間のデスクワークに対応できない」「1週間に1回通院のための休みが必要」など、配慮が必要な情報を事前に伝えておきましょう。

履歴書や面接で持病や既往症があることを伝えたほうが、配属先や業務内容の調整をしてもらえるなど周りの協力や理解を得やすいため、仕事がしやすくなる可能性が高まります。

例えば、以下のように記載しましょう。

________________________________________

業務に支障はありませんが、持病の定期検診で1ヶ月に1回の休暇取得を希望いたします。
________________________________________

万が一、業務に支障があるにもかかわらず、健康状態欄に「良好」と記載した場合には、虚偽の申告となってしまいます。業務に支障があるような持病や既往症、ケガがある場合には、正しく申告しましょう。

うつ病などの精神疾患がある場合

身体の病気や怪我だけでなく、うつ病などの精神疾患がある場合もあります。うつ病のような精神疾患がある場合にも、すでに治療が終了しているのか、それとも治療中や経過観察中なのかによって、記載する表現が異なるため注意が必要です。

精神疾患の病歴があることは、採用担当者に伝えにくいかもしれません。しかし、精神疾患も病気や怪我と同じく、治療中であるならば偽らずに伝えましょう。

それでは、治療が終了している場合と治療中・経過観察中の場合とで、どのように記載するのかについて説明します。

治療が終了している場合

うつ病などの精神疾患があった場合でも、すでに治療が終了しているようであれば、履歴書の健康状態欄には「良好」だと記載できます。治療が終了している場合には、医師の診断を受けたことや以前の症状などは健康状態欄に書かなくても良いため、併記もなく「良好」のみの記載で問題ありません。

治療中・経過観察中の場合

精神疾患の病歴があり、まだ治療中や経過観察中の段階であれば、履歴書の健康状態欄にその内容を記載します。精神疾患の病歴を伝えるのは抵抗があるものです。しかし、万が一の場合に企業側がフォローできる体制を作っておくためにも、治療中や経過観察中の精神疾患があるならば記載しておきましょう。

業務に支障が出ないと思ったとしても、精神疾患を治療中や経過観察中の場合には、現状を伝えておくことが大切です。あまり業務に支障がない場合には、以下の例のように記載すると良いでしょう。

________________________________________

良好
(業務に支障はありませんが、1ヶ月に1度精神疾患の定期検診を受けています)
________________________________________

アトピーなどの皮膚疾患がある場合

アトピーなどの皮膚疾患がある場合、業務に支障がないようであれば健康な人と同じく「良症状や好」と記載していれば問題ありません。アトピーについて補足しなくても良いでしょう。

ただし、アトピーなどの皮膚疾患によって重い症状がある場合には、念のため企業側に知っておいてもらったほうが良いかもしれません。以下のように、補足情報として皮膚疾患の病状を記載すると良いでしょう。

________________________________________

良好
(アトピー性皮膚炎の持病がありますが、業務に支障はありません)
________________________________________

てんかんがある場合

てんかんの場合は、現在の状態や症状、対処方法を具体的に伝えることが重要です。「自己管理しながら十分業務をこなしてもらえそうだ」と感じてもらえるよう、分かりやすく伝えましょう。

例えば、以下のように記載します。

________________________________________

現在てんかんの治療中です。
前職では月に2回程度休暇をいただくことがありましたが、
〇年〇月以降、症状はなく、主治医からもフルタイムの就業許可が出ています。
〇時間以上の残業をした場合、発作を誘発する可能性があります。
________________________________________

前職の退職理由が健康状態によるものであった場合

前職を退職した理由が健康状態によるものであった場合には、その内容を記載しておきましょう。今後の業務に支障がない場合であれば、採用担当者にそのことも伝えます。履歴書の健康状態欄には、以下のように記載します。

________________________________________

良好
(病気療養のために前職を退職しましたが、現在は完治しており業務に支障はありません)
________________________________________

履歴書の健康状態欄はどの程度選考に影響するか?

健康状態欄の記載内容が選考に与える影響の程度は、状況によって異なります。業務を遂行できないと判断された場合は不採用となることもあるかもしません。しかし、応募した業務で問題なく働けるのであれば、健康状態を理由に不採用となることは少ないでしょう。

なぜなら、先述のとおり、公正な採用選考について厚生労働省が定めたルールがあり、原則として業務遂行に影響のない病気や怪我であれば、健康状態を理由として不採用にするのは望ましくないとされているからです。

とはいえ、企業側は採用後の日常業務への支障については気にせざるを得ません。「突然休まないか」「任せたい業務に適応できるか」などを現在の健康状態で判断するため、日常業務に明らかな困難が発生し、業務が任せられない状態ならば、不採用となる場合もあるでしょう。

反対に、持病があっても採用予定の職種で問題なく業務できる場合、スキルや能力、人柄などが基準を満たすならば採用してもらえる可能性が高いです。

履歴書の健康状態欄に関するよくある質問

履歴書の健康状態欄に関してよくある疑問についてもチェックしていきましょう。ここでは、以下の疑問に解答します。

・健康状態が悪くて書きたくないならどうしたら良い?
・過去に大きな病気をしていたらどうなる?

また、現在の健康状態だけでなく、過去の状態まで申告すべきかどうかを気にする人も多いです。それぞれについて対処方法を解説します。

健康状態が悪くて書きたくないならどうしたら良い?

健康状態が悪いことを書きたくない場合、以下2つの選択肢があります。

・健康状態欄のない履歴書を使用する
・健康状態を回復させて業務に支障のない状態にする

健康状態欄のない履歴書を使えば、書類上で申告する必要はありません。しかし、面接などで直接確認される可能性はあります。面接で聞かれたらどのような回答をするのか、あらかじめ考えておきましょう。

業務に支障が出そうな健康状態であるならば、回復させることを優先するのも選択肢の1つです。業務に影響のない状態まで回復できれば、健康状態欄に「良好」と記載できます。

持病などを健康状態欄に記載しておくことで、企業側が配属部署や業務の振り分けなどを配慮してくれる可能性もあります。いずれにせよ、誠実な対応をすることが重要です。

過去に大きな病気をしていたらどうなる?

過去に大きな病気をしていた場合であっても、すでに完治していて日常生活や業務に支障がないようであれば、原則的に記入の必要がありません。しかし、その病気が再発のリスクが高いものならば、入社後にすぐ再発してしまう可能性があります。

「うそをついていたのだろうか?」と感じられないように、再発のリスクが高い病気について記載するかどうかは医師に相談すると良いかもしれません。例えば、「完治していますが、経過観察のために定期的に通院しています」などと記載しましょう。

履歴書の健康状態欄は正直に書こう!

履歴書の健康状態欄は正直に書くことが重要です。応募者としては、履歴書の健康状態欄にあまり悪い印象を与える内容は書きたくないと感じるかもしれません。しかし、企業側が気にしているのは「採用後の日常業務に支障がないかどうか」などです。

厚生労働省が定めたルールにより、応募者の能力や業務の適正以外の情報を採用の基準にしてはいけないとされています。そのため、日常業務に支障がない病状で、能力などが採用基準を満たすならば採用してもらえるでしょう。

また、健康状態を伝えておけば、配属後に企業側が配慮してくれる可能性もあります。自分自身のためにも、履歴書の健康状態欄は正直に記載するようにしましょう。

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

転職で応募しまくるはいい?転職で応募しまくるメリット・デメリット|の画像

転職で応募しまくるはいい?転職で応募しまくるメリット・デメリット

第二新卒の転職理由は伝え方が重要! 面接での回答例文|の画像

第二新卒の転職理由は伝え方が重要! 面接での回答例文

A4とB5でなにが違うの?履歴書のサイズを選ぶ基準や注意点を解説|の画像

A4とB5でなにが違うの?履歴書のサイズを選ぶ基準や注意点を解説

最終面接の逆質問で内定をつかもう!面接官から好印象となる質問例を紹介|の画像

最終面接の逆質問で内定をつかもう!面接官から好印象となる質問例を紹介

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧