中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

職務経歴書にアルバイト歴は書かない?職務経歴書へのアルバイト歴の書き方

職務経歴書にアルバイト歴は書かない?職務経歴書へのアルバイト歴の書き方
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職活動の際には、履歴書や職務経歴書の提出を求められます。

しかし、正社員の経験がなかったり、退職後にアルバイトとして働いた経験が長かったりすると、アルバイト経験を職務経歴書に記載するべきか悩むこともあるかもしれません。

今回は、職務経歴書にアルバイト経験を書くのか、書かないのかを解説します。

併せて、履歴書の職務欄にアルバイト経験を書く方法、職務経歴書でアルバイト経験をアピールする記入方法について例文を交えて解説します。

職務経歴書にアルバイト経験は書くのか?

結論から言うと、アルバイトも立派な職務経験であるため、職務経歴書にアルバイト経験を書いても問題ない場合が多いです。

ただし、職務経歴書にアルバイト経験を書かない方がいい場合もあるため、状況に応じて適切に判断することが大切です。

アルバイト経験を職務経歴書に書くのか、書かないかを見極めるポイントについて解説します。

職務経歴書にアルバイト経験を書いたほうが良い場合

アルバイト経験を書いてもいい場合として、以下のような状況を例として紹介します。

  • アルバイト経験を応募企業で活かせる
  • 正社員退職後の離職期間が長い(3カ月以上を目安とする)
  • 社員と同等の業務をこなしていた
  • 業務改善に取り組んだ
  • 周囲から客観的な評価を受けた

雇用形態がアルバイトだったとしても、応募企業で活かせる経験があれば積極的に職務経歴書に書きましょう。

採用担当者は職務経歴書の仕事内容を見ているため、企業が求めるスキルや経験を効果的にアピールできれば、評価してもらえる可能性が高いからです。

正社員の経験がある場合、アルバイトの職歴を記載しないのが一般的ですが、離職期間が3カ月以上あると、その間何をしていたのか疑問を感じます。

きちんと働いていたことをアピールするためにも、アルバイト経験を記載するのが無難です。

また、アルバイトとして働いていても、リーダーとして現場をまとめたり、業務改善に取り組んだりと、社員と同じような経験を積んでいた場合、実績として応募先の企業にアピールできます。

職務経歴書にアルバイト経験を書かないほうがいい場合

アルバイト経験を書かないほうがいい場合として、以下のような状況を例として紹介します。

  • 勤務期間が短い(3カ月以下)
  • 応募先の募集ニーズに該当するアピールポイントがない
  • 就業経験がない第二新卒
  • 正社員から正社員へブランクがない転職

経験やスキルをアピールできないようなアルバイト経験の場合、職歴に書かないのが無難です。

第二新卒のように就業経験がない場合は、学生時代の活動をメインにした自己PRを作成するのも手段の一つです。

また、働けなかった事情がある場合は、嘘をつかずに素直に答えたほうが、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。

履歴書・職務経歴書にアルバイト経験を記入するときの書き方

応募時に履歴書とセットでの提出となる職務経歴書も、適切な書き方を覚えておくことが大切です。

ここでは、履歴書と併せて、職務経歴書にアルバイト経験を記入するときの書き方について詳しく解説します。

履歴書にアルバイト経験を記入する場合

アルバイト経験を履歴書に記入するときは、基本的な書き方を理解すること、アピールの内容によって書き方を変えることが大切です。

アルバイトで得た経験やスキルが応募先の企業で活かせるケースでは、履歴書にも記載してしっかりとアピールしましょう。

履歴書の職歴欄には、「株式会社〇〇(アルバイト)」といったように、会社名とアルバイトで働いていたことを明確に書くのがポイントです。

また、アルバイトでどのような経験を積んだのかを詳しくアピールするためにも、職歴欄に売上管理やシフトの作成など細かい業務内容まで含めて記載します。

アルバイトで働いた経験が短かったり、アピールできることがない場合は、アルバイト経験を書かなくても問題ありません。

しかし、職歴を空欄にしたままだと採用担当者がよくない印象を抱くこともあるため、「退職後(卒業後)、○○職として短期間のアルバイトに従事」というように簡潔に書くのがおすすめです。

職務経歴書にアルバイト経験を記入する場合

アルバイト経験を職務経歴書に記入する場合、履歴書よりも詳細に書くことが求められます。

以下に、書くべき項目5つと書き方のポイントについて解説します。

・職務要約

これまでの職務を要約して記入します。経験した職務についてできるだけ多く盛り込みたくなりますが、採用担当者に効果的にアピールするためにも、応募先の企業で活かせる経験をメインに簡潔にまとめることです。目安として2~3行以内に内容を集約しましょう。

職務経歴

経験した職務の会社名、会社規模、事業内容、雇用形態、在籍期間を記載します。

会社名については略称ではなく、正式名称で記載するのがマナーです。

主な職務

職務経歴の詳しい内容を記載します。

さまざまな業務を経験している場合でも、応募先の企業へのアピールポイントとなるような内容に的を絞って書くことが大切です。

保有資格

保有資格・免許とその取得年月日を記載します。

資格や免許名は正式名称で書くことが基本です。

保有資格や免許の数が多すぎて全てを記載できそうにない場合は、応募先で役立ちそうな資格や免許を厳選して記載するのがおすすめです。

自己PR

自分自身のアピールポイントや就業に対する意欲や熱意を積極的に伝えます。

これまでの職歴で得た実績や経験、応募先で活かせそうなスキル、仕事に対する姿勢などを盛り込みましょう。

関連記事:効果的な自己PRの書き方は?基本の作成手順と好印象を与えるポイント

職務経歴書でアルバイト経験をアピールするための書き方

アルバイト経験でも、書き方・言い方次第で効果的なアピールポイントになります。

ここでは、職務経歴書でアルバイト経験をアピールするためのポイントを解説します。

アルバイトで働いていた理由を明確に伝える

アルバイトで働いていた理由を明確に伝えることが1つ目のポイントです。

なぜ正社員ではなくアルバイト経験しかないのかを疑問に思う採用担当者は少なくないので、面接時に聞かれる確率が高いからです。

そこで、事前に答えを準備しておくか、自己PRに盛り込んでおきましょう。

正社員として働いていない理由の回答例を以下に挙げます。

「取得したい資格があり、勉強と両立させるためにアルバイトを選びました。

結果として資格は取得できませんでしたが、資格取得のために得た知識を活かし仕事に取り組んでいきたいと思います」

「夢を実現させるために時間の融通が利きやすいアルバイトに専念していました。

今後は夢を諦めて仕事で結果を出せるように尽力したいと思います」

など、理由と共に応募先の企業での活躍や貢献を意欲的に伝えられると、効果的なアピールができるでしょう。

応募先の仕事に活かせる業務内容、経験をアピールする

応募先の仕事に活かせる業務内容と経験をアピールすることが2つ目のポイントです。

ただし、求人の内容によって求められるスキルや要素が異なるため、応募先の企業に合わせてアピールポイントを変えることが大切です。

例えば、販売員など接客業やサービス業に応募するときには、コミュニケーションスキルや積極性をアピールできるように以下のような経験を書きます。

「飲食店でのアルバイトでは、お茶やお水のおかわりや食べたお皿を下げるなど、各テーブルに細かく気を配り、お客様が気持ちよく過ごせるように努めました」

「忘年会の予約を増やすために、手作りでのチラシや街頭でのPR活動に力を入れて、予約率を前年比130%に拡大することができました」

また、経理に応募する場合は、以下のような経験を書くと効果的にアピールできるでしょう。

「飲食店でのアルバイトで、売上集計を任されており、売上の伝票と、レジ内の現金やクレジット伝票との集計が一致するかを確認していました。この経験を御社の経理業務で活かせると思います」

アルバイトでの経験が限られていても、応募する職種や企業に合わせて臨機応変にアピールポイントを変えることで、応募先の企業にアルバイト経験をより効果的に伝えられます。

入社後の目標を語り、意欲を伝える

入社後の目標と意欲を伝えることが3つ目のポイントです。

採用担当者は、募集している業務への意欲や熱意があるかを職務経歴書から読み取ります。

仕事への意欲や責任感を伝えるために、アルバイト時代に自分なりに工夫して仕事を進めたことを具体的に盛り込みましょう。

正社員は言われたことをこなすだけでなく、会社へ貢献するために自ら動けるかを問われます。

そこで、アルバイト時代に、求められた仕事だけでなく、自らどのようなアクションを取ったのかをアピールできれば、採用担当者に好印象を与えられるでしょう。

特に、アピールできそうな実績がない場合は、長期的に活躍したいことを記載するのがおすすめです。

応募時にスキルや経験が不足していたとしても、「これから一生懸命に学んでいきたいと思います」など、意欲を見せましょう。

企業は、募集要項に記載されている条件をすべて満たす人材だけを求めているわけではなく、可能性を考慮して意欲が重要視されるケースが多いからです。

アルバイト経験しかない場合でも、決して気後れしないことです。

今までの仕事内容や経験から自分のアピールポイントを分析し、応募先の職種や業務に合わせて職務経歴書に記載しましょう。

職務経歴書へのアルバイト経験の例文を紹介

例文を確認することで、自分の経験に合わせた職務経歴書を作成するのに役立ちます。

ここでは、職務経歴書の例文として、「コンビニエンスストアで働いていた場合」「飲食店のホールスタッフとして働いていた場合」の2つを紹介します。

コンビニエンスストアで働いていた場合

コンビニエンスストアで働いていた場合の職務経歴書の例文を紹介します。

職務要約

大学を卒業後、就職はせずにアルバイトとして接客業に従事してきました。

主にコンビニで接客を行い、自ら率先して行動することで店長から良い評価を得てきました。

今後は、これまでアルバイトとして培った経験を活かして、飲食業界で正社員として活躍したいと考えております。

職務経歴

○○○○株式会社 20XX年XX月~現在

事業内容:コンビニエンスストアの運営

資本金:〇〇〇百万円

売上高:〇〇〇百万円(20xx年)

従業員数:〇〇〇名

雇用形態:パートタイマー

職務内容

主な職務内容は以下のとおりです。

  • 接客
  • 商品の品出し
  • 新人育成
  • シフト管理
  • 売上集計

保有資格

日商簿記2級

自己PR

私の強みは、責任感が強いことだと考えています。

前職のコンビニでは、マニュアルどおりに業務に取り組むだけではなく、自ら問題点や改善点を洗い出し、品出しの配置を工夫するなと、業務改善に取り組んできました。

その働きが評価され、アルバイトリーダーに抜擢されました。

どんなときでも、仕事に対して責任を持ち、プロとして振舞い行動することは簡単なようで難しく、すぐに行動に移せる実行力は私の大きな強みであると考えています。

この強みを活かして、今後は飲食業界で活躍できる人材になっていきたいと考えております。

飲食店のホールスタッフとして働いていた場合

次に、飲食店のホールスタッフとして働いていた経験を職務経歴書に記載した例文を紹介します。

職務要約

○○○○株式会社のパートタイマーとして、ファミリーレストラン△△の○○店でホールスタッフを5年間経験しました。

ホールスタッフとしてお店で接客をしながら、3年目からは昼の時間帯のアルバイトリーダーに指名され、新しいアルバイトスタッフへの研修や業務指導といった育成とサポート、業務マニュアルの作成補助など新人教育全般にも携わってきました。

職務経歴

○○○○株式会社 20XX年XX月~現在

事業内容:飲食業(ファミリーレストラン)の経営、企画、運営

資本金:〇〇〇百万円

売上高:〇〇〇百万円(20xx年)

従業員数:〇〇〇名

雇用形態:パートタイマー

職務内容

主な職務内容は以下のとおりです。

  • 店舗での接客業務(案内・注文・配膳・会計・片づけ)
  • 備品の在庫管理
  • 新人アルバイトの指導とサポート
  • 新人アルバイト向けのマニュアル作成補助
  • 電話応対
  • 売上集計

保有資格

普通自動車第一種運転免許(20XX年XX月)

自己PR

私の強みはコミュニケーション能力が高いことです。

2年前から昼の時間帯のアルバイトリーダーとして、年代や経歴の異なる新人アルバイトの教育担当、業務マニュアルの作成補助に携わってきました。

アルバイトスタッフ全員と円滑にコミュニケーションをとるために、個々の仕事の様子を丁寧に観察し、良いところは積極的に褒め、改善すべき点は前向きな言葉で注意を促すなど良好な関係を築けるように努めました。

その結果、新しく入ったアルバイトから仕事の相談を受けるなど、周囲から信頼を得ています。

また、ピーク時はスタッフへの声かけを増やし、状況に応じて指示を出すなど注文から配膳まで効率アップを意識した仕事を心がけています。

職務経歴書にアルバイト歴を書くのか・書かないかの相談にもPaceBox

アルバイトは、職務経歴書に記載できる立派な職務経験です。

これまで培ってきた経験が、応募先の企業にアピールできるようであれば、積極的に職務経歴書に記載しましょう。

ただし、勤務期間が短すぎるなど、状況によってはアルバイト経験を書かないほうがいいケースもあるため、記載の是非を慎重に見極めて適切に判断することが大切です。

自分の場合、アルバイト歴は職務経歴書に書くべきなのか迷ったら、PaceBoxの活用をおすすめします。

PaceBoxはプロフィールを入力するとオファーが届く転職サービスです。

PaceBoxでは無料のキャリア面談が利用でき、キャリアアドバイザーに不安なことを気軽に相談できます。

また、アルバイト歴を評価してオファーが届く可能性もあります。プロフィールは何度でも書き直しができるため、自分の経歴のより良いアピール方法を試すことができます。

職務経歴書・履歴書に悩んだらPaceBoxに登録!
プロフィールを入力すると、オファーがくる転職サービス
書類不要のカジュアル面談オファー多数
キャリアアドバイザーからの職務経歴の棚卸しサポートあり
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒の転職相談先とは?第二新卒が転職する際の相談のポイント|の画像

第二新卒の転職相談先とは?第二新卒が転職する際の相談のポイント

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

面談は面接とは違う!形式や流れを理解して企業との相互理解を深めよう|の画像

面談は面接とは違う!形式や流れを理解して企業との相互理解を深めよう

よくある転職の失敗談8選!失敗を避けるためのポイントも解説|の画像

よくある転職の失敗談8選!失敗を避けるためのポイントも解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧