中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

ITサービスは私たちの日常にとても身近な存在となっています。そんなIT業界への転職に興味がある人であっても、具体的な仕事内容を想像するのは意外と難しいのではないでしょうか。一口にIT業界といっても、アプリを作ったりインターネットのサービスを提供したりと、その種類は多岐にわたります。

本記事では、IT業界の概要や向いている人物像などに触れつつ、具体的な仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

IT業界の概要

ITとは「Information Technology」の略称で、日本語に訳すと「情報技術」となります。つまりIT業界は、パソコンなどのコンピューターやネットワークに関係する仕事を担っている業界です。

IT業界の規模は非常に大きいです。総務省の調査によると、IT業界を含む情報通信産業の市場規模は全産業のなかでおよそ10%を占めます。これは全産業のなかでもトップクラスの数字といえるでしょう。そのため、IT業界は常に多忙な状態が続いており、2030年には約80万人のエンジニアが不足するというデータもあります。

その対策として、国で教育訓練給付を利用してITエンジニアの新規育成に力を入れる計画を立てたり、企業でのDX促進や行政手続きの電子化などにも予算を組んだりなど、国も力を入れている業界です。そういったことからも、IT業界は今後ますますの発展が期待されているといえます。

IT業界に向いている人の特徴

IT業界の人手不足は深刻で、適正さえあれば未経験であろうと文系であろうと採用のチャンスは十分にあります。やる気と適正さえあれば、IT技術やプログラミング言語などは入社後でも身に付けることができるので、未経験者の採用に力を入れている企業も増えています。

IT業界で活躍するための素養がある、または向いている人の特徴としては、物事を論理的に考えられること、コツコツとした努力が苦にならないこと、協調性がありチームの一員として動くことができる人です。1人でコツコツとパソコンに向かって仕事をするイメージを浮かべる人もいるかと思いますが、IT業界は仕事の規模が大きいため、チームで仕事をすることが多い業界です。

業務経験がなくても、自分で少しプログラミングを体験してみて面白いと感じられるようであればチャレンジしてみるとよいでしょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

押さえておきたい4つの業界

IT業界の職種や仕事内容は非常に幅広いので、いきなり全容を理解するのは難しいかもしれません。

ここでは、IT業界をさらに細分化し、メインともいえる「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」「インターネット・Web業界」「情報処理業界」の4つの業界について、それらの仕事内容や必要なスキルを解説していきます。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界とは、コンピューター上で動作するアプリやサービスを開発している業界です。ソフトウェア業界の仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。

仕事内容

ソフトウェア業界は、パソコンやスマートフォンなどで操作するソフトウェアやアプリケーションを開発することが主な仕事です。ソフトウェア業界のビジネスモデルは多種多様です。インストール型のソフトウェアを開発する企業もあれば、クラウドサービス型のソフトウェアに特化した企業もあります。また営業の仕方もさまざまで、注文を個別に取ったり、自社でパッケージ製品を開発して売り込んだりと企業によって異なります。

ソフトウェア業界ではプログラマーシステムエンジニアが多く活躍しています。プログラマーとは、プログラミング言語を用いてソフトウェアの動作の元になるプログラムを実際に作っていく仕事です。

一方、システムエンジニアはシステム開発に総合的に携わる仕事です。クライアントの要望をいかにしてシステムに反映させるかを考えたり、クライアントとプログラマーの橋渡しのような役割も担います。

また、ソフトウェアの開発現場にはネットワークエンジニアも関わっています。ネットワークエンジニアとは、社内外のパソコンのネットワークを整備・管理する仕事です。特に大企業になると膨大な数のパソコンをネットワークに接続して構築や運用を行うため、ITのインフラとも言われるネットワークエンジニアの力が必要不可欠となっています。

関連記事:社内SEはどんな仕事? 資格・スキル・適性や年収と転職者データを紹介

必要なスキル

ソフトウェア業界に携わるには、まずは基本的なプログラミングスキルを身に付けるとよいでしょう。入社後にプログラミング研修がある企業ではそこで学ぶことも可能です。プログラミング言語にはさまざまな種類があり、専門で扱えるプログラミング言語によって担当できる案件が変わってきます。

システムエンジニアを目指すのであれば、プログラムの知識に加えてマネジメントスキルやコミュニケーション力も求められます。また、エンドユーザーの視点でもシステムを考えることができる人材が重宝される傾向にあります。

ネットワークエンジニアの仕事に就くには、LANなどの基本的なネットワークの知識をベースとして、複数のOSや各種ハードウェアにも詳しくなる必要があります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

ハードウェア業界

ハードウェア業界とは、パソコン本体やタブレット端末などの物理的に触れることができる電子機器や設備などの開発を担う業界です。ここでは、ハードウェア業界の仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。

仕事内容

ハードウェア業界の主な仕事は、電子機器を代表とした機械・装置・設備などの製造や販売です。プリンタ、スキャナーなどのパソコン周りの機器、スマートフォンやタブレットなどの情報端末、テレビや冷蔵庫などの家電製品といったように、その範囲は多岐にわたります。ソフトウェアがコンピューターを動かすプログラム開発なのに対し、ハードウェアは実際に触ることのできるモノを作ると考えると両者の違いは分かりやすいでしょう。

ハードウェア業界では、製品の企画や設計を行うハードウェアエンジニアだけでなく、製品の販売を中心とした営業系の仕事も多い傾向にあります。また、エラーや不具合がないかを検証するテストエンジニアや、機器のトラブルを解決するサービスエンジニアといった業種もあります。周りにある電化製品が私たちの手元に届くまで、企画・開発・検証・販売などさまざまな工程があり、すべてハードウェア業界の仕事内容に含まれています。

また、IoTの普及により、この業界はさらに活発化しています。IoTとは、従来インターネットに接続されていなかったさまざまなモノ(住宅・建物、車、家電製品、電子機器など)が、ネットワークを通じてサーバーやクラウドサービスに接続され、相互に情報交換をする仕組みです。

この技術の進歩により、リモコンを使わなくても人間が呼びかけるだけでテレビを操作できたり、スマートフォンと連動して外出中でもエアコンのスイッチを入れることができるようになったりします。そういったサービスを提供できる機器の開発もこの業界の大きな仕事内容の1つです。IoTの普及により、新製品の開発が次々に進んでいるためこの業界はさらに進歩していくでしょう。

必要なスキル

ハードウェアエンジニアになるためには、電気工学やソフトウェアの知識に加えて品質管理のスキルが必要です。ただし、ハードウェアの設計は企業によって独自のノウハウが蓄積されているところが多く、入社後に基礎から教えてもらえる可能性が高いです。

ハードウェア業界で必要になる主なプログラミング言語は、C言語やアセンブリ言語です。それらの言語はCPUやメモリなどハードウェアの部分と密接に関わりがあります。また、IoT分野においてはC言語が利用される場面も多く、C言語をマスターすることで幅広いものを作れるようになります。

ハードウェア開発においては、動作チェックや納品などはスケジュール通り進まない状況もあるため、冷静に粘り強く作業を継続・実行できる人材が求められます。また、この業界では自分が携わったことが実際に形となるため、モノづくりに大きなやりがい感じる人は適性があります。加えて、機械をいじるのが好きな人や電化製品にこだわりを持っている人にも向いているといえるでしょう。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界は、ネットワークを利用したサービス開発やWebサイトの構築などを行う業界です。ここではインターネット・Web業界についての仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。

仕事内容

インターネット・Web業界の仕事は、Webサイトの制作はもちろん、インターネット広告を活用した集客支援、電子商取引のEC、ソーシャルゲームの開発などバリエーションが豊富です。職種としてはWebデザイナーやWebディレクターが代表的です。

Webデザイナーは、クライアントの要望に合わせてサイトのレイアウトや構成を作成する仕事です。基本的にはクライアントの要望を元にデザインするため、自分の好きなデザインができる仕事ではありませんが、仕事で認められるようになってくればデザインの提案をすることも可能です。

Webディレクターはサイト制作やプロジェクトの監督的な役割を担う仕事です。Webコンテンツの作成は、Webディレクターがプログラマーやデザイナーを指揮して進められていきます。

インターネット・Web業界はフリーランスで活躍している人もたくさんいるため、場所を選ばず独立して働きたい人にも向いています。

必要なスキル

Webデザイナーを目指すのであれば、HTMLやCSSなどWebサイト構築するための基本スキルをまず身に付ける必要があります。HTMLやCSSはタグを使ってサイト上に文字を書いたりレイアウトをデザインすることができる言語です。世の中のほとんどのWebサイトはHTMLやCSSが使用されていて、HTMLとCSSを習得できればホームページの作成もできるようになります。

さらに、マウスのカーソルを合わせるとボタンの色が変わったり、動きのあるWebページを作成するためには、JavaScriptなどのプログラミング言語が併用される場面も多いです。

Webディレクターになるには、Webサイト構築の全般的なスキルに加えてプログラマーやデザイナーなどさまざまなメンバーをまとめるリーダーシップが必要になります。市場を分析してインターネットで課題を解決する業務もよくあるので、マーケティングの知識も求められます。

インターネット・Web業界は比較的新しい業界で、流行がすぐに変わる傾向にあるため、Webサイトの構築が好きでどんどん勉強していける人、自分の考えでしっかり動ける人が適しています。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

情報処理サービス業界

IT技術を用いたシステムやサービスで顧客の課題や悩みを解決するのが情報処理サービス業界です。最後に情報処理サービス業界の仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。

仕事内容

情報処理サービス業界はシステムインテグレーター(SIer)と呼ばれ、企業が独自のシステムを導入する際の開発・企画・運用などのすべてを請け負うのが仕事です。

代表的な仕事としては、ITコンサルタントやセールスエンジニアなどがあります。ITコンサルタントは企業の経営や業務上の悩みをヒアリングして解決策を検討する仕事です。セールスエンジニアは顧客に対して自社の製品をアピールし、問題解決の提案に繋げる仕事です。

情報処理サービス業界の仕事は個人ではなく企業を相手にして仕事をするため、仕事のスケールが大きくやりがいがあります。その分責任も重いですが、ITコンサルタントの年収は他業種に比べても高めな傾向にあります。やりがいを感じながら収入も増やしていきたい人にはおすすめできる仕事です。

必要なスキル

情報処理サービス業界の仕事は顧客の悩みをいかに上手に聞き出すかが重要になるため、高いヒアリングスキルを含めたコミュニケーション力が必須です。特にITコンサルタントは経験が肝になる仕事なので、未経験の人や駆け出しのエンジニアが務めるのはハードルが高いでしょう。また、問題点を聞くだけではなく解決策を導き出し提案をしなければならないため、分析能力や提案力も求められます。

セールエンジニアに関しては、単なる営業ではなく技術的な話もできるのが売りになるため、エンジニアとしての顔も併せ持つ必要があります。論理的思考と相手に分かりやすく伝える話術が必要な仕事であるといえます。

このように、情報処理サービス業界の仕事は人間的能力や専門的な知識など総合して高いスキルが求められます。また、IT業界のなかでは比較的相手と話す場面が多い職業のため、パソコンに向かって黙々と作業をすることが好きな人よりも人と接することが好きな人に向いているといえるでしょう。

IT業界をしっかり分析して自分にあった仕事に転職しよう

IT業界は人手が慢性的に足りていない業界です。少しでもプログラミングに興味があったり、コツコツ取り組むのが得意だったりする場合は、転職先として視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ただし、ITの仕事は業界によって仕事内容が多岐にわたります。自分に合った職種がある会社を探すためにも、やりがいを感じる職種があるかどうか、本記事を参考にしながら、ぜひ考えてみてください。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

会社を辞めるタイミングや理由の伝え方! 手順・準備・手続き・注意点|の画像

会社を辞めるタイミングや理由の伝え方! 手順・準備・手続き・注意点

転職活動で失敗しない! 業界研究のやり方や意識すべき注意点|の画像

転職活動で失敗しない! 業界研究のやり方や意識すべき注意点

サプライヤーの意味とは?メーカーとの違いや、業界別で異なる役割を解説|の画像

サプライヤーの意味とは?メーカーとの違いや、業界別で異なる役割を解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧