中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

営業職の仕事内容や特徴とは?必要スキル・転職難易度も紹介

営業職の仕事内容や特徴とは?必要スキル・転職難易度も紹介

企業の花形部署ともいわれ、売上を支える重要な役割を持つ営業職。比較的求人数も多いため、未経験やほかの職種からの転職を視野に入れる人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では営業職に興味を持つ人に向けて、具体的な仕事内容やメリット・デメリット、平均年収や求められるスキルなどを紹介します。

営業職への転職の難易度やおすすめの転職活動方法などもあわせて解説するので、転職時の参考にしてください。

年収600万円以上の

営業職求人多数!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

営業職の基礎知識

まず、そもそも営業職とはどのようなものなのか、基本的な知識について解説します。

営業職の仕事内容

営業職の主な仕事は、自社の商品やサービスを魅力的に顧客に伝え、購入・契約までつなげて売上を伸ばすことです。つまり、会社の利益や売上を上げることが基本となります。そのために、営業先の開拓や資料・見積書を作成などの営業活動を行います。また、成約後の契約や納品・代金の請求、アフターフォローなども営業の仕事です。営業活動の手法は大きく分けると「アウトバウンド営業」「インバウンド営業」などの種類があります。アウトバウンド営業とは、企業側が顧客側に働きかける営業手法のことです。具体的には飛び込み営業・電話営業・メール営業などが含まれます。

一方、インバウンド営業は顧客が自ら企業に商品やサービスを求めるように有益な情報を発信して誘導し、購買活動を促す営業手法です。具体的には、展示会やイベントなどの開催・プレスリリース営業などが挙げられます。また、営業活動の一環として顧客の購買意欲を高めるため、市場調査や施策の実施など、セールスプロモーションを行うこともあるでしょう。このように、営業職の業務は多岐にわたります。マルチタスクに活動することが求められる職種といえるでしょう。

営業の対象

営業をかける対象は、大きく分けると「法人」「個人」の2つに分けられます。法人営業は企業や団体の担当者が主な対象となります。ただし、大きな契約の場合は、経営層と直接商談する可能性もあるでしょう。企業や団体の担当者が決定権を持っていることはまれです。ほとんどの場合は商談でそのまま契約を獲得することは難しく、担当者の上司・部長・社長など金額によって複数人の承認決裁が必要になります。一方、個人営業とは一般消費者や家庭が主な対象です。生活関連の品物やサービスを販売することが多いでしょう。

そのほかにも、保険や不動産、インターネット回線などの営業を行うケースもみられます。個人は法人とは異なり、目の前の顧客が決裁権を持ちます。したがって、営業マンの交渉スキルや好感度次第で、すぐに成果につなげられる可能性があるのです。法人と比較すると担当する顧客数が多く、商談回数が少ない傾向にあります。したがって、短い期間でいかに多くの顧客対応を行い、短期間で信頼関係を構築できるかがキーポイントとなります。

営業の形態

営業の形態は大きく分けると「メーカー営業」「商社営業」「代理店営業」の3つがあり、それぞれ営業活動の内容や対象が異なります。メーカー営業は、自社で作った商品を自社で販売する形態です。多くの場合は法人向け営業となることが多く、新規開拓のほか既存顧客を回るルート営業も多くみられます。商社営業は商社の幅広いネットワークを生かしてさまざまな企業やメーカーから商品を仕入れ、顧客に販売する形態を指します。商社営業は自社で作ったものではなく仕入れたものを販売するため、各商品に対する知識が不足しており顧客対応が不十分になる場合があります。

このような場合は顧客のニーズに応えるため、メーカーの営業マンが同行するケースもあるでしょう。代理店営業は、顧客に商品を販売するのではなく、自社の商品・サービスを販売してくれる代理店を開拓・サポートする形態です。自分ではなく、代理店がエンドユーザーに商品を販売することが特徴です。代理店の多くは複数企業の商品・サービスを取り扱います。したがって、代理店営業は代理店との良好な関係を築き、自社商品を多く販売してもらえるように努める必要があります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

営業職のメリット・デメリット

営業職にはメリット・デメリットの両方があります。それぞれどのようなものか、詳しく見ていきましょう。まずはメリットからです。

1つ目のメリットは「幅広い人脈を作れる」ことです。営業職に就くと、商談のため多くの企業担当者や消費者と直接コミュニケーションをとるようになります。ときには日常生活では関わる機会のない企業の社長などとも話をすることができ、交流を深めるきっかけを得られるのです。社外に人脈を築きやすく、仕事に対する視野が広がったり転職時に声をかけてもらえるようになったりする可能性があります。仕事を通じて多種多様な人と出会い、自然と幅広い人脈を作れることが営業職の醍醐味であり、大きなメリットといえるでしょう。

2つ目は「能力や努力次第で高収入を得られる」ことです。営業職はいわゆる歩合制で、成果に応じたインセンティブを支給する企業が多い傾向にあります。インセンティブは自分の営業成績や努力が収入に分かりやすく反映されるため、頑張り次第で収入UPを狙えます。評価が収入に直結することはモチベーション維持にもつながり、結果として仕事へのやる気がアップすることが見込めるでしょう。

3つ目は「汎用性が高いスキルが身に付き転職時に役立てられる」ことです。営業職を経験すると商談を通じるなかで分析力や交渉力、行動力などが身に付いていきます。これらのスキルは営業職以外でも幅広いシーンで応用できます。また、営業はどの業種や企業においても必要な職種であるため、スキルや経験があれば転職しやすいこともメリットです。

次に、デメリットを見ていきましょう。

1つ目は「ストレスやプレッシャーを感じやすい」ことです。営業は必ずしもスムーズに商談を進められるとは限りません。むしろ提案を断られてしまうことも多く、ストレスを抱え込みやすいともいわれています。さらに、毎月のノルマが設定されていることも多く「成績を上げなければ」と精神的なプレッシャーが大きいと感じる人も少なくありません。こうしたストレスやプレッシャーに負けてしまわないよう、強い精神力を保つ必要があります。拒絶されても「次があるし問題ない」と切り替えられる前向きさが求められます。

2つ目は「不規則な勤務になりやすい」ことです。営業は成果を出すために顧客の都合を優先して活動することもあります。そのため、休日や夜間など不規則な勤務となる可能性もあるのです。自分の時間をコントロールしにくいケースがあるため、注意が必要になるでしょう。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

営業職に求められるスキル

営業職への転職を検討する際、どのようなスキルが必要なのか気になるものです。基本的には営業職に就くために特別な資格や免許は必要ありません。ただし、ある程度職種に対しての向き不向きや求められるスキルがあります。具体的に何を求められるのか、営業職で必要になる代表的なスキルを4つ紹介します。

コミュニケーション能力が高い

営業に不可欠なスキルとして、まず「コミュニケーション能力の高さ」が挙げられます。なぜなら、営業職は顧客との会話がメイン業務となるためです。相手が気持ちよく話しやすい雰囲気を演出したり、顧客に信頼してもらえるような対応をしたりなど、高いコミュニケーション能力が求められます。ただし、ここでいうコミュニケーション能力とは、ただ単に会話を盛り上げたり、一方的に商品・サービスの良さを説明したりするものではありません。これでは顧客の購買意欲がなかなか高まらず、購入や契約にこぎ着けることが難しくなります。

営業職に必要なのは顧客のニーズを正しく読み取り、最適な解決法を提案する力です。顧客が抱える課題やニーズを正確かつ速やかに読み取り、それを自社の商品・サービスで解決できることを効果的に伝えるスキルが求められます。

論理的思考ができる

営業職はコミュニケーション能力の高さはもちろん「論理的思考」が必要です。論理的思考は「ロジカルシンキング」とも呼ばれるもので、自分の意見や伝えたいことを筋道立てて整理し、根拠と結論を矛盾なく考えられることをいいます。論理的思考によって説得力のある説明ができるようになります。その結果、商談で商品・サービスの有益性を相手にうまく伝えられ、納得させることができるのです。論理的思考力を鍛えるためには、まず物事の結論から話すよう意識することがポイントとなります。結論ファーストで話し始め、その結論に至った理由を根拠とともに、できる限りコンパクトに分かりやすく説明するよう心がけましょう。

情報の収集・分析能力が高い

いくら優れた商品・サービスでも必要性を感じていない顧客に提案をしてしまっては、成約につなげることが難しくなります。そのため、営業職では効果的な営業活動を行うために「情報の収集・分析能力の高さ」が必要になります。市場の動向や顧客のニーズ・課題などをリサーチして、最適な相手に有益性をアピールすることが求められるのです。情報の収集・分析能力が高い人は見込みの高い顧客に対して効果的にアプローチでき、成果を得やすい傾向にあるのです。

肉体的・精神的な強さがある

営業職に求められるスキルの一つが「肉体的・精神的な強さ」です。特に、基本的に外勤営業職は毎日社外を移動して顧客先を訪ねて回ります。その動き回るための体力が必要なのです。また、営業活動は顧客に断られることも多く、門前払いやクレームを経験することも珍しくありません。こうした営業活動を続けていると、どうしても精神的なストレスが大きくなるでしょう。このような肉体的・精神的な負担に負けず、タフで気持ちの切り替えが上手な人は営業に向いています。また、何かミスをしたりつらいことがあったりしたときにも、落ち込みすぎず常に前向きでいられる人も営業職向きといえます。

年収600万円以上の

営業職求人多数!
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

営業職への転職は可能?

実際に営業職に転職する場合、難易度はどうなっているのでしょうか。ここでは営業職への転職は難しいのかどうか、難易度や効果的な転職活動の方法を紹介します。

営業職への転職難易度

厚生労働省が発表した「一般職業紹介状況(令和4年5月版)」のデータによると、営業職の有効求人倍率は1.68倍となっています。これは営業職の求職者1人あたりに対し、1.68件の求人数があることを示しています。そのため、データを踏まえると営業職への転職難易度はそこまで高くないと考えられるでしょう。特に需要が急拡大しているIT業界、個人営業がメインで人手が必要な保険業界などは求人が多い傾向です。

なお、基本的には営業職になるために特別な資格は必要ありませんが、取得しておくと能力や知識量の証明となり、転職に有利に働く可能性があります。たとえば、TOEICや営業士検定、中小企業診断士やFPなどの資格があると、親和性の高い顧客や商材を扱う企業では、営業に役立つスキルがあると証明できるでしょう。

効率的な転職活動の方法

前提として、転職活動は応募企業の選定から企業研究、その企業に合わせた応募書類の作成から試験・面接準備など、多大な労力と時間がかかります。現職を続けながら転職活動を行うとなると、どうしても負担が大きくなりがちです。

時間的・精神的に自分で転職活動をする余裕がない場合は、オファー型転職サイトを利用することがおすすめです。オファー型転職サイトに登録して希望条件やプロフィールを設定しておくと、自分に興味を持つ企業から連絡が届きます。企業ごとに応募したり書類の内容を変えたりする必要がなく、待っているだけで自分にマッチする企業が見つかるため効率的です。

仕事を続けながらでも、無理なく転職活動を進められます。

また、もともと自分に興味を持つ企業が相手となるため、確約ではないものの内定をもらえる可能性が高まります。オファー型転職サイトは忙しい社会人をフォローし、自分に合う仕事を探すための手助けをしてくれるのです。

成果次第で高収入も!営業職の特徴を正しく理解して転職しよう

営業職は求人数が多く、基本的には仕事に就くために特別な資格も必要ありません。

そのため、比較的ハードルが低く、転職しやすい職種といえるでしょう。ただし、営業職にはメリット・デメリットの両方があります。デメリットや求められるスキルなども理解し、しっかりと企業研究をすることが大切です。

オファー型転職サイトを活用するなどして、自分に合う転職先を効率的に探しましょう。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

試用期間とはどういう意味?概要や気をつけたいポイントを詳しく解説|の画像

試用期間とはどういう意味?概要や気をつけたいポイントを詳しく解説

昇給制度の種類とは?日本企業の昇給実施率や収入を上げるための方法も解説|の画像

昇給制度の種類とは?日本企業の昇給実施率や収入を上げるための方法も解説

履歴書に書くTOEICスコアは何点から? 書き方や注意点|の画像

履歴書に書くTOEICスコアは何点から? 書き方や注意点

転職で内定が出たけど保留したい! いつまで待ってもらえる?|の画像

転職で内定が出たけど保留したい! いつまで待ってもらえる?

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧