中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

第二新卒の転職は不利、と耳にしたことがある方もいるかもしれません。

第二新卒に限らず転職の不利か有利かは一概に言い切れるものではなく、企業によって求める人材や評価するポイントが異なるので、第二新卒は不利と簡単に言えるものではありません。

本当に第二新卒の転職が不利なのかどうか、第二新卒の転職が不利と言われる理由や成功のポイントを解説します。

第二新卒の転職は不利とは言い切れない理由

第二新卒の転職は不利と言われることがありますが、第二新卒の転職は不利とは言い切れない部分も多くあります。

第二新卒の転職が不利とは言い切れない理由について確認していきましょう。

第二新卒を積極的に採用している企業もある

第二新卒はキャリアが浅いと言われますが、新卒の方よりも社会人経験があるのは事実です。

また、社会人経験があるが若年層であることで新卒と同様に長期的視野での成長や育成を考えて採用したいと考えている企業もあります。

第二新卒は不利と言われますが、第二新卒だからこそ有利になる部分もあるので、第二新卒は不利と言い切れない部分が転職においてもあるのです。

思い切ったキャリアチェンジがしやすい

第二新卒は、新卒の人材と年齢的にそれほど差がない若い年齢での転職となるため、思い切ったキャリアチェンジをしやすくなります。

キャリアチェンジに年齢の制限はありませんが、まったくの異業種、異業界、未経験の職種などは年齢を重ねてしまうと転職の難易度が格段にあがります。

一方、年齢的に若い第二新卒であれば、これからの伸びしろに期待できるため、企業側の目に留まる確率も高まります。

社会人として視野を広げられる

ひとつの会社に長く在籍して年齢を重ねると、社会人としての視野が狭くなるおそれがあります。

その会社での業務しか経験しておらず、特定業界のみの事情しかわからないため、いざ転職したいとなったとき他業種や他社に適応できないかもしれません。

一方、第二新卒として早い段階で転職すれば、社会人としての視野を広げられます。

新たなスキルや知識の習得につながるほか、さまざまなキャリアへの道筋が見えてくるのもメリットです。

転職によって新たな経験をすることで、多彩なキャリアがあることを知れるだけでなく、選択の幅も広がり描ける未来像も増えます。

早めに労働環境や給料などの不満を解消できる

第二新卒であってもなくても、転職したいと思うような環境や状態で働き続けることにメリットはありません。

むしろ、心身に悪影響を及ぼすことも考えられますので、第二新卒でキャリアが浅いから我慢するのではなく、第二新卒であっても早めに行動したほうがいいでしょう。

耐えがたい状態や不満を募らせている状態を早めに解消するには転職が効果的な手段です。

第二新卒は転職が不利になるといわれる部分があるとしても、転職を実現するのが最適な手段ですので、第二新卒だからと悩むよりも早めに転職に向けて動いたほうがいいでしょう。

第二新卒の転職が不利と言われる主な理由

第二新卒の転職は不利ではない部分もありますが、不利と言われる理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

第二新卒の転職が不利と言われる理由を確認しておくことで、転職活動において不利な要素への対処もしやすくなるでしょう。

キャリアを捨てたと考えられることがある

第二新卒での転職となると、これまで培ってきたキャリアがリセットされます。

1~3年と社会人歴は短いものの、キャリアをまっさらな状態から再スタートしなくてはなりません。

一時的に、社会的な信用が低下するリスクもあります。

例えば、アパートやマンションなどの入居審査では、会社への勤続年数をチェックされるケースが珍しくありません。

転職した場合、勤続年数が短くなってしまうため、賃貸契約やローンの申し込みなどで不利になるおそれがあります。

また、同業他社へ転職するケースでも、業務への取り組み方が前職と大きく変わる可能性があります。

前職でのやり方が通用せず、転職先のやり方でいちから覚え直す必要があることも覚えておきましょう。

同期がいない場合や中途扱いになる

新卒として入社するのと違い、第二新卒は中途採用であるため同期がいない可能性があります。

年齢の近い新卒の従業員には同期がいるのに、自分にはいないといった状況に居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

新卒の従業員たちが同期で仲のよいグループを形成していた場合、職場に馴染めず孤立してしまうおそれもあります。

中途採用を積極的に行っているような会社であれば、同時期に入社する人が多い可能性もあります。

しかし、中途採用の年齢幅は広く経験豊富でスキルが多様な中途採用者と同じように考えられてしまうなどもあり得るので、キャリアが浅い第二新卒でありながら新人扱いがあまりされないというケースもあるかもしれません。

すぐに辞めるのではと思われる

企業側が第二新卒の人材に対して抱く懸念のひとつに、「またすぐに辞めてしまうのでは」といったことが挙げられます。

企業側の不安や懸念を払拭するには、相応の努力や工夫が求められます。

採用担当者や上司だけでなく、年齢の近い従業員にも「すぐ辞めるのでは」と不安がられるかもしれません。

第二新卒に限らず転職数が多かったり、在籍期間が短ければこのように思われてしまうことはありますが、適切に退職理由を説明し、入社後にしっかりと業務を行っていれば事前と解消されることが多い部分といえるでしょう。

第二新卒の転職の不利を減少させるコツ

第二新卒の転職の不利を減らし成功させるには、これからのビジョンを明確にしておかねばなりません。

また、応募企業にネガティブな退職理由を伝えない、企業が求める人物像をあらかじめリサーチしておく、なども転職を成功させるために必要なことです。

第二新卒の転職の不利を減少させるコツやポイントを確認していきましょう。

これからのビジョンを明確にしておく

将来自分がどうなりたいのか、どのようなキャリアを歩んでいきたいのかが明確でないと、転職に失敗するリスクが高まります。

やみくもに転職活動を進めるのではなく、将来的なビジョンを明確にしたうえで進めていきましょう。

ビジョンが明確になれば、どのような企業を選べばよいのかもおのずと見えてきます。

明確にした将来のビジョンから逆算的にキャリアパスを描けるため、応募企業の絞り込みもしやすくなると考えられます。

具体的には、5年後や10年後、どのようになっていたいのかを考えましょう。

将来のビジョンが明確になっていれば、採用担当者にもアピールしやすくなり書類選考や面接が有利になる可能性があります。

また、転職したあと、高いモチベーションを保って働けるのもメリットです。

自分のルールを決めておく

理想の将来像が描けたら、自分なりのルールを決めましょう。

転職で絶対に譲れない条件や、妥協できるポイントなどをあらかじめ決めておけば、応募企業を絞り込みやすくなるだけでなく、ミスマッチも回避できます。

これらのルールが定まっていないと、応募企業選びの軸がぶれてしまい、失敗するリスクが高まります。

前職に不満を抱いて退職したケースであっても、再び同じような会社へ転職してしまい、すぐに辞めたくなってしまう、といった状況にも陥りかねません。

まずは、自分なりにこだわりたい点を洗い出してみましょう。

給与は今の職場以上、休みは週休二日など、譲れない条件や妥協点を可視化することで思考も整理できます。

ネガティブな退職理由を伝えない

現職の上司に不満がある、給与が低いなど、退職理由がネガティブだったとしても、それをそのまま応募企業へ伝えるのはNGです。

企業側がマイナスイメージを抱いてしまい、選考で不利になってしまうかもしれません。

採用面接では、高い確率で退職理由について聞かれます。

現職の仕事に不満がある、上司が横柄であるなど、ネガティブな理由ばかり述べてしまうと、自社へ入社したあともすぐ不平や不満を抱くのではないか、と勘繰られるおそれがあるため注意が必要です。

ネガティブな退職理由であったとしても、そのまま伝えるのではなく、ポジティブな理由に変換して伝えましょう。

なお、事前にしっかりと準備して、面接で質問されたときにスムーズに答えられるようにしておきましょう。

内定までのスケジュールを立てておく

転職活動のスケジュールを立てておかないと、いつまでもダラダラと続けてしまうおそれがあります。

転職活動の途中で、「もっといい会社があるのではないか」「この会社で本当によいのだろうか」とさまざまな考えが頭をよぎり、いつまで経っても転職できない、といった状況にも陥りかねません。

このようなリスクを避けるため、最終的なゴールと道筋を明確にしておきましょう。

最終的なゴールと道筋を明確にすることで、ぶれることなく転職活動を展開できます。

なお、スケジュールを立てる際には具体的な内容を盛り込みます。

例えば、「〇月〇日までに内定をもらう」や、「〇〇社の内定をもらったら活動をやめる」といった具合です。

企業が求める人物像をリサーチする

ミスマッチが発生しないよう、企業がどのような人材を求めているのかしっかりとリサーチを行いましょう。

リサーチが不十分ではミスマッチが発生する確率が高まり、早期離職につながりかねません。

また、企業が求めている人物像を把握しておけば、書類選考や面接で有利になる可能性があります。

業務分野に関する知識や経験、資格をアピールするなど、効果的なアプローチができるためです。

企業が何を求めているかを知るには、企業研究に注力しなくてはなりません。

必要とされる人物像は、コーポレートサイトや求人広告の募集要項などでリサーチできます。

会社の経営者が執筆した著書やSNSなどからも情報を得られる可能性があるため、これらの媒体もチェックしてみましょう。

会社説明会では、実際に働いている従業員の方へ質問したり、意見を聞いたりといったことができるため、有益な情報を入手できます。

第二新卒でも不利にならないための対策方法

第二新卒が転職を成功させるには、ネガティブなイメージを抱かれないための工夫が必要です。

新卒にはない第二新卒ならではの強みをアピールし、第二新卒の不利を払しょくし採用担当者に少しでもよい印象を与えましょう。

基本的なビジネスマナーやスキルをアピールする

第二新卒は、短いとはいえ社会人としてのキャリアがあることが、新卒との大きな違いであり、強みです。

第二新卒であれば、以前の職場でさまざまな研修を受けていることも多く、社会人に求められる基本的なビジネスマナーやスキルを習得しているのであれば、これらを積極的にアピールしましょう。

多くの企業では、採用した新卒人材に対し研修を実施しています。

社会人としての経験がない新卒には、基本的なビジネスマナーを教える必要があるためです。

ただ、こうした研修には時間もコストもかかるため、できるだけしたくないのが企業としての本音と考えられます。

その点、第二新卒は基本的なビジネスマナーを習得していることが多いため、ここを新卒との差別化ポイントとしてアピールできます。

また、前職で身につけた知識やスキルがあるのなら、それを伝えることで即戦力として役立つ人材であるとの証明が可能です。

なお、知識やスキルをアピールする際には、応募企業の実務で役立つかどうかを考えなくてはなりません。

いくら応募企業の実務に役立たない知識やスキルを提示してみても、即戦力にはなりえないと判断されるため、かえって逆効果と考えられます。

前職で得た知識やスキルを、応募企業でどのように役立てられるのか、どう貢献できるのかを伝えましょう。

企業研究や応募を積極的に行う

企業研究をしっかりと行わないと、ミスマッチが発生し早期退職につながるおそれがあります。

また、企業研究が疎かでは採用担当者の心に響くアピールができず、選考や面接をクリアできません。

コーポレートサイトやSNSをチェックするほか、業界の動向などもリサーチし、万全な状態で応募書類の作成や面接に臨みましょう。

気になる企業があれば、積極的に応募するのも成功率を高めるコツです。1社に応募して書類選考に落ちたら次の企業へ応募、といったやり方では効率が悪く、成功率も低くなってしまいます。

少しでも気になる企業があれば、積極的に応募を続けましょう。

応募の数を増やすことで、内定の確率はあがります。

ただ、企業研究や自己分析などをしっかりと行っていることが大前提です。

やみくもに数を打って転職できたとしても、自分のやりたい仕事ではなかったり、働きにくい環境だったりと、ミスマッチが発生するリスクがあるため注意しましょう。

関連する資格を取得して意欲をアピールする

応募企業の実務に関連する資格を取得すれば、意欲をアピールできるためネガティブなイメージの払拭に有効です。

また、意欲をアピールするには志望動機も作り込む必要があります。

企業研究や業界研究をしっかりと行い、そのうえでどこに魅力を感じて応募したのかを伝えましょう。

前職で得た知識やスキルをどう役立てられるのか、どのように貢献できるのかをアピールするのも有効です。

ポテンシャルや伸びしろ、柔軟性をアピールする

第二新卒は、年齢的には新卒と変わらず若いため、ポテンシャルや伸びしろ、柔軟性をアピールできます。

社会人としての経験が短く、前職の企業や業界に染まりきっていないこともアピールできればなお有利です。

新卒に比べて転職は不利といわれる第二新卒ですが、組織に新しい風を吹き込みたい、フレッシュな人材を採用したい、といった企業にとっては魅力的な人材です。

新卒と変わらぬくらい若いのに、社会人としての経験があって基本的なビジネスマナーなども習得している第二新卒を魅力的な人材と捉えれば、採用につながるかもしれません。

第二新卒の転職を不利にしたくないならPaceBox

第二新卒の転職は不利とは言い切れない部分が多くあり、第二新卒は転職を成功させられる可能性が高いといえるでしょう。

しかし、第二新卒だから不利になる部分がないとは言えないので、第二新卒の方は転職を成功させるためには第二新卒の不利を払しょくし、第二新卒ならではの強みを効果的にアピールすることを意識しましょう。

PaceBoxはプロフィールを入力することで企業からオファーが届く転職サービスであり、キャリアアドバイザーが転職に関するさまざまな悩みや不安をサポートします。

第二新卒の転職を不利なものにしたくないのであれば、PaceBoxにぜひ登録してみてください。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

契約社員の特徴を解説!ほかの雇用形態との違いや転職時の確認事項とは?|の画像

契約社員の特徴を解説!ほかの雇用形態との違いや転職時の確認事項とは?

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧