中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒として転職活動を始める人に、ベンチャー企業を転職先として考える人は少なくありません。

本記事では、第二新卒者がベンチャー企業へ転職するメリットを紹介します。

第二新卒の方がベンチャー企業への転職に関して押さえておきたい、転職を成功させるコツや注意点も分かるので、キャリアチェンジ成功を目指せるでしょう。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

ベンチャー企業の特徴とは

「ベンチャー企業」という言葉に聞き覚えはあっても、実際にどのような企業がそれに該当するのかハッキリは分からない人は多いのではないでしょうか。

ベンチャー企業とは、市場が成熟していない新しいビジネスやサービスの展開に挑戦する、新興の企業を指します。

また、ベンチャー企業のなかでも成長が早い企業を指して、「スタートアップ企業」と呼ぶこともあります。

ベンチャー企業には、大手や中堅企業とは異なる特徴や、転職先に選ぶメリット・デメリットがあります。

第二新卒の方がベンチャー企業への転職を成功させるには、その点をよく把握したうえで決断することが重要です。

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリット

「やりがい」や「成長の実感」などを大切にしたい第二新卒の人にとって、ベンチャー企業に転職することは魅力的な選択肢です。

第二新卒の方がベンチャー企業に転職する主なメリットを確認していきましょう。

新しいビジネスやサービスにチャレンジできる

ベンチャー企業とは、これまでになかったビジネスモデルやサービス、新しい技術などに挑戦している企業です。

したがって、ベンチャー企業に転職すれば、革新的な技術や手法を使って、新しいビジネスモデルやサービスの誕生に携われる可能性があります。

今後、その市場がさらに成長していくとしたら、先んじてそのビジネスに関わった経験や知識は自分のキャリアにとっても大きな武器にすることが可能です。

会社の成長と自分のキャリアアップが密接にリンクしていることは、ベンチャー企業ならではの魅力です。

仕事の範囲が広くやりがいや自己成長につながる

大企業や中堅企業だと、各社員の仕事は分野ごとに分業化・専門化されているのが一般的です。

特定の業務だけに集中すればいい環境はたしかに効率的で働きやすい面もありますが、他方で自分のキャリアや可能性を知らず知らずのうちに狭めてしまう恐れもあります。

その点、ベンチャー企業は少数精鋭で仕事をするケースが多いため、各社員の業務範囲や裁量権が広くなりやすく、さまざまな業務経験を積めます。

場合によっては、若いうちからリーダーやマネージャーのポジションも務められるかもしれません。

職種に縛られず広範な業務経験を積むことで、自分のできることは大きく広がり、やりがいや成長の実感を強く感じられます。

社員や経営者とコミュニケーションが取りやすい

ベンチャー企業は小規模な組織なので、ほかの社員や経営者との距離感が近く、コミュニケーションを円滑に取りやすいのも魅力です。

ベンチャー企業は経営者も含めて20代、30代の若い年齢層で構成されていることが多いです。

そのため、第二新卒なら年齢的な意味でも組織に馴染みやすく、自分の意見やアイデアを施策へ反映できる機会も多いと期待できます。

また、経営者の近くで働くことも多いベンチャー企業では、経営者の考え方や経営ノウハウを学ぶ機会が多いです。

将来的に独立などを考えている人にとって、こうした機会や人脈を得ることは自分のキャリアにおける大きな財産になります。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

第二新卒でベンチャー企業に転職する場合の注意点

ベンチャー企業に転職することは大きな成功や成長につながる可能性もある一方で、ベンチャー企業に転職する際には注意点やリスクもあると十分に理解したうえで、応募の判断をすることが重要です。

体制が整っておらず安定性に欠ける

大手や経営歴の長い中小企業と比べ、発展途上のベンチャー企業はさまざまな面で不安定です。

組織の管理体制や福利厚生が十分に整っておらず、快適な労務環境とは言い難いかもしれません。

それどころか、事業がうまくいかなかった場合は、倒産したり事業縮小したりしてしまい、再び転職活動をしなければいけなくなるリスクもあります。

「自分が会社を成長させる」という覚悟を持っているのでなければ、安定を重視した会社選びにシフトした方がいいかもしれません。

前職より月収や年収が下がる可能性がある

収益が安定していないベンチャー企業に転職した場合、前職よりも収入が下がる恐れがあります。

例えマネージャーや管理職などのポストに着けた場合でも、大企業に転職した場合以上の収入を得られるとは限りません。

ただし、ベンチャー企業ではストックオプションや成果報酬などのインセンティブを用意している企業も存在します。

収入について考える際は、こうしたインセンティブの存在も確認するようにしましょう。

個人の対応範囲や量が多く負担がかかりやすい

「各社員の業務範囲が広い」という先述のメリットは、デメリットにもなりえます。

小規模なベンチャー企業では、1人あたりの仕事量が多かったり、不慣れな仕事を任されたりすることも多いかもしれません。

しかも管理体制や教育体制が整っておらず、誰かに教えを乞うこともできないまま、自分だけで手探りで仕事を進めなければいけないことも予想されます。

したがって、ベンチャー企業で仕事をこなしていくためには、体力面・精神面でのタフさや、常に新しいことを学び続ける意欲が必要です。

第二新卒でベンチャー企業への転職が向いている人とは?

ベンチャー企業には一長一短の特徴があるので、そこへ転職する人にも向き不向きがあります。

そこで、第二新卒でベンチャー企業に転職する人にはどのような特性があった方がいいのか解説します。

チャレンジ精神旺盛で柔軟に対応できる人

ベンチャー企業への転職は、さまざまな面でリスクがあるのが現実です。新しい事業が成功して会社が長期的に存続していけるかどうかは、誰にも保障はできません。

したがって、ベンチャー企業へ転職するのは、そうしたリスクを呑み込んで冒険ができる人、これまで先例がないような新しいことにも進んでチャレンジできる人が向いています。

また、成長途中のベンチャー企業では、戦略の転換や組織体制の刷新など、さまざまな変化が起こりやすいです。

ベンチャー企業で働く人には、そうした変化を柔軟に受け入れ、対応していける高い適応能力が求められます。

積極的に仕事を担い楽しめる人

ベンチャー企業では、年齢や経験も関係なく、責任ある仕事を任されやすいです。

そうした仕事を振られるのを積極的に楽しめるか、それとも苦痛に思うかでベンチャー企業に転職する適性は分かれます。

自分の職分を厳密に定めて、その範囲内で働きたいと願うのは悪いことではありませんが、ベンチャー企業の社員としては不向きです。

反対に、自分の立場に関係なく積極的に仕事を覚えて働いていたような人であれば、ベンチャー企業に転職しても苦に感じにくいと考えられます。

裁量権を持って働きたい人

実力主義のベンチャー企業では、能力次第で若いうちから大きな裁量権を持って働くことが可能です。

大手に就職した場合に比べ、成果次第でスピード出世できることも期待できます。

こうした点を踏まえると、自分の意思や決定権をある程度持って仕事をしたい人にとって、ベンチャー企業へ転職することは一考の価値がある選択です。

また、大きな裁量権を持つということは、それだけ大きな責任を負うということでもあるので、途中で仕事を投げ出さない粘り強さがある人にも適しています。

将来的に独立を目標にしている人

将来的に独立を目指している人は、ベンチャー企業に転職して経験を積むことがおすすめです。

ベンチャー企業では経営者の近くで仕事ができるため、経営に関するノウハウや考え方を間近で学べます。

また、独立したときには営業から事務作業まで、さまざまな仕事を自分でこなさなければならなくなることが考えられますが、その際にもベンチャー企業で広範な業務を行ってきた経験を役立てることが可能です。

さらに、ベンチャー企業で大きな裁量権を持って仕事を成功させた経験を積み重ねていけば、独立の自信にもつながります。

第二新卒がベンチャー企業への転職を成功させるコツ

第二新卒者がベンチャー企業への転職を成功させるには、そのほかの一般企業への転職活動とは少し異なったコツが必要です。

ベンチャー企業の特有の性質やリスクをふまえた上で転職活動をおこなうことが重要になります。

あらかじめキャリアプランを設定しておく

ベンチャー企業で活躍する人の多くは、自分のキャリアプランを明確に持ち、強い目的意識を抱えて働いている人達です。

少数精鋭で仕事を回していく傾向の強いベンチャー企業では、漠然と仕事をしているようでは評価されません。

自分が仕事で何を成し遂げたいのか、将来的にどのようなキャリアを歩みたいのか、将来に対する考えを面接で明確に説明できるようにすることで採用の可能性が高まるので、転職活動を開始する前にキャリアプランを明確にしておくのがおすすめです。

企業の情報収集を徹底する

ベンチャー企業へ転職する際には、一般企業以上に企業研究を徹底的におこなうことが重要です。

その会社には本当に将来性があるのか、諸々のリスクを呑み込んででもそこへ転職する魅力があるのか十分に検討したうえで判断しないと、入社後に後悔する可能性が高まります。

その際に重点的にチェックすべきなのは、「採用活動を活発に行っているか」「ビジネスモデルに共感できるか」の2点です。

まず、採用活動が活発な企業は比較的順調に事業を拡大していると判断できるので、成長性についての判断材料にできます。

また、ベンチャー企業だと経営者と距離が近い分、その方針やビジネスモデルに共感できないと強い不満につながりがちなので、この点でミスマッチが生じる心配がないかの確認も重要です。

そのほかでは、業務内容の確認も欠かせません。自分のやりたくない業務・苦手な業務ばかりをこなさなければいけないようでは仕事を続けるのは難しいはかz脳性があるので、業務内容が自分の希望や適性とどのくらいマッチしているか確認することは大切です。

こうした詳細な情報を求人情報だけで把握するのは難しいため、ホームページや企業見学など多角的な手段を使って情報収集することをおすすめします。

転職理由はポジティブな内容で具体的に伝える

第二新卒は、現職(前職)の勤続歴が短いため、転職先企業に「堪え性がなく、すぐ辞めてしまう人では?」と思われることがあります。

ベンチャー企業では特に、「変化に柔軟に対応できる人」が必要とされており、何かあったらすぐ辞めてしまうのでは?と思われるのは不都合です。

そのため、面接で転職理由を質問された際の受け答えでは、前の会社の不満や愚痴をそのまま伝えるのは避けなければなりません。

たとえば「前職は給料が低かった」などのネガティブ要素も、「実績や頑張りを、より評価してもらえる環境で働きたい」と転職先への期待にポジティブ変換します。

また、退職理由や転職理由を説明する際は、退職には正当な理由があったことや前職の経験を活かして貢献したいことなどを伝え、入社の意欲や自分の強みをアピールすることが重要です。

ベンチャー企業で働きたい理由を明確にする

面接では、なぜベンチャー企業へ応募したのかを聞かれることも多くあるので、その回答も事前に準備しておくのがおすすめです。

その会社の将来性への期待や、ビジネスモデルへの共感、仕事のやりがいなど、入社への熱意が伝わる理由にすることが基本になります。

自己分析で自分のやりたいことやできること、強みなどを把握し、退職理由と関連付けながら志望動機を考えてみましょう。

第二新卒のベンチャー企業への転職ならPaceBox

第二新卒でベンチャー企業へ転職する場合は、ベンチャーならではのメリットとリスクを把握したうえで応募を検討することが重要です。

自分に合った企業と出会いたい方には、新卒オファー型サービスOfferBox運営企業の100%子会社が手掛ける転職サービス、PaceBoxがおすすめです。

オファー型転職サービスのPaceBoxなら、プロフィールや希望を入力しておくと、それを見てオファーが送られます。

PaceBoxのキャリアアドバイザーにはチャットやオンライン面談で気軽に相談もできるので、ぜひ登録してみてください。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

履歴書を添付したメールの送り方を解説!マナーや作成方法を押さえよう|の画像

履歴書を添付したメールの送り方を解説!マナーや作成方法を押さえよう

履歴書に記入する日付は内容を記載した日?正しいタイミングとは?|の画像

履歴書に記入する日付は内容を記載した日?正しいタイミングとは?

転職時の面接のマスクは何色がいい? ふさわしいマスクや失敗しないための注意点|の画像

転職時の面接のマスクは何色がいい? ふさわしいマスクや失敗しないための注意点

30代女性が転職を考えるきっかけは?よりよいキャリアを築くためにできること|の画像

30代女性が転職を考えるきっかけは?よりよいキャリアを築くためにできること

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧