中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

仕事が向いていないと感じた時の判断方法や対処法、転職の注意点

仕事が向いていないと感じた時の判断方法や対処法、転職の注意点

仕事をするうえで「この仕事に向いていない」と感じたり「転職したい」と思ったりすることは、なんらおかしいことではありません。また、勤続年数や役職によって、疑問や不満がたまりやすい時期があるのも確かです。本記事では具体例やその対処方法、転職する際の注意点を解説します。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

仕事に向いていないと感じることが多い時期

転職を考えるタイミングのひとつに「今の仕事は自分に向いているのか?」と悩むことが挙げられます。「なかなか仕事がうまくいかない」「このところ体調が優れない」など人によって理由はさまざまです。「理由は分からないが、なんとなくそんな気がする」と思う方も多いでしょう。

まずはどんな時期に「向いていない」と感じることが多いのか、「入社1年以内」「入社2~3年目」「入社3~5年目」「30代以降など」の具体例に分けて解説します。自身のキャリアに応じて参考にしてください。

入社してすぐの時期(入社1年以内)

入社してすぐのタイミングでは、新しい環境への適応や人間関係の構築など、やらなければならないことが多い時期です。上司や仲間に迷惑を掛けてはいけないというプレッシャーもあり特に体力が必要となります。

また、その会社に所属する従業員が作り出している雰囲気や会社のルール等のことを「社風」といいますが、関係性を構築できたとしてもその会社の社風になじめないことが負担になることもあります。

特に入社して3ヶ月や半年などの節目に向いていないと感じる人が多い傾向にあります。しかし、なかなか仕事が覚えられない、仕事がうまくいかないという理由で「向いていないんじゃないか」と判断するには、入社して数ヶ月というのは少し早すぎるかもしれません。

この場合、自分が仕事に慣れ始め、スムーズに仕事をこなせるようになれば気にならなくなるなど時間が解決してくれる場合があります。仕事自体に不満がない場合はなおのこと落ち着いて考えてみましょう。

仕事が手についてきた時期(入社2~3年目)

入社2年目以降では、新人と呼ばれることも少なくなります。指導を受ける時間も減り戦力として期待されるのでプレッシャーも増す時期です。その分仕事を徐々に覚えミスが減り、安定したルーティーンワークをこなせるようになった場合に、今の仕事に対して飽きを感じることが多いようです。

また、年数が経ち業務上のポジションが確立すると、新しい仕事に挑戦できなくなったり、本来自分がやりたい仕事と異なる仕事を任せられたりすることがあります。ミスが続き自信をなくしてしまうこともあるかもしれません。そんな場合にも「この仕事に向いていないのでは?」と感じてしまう場合があります。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

仕事や会社の悪い面が見えてくる時期(入社3~5年目)

入社3年目を超えると後輩も増え、中堅社員と呼ばれることが多くなります。仕事に慣れて第一線で働くようになると残業やストレスが増え「仕事に向いていない」と感じることがあります。優秀な後輩や新人がいる場合は、その人と比べられることで嫌な思いをするかもしれません。

また、成果を挙げるにつれ異動や昇進など仕事上で求められるスキルのレベルやクオリティが上がり、うまく対応できずに悩み始めたタイミングで「仕事に向いていない」と感じてしまうのも、多いケースです。

この時期は、会社の全貌が徐々に見え始め、仕事内容や報酬に不満を持ったり、組織の悪い点が気になったりする時期でもあります。どうしても辞めたい理由がないまま転職することは非常にもったいないといえます。
勤め先の良い点や満足していることをピックアップしてみると不満が解消するケースがあります。それでももし解決できないほどの不満がある場合は、上司や先輩などに相談してみることも有効な手段です。

リーダーや管理職を任される時期(30代以降など)

この時期になると、プロジェクトやチームのリーダー・管理職を任せられるようになるケースがあります。チームのメンバーの一員だった頃や役職を持っていない時期に比べ責任やプレッシャー、業務量や求められるスキルが大きくなり自身の負担が増えます。

リーダーや管理職になると部下や後輩の管理も必須です。自身の仕事に取り組みながら、メンバーを管理するのは大変な仕事です。メンバー個人から相談されるケースや、メンバー同士がうまくいかず関係性修復に時間を取られるなど、管理や指導がうまくいかないと思うケースが増える時期でもあります。

担当しているチームやプロジェクトがうまくいかず成果が出ない場合も責任を感じ「仕事に向いていない」と感じることが多くなります。

メンバーにもあなたのようなリーダーや上司がいるように、あなたにもきっとリーダーや上司がいるはずです。1人で悩まずに、まずは相談することで心の負担を解消できる場合があります。

責任感が強すぎる場合「リーダーや上司に負担を掛けることはできない」と思ってしまうこともあるかもしれません。そんなときは心配せずに相談することが重要です。なぜなら、あなたの上司やリーダーは、そんなときのために存在するからです。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

仕事に向いていないかどうかの判断方法

現在の仕事が自分に向いていないかどうかは、以下の項目に当てはまるかどうかで判断できます。

●仕事にやりがいや楽しさを感じない
●今の仕事で成長したいという意欲がわかない
●肉体的・精神的な負担が大きすぎる
●刺激をもらえる先輩や上司がいない

もし上記項目に当てはまる場合、現在の仕事が向いていない可能性があります。それぞれ解説しますので、自分自身の状況と照らしあわせてみてください。

仕事にやりがいや楽しさを感じない

「嫌なことでも我慢するのが仕事だ」という意見があるのは確かです。しかし仕事に対して、やりがいや楽しさを感じるかどうかは自身の将来を考えるうえでは重要な指標のひとつです。

モチベーションが上がらず、楽しくないと感じることが多くなると日々の仕事の疲れが余計にたまり、ストレスや不安が増幅します。これまでの仕事を振り返って「楽しいことがひとつもない」「ただ忙しいだけで、やりがいがひとつもない」という場合は転職を視野に入れることも必要です。

ただし、動機やめまいが常にあるなど、身体的な問題がある場合は特に注意が必要です。無理に我慢せず上司に相談したり、症状が重い場合は医療機関を受診したりするようにしてください。

今の仕事で成長したいという意欲がわかない

将来に対する夢や目標が見つからず、仕事に成長を感じられない場合や、自分の職場や仕事に将来性が見いだせず成長したいという意欲がわかない場合がこれに該当します。

目標やみんなで目指すゴールが周知されていない会社では、目標がないまま惰性で仕事を続けてしまい、モチベーションを維持することは困難です。ただし、自身が目標・ゴールを知らないだけや気づいていないだけのケースもあるので、まずは上司や先輩に目標を再度確認する方法も有効です。

肉体的・精神的な負担が大きすぎる

長時間労働や残業が続き、プライベートの時間や健康に支障をきたす場合や、ストレスや過剰な責任感から、心身の疲れや不調を感じる場合がこれに該当します。

長時間労働や過度な残業は心身に悪影響を及ぼします。労働基準法によって厳しく制限されていますので、勤務先の労働環境が長期にわたって改善されない場合は転職も視野に入れましょう。

刺激をもらえる先輩や上司がいない

周りに自分が憧れるような先輩や上司がおらず、将来に対する不安を感じる場合や、キャリアやスキルアップの目標とする人が定まらず、モチベーションが上がらない場合がこれに該当します。

今の上司や先輩の姿は、将来の自分自身の姿といわれます。もし、憧れの上司や目標としている上司がいない場合「自分に向いていない仕事」の可能性があります。

また、自分自身だけでモチベーションを維持し、スキルアップに励むのには限度があります。不満や愚痴ばかり漏らす先輩しかいない場合は転職を検討することも有効な手段です。

仕事に向いていないと感じたときの対処法

仕事に向いていないと感じることは誰にでも起こり得ます。その感覚が続くと、ストレスや不安がたまり、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。そこでここからは、仕事に向いていないと感じたときの対処法を紹介します。

信頼できる人に相談する、今の職場で人事異動を申し出る、そして転職を検討することが、解決の糸口となります。前述した自身の状況に合わせ、どの対処法がベターなのか検討してみてください。

信頼できる人に相談する

自身が苦しい状況にあればあるほど視野が狭くなっている可能性があります。自分の思考を整理し、信頼できる人に話を聞いてもらう方法は有効な手段です。

第三者に相談することで、自分が思いつかなかったようなアドバイスをもらえる可能性があります。その場合、違う職種に転職した人や、キャリアアドバイザーなどの専門家に相談すると自身の選択肢が増える可能性があります。

今の職場で人事異動を申し出る

自分の得意なことややりたいことを上司に伝え、人事異動を申し出る手段です。異動によって業務内容が変わることで、仕事に対するモチベーションが変わる場合もあります。
異動したからといって、向いている職場に異動できるかどうかは不確かですが、気持ちを切り替えるきっかけにはなります。

異動を申し出る場合、今の職場が嫌な理由を並べるだけではなく、自身が負担に感じていることや得意なこと、異動を希望する部署を伝えることに注意してください。

転職を検討する

本当に今の仕事に向いていないと判断した場合、転職を視野に入れるのは悪いことではありません。その場合、現在の職場で学んだスキルや経験を活かせる職種や業界を探すことが重要です。

ただし、上司が変わる予定や会社のルールが変わる予定があるなど、今の環境が改善される可能性がある場合は少し様子を見ることも手段のひとつです。

履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

向いてない仕事を辞めるとどうなる?

自身が「この仕事は向いていない」と判断し辞めた場合はどうなるのか、具体例をふまえメリット・デメリットについて解説します。

向いてない仕事を辞めるメリット

自分自身のキャリアを考えた場合、向いている仕事に転職することは将来的にメリットがあります。キャリアアップが難しい職場で長く勤務するより、キャリアアップが可能な新しい職場で長く働いた方が効率的です。

また、別の仕事に就くことで、自分自身のスキルや経験を生かすことができる可能性が高いです。今の職場では自身の強みを活かせていないと思う場合は思い切って転職に踏み切ることは有効な手段です。辞めることで転職活動に必要な時間を確保できることもメリットに挙げられます。

向いてない仕事を辞めるデメリット

今の仕事を辞めることで経済的なリスクを負うことがあります。次の転職先が見つかるまで安定した収入を得ることは非常に困難です。

また、転職を繰り返すことで、応募する企業によっては評価が下がる可能性があります。我慢し続けることは正しいとは言えませんが、勢いに任せず、自身の体調やキャリアプラン、勤め先の将来性を総合的に見たうえで判断することが重要です。

向いてない仕事を続けるとどうなる?

向いてない仕事を無理して続けるメリット・デメリットについて解説します。

向いてない仕事を続けるメリット

時間が経てば部署異動や転勤などの人事異動により、今より人間関係や職場環境が改善されることもあります。その場合、安定した収入を維持でき、今の環境でキャリアアップできる可能性が高くなります。

また長期的なメリットとして、将来的に転職する場合、就業期間の長さが有利に働くケースが挙げられます。前職の就業期間が短く、転職回数も多い場合、何かしらの問題を抱えているのではと判断される場合があります。

例えば、感情のままに転職を繰り返し計画性がないと思われたり、企業分析と自己分析がうまくできないと思われたりといった具合です。そのため、転職回数が多く、就業期間が短い場合は注意が必要です。

向いてない仕事を続けるデメリット

仕事に対してモチベーションが下がり、成長する機会を逃すことが挙げられます。モチベーションの維持は非常に重要です。やる気を持って仕事に取り組むのとモチベーションが低いまま取り組むのでは生産性や成果はもちろん、自分自身の成長スピードも雲泥の差となります。

向いていない仕事を無理に続けた場合、ストレスによる健康被害を引き起こす可能性もあります。「辞めたい」→「仕事に集中できない」→「ミスをして叱られる」→「辞めたい」・・・という負のスパイラルに陥るケースも多いです。負担やダメージは蓄積されるもので、かつ自分自身ではなかなか把握できません。
人と話すことが苦手なのに新規営業を担当していたり、細かい作業が苦手なのに事務作業を担当していたりするなど、理由が明らかな場合は一度仕事自体を見直すきっかけが必要です。

また、若ければ若いほど転職のチャンスは多くなりますが、逆をいえば年齢を重ねると転職のチャンスがなくなるともいえます。転職をしないことで選択肢が狭まっていく可能性もゼロではありません。

プロフ充実

時短転職可能
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

転職を考えるときの注意点

今の仕事に向いていないという理由で転職を決意した場合、どのようなことに注意すればよいのかを解説します。

自分のやりたいことを考える

どんな仕事に就きたいのか、自分のスキルや興味にマッチしている仕事は何かを考えることが重要です。内定を取ることだけをゴールにすると今の二の舞になりかねません。転職先は本当に自分が求めている環境かどうかを考えましょう。

もちろん、企業調査や採用担当者が何を求めているかを考えることは必要です。ただし、自分が本当に何をやりたいのか、どういうところが自分に合わなかったのかを再度整理しましょう。過度なノルマの割り当てが負担だったのか、人と話すことが負担であったのか、ルーティーンワークに飽きがあったのか、転職を決意した時の考えを思い出してください。

転職先をイメージだけで選ばない

求人票や企業のイメージだけで転職先を選ばず、実際に従業員の声を聞いたり、職場見学をしたりするなどして現場の雰囲気を知るようにすることが重要です。もし、店舗型のビジネスであれば実際に現地へお客様として来店することも有効な手段です。インターネットで過去の取材やニュースがあれば一度読んでみるとよいでしょう。

転職先の企業文化や社風が自分に合いそうかの確認も忘れてはなりません。企業側も採用のミスマッチを避けるため、ある程度の説明をしていることが多く「切磋琢磨できる環境です!」「社長との風通しが良い会社です!」「過度なノルマは一切ありません!」などがこれに該当します。

企業紹介の文章から100%読み取ることは不可能ですが、事前に自分自身の考えをまとめたうえで企業情報を見ることで、ミスマッチの可能性を下げられます。

面接で今の仕事への不満を言わない

今の仕事に不満がある場合でも、転職理由としてそのまま伝えるとネガティブな印象を与えかねません。面接ではその不満をそのまま語らずに、前向きな理由に変換して伝えるようにしましょう。

「前の上司が昔気質な人で、何をやっても文句を言われて実行してくれなかったので不満に思っていた」という発言と「以前の職場では、職場環境の改善に関する具体的な意見を上司に提案しておりましたが、歴史が長く社風的にも受け入れられないと言われてしまい歯がゆい思いをした経験が多々ありました。」という発言では受け手の印象が全く違います。

もちろん嘘をついてはいけませんが、自分が実際にやってきたり提案してきたりしたことは積極的にアピールするようにしましょう。

本当に向いていないのか冷静に判断して行動しよう

仕事に向いていないと感じたら、自分と職場環境を客観的に見つめ直して、本当に向いていないのか冷静に判断しましょう。転職を決断した場合は、PaceBoxの利用がおすすめです。経験豊富なキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、スムーズな転職活動が期待できます。

第二新卒の転職ならPaceBoxに相談!
OfferBox運営企業の100%子会社の転職サービス
プロフィールを入力すると、オファーがくる!
困ったときはキャリアドバイザーにいつでも相談可能
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

内定承諾後の辞退は可能?内定辞退の伝え方と押さえておくべき7つのポイント|の画像

内定承諾後の辞退は可能?内定辞退の伝え方と押さえておくべき7つのポイント

サプライヤーの意味とは?メーカーとの違いや、業界別で異なる役割を解説|の画像

サプライヤーの意味とは?メーカーとの違いや、業界別で異なる役割を解説

住民票記載事項証明書とは?住民票との違いや取得方法、書き方を徹底解説|の画像

住民票記載事項証明書とは?住民票との違いや取得方法、書き方を徹底解説

辞表を出すのは間違い?退職願・退職届・辞表の役割や作成方法を理解しよう|の画像

辞表を出すのは間違い?退職願・退職届・辞表の役割や作成方法を理解しよう

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧