中途採用をお考えの企業さまへお知らせヘルプログイン/会員登録

 
オファーが届く転職サイト
転職ならPaceBox(ペースボックス) | 企業から直接オファーが届く転職サイト

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法
履歴書登録して

オファーを待とう
オファーがくる転職サイト
PaceBox
オファーがくる転職サイトPaceBox
無料今すぐ登録してプロフィールを入力する

仕事が辛いことで転職を考えたり、ストレスを感じてしまう場合もあるでしょう。

仕事が辛いことから、働く意欲がなくなっていたり、心身に異変があるようなら、働き方や職場環境を見直さなければなりません。

仕事が辛いときに起こる身体的・精神的な異変、仕事が辛いと感じる理由と対処法をケース別に紹介します。

また、仕事が辛すぎることを自力で克服できない場合、どうすればよいのかも併せて解説していきます。

仕事が辛いから辞めたいは甘えではない

厚生労働省が実施した令和3年度の「労働安全衛生調査」によると、仕事や職業生活に関することで、「強い不安やストレスとなっていると感じる事柄がある」労働者の割合は53.3%に達することがわかりました。

つまり、2人に1人が仕事にストレスを感じているといえるのです。

ストレスを感じる原因や程度はケースバイケースだったり、正社員や契約社員などの雇用形態、あるいは職種や業種によってもストレスの大きさは変わってきます。

そのため、ストレスの感じ方を一括りにはできませんが、なかには仕事が辛いことで働き続けることができないほどの思い詰めてしまう場合もあります。

急激な社会変化や新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、従来からの働き方が大きく変わったり、勤務先の経営不振などもあり、苦境に陥ることも十分考えられます。

さらに、職場内での各種ハラスメントの横行など、労働者を取り巻く環境が健全でないため、仕事を辛いと感じてしまうこともあるでしょう。

仕事を辞めていいものかと思うかもしれませんが、劣悪な環境に極限まで耐えながら仕事を続けるのは、決して褒められたことではありません。

むしろ、思い切って辞める勇気や転職の決意を持つことが大切です。

心身共に不調になり働けなくなってからでは手遅れといえますので、仕事が辛いから辞めたいという感情を「甘え」として切り捨てるのではなく、しっかりと自身のことを考えるようにしましょう。

仕事が辛いときに起こる主な身体的な異変とは?

仕事を支障なくこなすためには、日頃から体調管理をしっかりする必要がありますが、目に見えないプレッシャーによってバランスを崩してしまうかもしれません。

また、仕事が辛いときであれば、よりバランスを崩してしまうことがあります。

仕事が辛いことで生じる身体的な異変ついて解説します。

頭痛や肩こりなど体に痛みが出る

長時間のデスクワークや立ち仕事、肉体労働などを行うと、肩こりや背中の痛み、脚の痛みなどの原因にもなります。

頭脳労働が多い人の場合は、目が疲れたり頭痛も出やすくなるでしょう。

これらの症状を放置すると慢性的な痛みとなりQOLの低下にもつながりかねません。

痛みには「急性痛」と「慢性痛」があり、前者は身体の異変を知らせる役目があります。

仕事が辛いことで身体に異変が出る場合は、急性な場合が多いのでこれまでなかった痛みが出た際には仕事が辛いかどうかも考えてみるといいかもしれません。

眠れない・起きられない

これまで睡眠時間や質に問題がなかったのに、日常的に睡眠トラブルを感じるようになった場合は、その原因を追究する必要があります。

また、その原因として仕事の辛さが当てはまらないかどうか考えてみましょう。

身体のなかには交感神経と副交感神経があり、そのときの状況に合わせて正常に働くのが理想的です。

しかし、生活習慣の乱れや仕事のつらさやストレスなどにより、これらの神経の働きが乱れることも十分考えられます。

睡眠不足が続けば疲労がたまるだけでなく、職場に行っても十分な力を発揮できないでしょう。

さらに、睡眠が浅いため目覚めが悪い、なかなか起きられないようになり、遅刻や仕事中に居眠りする原因や仕事に行きたくないという気持ちにつながってしまう場合もあります。

胃腸の調子が悪い

胃腸はストレスの影響を受けやすい大変デリケートな臓器ですので、仕事が辛いと感じるあまり、胃の痛みや下痢、便秘などの不快な症状が起こることもめずらしくありません。

胃腸の働きには自律神経の働きが大きく関わっており、生活リズムを意識するほか、精神的ストレス発散の場を設けるなど、仕事モードからスイッチを切り替えることも重要です。

しかし、胃腸の不快症状が長引き症状の悪化を感じるときは、ストレス性胃腸炎の可能性が十分考えられます。

胃腸自体に不調が出ている場合もありますし、精神的なつらさやストレスが胃腸に生じている場合もあるので、胃腸に原因がないと診断された場合は、精神的な部分から生じているのではないかと考えてみましょう。

仕事が辛いときに起こる主な精神的な異変とは?

仕事が辛いことで精神的なダメージも受けます。

自分はメンタルが強いからと過信するのはよくありませんし、精神の異変は自分では気がつきにくいものかもしれません。

自分では気付かなくても、家族や友人など身近な人から指摘されたときは、素直に受け入れましょう。

精神的なストレスは身体的な異変も引き起こすため、両者が密接に関わっていることも知っておきましょう。

感情が不安定になる

精神的なストレスによって感情が不安定になることは少なくありません。

仕事で失敗が多かったり、職場の人とうまくいかなかったりするなど、日頃の仕事による影響で考え方がネガティブになってしまうこともあります。

また、些細なミスで落ち込んだり、必要以上に自分を責めてしまうことで、感情が不安定になるだけでなく、うつ病の原因につながる恐れもあります。

一方、精神的ストレスによって、気分がイライラしたり、攻撃的な言動をとったりすることもよくあるケースです。

しかし、感情の起伏が極端な場合は、その原因を究明していくことが大切です。

仕事が辛いせいで情緒不安定になっていないかどうか、しっかり自分と向き合い見つめ直してみましょう。

無気力になった

精神的ストレスの結果、無気力になることもあります。

仕事が辛いために、何事にも興味が持てなくなったり、やる気が出なくなったりという心理状態につながる場合もあります。

もし、仕事をしたくない、会社に行きたくないと強く思うようになったら、うつ病の可能性があります。

遅刻や早退が増える、無断欠勤をする、仕事に必要な報連相をしないなどの症状も目安になりますので、このような症状がみられるようになったら、専門機関の診察を受けたほうがいいかもしれません。

不安や焦りを感じる

これまで不安を感じなかったことや少しのことで不安を感じるようになったら、仕事が辛いことで精神的に追い詰められているかもしれません。

もしくは、同僚や上司からの圧やハラスメント、過度なノルマなどのプレッシャーで些細なことでも不安を感じてしまう状況である可能性もあります。

同じように不安だけではなく、焦りも感じてしまう場合もあるでしょう。

仕事で成果を求められている、キャパを超えた業務があるなどの場合、不安と一緒に焦りを感じている場合もあります。

このような状態は精神的な負担が大きく、いつか耐えられなくなってしまうことがあります。

仕事が辛いと感じていなくても、このような気持ちがあるのであれば自信の心身を見つめなおしてみるといいかもしれません

仕事が辛いと感じる理由とケース別の対処法

仕事が辛いと感じたときは、理由を突き止めたうえで対処法を知ることが大切です。

また、対処法を実践できているか確認する必要もありますが、それらの対処法はすべての人に効くとは限りません。

しかし、仕事が辛い理由を個別に見つけて対処できれば、仕事が辛い気持ちを抑えられる可能性は高まります。

仕事が辛いと感じる理由と対処法をケース別に解説します。

上司・同僚・部下とうまくいかないとき

職場の人間関係に悩む人は少なくありません。

職場内で良好な関係を築くことができれば居心地のよさを感じたり、仕事の生産性が上がるなど、いろいろな副産物が期待できます。

しかし、些細なことが原因で人間関係にヒビが生じることもあり、職場内にギクシャクした空気が流れ、強いストレスを感じる状態になることもあります。

自分が認められていない、疎外感がある、嫌われているなど、職場内で孤立してしまった場合、以後ことも悪くなりますし仕事にも行きにくくなります。

その結果、仕事をすること自体が辛く感じるようになっても不自然ではないでしょう。

もし、コミュニケーション不足が原因なら、改善していける余地があります。

そのためには、上司に「報連相」(報告、連絡、相談)する機会を増やしたり、同僚や部下との付き合い方を工夫したりすることが重要です。

些細なことでも自分から積極的に動くことで上司の心証をよくすることにもつながります。

また、同僚や部下とフレンドリーに接するなど、これまでの付き合い方を見直すことも重要です。

お互いの距離を改善することで、これまでの思い込みや誤解の氷解が期待できるでしょう。

仕事が思うように進まないとき

仕事が思うように進まないことがプレッシャーになり、そのストレスから仕事が辛いと感じることもあります。

仕事が捗らない理由として、仕事の難易度が高すぎたり、無理な仕事を強いられている場合もあり、その結果として仕事がうまくいかなかったり、期待した成果が出なかったり、納期が守れないといった弊害が起こる可能性もでてきます。

また、仕事の進捗を妨げる理由として、人間関係の影響もあり、上司や先輩に叱られて萎縮する、同僚に迷惑をかけて気まずい思いをしたことで自信を失ってしまったということもあるかもしれません。

人間関係が合わずにパフォーマンスを発揮できない場合は、自分でどうにかするのは難しい部分もあり、転職を視野に入れたほうがいい場合もあります。

仕事ができなくて自信をなくした場合は、仕事に必要なスキルを高めるほか、同じミスを繰り返さないための努力も必要です。

仕事を行う過程で見直しするだけでなく、終わった後で振り返るように心掛けましょう。

社風や職場の雰囲気が合わないと思うとき

職場の雰囲気が自分に合わないと思ったとき、ストレスを感じることにもつながります。

職場には独特の文化や雰囲気があり、アットホームだけれども雰囲気がゆるすぎる職場もあれば、体育会系のノリが強い職場もあり、実際に働いてみなければわからないことも多くあります。

働いている職場の空気が合わなかったり、苦手意識を持っている場合は、苦痛以外のなにものでもありません。

自分だけが周りから浮いていると感じてしまったり、上司や同僚の言動を受け入れられなくなりストレスは高まり、仕事につらさを感じてしまうでしょう。

このような職場に身を置くためには、自分から歩み寄ることが重要ですが、どうしても許容できない場合は、転職を考えたほうがいいかもしれません。

いじめやハラスメントを受けているとき

職場の人間関係を良好に保つことは難しいもので、職場内の人数分だけ人間関係があり、それらが複雑に絡む場合もあります。

自分の意見を述べたり、誰かの意見に反発したりすることが原因で、いじめを受ける場合もでてきます。

それが正論だったとしても必ずしも認めてもらえるとは限らないのです。

また、さまざまな理由からハラスメントを受けることもあり得ます。

これらが日常的に繰り返されると、精神的苦痛から職場へ行くのさえ大変な労力をともないますので、仕事が辛くなるのは当然のことです。

いじめやハラスメントなどを受けたときは、人事担当者や労働組合に状況を訴える方法があります。

都道府県の労働局や労働基準監督署などに相談する方法もあるので、1人で悩まないようにしましょう。

仕事量や労働時間に不満があるとき

適切な労働を保つためには、仕事量や労働時間に問題がないか確認する必要があります。

もし、自分に与えられる仕事が多すぎるほか、残業ばかり続く、拘束時間が長い場合などは、不満の原因にもなります。

働き過ぎによる心身の不調により仕事を辛いと感じるようになり、仕事のパフォーマンスが落ちるだけでなく、心身に不調をきたすことにつながります。

そうならないためにも、上司と相談したうえで仕事量の調整などの相談をするといいかもしれませんが、改善されないのであれば転職も視野に入れておきましょう。

ただ単に仕事を効率的にこなせていない場合は、スキルアップや効率化を図ることを意識しましょう。

仕事を難なくこなせるようになれば、ストレスを感じることも少なくなるかもしれません。

給与が安いと感じるとき

お金だけがすべてではないとはいえ、仕事のモチベーションアップのためには「給与」は大事な条件といえるでしょう。

一生懸命働いているのに給与や賞与が希望額に満たない場合、仕事が辛いと感じるかもしれません。

給与が安すぎると、自分の頑張りが認められていないと感じたり、自分に価値がない、能力を生かせていないとネガティブな思いを抱いてしまうことにつながります。

まず給与面での不満を解消するには、いまの会社で給与を上げる方法がないか考えることが大切です。

そのためには、給与規定を確認したり、上司に尋ねてみたりすることも考えましょう。

仕事に役立つ資格を取得することで給与が上がる場合もあるので、該当する資格には積極的に挑むことも重要です。

もし、副業可能な職場なら、休日を利用して副業に励む、より条件の良い企業を目指して転職活動をするなど不満をためるだけでなく、理想の給与や収入に近づくための行動をするのもいいでしょう。

仕事が辛すぎることを自力で克服できない場合の解決策

仕事が辛いと感じる理由のなかには、自力で解決するのが困難なものもでてきます。

1人で悩み続けているだけでは状況が改善しないだけでなく、心身にも大きな影響をきたしてしまいます。

仕事が辛すぎることを自力で克服できない場合に取るべき行動について紹介します。

誰かに相談したりアドバイスをもらったりする

仕事の辛さを1人で抱え込むのはよくありません。

自分だけでは冷静になれなかったり、客観的な視点を得られずに考えがまとまらないことも多いからです。

自分の弱い部分を見せるのに抵抗を感じる人もいるでしょうが、あえて自分からSOS信号を発することが大切です。

家族や友人、恋人、恩師など、自分の周りに相談できる相手や信頼できる人がいないか考えてみましょう。

職場の上司や同僚などにも相談できる相手がいるのであれば、相談してみるのもいいかもしれません。

もし、第三者の客観的な意見がほしいなら、公的機関の相談窓口を利用したりカウンセラーや社外メンターからアドバイスを受けたりする方法もありますので、まずは誰かに話をしてみることを考えてみましょう。

異動や配置換えを申し出る

現在の部署で頑張ってみても、仕事への辛さが改善されない場合もあります。

いまの業務が自分の能力に合っていない、部署内に苦手な人がいるなどが原因の場合は、異動や配置換えを申し出るのもよいでしょう。

環境を一変させることで、仕事が辛い原因が取り除けるかもしれません。

もし、異動や配置転換が難しい環境なら、職場を離れることも視野に入れて見る必要もあるでしょう。

現状を改善するのは独力では難しいので、自分が思い切って違う環境に身を置くように異動や転職を検討すると予想外に解決される場合もあります。

転職を検討する

仕事が辛い状況が改善できず万策尽きてしまった場合は、転職を検討するのもよいでしょう。

転職活動は簡単に決まらなかったり、ある程度の時間が必要になる場合もありますが、現職で辛い思いをしたまま働くよりも、新たな経験や出会いを得られる可能性が高まります。

また、転職活動をすることや転職をして違う職場を経験することは、自分の経験値を高めることにつながるので無駄なことではありません。

必ずしも転職先が現状より良い職場である保証はありませんが、今何が辛いのかを冷静に考えて、その辛さが軽減される転職先を探す視点でまず活動をしてみると良い結果につながりやすいかもしれません。

仕事が辛すぎることで転職を意識したらPaceBox

仕事を辛いと感じてしまうと、仕事を続けるのは難しくなってしまいます。

また、仕事を辛いという気持ちから仕事のモチベーションを失うだけでなく、心身に負の影響が生じてしまうかもしれません。

今の仕事が辛い、という感情から転職を考える人は多く、転職を意識するきっかけとしては自然なことといえるでしょう。

仕事が辛いことを相談したい、仕事が辛いので転職を考えてみたいという方はPaceBoxに相談してみてください。

PaceBoxのキャリアアドバイザーは、仕事のつらい悩みや転職に関する悩みなどをサポートしますので、ぜひ登録してみてください。

プロフィールを充実させると、オファーがくる!
効率的な転職活動ができる
悩んだ時にはキャリアアドバイザーに相談可能
求人検索では見つけられなかった企業と出会える
今すぐPaceBoxに登録無料
オファーがくる転職サイトPaceBox

SHARE ENTRY

この記事を読んだ方におすすめ

面接で落とされるサイン・面接に落ちたサインは?中途面接の不採用サイン|の画像

面接で落とされるサイン・面接に落ちたサインは?中途面接の不採用サイン

転職活動の進め方は?準備から入社までの転職活動の進め方を解説!|の画像

転職活動の進め方は?準備から入社までの転職活動の進め方を解説!

属性別の平均年収を徹底解剖!年収アップが期待できる4つの方法とは|の画像

属性別の平均年収を徹底解剖!年収アップが期待できる4つの方法とは

内定承諾メールの基本マナーとは?メールの書き方や注意点、例文などを紹介|の画像

内定承諾メールの基本マナーとは?メールの書き方や注意点、例文などを紹介

転職基礎情報

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!|の画像

【女性向け】これから需要が増える仕事は? 長く続けられる仕事13選!

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説|の画像

20代で年収500万円稼ぐには? 割合や稼ぐ方法など解説

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法|の画像

30歳で年収700万を稼ぐには? 700万円以上稼ぐ割合や達成する方法

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説|の画像

マナーを押さえて円満退職を目指そう!退職挨拶の方法について徹底解説

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ|の画像

やりたい仕事がない!適職が見つからない原因と探し方のコツ

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説|の画像

年収650万円を目指すには? 人口割合や手取り額、ローンや税金対策も解説

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説|の画像

志望動機の書き方|書くべき要素や効果的に書くコツ・注意点を解説

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説|の画像

未経験でも事務職に転職するには? 業務内容や資格、スキルなどを解説

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説|の画像

第二新卒がIT業界へ転職するには?エンジニア未経験でも成功する方法を解説

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント|の画像

第二新卒がベンチャー企業に転職するメリットと転職のポイント

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説|の画像

第二新卒は不利?転職において第二新卒は不利になる部分はあるのかを解説

転職準備

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方|の画像

転職はめんどくさい?転職活動がめんどくさいときの転職活動の進め方

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!|の画像

営業職への自己PRとは?営業未経験の場合の自己PRの例文も紹介!

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ|の画像

【例文あり】志望動機はどう書けばいい?書き方のポイントや注意点まとめ

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!|の画像

職務経歴書の自己PRを未経験で作成するポイントと例文を紹介!

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文|の画像

第二新卒の自己PRはどう書く?第二新卒の自己PRの実績がない場合の例文

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方|の画像

職務経歴書の事業内容とは?職務経歴書の事業内容の書き方

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法|の画像

【第二新卒】職務経歴書の書き方・例文と、書くことがないときの対処法

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント|の画像

【転職活動の始め方】活動期間・必要な準備・流れ・成功のポイント

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問|の画像

【転職活動の流れ】進め方やスケジュール、必要な準備やよくある質問

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説|の画像

営業未経験の30代でも転職は可能?成功するためのポイントを解説

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント|の画像

第二新卒の就活は厳しい?第二新卒の就活や転職が厳しい理由と成功のポイント

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説|の画像

職務経歴書はどこまでさかのぼる?職務経歴書をどこまで書くかを解説

応募・面接

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性|の画像

志望動機の例文紹介!志望動機の書き方と志望動機の書き出しの重要性

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?|の画像

【例文付き】人事・労務に転職するための自己PRとは? 未経験や中途でもなれる?

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例|の画像

【営業・ITエンジニアの例文付き】異業種に転職する場合の志望動機と面接NG例

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説|の画像

【面接が苦手な人必見!】うまく話せるようになるためのコツを解説

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは|の画像

Web面接(オンライン面接)の背景はどうする? 転職を成功させるためのポイントとは

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは|の画像

ありのままを伝えるだけではNG?面接で長所を上手くアピールする方法とは

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説|の画像

履歴書と職務経歴書は目的が異なる!書き方や注意すべきポイントを徹底解説

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説|の画像

履歴書に貼る写真サイズは何cm?好印象を与える方法や、注意点を解説

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現|の画像

自己PRで思いやりを長所として伝える際の例文と言い換え表現

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント|の画像

転職の最終面接はほぼ合格?転職の最終面接の特徴と成功のポイント

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説|の画像

転職面接でよく聞かれるキャリアプランとは?作成方法と回答ポイントを解説

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!|の画像

面接で自己紹介はどう答えたらいい?含めるべきことやNG例を紹介!

仕事の基礎知識

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事|の画像

30代で転職!未経験の業界や仕事は厳しい?転職成功のポイントやおすすめの仕事

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説|の画像

IT業界って具体的にどのような仕事?業界別に徹底解説

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!|の画像

SE(システムエンジニア)になるには?仕事内容・年収・やりがいなどを紹介!

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!|の画像

インセンティブとは? メリット・デメリットや向き不向きを解説!

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説|の画像

プログラマー(PG)とは?仕事内容や年収、必要なスキルを中心に徹底解説

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!|の画像

ベンチャー企業とは?定義や働くメリット・デメリットについて解説!

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは|の画像

一時の気の迷いで決断するのはダメ?仕事をやめたいと思ったときの対策とは

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法|の画像

仕事が辛い!仕事が辛いときの心身の異変と仕事が辛すぎるときの対処法

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説|の画像

失業手当の基礎知識|失業したら必ずもらえる? 受給要件や受給額も解説

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット|の画像

スタートアップに転職?スタートアップへ転職のメリット・デメリット

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?|の画像

テレアポは未経験可で時給の高い求人が多い!向いている人の特徴とは?

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント|の画像

【不動産業界の営業職への転職】自己PRの書き方のポイント

おすすめ記事

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は転職で使える?中途採用ならPaceBox

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox|の画像

OfferBox(オファーボックス )は第二新卒も使える?第二新卒の転職ならPaceBox

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう|の画像

失礼な立ち振る舞いは即刻不採用も?転職面接の正しいマナーを習得しよう

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?|の画像

第二新卒が異業種にキャリアチェンジするためのポイントとは?

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?|の画像

第二新卒におすすめの業界・第二新卒におすすめの職種とは?

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説|の画像

第二新卒は甘い?甘くない?第二新卒での転職は甘いのかを解説

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法|の画像

職務経歴書に書くことがない・職務要約に書くことがない場合の対処法

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧|の画像

職務経歴書に複数社(2社以上)ある転職が多い人向けのサンプル一覧