キャリア相談Q&A
質問

気にした方が良いお見送り理由とは?

選考していた企業からお見送りのご連絡がきましたが、お見送り理由を鵜呑みにしてもいいですか?

回答

選考のお見送り理由を鵜呑みすることは危険です。原因は第一印象にあるかもしれません。

誰でも一度は経験するであろう「選考お見送り」…。気になるのは「お見送り理由」ですよね。このページでは特に気にした方が良いお見送りの理由を解説していきます。ぜひ、面接力向上に役立ててください。

■合否はほぼ「第一印象」で決まる

面接の合否は第一印象で決する場合が非常に多いです。

参考Q&A:面接対策って、一体何をしたらいいの?

求職者の第一印象が良好な場合は、合格させるための(良いところを見つけるための)ヒアリングとなり、求職者の第一印象が悪い場合には、お見送りにするための(悪いところを見つけるための)ヒアリングになってしまいがちです。難易度は天と地ほど変わってきてしまいますね。

■第一印象で負けるとどうなるの?

第一印象で負けると具体的にはどうなってしまうのでしょうか。

結論、第一印象が良い場合には「良し」とされた回答内容が、第一印象が悪いと「深掘り(深く質問すること)」の対象となる場合があります。

具体的にいうと、「今後どうなっていきたいか」という質問に対して「成長していきたい」と回答したとします。

第一印象が良い場合には「向上心あり」として判断をされ、第一印象が悪い場合には「成長って具体的になにか、また、なぜそう思うのか」「いつまでにそうなりたいのか、また、なぜそう思うのか」など非常に細かな質問をされてしまうということです。

内容によっては質問でなく詰問と感じてしまうこともありそうですね。

この場合、高いクオリティで回答することはどうしても難しくなりますので、結果、「将来像が定まっていない」という理由でお見送りとなってしまいやすいのです。

■気にした方が良いお見送り理由とは?

この例の場合、本当に将来像が定まっていないからお見送りとなったのでしょうか。

もちろん、将来のビジョン一致が採用条件となる場合はそのお見送り理由となりますが、そうでない場合、原因は第一印象にありそうですね。

実はこのように第一印象が悪く響いてのお見送りは非常に多くあります。

ただ、非常に感覚的で「面接官と求職者の相性」とも取れる内容のため、お見送り理由として第一印象がフィードバックされることは少なくなります。

もしお見送り理由で「少し暗く感じた」「コミュニケーションが軽く感じた」などの印象に関するものがきた場合は、ぜひ注意して見てください。

逆に印象ではないお見送り理由がきた場合は、本当にそのお見送り理由が正しいのか、本当は印象のせいではないのか、と考えた方が良いかもしれませんね。

 

選考のお見送り理由を鵜呑みにせず、しっかり考えて改善しよう

採用担当や転職エージェントからフィードバックされるお見送り理由を鵜呑みすることは危険です。本来変えなくてもいい回答内容を変えてしまい、回答クオリティを無駄に下げてしまう可能性もあります。フィードバックされたお見送り理由が正しいのかどうか、自身で考え改善できると良いですね。

もし、改善に悩む場合はぜひPaceBoxのキャリアアドバイザーまでご相談ください。客観的な目線を大切にアドバイスさせていただきます。

 

   

この記事を書いた人

鈴木 達郎
PaceBoxキャリアアドバイザー      

鈴木 達郎TATSURO SUZUKI

妻と息子2人の4人家族。趣味硬式テニスで、初心者の草大会に出場しています。総合型人材企業にて5000件以上の面接対策を行ってきました。心の底からこのキャリアアドバイザーという仕事が好きで、求職者の皆さんに寄り添った包括的なサポートを提供したいと思っています。

あなたにぴったりな転職を、ぴったりなペースで。