キャリア相談Q&A
質問

自己PRには何を書くのが良いのでしょうか

自己PRの書き方がわかりません。

回答

自己PRには3つの構成要素を盛り込みましょう

自己PRにおける3つの構成要素とポイント

自己PRでは、「自分の強み」「強みの根拠となる具体的なエピソード」「その強みをどう活かして貢献するか」の3点の要素を盛り込むことが大切です。

 

自分の強み

自己PRでは、最初に結論、すなわち自分の強みを述べましょう。最初に結論である強みをアピールすることで、応募企業の採用担当者の目に留まりやすくなります。ただし、応募職種で求められる能力とマッチしていることが前提です。たとえば、事務職への応募で、営業成績をアピールしても、採用担当者にはあまり響かないでしょう。また、強みは応募先の職種に最もマッチする一つに絞るのがコツです。あれもこれもとアピールすると、結局すべてがぼやけてしまい、採用担当者の印象に残りにくくなります。また、「コミュニケーション力」や「責任感」といった抽象的な表現ではなく、具体的に述べましょう。営業職に必要なコミュニケーションであれば、「顧客の潜在ニーズを引き出すヒアリング力」や「双方の利益を実現する交渉力」などをアピールするほうが効果的です。

 

具体的なエピソード

自分の強みとして述べたスキルや能力の裏付けとなるエピソードを紹介しましょう。「課題に対してどう対処し、どのような結果が得られたか」という流れで説明すると、因果関係が明確になり、説得力が増します。その際、具体的なクライアント名などの固有名詞も交えると、課題の規模感や難易度も伝わりやすくなるでしょう。

 

自己PRの記載に使えるスペースは限られています。限られたスペースで強い印象を残すためには、いくつものエピソードを薄く述べるのではなく「これだけは伝えたい」というエピソードに絞り込みましょう。同レベルのエピソードがいくつもある場合は、独自性の高い経験を選ぶのも手です。大手企業の募集となると、中途採用でも採用担当者のもとには多くの応募書類が集まると想定されます。応募者が多数いる場合、ユニークな経験のほうが印象に残りやすいでしょう。

 

強みをどう活かすか

新卒と違い、転職者は即戦力として企業に期待されていることが多いでしょう。前述の強みを具体的な業務に関連づけて、どう活かしどう貢献できるかまで書くのが望ましいといえます。どう活かすかまで書くことで、自分を採用するメリットを具体的に提示できますし、強い入社意欲も示せます。そのためには、自身の強みについては、応募先で活かせそうなもの、かつ再現性が高いものを厳選することもポイントです。

 

応募書類に自己PRを書くときのポイント

履歴書や職務経歴書に自己PRを書くときに、最も意識したいのは「読みやすさ」です。一文をできるだけ簡潔にまとめましょう。一般的に、読みやすいとされる目安は、一文60文字程度です。できるだけ単語の途中で改行しないなど、改行する箇所も注意しましょう。また、履歴書と職務経歴書の自己PRの内容はそろえましょう。内容が異なっていると、採用担当者が混乱します。文章量は、記載欄に対して7~8割が目安です。

 

内容が少なすぎるとやる気のない印象を与えますが、かといって記載欄にびっしりと書き込むと、読みづらくなります。履歴書では、100~150文字程度で要点を伝えましょう。記入欄が大きい履歴書であれば、300文字が目安です。職務経歴書は履歴書のようにフォーマットが決まっていないことが多いため、文字数は比較的自由に設定できるはずです。200~600文字を目安に、履歴書に書いた内容を深堀りしていきましょう。

この記事を書いた人

     
Pacebox編集部
     

PaceBox編集部

オファー型転職サイトPaceBox(ペースボックス)の編集部。求職者のみなさんの転職やキャリアに関するお悩み・疑問に、一つでも多くお答えすることを目標にしています!

あなたにぴったりな転職を、ぴったりなペースで。