キャリア相談Q&A
質問

自己PRがうまく作成できません。何から着手したらいいのでしょうか。

自己PRの書き方がわからないので作成手順を知りたいです。

回答

自己PRを作る4つのステップに沿って作成しましょう。

転職で成功する自己PRを作る4つのステップ

転職活動において欠かせないのが自己PR。志望企業に対して、自身を積極的にアピールしたくても、具体的にどのように書けば良いのか分からない人もいることでしょう。効果的にアピールするためには、相手に伝わる書き方が大切です。

転職活動における自己PRとは

転職活動における自己PRとは、「応募先の企業に自分を売り込み、ぜひ入社して欲しい」と思ってもらうためのものです。単なる自己紹介ではないことをまず認識しておきましょう。自己紹介であれば、自分の好きなことや長所を話すだけでかまいません。しかし、相手に自分を売り込み、認めてもらうためには、「入社後はどのような貢献ができるか」「自分を採用することで相手が得られるメリット」まで伝えていく必要があります。そのためには、そもそも応募企業が求める人材を把握し、そこにマッチする自己PR文を練らなくてはなりません。

効果的な自己PRを作成する4つのステップ

自己PRの作成はいきなり書き始めるのではなく、次の4つのステップに沿って計画的に進めていきましょう。

ステップ1 これまでの経歴や実績を洗い出す

最初にすべきことは、自身のキャリアの棚卸し、すなわち自己分析です。これまで経験してきた業務内容を時系列で振り返りましょう。具体的な担当業務や成果、自分のポジション、スキルや資格などをすべて書き出したら、仕事へのこだわりや工夫点なども洗い出します。これらはすべて、自己PRに使える材料となります。どのような些細なことでも良いので、頭に浮かんだものはすべて書き出すのがポイントです。積極的に伝える必要はありませんが、自分の苦手や弱みの把握も、自己分析においては大切です。

ステップ2 応募企業が求める人材像を把握し経験や実績を厳選する

キャリアの棚卸しが済んだら、応募する企業や職種で求められる人材像や能力を分析します。転職活動において最も重要なのは、求職者と応募企業とのニーズのマッチングです。求められていない能力をアピールしても意味がありません。仕事内容やポジションに加えて、応募企業の企業理念やビジョン、実際に働いている人の特徴なども参考にしましょう。そのうえで、自分の実績や経験、スキルの中から、応募企業のニーズと合致するものを厳選していきます。マッチングができていないと、仮に採用されても入社後に自分の能力やスキルを思うように生かせない場合が多いでしょう。職場に満足できず、すぐに次の転職先を探すことになる可能性もあります。

ステップ3 経験や実績から見える強みを言語化する

自己分析で厳選した強みは、この時点ではまだ漠然としていたり、主観的であったりする可能性があります。自己PRでは、これらを他者にも伝わるように、分かりやすく言語化していくことが大切です。ポイントは、根拠を示すことです。経験や実績を実現するうえで、どのような課題があり、その解決のためにどのような能力やスキルを発揮したか、という流れで考えれば、比較的簡単に言語化できます。たとえば、「RPAの導入により定常業務を自動化し、担当者の負担を減らしつつ人為的ミスの発生をゼロに引き下げた」という成功体験からは、「提案力」「実行力」「課題解決能力」などのスキルをアピールできるはずです。

ステップ4 文章にまとめる

強みの言語化まで済んだら、文章化していきます。自己分析で厳選した経験や実績、能力、スキルをまとめ、自己PRに落とし込んでいきましょう。自分の能力やスキルが志望企業や職種、ポジションでどのように生かせるかまで書くのがコツです。志望する職種の具体的な業務内容については、採用サイトの社員紹介ページも参考になります。希望する職種やそれに近い社員が紹介されていれば、担当業務や1日のスケジュール、社員の声などを確認しておきましょう。

この記事を書いた人

     
Pacebox編集部
     

PaceBox編集部

オファー型転職サイトPaceBox(ペースボックス)の編集部。求職者のみなさんの転職やキャリアに関するお悩み・疑問に、一つでも多くお答えすることを目標にしています!

あなたにぴったりな転職を、ぴったりなペースで。