キャリア相談Q&A
質問

内定獲得のために何をすべきでしょうか?

なかなか内定がもらえず、何をすべきか分かりません。

回答

内定の獲得につながる5つのポイントに沿って転職活動を見直してみましょう。

内定の獲得につながる5つのポイント

同じように転職活動をしているつもりでも、短期間で次が決まる人もいれば長引く人もいます。短期間で決めるためには、内定につながるポイントを押さえることが必要です。

ポイント1 転職の目的を明確にする

まず大切なことは「自分は何のために転職したいのか」を明確にすることです。「なんとなく今の仕事にやりがいを感じないから」といった漠然とした理由で転職活動を始めても、応募する企業を選ぶ軸も定まりません。満足のいく結果になる可能性は高くないでしょう。転職できたとしても、「前のほうが良かった」などと後悔することにもなりかねません。一方、転職する目的が明確になっていれば、転職先企業に求める条件もはっきりします。応募企業を選ぶ確かな軸があるため、ミスマッチが起こる可能性は低いでしょう。

また、目的が確かであれば、将来的にどうなりたいかも明白になります。すると、「私には○○というキャリアビジョンがあり、御社の××職でなら叶うと考え志望した。そのためには△△の強みが活かせると考えている」など、説得力のあるアピールが可能です。これが内定獲得にもつながります。

ポイント2 自分のキャリアやスキルをまとめる

事前準備の段階で自分のキャリアやスキルを丁寧に振り返り、わかりやすくまとめておくことも内定獲得に欠かせないポイントです。これまでの業務経験やしてきた工夫、役立ったスキルなどを書きだすことで、「自分ができること」「自分の強み」が明確になります。これは、応募書類を作成したり面接対策をしたりする際にも役立つ資料です。また、改めて自分のキャリアやスキル、履歴を振り返ることで、マッチした業界や業種、職種が探しやすくなります。自分に合っている業界や職種に転職が決まれば、入社後にギャップを感じることも少ないでしょう。

大切なのは、強みを知ることだけではありません。弱みも明らかになれば補うべきポイントがわかり、対策しやすくなります。

ポイント3 希望の業界や企業の研究をする

転職活動で成功するためには、業界や企業の研究を丁寧にすることも欠かせません。なかには、イメージや憧れだけで転職先を選ぶ人もいるでしょう。しかし、内情をよく知らないまま転職すると、入社後に「こんなはずではなかった」とミスマッチに苦しむことになりかねません。そのため、自分なりに業界や企業について調べ、特徴や現状の動向について把握することが大切です。「憧れていたけれど、果たして自分が目指すべき業界なのだろうか」と一歩引いて冷静に判断できるようになります。

また、同じ業界であっても企業によって培ってきたカルチャーや社風、風土は異なるものです。手掛けている製品やサービスだけでなく、どのような理念があるのか、どのような活動に力を入れているのかなども確認することが必要です。深く企業について知ることで、志望動機や自己PRのポイントも絞りやすくなります。

ポイント4 資格を取得する

中途採用では、資格よりも経験が重視されることが一般的です。とはいえ、業種や職種によっては特定の資格がなければ採用されないケースもあります。もし、志望する仕事をするのに必須の資格があるなら、取得してからでなければ応募もできません。また、必須ではないものの、所持していると優遇される資格もあります。そこで、志望する業種や職種で必須もしくは優遇される資格があるかどうか調べ、あれば取得しておきましょう。

資格を取得していれば、知識や技能のレベルの客観的な証明になります。企業も一定のスキルがあるとわかり、安心して採用できるでしょう。結果的に、内定につながりやすくなります。

この記事を書いた人

     
Pacebox編集部
     

PaceBox編集部

オファー型転職サイトPaceBox(ペースボックス)の編集部。求職者のみなさんの転職やキャリアに関するお悩み・疑問に、一つでも多くお答えすることを目標にしています!

あなたにぴったりな転職を、ぴったりなペースで。