キャリア相談Q&A
質問

転職活動でも自己分析って必要?

新卒の就職活動の時には自己分析を行いましたが、転職の時にも改めて自己分析をした方がいいのでしょうか?履歴書が書ければ不要でしょうか?

回答

転職活動でも自己分析は必要不可欠と言っていいほど重要です。

転職活動でも自己分析は必要不可欠と言っていいほど重要です。新卒の就職活動の時に、自己分析を行った方も多いと思いますが、その時のあなたと今のあなたでは強みや弱み、価値観など変化したところが多いのではないでしょうか。現在のあなたの自己分析を行うことは転職活動だけでなく、今の仕事にもとても役立つはずです。
自己分析の目的やメリット、方法を解説します。是非取り組んでみてください。

自己分析の目的とメリット

せっかく自己分析を行うのであれば、目的を理解して臨むことでより効果的になります。以下の目的とメリットを自己分析をする際に意識してください。

あなたの強みを見つけて言語化する

自己分析を正しく行うことで、自分自身でも気づけていなかった強みを見つけることができるはずです。自己分析ではあなたの強みを経験から導き出すので、強みの理由も理解でき、アピールポイントに深みを出すことができます。強みをエピソード交えて説明できる状態になるので、企業の採用担当者にとって魅力的なアピールができるようになります。

あなたが進みたい方向性や指針を整理する

自己分析ではあなたの人生を振り返ります。これまでの経験の中で、あなたがどんなことに喜びを感じ、どんなことに達成感を覚えたのか。何が苦手で、どんなことが辛いのかを洗い出すことで、客観的に自分を見つめることができます。それらのことからあなたが進みたい方向性や指針を整理することで、選ぶべき選択肢が見えてきます。

本当に転職すべきかを改めて考える

自己分析を行うことで、あなた自身のありたい姿や、やりたいことが明確になります。今は転職を考えていても、果たしてそれが正しい選択なのかを冷静に判断できるようになります。もしかすると、今の仕事でもあなたのやりたいことや、ありたい姿になることができるかもしれません。転職をした後に「こんなはずじゃなかった」「前の会社の方がやりたいことができた」と後悔しないように、しっかりと自己分析を行なってより良い未来を選択しましょう。

自己分析の方法

では、実際に自己分析の方法を解説します。自己分析の方法はたくさんありますので、その中の1つとして参考にしてみてください。

①「なぜ転職をしたいのか?」理由を明確にする

まず、転職を考えたきっかけを振り返りましょう。ネガティブな理由をポジティブに変換することで気持ちも行動も前向きになってきます。

例えば、
・人間関係が悪く職場の雰囲気が悪い
→個人プレイが重視されてギスギスした環境よりも、チームが一丸となって同じ目標に向かっている環境で働きたい

・やりがいを見つけられず仕事が楽しくない
→事務業務として誰とも話さずにPCの前で作業をしているよりも、もっと人と関わりながら仕事をしたい

いかがでしょうか?ネガティブなことをポジティブに変換するだけで、自分が今何に不満を持ってどのような環境で働きたいか見えてきませんか?

あなたのありたい姿を明確にし、それを実現するために、どんな選択をすればよいのかについて考えていきましょう。そして、その選択の理由を前向きに考えることで、あなたの転職の軸がより分かりやすくなるはずです。

②自分の性格について分析する

これまでの仕事を振り返って、あなたがどんな考えを持っているのか、得意なことや苦手なこと、周りからどんな人だと言われることが多いかなど、具体的に考えてみましょう。各転職サイトには無料でできる自己分析ツールなどがあるので、まずは無料のものから試してみるのもよいでしょう。

③プライベートを振り返る

プライベートのことは転職活動には関係が無いように思うかも知れませんが、振り返ることは重要です。特に、キャリアチェンジを考えている方や社会人経験の浅い方については、これまで仕事に活かせなかったスキルや能力が見えてくる可能性もあります。あなたの趣味や得意なこと、持っている資格や経験などを振り返って考えてみましょう。

④キャリアとスキルの棚卸しをする

これまでにあなたがどんなことに取り組み、どんな成功体験・失敗体験をしたのかについて振り返りましょう。

そして、その取り組みや成功体験のためにどんな行動をしたのか、失敗体験を経てどのように乗り越えてきたのかを具体的に洗い出すと良いです。

自己分析やキャリアとスキルの棚卸しは一人で集中して作業することも良いですが、第三者と話しながら行うことで一人では気づきにくい魅力を引き出すこともできます。

「納得感のある転職」のカギは自己分析!

転職という人生における大きな分岐点では、感情で行動することは厳禁です。行動する前に自己分析に時間を使うことで、今まで自分が知らなかった魅力を発見することができます。後悔のない納得感のある転職活動をするために、PaceBoxのキャリアアドバイザーは自己分析のお手伝いもさせていただきます。是非お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

吉田圭佑
PaceBoxキャリアアドバイザー

吉田 圭佑KEISUKE YOSHIDA

妻と二人暮らし。趣味はゲームと筋トレ。家事も好きで、料理はもちろん、毎日の掃除機かけ、水回りのチェック、防虫対策も徹底するマメなところがあります。これまでは、人材業界で主にエッセンシャルワーカーの転職やキャリア形成のサポートに従事していました。

あなたにぴったりな転職を、ぴったりなペースで。